1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2017年3月16日
アサヒグループホールディングス株式会社

現地の嗜好に合わせて開発!ミャンマーオリジナルのエナジードリンク新発売
〜ミャンマー全域750箇所で、15万本サンプリングを実施〜


アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)と、ミャンマーの現地企業ロイヘイン(本社 ヤンゴン、会長 Dr.サイ)が設立した合弁会社アサヒロイへインは、2017年3月下旬より、エナジードリンク「ハニーゴールド」(缶250ml)をミャンマーで発売します。アサヒグループが、ミャンマー市場に向けて、現地の嗜好に合わせたオリジナル商品を開発し、現地で生産・販売するアサヒブランドとして初めての商品です。

「ハニーゴールド」は、ハチミツとビタミン(※)を豊富に含んだ、ハニーテイストのエナジードリンクです。仕事やスポーツの後などエネルギーを補給したいときにぴったりです。アサヒグループホールディングス(株)が、飲料事業で培った商品開発の知見やノウハウを生かし、日本人よりも甘みの強い飲み物を好むミャンマー人の嗜好に合わせて、200以上の試作を経て処方を完成させました。アサヒロイヘインが、ライセンス生産・販売します。

パッケージデザインは、ハニーテイストの甘い味わいを訴求すべく、缶体全体に「蜂の巣」を描き、「ハチミツ」と「ハチ」のイラストを加えました。商品名は英語とミャンマー語で記載し、日本の技術で開発されたことが伝わるように日本語でも商品名を記載しています。

(※)1缶あたり、ビタミンB3:25mg、ビタミンB6:18mgを配合しています。

商品の発売に合わせ、ヤンゴンとマンダレーを中心として、ミャンマー全域750箇所でサンプリングイベントを実施し、ブランド認知度の早期獲得を目指します。また、ラジオや新聞広告、ラッピングカーなど、積極的な販促活動を展開します。

ミャンマーは、ASEAN内でインドネシア、フィリピン、ベトナム、タイに続く5,000万人を超える人口を抱える注目の市場です。中でも、ミャンマーのエナジードリンク市場は急成長しており、2016年は前年比130%と伸張した模様です。アサヒグループは、「ハニーゴールド」発売により、ミャンマーにおけるアサヒブランドのプレゼンス拡大を目指します。

【商品概要】
商品名 ハニーゴールド
発売時期 2017年3月下旬
容器・容量 缶250ml
店頭想定価格 450チャット(日本円で約40円)
製造工場 アサヒロイヘイン シュエピタ工場
発売地域 ミャンマー全域
販売目標 19万箱(24本/箱)

<ご参考>

■ミャンマーでの取り組みについて

アサヒグループホールディングス鰍フシンガポール子会社であるアサヒグループホールディングスサウスイーストアジア(AGHSEA)と、ミャンマーの現地企業ロイヘインは、2014年に炭酸飲料の製造販売を行う合弁会社アサヒロイへインを設立しました。

ロイヘインはミャンマーにおける清涼飲料の国内大手三社の一社であり、特にミャンマー第二の都市マンダレーで強い基盤を持っています。アサヒロイヘインは、ロイヘインの認知度のあるブランドや流通網等に、当社の生産・品質管理技術や商品開発ノウハウ等を加え、事業基盤を強化しており、2016年2月にアサヒブランドとして初めて「ウィルキンソン」をミャンマーに上市しました。また、2017年2月より、アサヒグループホールディングス鰍ニタイの現地企業オソサファ社の合弁会社であるカルピスオソサファ社が製造する「カルピスラクト」を輸入・販売を開始し、日本ブランドとして初めてミャンマーの乳性飲料市場に進出しました。今回発売する「ハニーゴールド」は、ミャンマーにおけるアサヒブランドとして第3弾となります。

以上