1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 歴史・沿革

歴史・沿革History

  • すべて

  • 経営・
    サステナ他

  • 酒類事業

  • 飲料事業

  • 食品事業

  • 国際事業

「Our Value」の原点

1889年11月

大阪麦酒会社役員就任広告

朝日麦酒株式会社の前身である大阪麦酒会社設立
日本麦酒醸造会社、札幌麦酒会社も相前後して創立され、日本のビール産業の興隆期を迎える。

1889年11月

鳥井 駒吉 (1853〜1909年)

鳥井駒吉、社長に就任

1891年10月

吹田村醸造所[現アサヒビール叶%c工場]竣工

完成した吹田村醸造所を描いた広告物
吹田工場ゲストハウスに現存する煉瓦造りの壁

1892年5月

「アサヒビール」発売

「アサヒビール」の発売広告
「アサヒビール」誕生の祝賀写真

1893年2月

大阪麦酒株式会社に改組

大阪麦酒時代の出荷風景(横堀倉庫)

1893

コロンブス世界博で「アサヒビール」最優等賞受賞

コロンブス世界博覧会で受賞した「最優等ノ賞牌」

1895

第4回内国勧業博覧会パンフレットの表紙

第4回内国勧業博(京都)場内に売店開設

1897年7月

本格的なビヤホール「アサヒ軒」の第1号店開業

常設ビヤホール「アサヒ軒」1号店
ビヤホール「朝日軒」

1900

パリ万国博で「アサヒビール」最優等賞受賞

1900

日本初の熱処理を施さない瓶詰生ビール「アサヒ生ビール」発売

1906年3月

大阪麦酒株式会社、日本麦酒株式会社、札幌麦酒株式会社の3社合同により、大日本麦酒株式会社設立。

合併3社の商標を引き継いだ大日本麦酒のラベル
合同記念ラベル

1906年3月

馬越 恭平 (1844〜1933年)

馬越恭平、社長に就任

1907年6月

川久保平野礦泉所による「平野礦泉」の広告

1908

麦酒試験所開設

1910年1月

「ミュンヘンビール」(樽詰)発売

1919

長野県各地でホップの契約栽培開始

1920年2月

日本麦芽工業株式会社設立(現アサヒビールモルト株式会社)

1921年4月

博多工場竣工(現アサヒビール博多工場)

完成間もない頃の博多工場

1923年9月

関東大震災で吾妻橋工場ほか罹災

関東大震災で倒壊した吾妻橋電車橋

1927年2月

西宮工場竣工(現アサヒビール西宮工場)

日本麦酒鑛泉の各工場(西宮工場)

1927年4月

大日本麦酒

「アサヒ生特大瓶2リットル」発売

1930年5月

発売以来、熱心に広告をつづけた「ヱビオス」の新聞広告

1933年4月

「ビタミンビール」発売

1933年7月

大日本、日本麦酒鉱泉を合併

1933年8月

麒麟麦酒と麦酒共同販売株式会社設立

麦酒共同販売設立の「仮契約書」

1935年4月

「アサヒスタウト」発売ポスター

「アサヒスタウト」発売

1937年2月

高橋 龍太郎 (1875〜1967年)

高橋龍太郎、社長に就任

1937年8月

「アサヒスタッピー」発売ポスター

「アサヒスタッビー」発売

1940

山形県でホップ試験栽培開始

1943年5月

ビール銘柄別商標停止(統一商標「麦酒」使用開始)

銘柄廃止後のビールラベル

1944年6月

財団法人大日本麦酒科学研究所開設

第二の創業、更なる革新へ

1949年1月

過度経済力集中排除法により、大日本麦酒株式会社は、朝日麦酒株式会社と日本麦酒株式会社に分割。

1949年9月

山本 爲三郎 (1893〜1966年)

朝日麦酒株式会社設立。山本爲三郎、初代社長に就任。本店/東京、支店/東京・大阪・広島・四国・九州、工場/吾妻橋・吹田・西宮・博多

1951年11月

発売当時の「バャリース・オレンヂ」の広告
フタに日付を入れた缶入り「バャリース・オレンヂ」の広告

1951年11月

「バャリース・オレンヂ」と「ウヰルキンソン・タンサン」発売の挨拶状

1954年2月

酒販店経営研究会発足

1954年8月

竹鶴政孝(1894〜1979年)
朝日酒造の地鎮祭(右から、山本爲三郎、竹鶴政孝)

