1. トップページ
    2. 研究開発 
    3. 研究開発領域
    4. 「ラクトバチルス・アミロボラス CP1563株」

「ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株」

「ラクトバチルス・アミロボラスCP1563株」とは
アサヒグループが保有する多くの微生物の中から、脂肪燃焼を促す可能性が高い乳酸菌として選抜された菌株です。菌の内部にある成分を体に効率よく吸収させるために「乳酸菌を破砕する」という、独自の発想(※)により、脂質代謝改善効果が証明されました。
※特許第5801802号、特許第5690435号、特許第5690416号(2016年12月現在)

研究のはじまり

アサヒグループの乳酸菌・発酵乳研究のルーツは、1919年に日本で初めて乳酸菌飲料を製造・販売したカルピス社にあります。1970年代に、当時のカルピス社と理化学研究所との共同研究により、乳酸菌と酵母でつくる独自の発酵乳に寿命延長効果があることがマウスを用いた試験により明らかになりました。それをきっかけに、健康寿命の延伸に役立つ新たな機能性乳酸菌の探索を進めるとともに、先進的な乳酸菌活用技術の確立に取り組んでいます。

主な研究成果

健康で豊かな社会の実現に向けて
肥満は、糖尿病や高脂血症、高血圧など様々な生活習慣病と深く関わっていることが分かってきています。肥満にならないためには、まずはバランスのよい食事や、適度な運動を日常生活に取り入れることが大切です。それらに加えて、肥満の改善が期待される乳酸菌の力を上手に活用することで、生活習慣病を予防しいつまでも元気で健やかな毎日を過ごして欲しいと願っています。