1. ホーム
  2. 事業案内

事業案内Our Business

目指す事業ポートフォリオ

ビールを中心とした
既存事業の持続的成長に加えて、
その事業基盤を活かした周辺領域や
新規事業・サービスを拡大していきます。

中長期経営方針のイメージ映像

日本:中期重点戦略

  • 変化を先読みする商品ポートフォリオ最適化とシナジー創出によるポテンシャル拡大
  • ニーズの多様化に対応したスマートドリンキングなどの推進、高付加価値型サービスの創造
  • カーボンニュートラルなど社会課題の事業による解決、日本全体でのサプライチェーン最適化
強み
  • 各事業における強固なブランドポートフォリオ
  • 嗜好の変化を先取りする新商品・新技術の開発力
  • 多種多様なステークホルダーとの幅広い接点
  • 環境変化に柔軟に対応できるコストマネジメント力
  • 商品や各種取組みを通じた社会課題解決への貢献
機会
  • 酒税改正によるビール市場の拡大
  • 消費の多様化、多価値化による新たな市場の誕生
  • 健康志向の高まりによる関連カテゴリーの成長
  • 共働きの増加、超高齢化社会の到来など、社会構造の変化
  • サステナブルな活動に対する関心の高まり
リスク
  • 総人口の減少
  • 市況変動による原材料費など、各種コストの上昇
  • 消費需要低迷に伴う競争環境の悪化
  • 人流の停滞、経済活動の低迷
  • 気候変動や大規模災害の発生

アサヒグループジャパンのサイトへ

酒類事業

  • Super Dry
  • Clear Asahi
  • BEERY
  • DRY ZERO
  • 贅沢絞り
  • Black nikka
  • かのか
  • Alpaca

アサヒビールのサイトへ

飲料事業

  • Mitsuya
  • カルピス
  • WANDA
  • 十六茶
  • WILKINSON
  • 六甲
  • バヤリース
  • Welch

アサヒ飲料のサイトへ

食品事業

  • Mintia
  • クリーム玄米ブラン
  • 1本満足バー
  • Dear-Natura
  • エビオス錠
  • 和光堂
  • Balance Kondate
  • アマノフーズ

アサヒグループ食品のサイトへ

欧州:中期重点戦略

  • グローバル5ブランドの拡大と強いローカルブランドを軸としたプレミアム戦略の強化
  • ノンアルコールビールやクラフトビール、RTDなど高付加価値商品を軸とした成長の加速
  • 再生エネルギーの積極活用や循環可能な容器包装の展開など環境負荷低減施策の推進
強み
  • 有力なグローバルブランドのポートフォリオ
  • ローカル市場の強固な事業基盤、高度なプレミアム戦略
  • 環境変化に柔軟に対応できるコストマネジメント力
  • ダイバーシティに富んだ組織力と高いエンゲージメント
  • 社会課題解決の貢献に向けたビジネスへの推進力
機会
  • グローバルにおけるプレミアム化の潮流
  • 高品質なローカルブランドへの消費者ニーズの高まり
  • 嗜好の多様化に伴うノンアルコール飲料やRTDの伸長
  • 多様な価値提案を実現するデジタル技術の発展
  • 社会課題の解決に貢献するビジネスへの支持拡大
リスク
  • 市況変動による原材料費など、各種コストの上昇
  • 急速な物価上昇に伴う消費マインドの低下
  • ビール消費の需要低迷に伴う競争環境の悪化
  • 酒税改正などの各種規制の強化
  • 地政学リスク、気候変動や大規模災害の発生
  • SUPER DRY
  • BIRRA PERONI
  • Pilsner Urquell
  • Grolsch
  • Kozel

アサヒヨーロッパアンド
インターナショナルのサイトへ

オセアニア:中期重点戦略

  • 酒類と飲料の強みを活かしたマルチビバレッジ戦略の推進、統合シナジーの創出
  • BAC など成長領域でのイノベーションの推進、健康・Well-beingカテゴリーの強化
  • 新容器・包装形態などサステナビリティを重視した新価値提案、SCM改革の推進

※ Beer Adjacent Categories: 低アルコール飲料やノンアルコールビールテイスト飲料、成人向け清涼飲料などビール隣接カテゴリー

強み
  • 主要カテゴリーを牽引するマルチビバレッジの商品群
  • プレミアム化に適したブランドポートフォリオ
  • 酒類・飲料事業の広範な顧客層とのパートナーシップ
  • 効率的で、スケールのある基盤を活かしたコスト競争力
  • サステナビリティを組み込んだ強靭なバリューチェーン
機会
  • 人口増加による酒類・飲料の堅調な消費拡大
  • プレミアム化による成長加速
  • 嗜好の多様化に伴うBAC領域の拡大
  • 健康志向の高まりによる無糖飲料の伸長
  • サステナブルな事業活動に対する関心の高まり
リスク
  • 市況変動による原材料費など、各種コストの上昇
  • 嗜好の多様化に伴うビール消費量の減少
  • 競合の事業戦略シフトによる競争激化
  • アルコールや加糖飲料への規制や課税の強化
  • パンデミックや自然災害などによる消費低迷
  • SUPER DRY
  • Peroni Italy
  • Great Northern
  • Vodka Cruiser
  • Long White
  • Balter Master
  • Schweppes
  • Cool Ridge

アサヒホールディングス
オーストラリアのサイトへ

東南アジア:中期重点戦略

  • マレーシアの持続成長と自社ブランドの強化など、域内6億人超の成長市場での基盤拡大
  • 植物由来商品など新セグメントの拡大による最適なプレミアムポートフォリオの構築
  • 環境配慮型容器の展開などによる持続可能性の確保や原材料調達での地域社会との共創
強み
  • 健康志向の上昇と当社ブランドとの親和性
  • 自販機ネットワークを活用した強力なプラットフォーム
  • 強力なリーダーシップとダイバーシティに基づく組織力
機会
  • 東南アジア市場全体の高い成長性
  • 高付加価値商品へのニーズの高まり
  • 東南アジアの未進出エリア開拓による拡大展開
  • ハラールハブとしてのイスラム圏への参入余地
リスク
  • 市況変動による原材料費などのコスト上昇や物流の混乱
  • 政情不安やインフラ整備の遅れなどのカントリーリスク
  • インフレ圧力に伴う消費者マインドの悪化
  • CALPIS
  • WONDA
  • Goodday
  • Daily Champ

アサヒホールディングス
サウスイーストアジアのサイトへ

アサヒグループの主要な会社及び事業の系統図 (2022年1月1日現在)

Scroll

組織図

※上記のほかに、国内において、アサヒプロマネジメント(株)(連結子会社)は、アサヒグループジャパンの機能会社として国内グループ関係会社に共通する給与・福利厚生、経理などの間接業務サービスを集約・効率化するシェアード機能を担っております。アサヒビジネスソリューションズ(株)(持分法適用関連会社)は、情報処理の受託業務を行っており、アサヒグループ全体の情報処理業務を行っております。(株)アサヒビールコミュニケーションズ(持分法適用関連会社)は、アサヒビール工場・アサヒ飲料工場の工場見学運営業務全般等を行っております。アサヒグループエンジニアリング(株)(連結子会社)は、製造設備等の建築、設備の新設・更新、メンテナンス等を行っております。