1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第525回 今年のお歳暮ギフトはどうしますか?

今年のお歳暮ギフトはどうしますか?

11月に入ると世の中は年末モードに一気に突入。「そろそろお歳暮選びを始めなくちゃ」と考えて始めている人もきっと多いのではないでしょうか。ひと昔前と異なってビジネス需要は大幅に減り、ごく親しい友人だけに贈るというケースが多く、お歳暮ギフトの位置づけも変わりつつあります。そこで今回は「お歳暮ギフト」をテーマに、皆さんの今年のギフト選びのポイントについて聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:1.090人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2014年11月5日〜11月11日

6割以上が「お歳暮ギフト」の贈答意向を持つ− 人生経験と共に意向が増加

この冬、お歳暮を贈る?

SA(単回答)

この冬、どの位の人びとが「お歳暮」を贈る予定があるのでしょうか。「お世話になっている親戚に産地直送の食品を贈る」(男性60代、群馬県)など、「贈る予定がある」と回答した人は50.8%。さらに「贈るかどうか検討している」という声も12.8%を数え、全体の6割以上の人びとが「お歳暮ギフト」の贈答準備をし始めていることが明らかとなりました。 ちなみに過去に実施した同調査によれば、2010年が65.0%、2011年が54.9%、2012年が60.1%、2013年が65.3%であったことから、例年同様に60%台をキープしていることが判ります。その一方で、自由回答の中には「消費税が上がったので」(男性50代、埼玉県)など、懐事情から今年の贈答を控える人もいました。


年代別ではいかがでしょうか。「贈る予定がある」「贈るかどうか検討している」という声を見てみると、20〜40代では50%台を推移していましたが、50代で67.1%、60代で77.5%と徐々に増加。さらに70代以上ではピークの83.3%を数え、年代と共に贈答意向が高まる傾向が明らかとなりました。自由回答の中には「従兄弟や友人、恩師などに10件贈る」(男性60代、兵庫県)など、シニア層では人生経験と共に人との付き合いも深く、若い世代に比べて「お歳暮ギフトの贈答意向」の高さがうかがえます。

SA(単回答)

一家庭当たりの平均贈答件数は「3.81件」−親族間の季節の挨拶が中心

贈答件数は?

SA(単回答)

全体の6割以上の人びとが「お歳暮ギフトの贈答意向」を持つことが判りましたが、各ご家庭ではお歳暮ギフトを「何件」贈る予定なのでしょうか。「自分の両親と妹家族、妻の両親と妹家族の4件に」(男性40代、神奈川県)など、全回答総数を回答人数で割った一家庭当たりの平均贈答件数は「3.81件」。「夫婦、お互いの実家の両親に贈る」(男性40代、京都府)など、最も回答が多かったのは「2件」(28.7%)。次に「3件」(20.7%)、「4件」(5.6%)が続き、全体の半数以上が「2〜4件」に集中。過去に実施した同調査によれば、お歳暮ギフトの平均贈答件数は2012年が3.62件、2013年が3.90件であったことから、一ご家庭当たりの贈答件数は例年とほぼ変わらない状況でした。少数限定で贈るという声が目立った一方、自由回答の中には「友人や子どものいる家庭に洋菓子のギフトを10件。年配の親戚や知り合いの方に和菓子の詰め合わせを8件。仕事でお世話になった方にビールの詰め合わせを12件…」(女性40代、東京都)など、30件近くのギフトを贈るという人もいました。


主な贈答先では「夫婦それぞれの実家」(女性40代、福岡県)、「姉にメロン、兄にスープ…」(男性50代、北海道)など、夫婦両方の実家や兄弟(姉妹)、親戚の「親族中心」という声が目立ち、「お歳暮ギフト=身内間の季節の挨拶」と捉えている人が大変多いようです。そのほか、「学生時代遊んだ友達や、学校の先生に贈りたい」(女性20代、大阪府)、「会社の上司3人に」(男性40代、茨城県)、「個人英語スクールの先生に」(女性20代、兵庫県)など、学生時代の恩師や友人、習い事の先生、仕事関連の付き合いの人などが挙げられました。

相場は「3,000円台」と「5,000円台」−付き合いや年齢、立場で価格帯の使い分け

平均の贈答件数は「3.81件」でしたが、ギフト1件当たりの価格帯はどの位でしょうか。「りんご 1箱 3,000円を5人に贈る」(女性60代、群馬県)など、最も回答が多かったのは「3,000円台」(49.5%)。「受け取った人が負担に思わない金額のものを贈るつもり」(女性60代、北海道)など、「高すぎず安すぎず」を重視する声が寄せられ、「3,000円台」は贈られる側に気を遣わない価格帯と言えそうです。次に「5,000円台」(38.3%)、「4,000円台」(17.7%)、「2,000円以下」(14.5%)が続き、1件当たりのギフト代は「5,000円以下」が主流。特に「3,000円台」と「5,000円台」に支持が集中し、ギフト代の相場は大きく二極化していることがうかがえます。自由回答の中には「友人には2,000円台の洋菓子、年配の親戚には3,000円の和菓子、仕事でお世話になった方には5,000円台のビールの詰め合わせ」(女性40代、東京都)など、付き合いの深さや、年齢や立場によって価格や内容を使い分けている人も少なくありませんでした。

お歳暮ギフトの価格帯は??

