1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. データバンク『食と健康』
    6. バックナンバー

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

データバンク『食と健康』 | 食と健康に関するデータをワンポイントで紹介!

第16回:いい汗かいてますか?発汗サービスは女性に大人気!

■サウナ・銭湯・スパの利用経験が多いライフステージは?

 今年の夏は大変な猛暑でしたが、その中で懸命に汗を流して頑張った、高校球児他、多くのスポーツ選手の姿に感動した人も多いのではないでしょうか?さて、汗といえば発汗サービス(少々強引な展開ですが・・・)。発汗サービスの利用率の増加については、第6回のレポートでも触れましたが、今回は、どの様な人たちが、多く利用しているのかについて解析してみました。
 まずは、最近都内でも新しい施設が増えている、「サウナ・銭湯・スパ」の利用率です。上のグラフを見ると、利用率が多いのは第1位が女性既婚(子供なし)で60%、第2位が男性未婚社会人42.9%、第3位が女性未婚社会人42.2%となっています。男女別に見ると男性が、36.1%、女性が37.5%となっており、全体的に女性の方が利用率が高いようです。

■スポーツジム・クラブなどでの運動・スポーツも女性優位

 また、スポーツジム・クラブでの運動やスポーツの利用率はどうでしょうか?下のグラフを見ると、これもやはり女性の利用率が高いことが分かります。特に、女性未婚社会人での利用率は40.5%と群を抜いているのが特徴です。最近では、短時間で簡単にエクセサイズが出来る施設や、深夜まで営業している施設もあり利用しやすくなっているようです。これからは、いよいよスポーツの秋。是非、みなさんもこれを機会に体を動かす習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?私も完全に運動不足に陥ってますが、アクティブな女性を見習って頑張りたいと思います。え?また三日坊主じゃないかって?いえいえ、今度こそは・・・

この記事は参考になりましたか?

データバンク食と健康 メニュー

調査概要

  • 調査名:食と健康のセンサス
  • 調査対象:首都圏の15〜69歳の男女
  • 有効回答数:1,000人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2006年6月23日〜7月3日
  • (時系列データについては、2001年〜2006年)

PR & Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge
ラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

研究レポート

高感度消費者研究2008
食と健康のセンサス2005
しあわせ研究「6ヶ国比較調査」