1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. データバンク『食と健康』
    6. バックナンバー

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

データバンク『食と健康』 | 食と健康に関するデータをワンポイントで紹介!

第17回:みなさんが購入したことのある健康食品・飲料は?

■健康食品・飲料の購入経験銘柄は?

 みなさんは、健康のためにどのような商品を購入されていますか?食と健康のセンサスで調査した、健康食品・飲料の購入経験のある銘柄(商品・サービス・健康成分など)を見ますと、第1位が「ヨーグルト」、第2位が「納豆」、第3位が「野菜ジュース」でした。(グラフ)今回の調査では、37品目について調査しましたが、上記の銘柄はいずれも、購入経験率が70%以上となっており、多くの人が健康のためにこれらの銘柄を購入されているということが分かります。(グラフでは複数回答の上位16銘柄を記載しています。また、無農薬野菜、ポリフェノール、豆乳入り食品は2006年のデータのみになります。)

■購入経験率が伸びたのは「春雨ラーメン」。一方で「にがり食品」は購入率がダウン。

 また、購入率が伸びた銘柄ですが、最も勢いが目立つのは、「春雨ラーメン(カップ春雨)」で、2005年と比較して約6ポイントも伸びています。最近コンビニエンスストアでも、春雨を使った商品を見る機会が増えましたが、手軽かつヘルシーイメージを兼ね備えた商品として定着してきたようです。また、その他にも、ジューススタンドやCoQ10(コーキューテン)、大豆ペプチド、αリポ酸、カルニチンといったサプリメント系の商品が伸びていることが分かりました。一方で、残念ながら購入率がダウンしてしまったのは、「にがり食品」。一時期のブームは下火傾向になっているようです。

この記事は参考になりましたか?

データバンク食と健康 メニュー

調査概要

  • 調査名:食と健康のセンサス
  • 調査対象:首都圏の15〜69歳の男女
  • 有効回答数:1,000人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2006年6月23日〜7月3日
  • (時系列データについては、2001年〜2006年)

PR & Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge
ラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

研究レポート

高感度消費者研究2008
食と健康のセンサス2005
しあわせ研究「6ヶ国比較調査」