ビール酵母を、地球環境のために
    地球温暖化の現状を、知っていますか?

    地球温暖化は
    世界の問題

    earth
    graph
    graph

    世界の年平均気温は、3年連続最高値を更新。その原因となっているCO2の排出量の削減が重要です。平均気温が上がっていくと、食糧の需要に供給が追いつかなくなると予測されています。

    食糧の増産に、ビール酵母は活かせるはず

    ビール酵母は、ビールの製造工程で生成される副産物ですが、高い栄養成分を含んでいます。アサヒは、このビール酵母を使い、食糧の増産に貢献する方法を模索してきました。

    それまでの研究でビール酵母に人の免疫力を高める効果があることは判明していました。研究成果として1930年から胃腸・栄養補給薬「エビオス錠」を販売しています。人に効果があるのなら、植物にも効果があるのではないか?という予測を元に研究をスタートさせました。

    そして、ビール酵母を分解させて生成したビール酵母細胞壁に植物の成長に大きな効果があることを突き止め、そのビール酵母細胞壁を使った農業資材を開発しました。

    ビール酵母細胞壁の力 1

    ビール酵母細胞壁の農業資材を使用して1ヶ月後の芝

    植物の活性を高める

    ビール酵母細胞壁の力 2

    ビール酵母細胞壁の農業資材を落葉果樹に使用した時の葉緑素の濃度の変化

    植物の光合成能力を高める

    こういったビール酵母細胞壁の力が、農業の生産効率を向上させ、 食糧の増産に貢献できる可能性を生み出しました。

    ビール酵母細胞壁がCO2を削減!?

    さらに、食糧増産への貢献に加えて、ビール酵母細胞壁には新たな可能性があることが判明しました。それが、CO2の削減です。

    活性を高めることで、
    農薬散布の回数が減り、CO2を削減。

    光合成能力を高めることで、
    CO2の吸収量を増加。

    ビール酵母細胞壁は、植物の成長促進と光合成能力の活性化というWの効果で、CO2の削減に貢献することができるのです。

    ビール酵母細胞壁の実力

    ビール酵母細胞壁の農業資材を
    日本全体のゴルフ場の芝に使用すると
    144,000ha
    年間46,000t
    CO2を削減

    ゴルフ場の他、高速道路や公園などで、たくさんの芝が使用されています。 日本だけでなく世界中で、ビール酵母細胞壁の農業資材を使用していくと、より多くのCO2を削減していくことが可能です。

    ビール酵母は、
    地球温暖化問題に
    貢献していける。