1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2017年5月19日
アサヒグループホールディングス株式会社

「野外飲み」に関する意識調査
人気の野外飲みTOP3は、「BBQ」、「お花見」、「ビアガーデン」
5年前よりも「野外飲み派」が約1割アップ。大幅な増加傾向あり。

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)生活文化研究所は、2017年4月26日(水)〜5月2日(火)にインターネットで、「野外飲み」に関する意識調査を実施し、2,530人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■8割以上が「アウトドア・屋外の飲酒が好き」−5年前よりも「野外飲み派」大幅増加
  • ■一番人気は「BBQ」−同僚や友人、ママ友など、様々なコミュニティで開催
  • ■「ビール」は野外飲みの主役−持ち運びに便利な「缶」支持が目立つ
Q.野外で飲むのは好き? 
⇒8割以上が「アウトドア・屋外の飲酒が好き」−5年前よりも「野外飲み派」大幅増加

単一回答 N=2,530

屋外で飲むのは好き?

野外で飲むのが好きかどうかについて聞いたところ、「大好き」と回答した人は31.0%。「まあまあ好き」という声も50.4%を数え、全体の8割以上が「アウトドア・屋外での飲酒(野外飲み)」に好意を寄せていることが明らかとなりました。自由回答の中には新緑の気持ち良い季節を迎え、自然と「野外飲み」の頻度が高まるという人もいました。過去の同調査によれば、「大好き」「まあまあ好き」という声は2012年で73.9%、2016年で80.2%、2017年で81.4%と、5年前よりも7.5%、昨年よりも1.2%アップしており、「野外飲み」を支持する声は年々増加傾向にあることがわかります。

Q.好きな野外飲みシーンやイベントは?
⇒一番人気は「BBQ」−5年前と比べて1割以上も増加

複数回答 N=2,323

好きな野外飲みシーンやイベントは?

好きな野外飲みのシーンやイベントについて聞いたところ、一番人気は「BBQ(バーベキュー)・野外パーティー」(56.3%)でした。同僚や学生時代の友人、サークル仲間、ママ友等々、様々なコミュニティでBBQを行っているという声。かつてBBQはキャンプ場や河原などで火から起こすのが定番でしたが、最近では手ぶらでカジュアルに楽しめる施設や公園も増えており、以前よりもBBQの裾野が広がっていることがうかがえます。ちなみに、過去の調査によると、「BBQ(バーベキュー)・野外パーティー」(2012年=44.6%、2016年=58.8%、2017年=56.3%)は、5年前と比べて1割以上も増加しており、昨今の「野外飲み」人気の高さは、夏のアクティビティとしてBBQが定着し始めていることも要因の一つと考えられます。

さらに、3位にも「ビアガーデン」(46.6%)がランクインし、BBQやバイキング料理などのグルメを囲みながらの「野外飲み」に人気が集中。自由回答の中には「外食くらい上げ膳据え膳で食べたい」という主婦層から、BBQよりもビアガーデンを支持する声も寄せられました。

Q.屋外で飲みたいと思うお酒は?
⇒喉潤す爽快さを持つ「ビール」は野外飲みの主役−持ち運びに便利な「缶」支持が目立つ
⇒「ワイン」「シャンパン」は女性人気高く、野外飲みをラグジュアリーに変身させる

複数回答 N=2,327

屋外で飲みたいと思うお酒は?

堂々の人気ナンバーワンは「缶ビール」(65.3%)でした。炭酸が喉を抜ける爽やかさや、火照った体を一気にクールダウンしてくれる心地良さを支持する声。さらに、ビールが仲介役となり、アクティブな野外イベントやお祭りを気分良く楽しめるという人もいました。また、同率トップで「生ビール」(65.3%)が挙げられ、「野外飲み」にはビールが欠かせないという人が目立ちました。

過去の調査によれば、2012年、2016年の一番人気は「生ビール」(2012年=65.3%、2016年=64.4%、2017年=65.3%)でしたが、今年は「缶ビール」(2012年=50.5%、2016年=56.9%、2017年=65.3%)が初めて「生ビール」に追いつき、同率ながらトップに輝きました。BBQや花火大会等の持ち運びに便利という声が多く寄せられ、グラスなしでそのまま口を付けられるのも缶ビールならではの利点と言えそうです。

「ビール」に続いて人気が高かったのは、3位「チューハイ」(全体=33.6%、男性=26.3%、女性=41.0%)。特にチューハイは女性回答が断然多く、様々な味のバリエーションを楽しみながら飲める点も、女性に支持されている理由と言えそうです。同じく女性に人気の高いお酒では、「ワイン」(全体=12.9%、男性=10.2%、女性=15.7%)、「シャンパン・スパークリングワイン」(全体=11.6%、男性=8.4%、女性=14.9%)、「カクテル」(全体=7.3%、男性=3.3%、女性=11.3%)が続きました。最近では「グランピング」といい、ラグジュアリーなキャンプ体験やBBQが流行していますが、こうした中でワインやシャンパンは、野外飲みを一気にオシャレに演出する効果を担っています。実際に過去調査との比較でも、「ワイン」(2016年=11.8%、2017年=12.9%)、「シャンパン・スパークリングワイン」(2016年=9.4%、2017年=11.6%)の支持が昨年よりも高まっており、野外飲みの「オシャレ化」が急速に進んでいることがうかがえます。

調査対象 全国の20歳以上の男女2,530人(有効回答数:男性1,271人、女性1,259人)
調査方法 インターネット
調査期間 4月26日(水)〜5月2日(火)