MA(複数回答)/n=679人

購入場所は「百貨店」がトップ− 高級感があふれる「百貨店ブランド」を重視

歳暮ギフトの購入先は?

1 デパート、百貨店 60.8%
2 スーパーマーケット 26.0%
3 専門店 17.5%
4 ネット通販 17.1%
5 郵便局(ふるさと小包など) 4.5%

MA(複数回答)/n=674人

続いて、お歳暮ギフトの購入場所を見ていきましょう。最も回答が多かったのは「デパート、百貨店」(60.8%)でした。「格式にこだわる相手にはデパートで」(男性50代、愛知県)など、高級感、特別感がある「百貨店ブランド」を重視する声。さらに「係の人のアドバイスが素晴らしいので、イオンモールで」(男性30代、大阪府)など、2位に「スーパーマーケット」(26.0%)、3位にも「専門店」(17.5%)が続き、トップの「百貨店」同じく、自分の目で確かめられる小売店の店頭で「お歳暮ギフト」を選ぶ人が大変多いようです。


その一方、4位には「ネット通販」(17.1%)がランクイン。「以前はデパートで購入していましたが、ネットから贈ると送料が無料になるお店もあるので、この何年かはインターネットを利用している」(女性40代、東京都)など、早めの注文で割引率が高くなる「ネット早割」や「送料無料」等、ネットならではのお得サービスも多く、実店舗と並び「ネット通販」の利用も定番化していることがうかがえます。特に毎年、同じお店で同じ商品を贈る場合は、商品を吟味する必要のなく、自宅に居ながら注文可能な「ネット通販」が便利と言えそうです。

「ネット通販」の利用はやや減少− 実店舗の付加価値を求める傾向

過去3年間に実施した同調査によれば、「百貨店」(2012年=56.0%、2013年=61.7%、2014年=60.8%)、「スーパーマーケット」(2012年=26.0%、2013年=27.0%、2014年=32.0%)と推移しています。意外なのは「ネット通販」(2012年=20.4%、2013年=18.7%、2014年=17.1%)が年々減少傾向にある点です。確かな理由は定かではありませんが、ネット通販が一般化してきた昨今、ギフト市場においては「実店舗」での購入を付加価値として捉えている人が案外多いのかもしれません。

お歳暮ギフトの購入先は?(2012-2014)

MA(複数回答)

「消耗品・日用品」が第一優先−「サプライズ」より「迷惑にならないもの」

今年の「お歳暮」選びで、皆さんが大事にするポイントは何でしょうか。最も回答が多かったのは「いくつあっても無駄にならない・困らないもの」(49.5%)でした。「洗剤など日常品にしている」(女性30代、東京都)など、日ごろの生活で必ず使うものを選ぶという声。さらに「無駄にならない消耗品にしている」(女性30代、兵庫県)など、2位にも「使って(食べて)しまえば、形、モノが残らないもの」(36.8%)がトップに続き、いくら高価でもあまり使う機会のないものや、しまい込んでしまうものよりは、むしろ日常的に使える「消耗品・日用品」を第一優先する声が多数寄せられました。誕生日やお祝いなど、一般的にギフトは高価で貴重なものが喜ばれますが、お中元やお歳暮ギフトに限っては「サプライズ」よりも「迷惑にならない」ことが大事なポイントと言えそうです。

今年の「お歳暮」選びのポイントは?

1 いくつあっても無駄にならない・困らないもの 49.5%
2 使って(食べて)しまえば、形、モノが残らないもの 36.8%
3 上質・高級・プレミアム 30.0%
4 国産 26.4%
5 あえて毎年同じギフトを贈るようにしている 20.7%
6 自分がいつも食べていて・使っていて信頼できるもの 20.1%
7 季節感 18.2%
8 安全・安心(無添加・無着色など) 17.1%
9 事前に試食して納得したもの 13.1%
10 年末年始の行事や宴会などに役立つもの 10.6%

MA(複数回答)/n=671人


ギフト選びで見逃せないのが「安心・安全」のキーワードです。「自信を持って贈れる美味しいりんごを贈る」(女性60代、群馬県)など、6位に「自分でいつも食べていて・使っていて信頼できるもの」(20.7%)。さらに「国産か信頼できる大手メーカーのもの、売場で見てよいと思ったもの」(女性40代、広島県)など、4位に「国産」(26.4%)、8位に「安全・安心(無添加・無着色など)」(17.1%)、9位にも「事前に試食して納得したもの」(13.1%)が挙げられ、「健康」「食の安全」が不安視される中で、自らが自信を持って贈れる「安全・安心なギフト」に付加価値が置かれていることがうかがえます。特に店頭での試食は、購買決定の大きな決め手となりそうです。


