1. トップページ
    2. 研究開発 
    3. 研究開発領域
    4. 「ラクトトリペプチド」

「ラクトトリペプチド」

「ラクトトリペプチド」とは
アサヒグループ独自の発酵乳からみつかったペプチド(※)です。健康への寄与が見出された2種類のペプチド(VPP、IPP)を総称して、「ラクトトリペプチド」と呼んでいます。
※ペプチドはアミノ酸が複数つながったものです。発酵乳の中には、乳酸菌が発酵の過程でつくり出した様々なペプチドが含まれています。

研究のはじまり

アサヒグループの乳酸菌・発酵乳研究のルーツは、1919年に日本で初めて乳酸菌飲料を製造・販売したカルピス社にあります。1970年代に、当時のカルピス社と理化学研究所との共同研究により、乳酸菌と酵母でつくる独自の発酵乳に寿命延長効果があることがマウスを用いた試験により明らかになりました。それをきっかけに、乳酸菌・発酵乳研究のパイオニアとして、発酵乳中の健康成分の解明を進めるとともに、ペプチドの機能性評価の技術を高めてきました。

主な研究成果

健康で豊かな社会の実現に向けて
血圧をはじめとする循環器系の不調は、冷えや疲労などの日常的な不調から心臓病や脳卒中などの重大疾患まで、私たちの生活に影響を与えます。「ラクトトリペプチド」の様々な機能を明らかにすることで、日々の健康と健康寿命の延伸に貢献できると考えています。