1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2017年6月1日
アサヒグループホールディングス株式会社

「攻めのIT経営銘柄2017」に3年連続で選定!
〜経済産業省と東京証券取引所が共同で
経営革新や競争力の強化のためにITの積極的活用に取り組む企業を選定〜

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、「攻めのIT経営銘柄2017」に選定されました。
 「攻めのIT経営銘柄」とは、経済産業省と東京証券取引所が共同で、経営革新や競争力の強化のためにITの積極的活用に取り組む企業を選定するもので、本年は5月31日(水)に発表がありました。当社は昨年に続き3年連続で選定されました。

攻めのIT経営銘柄2017

アサヒグループでは、第6次中期経営計画期間(2016年〜2018年)において、2015年までに築いたアサヒグループ共通基盤をさらに進化させるべく、1.新技術、2.働き方改革、3.グローバルITの整備、4.セキュリティ、5.人材育成 を今後のIT戦略における5つの課題と位置付け 「デジタルトランストランスフォーメーション」の実行、推進に取り組んでいます。

今回の選定では、上記に加えて、以下の具体的な取り組みなどが評価されました。

■「AI技術を活用した業務改革の推進」
  アサヒグループ全社で活用する「社内OAヘルプデスク」の利用者の問い合わせに対し、AI技術を活用し、応答率の向上、ユーザーの利便性、ヘルプデスク要員のオペレーター業務を効率化するシステムを構築する計画を立案しました。
■「働き方改革を支援するユニファイドコミュニケーション環境(WEB会議・チャット)の強化や業務システムのマルチデバイス化」
  海外を含むあらゆる場所や時間、端末に制約されない、業務特性に応じた働き方の実現を通じて労働生産性の向上を推進しています。
■「サイバー攻撃対策の強化」
  技術的対策に加えて、経産省情報セキュリティガイドラインを参考にアサヒグループガイドラインの策定と社内組織(ASAHI-CSIRT)の設置を行い、グローバルガバナンスを意識したルールと体制に刷新しました。