1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2018年4月3日
アサヒグループホールディングス株式会社

産学連携に向けた取組み
順天堂大学大学院 医学研究科の寄付講座
「マイクロバイオーム研究講座」
2018年3月1日より開設

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)は、人と微生物の共生関係を活用した新たな治療法の開発や健康の維持への応用が期待されるマイクロバイオーム研究を活性化させることで、人々の健康で豊かな生活の実現を目指すべく、順天堂大学大学院 医学研究科に設置されます「マイクロバイオーム研究講座」への研究資金の寄付をおこないました。

“マイクロバイオーム”とは、皮膚や腸内などヒトの体の内外に棲む100兆個以上もの微生物の集合体のことを言います。近年、病気との関わりを明らかにする研究が加速し注目を浴びている“腸内フローラ”も、“マイクロバイオーム”の一部です。“腸内フローラ”を構成する微生物は、免疫や神経などを介して体に様々な影響を及ぼしていることがわかってきていますが、全身の様々な部位における人と微生物群との関わりを明らかにすることで、様々な病気における新たな治療法の開発や予防に役立つことが期待されます。

アサヒグループでは、長年にわたり取り組んできた腸内フローラ研究を通じて、体に共生する微生物の集合体(微生物菌叢:びせいぶつきんそう)を解析する技術を培ってきました。本技術は、微生物群を網羅的に解析し、健康状態と関連の深い微生物や菌叢の状態を検出するなど、微生物群の特徴付けをおこなうことができる技術です。豊富な臨床症例を有し、日本でも有数の医学研究機関である順天堂大学でのマイクロバイオーム研究の推進を通じて、当社は、微生物菌叢解析技術をもとに人々の更なる健康の維持・増進に向けた取組みを進めてまいります。

<寄付講座の概要>

大  学 : 順天堂大学大学院医学研究科
講座名称 : マイクロバイオーム研究講座
担当予定教員 : PI 渡邉 心 准教授
設置期間 : 2018年3月1日より3年間
期待成果 : ヒトのマイクロバイオームの基礎的知見の深耕
  その重要性の社会的認知の向上