1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. データバンク『食と健康』
    6. バックナンバー

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

データバンク『食と健康』 | 食と健康に関するデータをワンポイントで紹介!

第13回:体型・容姿に自信のある人、手をあげて!

■体型に自信のある人は全体の18.1%。逆に自信のない人は47.7%。

 いよいよ、夏本番です。海やプールなど、水着を着る機会が増えますが、私が気になるのはちょっとポッチャリしてきたお腹です。(メタボリック症候群か?)それでは、世の中の人たちは、自分の体型にどれくらい自信をお持ちなのでしょうか?食と健康のセンサスで調査した、「体型・容姿」への自信度を見ると、「自信がある・やや自信がある」とした人の割合は、約2割(18.1%)でした。逆に、「あまり自信がない・自信がない」とした人の割合は、約半数(47.7%)。この結果を見る限りでは、「体型・容姿」に自信がないという方が圧倒的に多いようです。

■男女別に見ると女性の方が自信のない人が多い傾向。また、ライフステージ間でも差が見られる。

 また、この結果を男女別に見ると女性では自信がない人の割合が男性よりも約8ポイントも高く、半数以上(51.8%)の方が自信がないということが分かりました。また、データは掲載しませんが、ライフステージ別に見ると、男女ともに大学生では「自信あり(計)」が約3割近くまで達するのと対照的に、社会人(未婚)や、既婚子供あり(45〜54歳)では、6割以上の人が「自信なし(計)」と回答するなど、、ライフステージ間でも差が見られました。自信を回復するには、やはり日々の努力が必要。私も、今流行りの短期集中プログラムのDVDで、ダイエットに励みたいと思います!

この記事は参考になりましたか?

データバンク食と健康 メニュー

調査概要

  • 調査名:食と健康のセンサス
  • 調査対象:首都圏の15〜69歳の男女
  • 有効回答数:1,000人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2006年6月23日〜7月3日
  • (時系列データについては、2001年〜2006年)

PR & Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge
ラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

研究レポート

高感度消費者研究2008
食と健康のセンサス2005
しあわせ研究「6ヶ国比較調査」