1954年9月

「アサヒビール・コンサート」開始

日比谷野外音楽堂での「アサヒビール・コンサート」

1957年3月

「アサヒゴールド」発売

「アサヒゴールド」発売広告
三越本店に設置された「アサヒゴールド」の特設売場

1958年9月

日本初の缶入り「アサヒビール」発売

缶入り「アサヒゴールド」発売のポスター
缶ぶたに記載された注意書き

1962年5月

東京大森工場竣工

東京大森工場
東京大森工場新聞広告

1964年3月

「アサヒスタイニー」発売

「アサヒスタイニー」新発売のポスター
「アサヒスタイニー」3億本突破のポスター

1964年4月

北海道の現地資本と共同出資により、北海道朝日麦酒株式会社設立(平成6年アサヒビール株式会社と合併)

北海道朝日麦酒(本社・工場)

1965年3月

世界初の屋外発酵貯酒タンクを開発、西宮・吾妻橋・博多の3工場に設置

搬入されてきた屋外発酵貯酒タンク(吾妻橋工場)
設置された屋外発酵貯酒タンク(西宮工場)

1965年3月

プルトップ缶ビール発売

缶切りが不要になったプルトップ缶の登場

1965年5月

北海道朝日麦酒株式会社工場(飲料部門)竣工(現アサヒビール北海道工場)

1966年2月

中島 正義 (1909−1991年)

中島正義、社長に就任

1966年4月

北海道朝日麦酒株式会社工場(ビール部門)竣工(現アサヒビール北海道工場)

北海道での飲料工場・ビール工場建設を記念して開催したビール会

1966年12月

柏工場竣工(現アサヒ飲料株式会社柏工場)

新設された柏工場

1969年3月

”賞味期限”表示「アサヒ本生」本格発売

「日付け入り」「できたての冷え冷え」をアピールした「本生」発売時のポスター

1969年6月

日本初のビールギフト券発売

「アサヒビール本生ギフト券」のポスター

1970年11月

乳酸菌製剤「ラクトーン錠エビオス」発売

1971年2月

高橋 吉隆 (1908〜1993年)

高橋吉隆、社長に就任

1971年6月

「アサヒビール〈アルミ缶〉」の登場

日本初のアルミ缶入りビール発売

1972年3月

株式会社三ツ矢ベンディング設立(現アサヒ飲料株式会社)

1972年6月

福島工場(飲料部門)竣工

福島(飲料)工場

1973年3月

名古屋工場竣工

新設された名古屋工場

1976年2月

延命 直松 (1914−1997年)

延命直松、社長に就任

1977年5月

業務用に開発された「ミニ樽(7R)」

日本初のアルミ製小型樽「アサヒ生ビールミニ樽(7リットル)」発売

1979年3月

福島工場(ビール部門)竣工

ビール工場が増設された福島工場
福島工場

1979年5月

「アサヒ生ビールミニ樽3」(3リットル)発売

生ビールの家庭用需要に火をつけた「ミニ樽3」
「ミニ樽3」広告

1980年11月

「バャリース」商標権取得

1982年3月

村井 勉 (1918-2008年)

村井勉、社長に就任

1982年11月

「レーベンブロイ」発売時のポスター

レーベンブロイ社(ドイツ)と提携

1983年1月

「ウヰルキンソンタンサン」の商標権取得

1984年9月

「千葉実母散」

株式会社千葉漢方医薬研究所設立(現アサヒグループ食品株式会社)

1984年11月

財団法人アサヒ生活文化研究振興財団設立

1985年10月

CI導入で生まれ変わったことを知らせる新聞広告

CI導入宣言

1986年2月

「新しいうまさ」を訴求した新聞広告

「コク・キレ」の新しい 「アサヒ生ビール」発売

1986年2月

フレッシュローテーション(鮮度訴求活動)開始

1986年3月

樋口 廣太郎 (1926年− )

樋口廣太郎、社長に就任

積み重ねた革新が大きな飛躍を生み出す

1987年3月

「スーパードライ」広告
「スーパードライ」近日発売の新聞広告

1988年3月

バス・エキスポート社(イギリス)と提携、「バス・ペールエール」の輸入販売を開始

1988年4月

創業以来の先輩社員と業界関係者を祀る「先人の碑」を吹田に建立

「先人の碑」

1988年7月

アサヒビールワイナリー株式会社設立(現サントネージュワイン株式会社)

アサヒビールワイナリー(山梨・一宮)

1988年10月

アサヒビール飲料製造株式会社設立(現アサヒ飲料株式会社)

