1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2016年12月22日
アサヒグループホールディングス株式会社

2016年「元気をもらったニュース」に関する意識調査
元気をもらったニュースの1位は「リオ五輪、日本勢の活躍」
今年の顔の1位は野球選手の「イチローさん」


アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)の、アサヒグループホールディングス生活者未来研究部門は、2016年12月7日(水)〜12月13日(火)にインターネットで、「2016年に元気をもらったニュース」に関する意識調査を実施し、2,951人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■ 今年、最も明るいニュースは「リオ五輪、日本勢の活躍」
  • ■ スポーツニュースがランキングの上位を占める
  • ■ 2016年を象徴する顔は「イチローさん」−メジャー通算3000本安打の偉業に感動!

Q.2016年あなたが元気をもらった「明るいニュース」は?
 ⇒ 1位は「リオ五輪、日本勢の活躍」−2020年に向けて大きな弾み
 ⇒ 2位は「イチロー選手」や「広島カープ」などスポーツニュースが上位にランクイン

複数回答 N=2,951人

「2016年、元気をもらったニュース」のナンバーワンは「リオ五輪、競泳や体操、陸上、卓球など日本勢の活躍でメダルラッシュ!」(53.1%)でした。「リオ五輪は寝不足になりながら選手を応援し、多数のメダル獲得に歓喜しました」(女性30代、群馬県)など、卓球やバドミントン等の接戦や好試合が多く、眠い目をこすりながらも熱い声援を送ったという声。今回の五輪は若い選手の台頭が顕著でしたが、中でも「男子400Mリレー決勝の銀メダルの瞬間は鳥肌がたちました」(男性50代、山形県)など、「陸上男子400Mリレー決勝」を記憶に残る名場面として挙げる声が目立ちました。メダル獲得数は過去最多の41個を記録し、2020年の東京五輪に向けて、大きな弾みとなる素晴らしい大会となりました。
オリンピックと同じく、世界の舞台で活躍する日本人アスリートもいました。2位は「イチロー選手がメジャー通算3,000本安打達成、史上30人目の快挙」(27.3%)。「あまり感情を表に出さないイチロー選手が目を潤ませているのを見て、こちらまでウルウルしました。本当にすごい選手」(女性60代、大阪府)など、27歳の遅いメジャーデビューながら、史上最速の16シーズン目での快挙達成を祝福する声。さらに「錦織さんは毎年勢いを増している。その人柄やプレースタイルに誰もが魅了されていると思う」(女性40代、神奈川県)など、7位にも「五輪で銅、ツアーファイナルズでベスト4など、テニス・錦織圭選手が大活躍」(15.4%)が続いています。
海外の話題ばかりではなく、国内でも「カープ女子ではないけど、広島の優勝で久しぶりにプロ野球を楽しんだ一年だった」(女性40代、愛知県)など、3位に「強力打線で広島カープが25年ぶりのセ・リーグ優勝!」(19.8%)。さらに6位に「投打で活躍、二刀流・大谷翔平選手がパ・リーグMVPに輝く」(15.9%)が続き、プロ野球に久々に注目が寄せられる年となりました。

2016年、あなたが元気をもらったニュースは?

1 リオ五輪、競泳や体操、陸上、卓球など日本勢の活躍でメダルラッシュ! 53.1%
2 イチロー選手がメジャー通算3,000本安打達成、史上30人目の快挙 27.3%
3 強力打線で広島カープが25年ぶりのセ・リーグ優勝! 19.8%
4 米・オバマ大統領、被爆地・広島へ初めて訪問 18.0%
5 知事選は鳥越氏、増田氏を破って、小池新都知事が誕生 17.3%
6 投打で活躍、二刀流・大谷翔平選手がパ・リーグMVPに輝く 15.9%
7 五輪で銅、ツアーファイナルズでベスト4など、テニス・錦織圭選手が大活躍 15.4%
8 「オートファジー」を解明し、ノーベル医学・生理学賞に大隅良典さん 13.1%
9 天皇陛下、「生前退位」のお気持ちを表明 12.7%
10 ピコ太郎さんの「PPAP」が大ブレーク、動画再生回数9000万回突破 12.6%

Q.2016年を象徴する顔は?
 ⇒ 2016年を象徴する顔は「イチローさん」−メジャー通算3000本安打の偉業に感動!

