1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2016年9月1日
アサヒグループホールディングス株式会社

インドネシアで飲みきりサイズの
ペットボトルコーヒー飲料を発売
ハラル認証取得の『Cafélaカフェラ eXpressoエクスプレッソ』 9月上旬より発売


 アサヒグループホールディングス(本社 東京、社長 小路明善)のシンガポール子会社であるアサヒグループホールディングスサウスイーストアジア(AGHSEA)とインドネシア大手財閥サリムグループ傘下のインドフードCBP社(ICBP)によるインドネシアの清涼飲料事業合弁会社である、PT Indofood Asahi Sukses Beverage (IASB)は、インドネシア人の嗜好にあわせて開発したペットボトルコーヒー飲料『Caféla eXpresso(カフェラ エクスプレッソ)』(PET200ml)を9 月上旬よりインドネシア全域に向けて出荷を開始します。

カフェラ エクスプレッソ

 『Caféla eXpresso(カフェラ エクスプレッソ)』は、インドネシア人の好むインドネシアのスマトラ産ロブスタ種コーヒー豆でつくるエスプレッソコーヒーに、ミルクを加えたミルクコーヒー飲料です。良質なコーヒー豆が醸し出す味わい深い苦みと、ミルクの甘みが合わさったコク深い味わいが特長です。ターゲットは20代〜30代前半の男性で、仕事後の仲間との語らいの時や、気分を盛り上げたい時に飲用することを想定しています。
 容量は一度に飲みきれる200ml、店頭想定価格は3,000ルピア(日本円にして25円前後)で、毎日気軽に飲めるコーヒー飲料として、発売します。商品名は「エスプレッソコーヒー」を想起させる「eXpresso」という言葉を使うことで、気分を盛り上げたい時に、しっかりとしたコーヒーの味わいを楽しめる飲料であることを訴求しています。

 パッケージは、コーヒーのエネルギッシュなイメージを表す赤色を基調として、商品名である『Caféla eXpresso』のロゴを堂々と上部に配置しています。「eXpresso」のロゴを金色に目立たせ、コーヒー豆のイラストを配置することで、コーヒー飲料としての味わい深さを強く訴求しています。
 新商品発売を機に、「Caféla」は、TVCM、Webでの商品告知のほか、インドネシアのプロサッカーチームを活用した販促を実施することで、さらなる商品の認知度向上を目指します。

 2015年におけるインドネシアの清涼飲料市場は40,258百万リットル(前年比107%)※1と年々拡大しています。中でもRTDコーヒー※2市場は、手軽にコーヒーが楽しめるという点が支持され、2015年は223百万リットル(前年比111%)※1と前年を大きく上回り成長しています。リキャップができ、持ち運びがしやすいペットボトルを用いたコーヒーは、今後も拡大が見込めます。
※1 Canadean2016
※2 缶やペットボトル、チルドカップに入ったコーヒーなど購入後すぐに飲むことができるコーヒー

 ■インドフード社との取り組み
 2012年にアサヒグループはインドフードグループの子会社であるインドフードCBP会社と清涼飲料の製造合弁会社PT Asahi Indofood Beverage Makmur(AIBM)と販売合弁会社PT Indofood Asahi Sukses Beverage(IASB)の2社を設立しました。また、2013年9月にはペプシブランドの炭酸飲料や果汁飲料などを手掛けるPT Prima Cahaya Indobeverages(PCIB)の全株式を取得しました。さらに、2014年1月には容器入り飲料水事業で市場シェア2位のPT Multi Bahagiaと製造合弁会社と販売合弁会社の2社を設立することにより、水事業を取得するなど、清涼飲料事業における基盤を着実に獲得してきました。

 インドフードとの飲料合弁会社の開発商品としては、2013年12月より「ICHI OCHA」シリーズ、2014年5月にコーヒー飲料『Caféla Latte』を発売しました。「Caféla」は、アサヒ飲料の缶コーヒー「ワンダ」の商品開発を通して培った抽出、調合の技術や、味作りのノウハウを活かしたペットボトルコーヒー飲料で、今後も「Caféla」シリーズの商品ポートフォリオを積極的に拡充しています。
 今後も、インドネシアにおける中間層の拡大により、さらなる成長が期待される飲料市場において、嗜好の多様化や健康志向の高まりにあわせた魅力的な高付加価値商品の提案を続けていきます。