1989年1月

「朝日麦酒株式会社」から「アサヒビール株式会社」に社名変更

1989年3月

財団法人アサヒビール芸術文化財団設立

1989年10月

東京・吾妻橋に新本部ビル竣工

「アサヒビール吾妻橋ビル」(左)と「アサヒビール吾妻橋ホール」(右)
「アサヒビール吾妻橋ホール」1〜3階ビヤレストラン「フラムドール」

1990年1月

アサヒビール飲料製造株式会社アサヒ飲料工場竣工(現アサヒ飲料株式会社明石工場)

アサヒビール飲料明石工場(手前は明石物流センター)

1990年9月

アサヒビール飲料株式会社設立(現アサヒ飲料株式会社)

1991年4月

茨城工場竣工

茨城工場
トラックローダーによる出荷風景

1992年3月

アサヒビール食品株式会社設立(現アサヒグループ食品株式会社)

アサヒビール食品小金井工場
業務用「調理焼きそば」

1992年9月

瀬戸 雄三 (1930年− )

瀬戸雄三、社長に就任

1993年3月

フレッシュマネジメント活動開始(鮮度追求を強化)

新聞広告
店頭で電子手帳を活用する営業担当者

1993年3月

1994年1月

中国の杭州西湖啤酒朝日(股份)有限公司、福建泉州清源啤酒朝日有限公司、嘉興海燕啤酒西湖朝日有限公司の3社へ資本参加、各社と技術供与およびライセンス契約を締結し中国への本格進出開始

杭州ビールとの資本提携
泉州ビール設立の共同記者会見

1994年3月

アサヒビール薬品株式会社設立(現アサヒグループ食品株式会社)

1994年7月

北陸アサヒビール飲料製造株式会社北陸工場竣工(現アサヒ飲料株式会社北陸工場)

1994年7月

北海道アサヒビール株式会社と合併

1995年10月

「アサヒ黒生」のポスター

「アサヒ生ビール黒生」発売

1995年12月

北京啤酒朝日有限公司と煙台啤酒朝日有限公司へ経営参加

1996年4月

大山崎山荘美術館開館

大山崎山荘美術館
本館展示室

1996年5月

地下鉄構内の「スーパードライ」の広告(ロンドン)

イギリスのバス・ブルワーズ社と包括提携契約を締結

1996年7月

アサヒビール飲料株式会社、アサヒビール飲料製造株式会社、北陸アサヒビール飲料製造株式会社が合併、アサヒ飲料株式会社へと社名変更し、飲料の製造販売会社としてスタート

1996年9月

欧州事務所開設

1997年9月

北京に中国代表部設立

1997年9月

「ワンダ」シリーズ

1997年10月

アサヒビールグループ全体の研究開発拠点として、アサヒビール研究開発センターを開設

研究開発センター
テストブルワリー

1997年12月

「アサヒスーパードライ」が年間No.1ブランド達成(業界各社発表売上数量より)

ビール売上No.1達成時のポスター
売上No.1のポスター

1998年3月

中国での「スーパードライ」の広告

「アサヒスーパードライ」中国で生産開始

1998年4月

アサヒビールU.S.A.社設立(現アサヒインターナショナル社)

「JAPAN' S No.1 BRAND」を掲げたビルボード(ロサンゼルス市内)

1998年5月

アサヒビールヨーロッパ社設立(現アサヒインターナショナル社)

1998年6月

四国工場竣工

四国工場

1998年11月

全工場で廃棄物100%再資源化達成

廃棄物「分別ステーション」(茨城工場)
ノンフロン化された自動販売機(名古屋工場)

1998年12月

「生ビール売上No.1」広告

国内ビール市場でシェア首位の座を獲得(年間課税数量より)

1999年1月

福地 茂雄 (1934年- )

福地茂雄、社長に就任

1999年1月

沖縄アサヒ販売株式会社設立

2000年1月

「アサヒスーパードライ」チェコ・プラハで生産開始

事業ポートフォリオ拡充、シナジーで各ブランドを強化

2001年2月

2001年4月

ニッカウヰスキーとの営業部門統合を伝える新聞広告

ニッカウヰスキー株式会社との営業部門統合

2001年9月

FSCのFM認証
「アサヒ森の子塾」

2001年12月

国内ビール・発泡酒市場でシェア首位の座を獲得

2002年1月

池田 弘一 (1940年- )

池田弘一、社長に就任

2002年5月

神奈川工場竣工

神奈川工場

2002年7月

アサヒビール食品株式会社とアサヒビール薬品株式会社を統合し、アサヒフードアンドへルスケア株式会社を設立(現アサヒグループ食品)

