1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. データバンク『食と健康』
    6. バックナンバー

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

データバンク『食と健康』 | 食と健康に関するデータをワンポイントで紹介!

第36回:ココロの健康 −ストレスとの付き合い方−

■ストレスを感じる人は昨年より減少したものの、半数以上が認識。

 今回は、ココロの健康に関連して、ストレスの話をします。「普段、ストレスを感じている」人(感じる計のスコア)は、06年には56.7%と過去最高を記録しました。07年の結果では、この値は、53.1%と、ややスコアダウン。(グラフ参照) しかし、依然として半数以上の人はストレスを感じており、“ストレス”は、ココロの健康にとっても、大きなポイントとなっていることが伺えます。


■ストレスは生活とは切っても切り離せないもの。上手に付き合っていくことが大切です。

 生活をしていく上で、ストレスを全く感じずに過ごすことはできません。また、ストレスが全くないと、逆にそのこと自体がストレスになるとも言われています。問題なのは、自分自身にとって、過剰なストレスを受けること。同じストレッサー(ストレスを与えるもの)からの負荷でも、受けるストレスの大きさは人によって異なりますので、まずは、自分のストレスの感じ方を理解し、ストレスを受けた時の解消法を見つけておくことも重要です。ちなみに、私のストレス解消法は、下手の横好きのテニスです。適度に体を動かすことは、カラダの健康ばかりでなく、ココロの健康にも役立つようです。ストレスと上手に付き合うことは、ココロの健康維持にも役立ちます。みなさんも、自分なりのストレスとの付き合い方を身につけてみては如何でしょうか?

この記事は参考になりましたか?

データバンク食と健康 メニュー

調査概要

  • 調査名:食と健康のセンサス
  • 調査対象:首都圏の15〜69歳の男女
  • 有効回答数:1,000人
  • 調査方法:インターネット調査

PR & Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge
ラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜
Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

研究レポート

高感度消費者研究2008
食と健康のセンサス2005
しあわせ研究「6ヶ国比較調査」