1. トップページ
    2. 研究開発 
    3. 研究開発領域
    4. 「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」

「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」

「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」とは
アサヒグループが保有する多くの乳酸菌の中から、アレルギーを抑える効果が期待される乳酸菌として選抜された菌株です。

研究のはじまり

アサヒグループの乳酸菌・発酵乳研究のルーツは、1919年に日本で初めて乳酸菌飲料を製造・販売したカルピス社にあります。1970年代に、当時のカルピス社と理化学研究所との共同研究により、乳酸菌と酵母でつくる独自の発酵乳に寿命延長効果があることがマウスを用いた試験により明らかになりました。それをきっかけに、微生物・発酵乳研究のパイオニアとして機能性乳酸菌の研究に取り組んできました。

主な研究成果

健康で豊かな社会の実現に向けて
「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」は、私たちの体に備わっている免疫機能にはたらきかけることで、アレルギー症状の緩和や感染予防などさまざまな機能を発揮することがわかっています。免疫は赤ちゃんから高齢者まで、私たちが健康に生きる上で欠かせない体の仕組みです。「ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株」と免疫の関わりをさらに明らかにすることで、生涯にわたる健康の維持増進に貢献できると考えています。