単一回答 N=1,799人

2016年を象徴する顔は?

1 イチローさん 8.2%
2 大谷翔平さん 7.3%
3 小池百合子さん 7.0%
4 錦織圭さん 6.0%
5 ピコ太郎さん 5.7%
6 黒田博樹さん 4.8%
7 内村航平さん 3.6%
8 羽生結弦さん 3.2%
9 吉田沙保里さん 2.8%
10 福原愛さん 2.3%

2016年を象徴する顔について聞いたところ、堂々の人気ナンバーワンは「イチローさん」(8.2%)でした。「1回だけとか一瞬だけというのではなく、ずっとトップを走り続ける真面目さというか、頑張りは、やはり見倣わないといけないと感じる」(女性50代、三重県)など、メジャー通算3,000安打、日米通算4,300安打の大記録を打ち立てているイチロー選手の並外れたプレーはもちろん、野球に対してストイックに取り組む姿勢を敬う声。自由回答の中には「年齢的にも厳しい条件の中、記録に挑戦する姿は感動もの」(男性50代、北海道)など、40、50代の男性たちからは「同世代の星」として、イチロー選手から学ぶもの大きいという声が目立ちました。
同じくベテラン選手では、6位「黒田博樹さん」(4.8%)。「メジャーの十数億のオファーを蹴って、広島に戻ってきた決断に鳥肌が立ったし、この現代に魂を持ったサムライが存在していたことが嬉しく勇気づけられた」(女性40代、福井県)など、今季限りで引退を表明した広島カープの黒田投手の男気に惚れたという声が多く、イチロー選手と同じく球界を代表するレジェンドの一人と言えるでしょう。
その一方で、若手プロ野球選手の注目といえば、やはり2位の「大谷翔平さん」(7.3%)。「ソフトバンクとのクライマックスシリーズ最終戦。最終回で164kmの今季最速球を投じ、観ているものに感動を与えた」(男性40代、福岡県)など、「二刀流」で日本ハムの日本一に貢献し、まるでマンガの世界を地で行くスーパースターに驚きと感動の声。来シーズンのオフにはメジャー挑戦も約束されており、今後の活躍に大きな期待が寄せられています。
そのほか、野球以外のスポーツでは「明るくて前向きな性格で一人世界と戦い、ランキング5位をキープしている姿は素晴らしい」(男性60代、長崎県)など、4位に「錦織圭さん」(6.0%)、7位に「内村航平さん」(3.6%)、9位に「吉田沙保里さん」(2.8%)、10位にも「福原愛さん」(2.3%)が続き、リオ五輪で活躍した選手達の名前がランクインしました。
スポーツ界以外で断然多かったのは「小池百合子さん」(7.0%)。「まだ男社会の日本で、女性の目線で日本の社会を風通しよくしてほしい」(女性60代、愛知県)、「渦中に飛び込み都政の健全化に日夜取り組んでいる姿を拝見し、敬服の念を抱いている」(男性60代、兵庫県)など、豊洲移転やオリンピック施設等の問題にメスを入れ、孤軍奮闘する小池さんの姿に感銘を受けたという人が目立ちました。
そのほか、「暗い沈んだニュースや世間の中で、簡単明瞭でインパクトのある笑いにより、年末の日本を少し明るくしてくれたから」(男性40代、栃木県)など、5位に「ピコ太郎さん」(5.7%)が挙げられ、老若男女が口ずさむ「ペンパイナッポーアッポーペン♪」は、日本を明るく元気にするおまじないと言えるかもしれません。

調査対象 全国の20歳以上の男女2,951人(有効回答数、男性1,556人、女性1,395人)
調査方法 インターネット
調査期間 2016年12月7日(水)〜12月13日(火)