1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2018年5月10日
アサヒグループホールディングス株式会社

本格的なコーヒーの味わいを求める若者に向けた新フレーバー
『ワンダ イタリアンラテ』マレーシアで新発売
〜健康志向の高まりを受け、砂糖の使用量を定番商品の約半分に(※)

(※)「ワンダ オリジナル」比。以下同じ。

『ワンダ イタリアンラテ』
高解像度画像

アサヒグループホールディングス(株)傘下で、マレーシアにおいて飲料事業を展開するエチカビバレッジズは、2018年4月下旬より、新商品『ワンダ イタリアンラテ』(LL紙パック200ml)をマレーシア全土に向けて出荷を開始しました。マレーシアにおける「ワンダ」ブランドにおいて、LL紙パックの発売は初めてです。

『ワンダ イタリアンラテ』は、深煎りのイタリアンローストのアラビカ豆を100%使用し、深い焙煎香が感じられるコーヒーにミルクを加えて仕上げたコーヒー飲料です。近年のマレーシアにおける健康志向の高まりを受け、甘さはそのままに、砂糖の使用量を定番商品の約半分に抑えました。また、ミルクを加えることで、日頃甘い飲み物を求めるお客様にもより飲みやすい味わいを実現しています。パッケージデザインは、カフェで提供されるカップを描き、“淹れたてのおいしさ”を表現しました。

今回、「ワンダ」ブランドで新たに採用したLL紙パックは、保存性の高さに加え、軽量でコンパクトな形状がまとめ買い需要に対応しやすいことなどから、現地で人気の容器です。エチカビバレッジズでは、従来より、50年以上の歴史を持つ牛乳ブランド「Goodday」や「カルピス」などで採用しており、健康志向の高まりに見合った商品ラインアップや、学校など新たな販路開拓が奏功し、2017年のLL紙パック商品の販売実績は前年比5割以上伸張しました。現在はさらなる需要拡大に対応すべく、メル工場(マレーシア、スランゴール州)の生産ラインを増設し、生産能力を約2倍に高めるなど、製造・販売を強化しています。

マレーシアにおける「ワンダ」ブランドの2017年の販売数量は、前年を大きく上回り、43%増で着地しました。“淹れたてのおいしさ”をコンセプトとした、本格的な味わいの『ワンダ イタリアンラテ』を発売することで、味わいのラインアップを広げ、15歳〜25歳のコーヒー飲料のエントリーユーザー層の需要創出、並びにブランドのプレゼンス拡大を目指します。

【商品概要】
商品名 ワンダ イタリアンラテ
発売時期 2018年4月下旬
容器・容量 LL紙パック200ml
店頭想定価格 2リンギット程度(日本円で55円程度)
製造工場 エチカデアリーズ メル工場
※エチカデアリーズは、エチカグループの乳製商品の製造会社です。
発売地域 マレーシア全域
販売チャネル スーパー、コンビニエンスストア、地元販売店など