1. ホーム
  2. 企業情報
  3. CEOメッセージ

CEOメッセージ

未来の社会からも評価されるアサヒグループを目指して

代表取締役社長 兼 CEO 勝木 敦志

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界中に拡大し、未だ終息の見通しは立っていません。罹患された方とそのご家族に対して心よりお見舞い申し上げるとともに、最前線で対応されている医療従事者など関係者の皆様に深く敬意を表し感謝申し上げます。

当社を取り巻く経営環境は、パンデミックによる世界的な外食産業の低迷などにより、引き続き厳しい状態が続いています。そうしたなかでも当社は、グループ理念“Asahi Group Philosophy(AGP)”や「中期経営方針」に基づき、各事業の主力ブランドの価値向上や新たな価値提案などに取り組んでいます。また、昨年6月から豪州ビール最大手のCUB(Carlton & United Breweries)がグループに加わったことにより、日本、欧州、豪州の3極を核としたグローバルな成長基盤を拡大しております。

今後は、社会全体の構造変化に迅速に対応し、ローカル単位で事業の回復力と質を高めていくとともに、グループの豊富な人材の活用と育成、サプライチェーンの高度化、主力ブランドの展開などをグローバル単位で進化させていきます。また、サステナビリティを経営により深く根付かせ、長期のメガトレンドを先取りするため、研究開発などの無形資産に積極的に投資するなど、AGPに掲げる“グローカルな価値創造経営”を力強く推進していきます。

アサヒグループは、「自然の恵み」を享受して事業を営んでおり、全てのステークホルダーの皆様から信頼を得て初めて、社会の中で存在することができます。世界的に不安定かつ予測困難な時代だからこそ、中長期を見据えたサステイナブルな経営を実践し、皆様との強固な共創関係を構築していくことにより、未来の社会からも評価されるグループを目指していきます。

引き続き、一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2021年3月
代表取締役社長 兼 CEO
勝木 敦志