フリーズドライは、可能性の塊だ
    アマノフーズは、フリーズドライ技術の発展に挑戦しています。 ※アマノフーズは、アサヒグループ食品(株)のブランドです。

    すべては、みそ汁から始まりました

    1968

    真空凍結乾燥機を導入

    1982

    日本初、具材とみそが
    一体となったブロックタイプの
    フリーズドライみそ汁誕生

    このみそ汁が転機となり
    フリーズドライは進化してきました

    1996

    世界最大級サイズの 真空凍結乾燥機を設置

    フリーズドライの舞台裏

    さまざまな料理をフリーズドライにするには、それぞれの素材に最適な凍結・乾燥の方法が必要です。これを可能としているのは、長年研究を重ねて発展してきたアマノフーズの技術力です。

    フリーズドライは、ここまで進化した

    アマノフーズは、復元が難しいとされていた揚げ物のフリーズドライにも成功しました。

    お湯をかけて戻した揚げ物に、サクサクとした食感が蘇ります。

    このように、驚きのフリーズドライ商品を生んできたのは、アマノフーズの発想力技術力です。

    可能性が詰まっているフリーズドライ

    “お湯を注ぐだけで、おいしい”にこだわり、今日まで発展し続けてきたフリーズドライ。
    活躍の場は、拡がり続けています。

    豊かな食卓づくり

    シニア層や共働き家族の拡大など、生活環境が変容していく中でも食卓を豊かに。

    環境にやさしいアウトドアフード

    山登りやキャンプなどのアウトドアで、環境を汚さないエコな食事として。

    災害時の備蓄食

    食べながら備えるという発想で作られた『ローリングストックBOX』で、災害時の備蓄食に。

    アマノフーズは、これからもフリーズドライの研究を続け、
    人びとにおいしさと感動を届けていきます。