1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2017年4月11日
アサヒグループホールディングス株式会社

「ゴールデンウィーク」に関する意識調査
今年のゴールデンウィークは「休養中心」が圧倒的多数
「デパ地下めぐり」「外食」「食べ歩き」など「グルメレジャー」が楽しみのひとつに

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)生活文化研究所は、2017年3月29日(水)〜4月4日(火)にインターネットで、「ゴールデンウィーク」に関する意識調査を実施し、2,694人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■今年のゴールデンウィークは「5日間」が主流
  • ■過ごし方は「休養中心」が圧倒的多数
  • ■今年は家族そろって「大掃除・片付け」−夏を控えて「衣替え」「部屋の模様替え」
  • ■「デパ地下めぐり」「外食」「食べ歩き」など身近な「グルメレジャー」が楽しみのひとつに

Q.今年のゴールデンウィークは何日休める?
 ⇒ 今年のゴールデンウィークは「5日間」が主流

単一回答 N=2,694

今年のゴールデンウィークは何日休める?

今年のゴールデンウィークについて何日休めるのか聞いたところ、「(合計で)5日間」という声が最も多く21.9%でした。さらに「6〜7日間」(16.6%)が続き、今年のゴールデンウィークは「5〜7日間」(38.5%)の休暇日数という声が多数寄せられました。ゴールデンウィークの始まりとなる「昭和の日(4月29日)」はあいにく土曜日にあたり、週明けの5月1日(月)、5月2日(火)は平日。憲法記念日の5月3日(水)、みどりの日の5月4日(木)、こどもの日の5月5日(金)と土日が続き、暦通りに休めれば、5連休という人がとても多いようです。
 ただし、「8日間以上」という声も18.3%を占め、久々の長い休みを利用して、国内外の旅行を計画する人もいました。
 ちなみに過去同時期の調査によれば、2012年、2013年は「7日間」、2014年は「4日間」、2015年、2016年ともに「5日間」という休暇日数が主流でした。

Q.ゴールデンウィークの過ごし方は? 
 ⇒ 「休養中心」が圧倒的多数−レジャーの「混雑」「疲労」を避けて家でのんびり過ごす

複数回答 N=2,694

今年のゴールデンウィークの過ごし方について聞いたところ、「休養中心」と回答した人は53.3%。主な理由は日ごろの生活で蓄積した疲労やストレスを十分な休養で癒やしたいという声。さらにゴールデンウィーク中のレジャーは「混雑・渋滞」が避けられないため、インドアでゆっくり過ごすという声もありました。「レジャー中心」?「休養中心」?
 その一方、「レジャー中心」はわずか10.3%に留まり、アクティブな「レジャー派」がそう多くないことが明らかとなりました。レジャー派の主な理由は旅行やBBQ等のアウトドアを満喫するという声。
 「休養」と「レジャー」をバランスよく組み合わせた「『レジャー』と『休養』は半々」という声も36.4%を占めました。前半は遠出、後半は近場という声も多く、前半・後半で連休を上手に使い分ける人が目立ちました。

Q.今年のゴールデンウィークは何をする?
 ⇒ 今年は家族そろって「大掃除・片付け」−夏を控えて「衣替え」「部屋の模様替え」
 ⇒ 「デパ地下めぐり」「外食」「食べ歩き」など身近な「グルメレジャー」が楽しみのひとつに

複数回答 N=2,567

今年のゴールデンウィークは何をする?

今年のゴールデンウィークは何をするのかについて聞いたところ、最も回答が多かったのは「家の片づけ・掃除・洗濯する」(42.7%)でした。日ごろは出来ない部屋の模様替えを行うという声。年末に続き、家族そろって片付けや大掃除に取り組める絶好の機会と言えそうです。
 2位は「とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする」(30.0%)。さらに6位に「TV・ビデオ(DVD、ブルーレイなど)を鑑賞する」(17.3%)、10位にも「読書する」(13.2%)が挙げられました。「ゴールデンウィーク=外出・レジャー」というイメージが一般的に強いですが、実際には掃除やテレビ鑑賞、読書などで過ごす「インドア派」がとても多いようです。
 その一方、外出・レジャーで目立ったのは、3位「ショッピングに行く」(28.4%)。気温の上昇に伴い、家族の春夏物の衣類を買い求めにショッピングに出かけるという声。さらに食材の買い出しに出かけ、連休中の食事を充実させたいという人もいました。
 さらに、4位には「外食する(家族、恋人など)」(20.9%)。家族がそろう連休に外食をしてプチ贅沢を楽しむという声。8位にも「街散策・食べ歩き」(14.5%)が挙げられ、デパ地下めぐりや外食、食べ歩きまで、「飲食」をゴールデンウィークの主役に据える人も少なくありませんでした。特に連休中は、全国各地でグルメフェスなどの野外イベントや百貨店の催事も多いため、美食を求めてお出かけする人もきっと多いことでしょう。

調査対象 全国の20歳以上の男女2,694人(有効回答数:男性1,357人、女性1,337人)
調査方法 インターネット
調査期間 2017年3月29日(水)〜4月4日(火)