2002年8月

アサヒビール株式会社とオリオンビール株式会社による包括的業務提携の合意

オリオンビールとの業務提携広告
オリオンビール名護工場

2002年8月

「青島啤酒」のポスター

「青島啤酒」の日本国内販売権を取得し販売開始

2002年9月

協和発酵工業株式会社から酒類事業を譲受し、「アサヒ協和酒類製造株式会社」を設立(2006年1月ニッカウヰスキー株式会社と合併)

土浦工場
門司工場

2002年9月

旭化成株式会社から焼酎・低アルコール飲料事業を譲受

2002年9月

マキシアム・ジャパン株式会社と販売提携

総合酒類化をうたった社内ポスター

2002年11月

「アサヒオリオンドラフト」発売

2002年12月

スマイルサポート株式会社設立(現アサヒフィールドマーケティング株式会社)

店頭フォロー活動

2003年1月

アサヒフードアンドヘルスケア株式会社、ポーラフーズ株式会社を統合

2003年12月

スマイルサポート株式会社がアサヒフィールドマーケティング株式会社に社名変更するとともに体制強化

2004年1月

中国大手の食品事業グループ・康師傅控股有限公司と、飲料事業会社設立

2004年5月

北京朝日有限公司の新工場が竣工

北京ビールの新工場
「北京酒」

2004年6月

イタリア・スパークリングワインの名門ガンチア社商品の国内販売権を取得

2004年11月

韓国ロッテグループの酒類販売会社に出資し「株式会社ロッテアサヒ酒類」設立

2005年2月

グリーンパワー阿蘇の風力発電運転開始

「アサヒ・J-POWER風の子塾」
風車

2005年5月・9月

飲料食品メーカー株式会社エルビー2社の株式取得

エルビー(埼玉)
エルビー(名古屋)

2005年7月

「アサヒスーパードライ」イギリスで生産開始

2006年1月

バイオマスエタノール製造・利用の実証実験を沖縄県伊江村で開始

沖縄県伊江島における実証実験の概念図
バイオマスエタノール

2006年3月

荻田 伍 (1942年- )

荻田伍、社長に就任

2006年5月

2006年5月

中国・浙江省湖州市に「浙江西湖啤酒朝日有限公司」設立

2006年5月

中国山東省にて農業経営開始

経営牧場

2007年2月

カゴメ株式会社と業務・資本提携

「アサヒ トマーテ」発表会

2007年3月

「スタイルフリー」の発売広告

2007年3月

博多工場に太陽光発電導入

2007年4月

和光堂株式会社完全子会社化(現アサヒグループ食品)

2007年5月

茨城工場で低アルコール飲料、ソフトドリンクの製造開始

2008年2月

次世代型の軽量缶蓋「206径スーパーエンド」を開発

2008年3月

2008年3月

「アサヒスーパードライ」ロシアで生産開始

2008年4月

「唯品」

中国で牛乳の製造・販売開始

2008年7月

天野実業里庄工場
天野実業の主な商品

2008年8月

世界初の新技術「PIE煮沸法」を吹田工場で本格導入

グローバルな成長への布石を打つ

2009年3月

「アサヒスーパードライ『うまい!を明日へ!』」プロジェクト開始

「うまい!を明日へ!」プロジェクト

2009年4月

豪州飲料会社「シュウェップス・オーストラリア」の全株式取得

シュウェップス・オーストラリア社タラマリン工場

2010年3月

泉谷 直木 (1948年− )

