ピルスナーウルケル

ピルスナーウルケル

ブランドサイト

ピルスナーウルケルのブランドサイトに移動します

ピルスナーウルケルビール / 1842年〜

ビールの概念を変えた 、ピルスナーの元祖

味への妥協なきこだわりにより、すべてチェコ産の原料を使用。一部の醸造は木樽で行うなど、伝統的製法を守りながらピルゼン醸造所のみで造り続けています。
ピルスナーウルケルを象徴する味わいは、トリプルデコクションによる麦芽本来の甘味と、ザーツ産ホップ由来の苦味が調和して形作られます。濃密でしっとりとした泡が口当たりの良さを与え、芳醇な香りを閉じ込めます。後味に感じるバランスの取れたホップの苦みが、さらなるひと口へと誘います。

ブランドヒストリー

「ピルスナーウルケル」は、ビールマイスターのジョセフ・グロルによって1842年に生み出され、ビールの概念を変えた、世界初の黄金色のピルスナービール。世界に広がり、今もなお175年以上にわたって愛されるビールです。ウルケルはドイツ語で元祖を意味し、「ピルスナーの元祖」という意味で、チェコを代表するビールです。