1. トップページ
    2. 研究開発 
    3. 研究開発領域
    4. 「ラクトノナデカペプチド」

「ラクトノナデカペプチド」

「ラクトノナデカペプチド」とは
アサヒグループ独自の発酵乳からみつかった、アミノ酸が19個つながったペプチド(※)です。
※ペプチドはアミノ酸が複数つながったものです。発酵乳の中には、乳酸菌が発酵の過程でつくり出した様々なペプチドが含まれています。

研究のはじまり

アサヒグループの乳酸菌・発酵乳研究のルーツは、1919年に日本で初めて乳酸菌飲料を製造・販売したカルピス社にあります。1970年代に、当時のカルピス社と理化学研究所との共同研究により、乳酸菌と酵母でつくる独自の発酵乳に寿命延長効果があることがマウスを用いた試験により明らかになりました。その後の研究により、発酵乳による血圧降下、免疫力向上、疲労回復など様々な作用が実証され、それらをもたらす健康成分の解明を進める中で、数々の機能性ペプチドの発見につながりました。

主な研究成果

健康で豊かな社会の実現に向けて
少子高齢化が加速的に進む日本では、いつまでも健康で社会に参加できる“健康寿命”延伸に向けた取り組みが求められています。健康寿命の延伸を阻む主要な要因のひとつとして認知症が挙げられますが、脳の記憶や認知に関わる仕組みは非常に複雑で、認知症の発症や進行について多くは解明されていません。食品成分が脳に作用するメカニズムが解明できれば、日々の食生活に取り入れることで認知機能の低下を予防し、健康寿命延伸に貢献できると考えています。