泉谷直木、社長に就任

2010年3月

環境ビジョン2020「自然の恵みを明日へ」を策定

2010年3月

氷点下の「アサヒスーパードライ」エクストラコールドを本格展開

2010年4月

ハウス食品のミネラルウォーター事業を譲受

2010年8月

「P&N Beverages Australia」の株式売買契約締結

2010年11月

中国食品・流通最大手「頂新グループ持株会社」へ出資

2011年4月

「アサヒスーパードライ」が「ザ・ブルーイングインダストリー・インターナショナル・アワーズ2011」で最高賞の「チャンピオンビール」を受賞

授賞式・都築支店長

2011年7月

純粋持株会社「アサヒグループホールディングス株式会社」へ移行

2011年9月

ニュージーランド酒類大手「Flavoured Beverages Group Holdings Limited」の株式取得

2011年9月

ニュージーランド飲料会社「Charlie’s Group Limited」の株式取得

2011年9月

豪州飲料会社「P&N Beverages Australia」からミネラルウォーター類及び果汁飲料事業を取得

2011年11月

マレーシア飲料会社「Permanis Sdn. Bhd.」の株式取得

2012年2月

「アサヒドライゼロ」「アサヒスーパードライ ドライブラック」発売

「アサヒドライゼロ」ポスター
「アサヒスーパードライ ドライブラック」ポスター

2012年3月

ワールド・ウイスキー・アワード2012ブレンデッドモルト・ウイスキー部門 で「ニッカ 竹鶴17年ピュアモルト」初の世界最高賞を受賞

2012年8月

アサヒビール 西宮工場 製造終了

2012年10月

2013年1月

「ジャックダニエル」ポスター

ブラウン・フォーマン社が製造するウイスキー・リキュールなど8ブランド18アイテムを日本国内で販売開始

2013年3月

「クリアアサヒ プライムリッチ」ポスター

「クリアアサヒ プライムリッチ」発売

2013年6月

「アサヒスーパードライ ドライプレミアム 」広告

「アサヒスーパードライ ドライプレミアム 」ギフト限定発売

2013年9月

カルピス株式会社国内飲料事業及び営業部門をアサヒ飲料株式会社へ移管統合

2013年12月

マレーシアで缶コーヒー「WONDA」発売

2014年2月

プレミアムビール「アサヒスーパードライ ドライプレミアム」を本格展開

2014年4月

マレーシア食品会社「Etika International Holdings Limited」より「東南アジアにおける乳製品関連事業」の株式売買契約締結

2014年4月

「アサヒスーパードライ」が「ワールドビアカップ2014」において金賞受賞

「ワールドビアカップ2014」金賞受賞広告

2014年11月

アサヒビール株式会社による株式会社なだ万の株式取得

2015年1月

ゴールドパートナー同意書

アサヒビール株式会社が「東京2020ゴールドパートナー」に決定

2015年3月

ワイン商国内大手の「エノテカ株式会社」の株式取得

2015年10月

オーストラリア限定のプレミアムビール「アサヒ爽快」を発売

2015年11月

「アサヒスーパードライ」ブリュッセルビアチャレンジ2015ゴールドメダル受賞

ブリュッセルビアチャレンジゴールドメダル受賞

2015年12月

「カルピス」ブランドをマレーシアで展開

2016年1月

ドライ飲料事業をアサヒ飲料株式会社に集約

2016年1月

カルピス株式会社の機能性食品・飼料事業を「アサヒカルピスウェルネス株式会社」に移管

2016年2月

「長期ビジョン」、「中期経営方針」を発表

2016年3月

小路 明善 (1951年− )

小路明善、社長に就任

2016年4月

RTD「アサヒもぎたて」発売

2016年10月

旧SAB Miller社のイタリア、オランダ、英国事業その他関連資産の取得(子会社化)

2017年3月

旧SAB Miller社の中東欧5か国のビール事業その他関連資産の取得(子会社化)

2017年3月

アサヒバイオサイクル(株)を設立

2017年5月

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2017で「竹鶴25年ピュアモルト」「シングルモルト余市」をはじめ5 商品が金賞受賞

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2017 ロゴ
金賞受賞の5商品

2017年9月

「TOKYO隅田川ブルーイング」からクラフトビール3商品発売

2017年10月

「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」がブリュッセルビアチャレンジ2017で金賞受賞(2015年から3年連続金賞受賞)

ブリュッセルビアチャレンジ2017 ロゴ
「アサヒスーパードライ瞬冷辛口」

2018年4月

ビール4社による関西・中国・九州間における共同モーダルシフト開始

2018年6月

インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2018で「ニッカカフェウオッカ」がウオッカ部門最高賞「トロフィー」を受賞、「竹鶴21年ピュアモルト」「竹鶴ピュアモルト」金賞受賞

授賞式
部門最高賞の「ニッカカフェウォッカ」と金賞受賞の2商品

2019年1月

「Asahi Group Philosophy」ポスター

「Asahi Group Philosophy」を施行

2019年2月

「中期経営方針」を更新

2019年2月

アサヒグループ環境ビジョン2050「『ニュートラル&プラス』の発想で自然の恵みを次世代につなぐ」を策定

2019年4月

英国Fuller, Smith & Turner P.L.C.のプレミアムビール・サイダー事業その他関連資産取得

2019年6月

「竹鶴25年ピュアモルト」が、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2019でジャパニーズウイスキー部門最高賞「トロフィー」、ワールド・ウイスキー・アワード2019でブレンデッドモルト・ウイスキー部門世界最高賞を受賞

授賞式
「竹鶴25年ピュアモルト」

2020年4月

アサヒカルピスウェルネスの通信販売事業および素材事業をアサヒグループ食品の完全子会社に。
アサヒバイオサイクルはアサヒカルピスウェルネスの飼料事業を担う会社に吸収合併

2020年6月

AB InBev社の豪州事業(CUB事業)取得

2021年1月

アサヒカルピスウェルネスを完全統合