そのほか、「もし相手が期待していたら困るので、あえて長年同じ種類のギフトを贈っている」(男性40代、千葉県)など、5位に「あえて毎年同じギフトを贈るようにしている」(20.7%)。さらに「年末年始に家族が帰省するので、その時みんなで食べてもらえるようなもの。また、お酒はいつもより消費も増えると思うので、いくらあっても困らないと思うので」(女性40代、愛知県)など、7位に「季節感」(18.2%)、10位にも「年末年始の行事や宴会などに役立つもの」(10.6%)に続き、クリスマスや正月などの年末行事に向けて必要なものや、消費が増えるものを贈るという人もいました。

贈りたいギフトの1位は「ビール」−乾杯需要の高まる年末年始に向けて

では今年、皆さんが「お歳暮」で贈りたいギフトは何でしょうか。ランキング形式で見ていきましょう。堂々の人気ナンバーワンは「ビール(発泡酒・新ジャンル含む)」(58.9%)でした。「相手がビール好きなので、毎年ビールを贈る。(ビールは)重たいので、あげれば自分で重たい思いをして買いに行かなくて済むため」(女性40代、東京都)など、晩酌に欠かせない「ビール」は、いくらあっても困らない消耗品という声。自由回答の中には「プレミアムビールを考えている。普段飲めない高級感があるから」(女性30代、神奈川県)など、ギフトならではの付加価値として、高級感が味わえるプレミアムビールを選ぶという声も少なくありませんでした。さらに「お正月用の日本酒」(女性50代、東京都)など、7位にも「地酒(日本酒、焼酎)」(18.6%)、10位に「ワイン」(10.2%)が続き、お酒の需要が高まる年末年始に向けて、「アルコールギフト」を贈るという声が多数寄せられました。

「お歳暮」で贈りたいギフトは?

1 ビール(発泡酒・新ジャンル含む) 58.9%
2 ハム・ソーセージ 31.8%
3 お菓子・デザート 30.0%
4 コーヒー・お茶 24.3%
5 産地直送の魚介類(かに、鮭、イクラ等) 20.8%
6 地酒(日本酒、焼酎) 18.6%
7 ジュース飲料(%果汁やカルピス等のコンク飲料) 17.4%
8 産地直送の野菜・果物 14.2%
9 食用油・調味料 11.7%
10 ワイン 10.2%

MA(複数回答)/n=667人

お中元では「ジュース飲料」、お歳暮では「コーヒー・お茶」の人気が高まる!

アルコール以外では「コーヒーを考えている。一年中、飲めるので」(男性30代、東京都)など、4位に「コーヒー・お茶」(24.3%)。さらに6位に「ジュース飲料(100%果汁やカルピス等のコンク飲料)」(17.4%)が挙げられ、アルコール飲料と同じく、飲料全般に人気が集中していることが判ります。ちなみに今夏に実施したお中元調査では、贈りたいギフトの3位に「ジュース飲料」(お中元=17.6%、お歳暮=17.4%)、7位に「コーヒー・お茶」(お中元=12.1%、お歳暮=24.3%)がランクインし、喉を潤す「ジュース飲料」がランキング上位でしたが、寒い時期のお歳暮ギフトでは、ホットで楽しめる「コーヒー・お茶」の人気が急増していました。飲料はお中元、お歳暮ともに人気ギフトですが、夏と冬ではギフト選びに変化が生じていることがうかがえます。


飲料のほか、人気が高かったのは「ハム・ソーセージ」(31.8%)。「毎年ハム・ソーセージセットを贈っている。『年末年始で家族や親戚が集まるので、その時出すのにちょうどいい」と相手も喜んでいるみたい」(女性40代、愛知県)など、年末年始に重宝するグルメに高い支持。同様5位に「産地直送の魚介類(かに、鮭、イクラ等)」(20.8%)、8位にも「産地直送の野菜・果物」(14.2%)が続き、鮮度の高い食材が目立ちました。

11年連続で欲しいギフトの1位は「ビール」− マッサン人気で「国産ウイスキー」も

ここまで「贈りたいギフト」の人気ランキングを見てきましたが、その一方、皆さんが「贈られてうれしいギフト」とは何でしょうか。皆さんの本音を見ていきましょう。人気ナンバーワンは、贈りたいギフトと同じく「ビール(発泡酒・新ジャンルなど)」(59.7%)でした。「贈られてうれしいのは、缶ビール。本当にテンションが上がる」(男性60代、北海道)など、家飲み派のご家庭では、消費量の高い「ビール」を欲する声が多数寄せられました。ちなみに2004年から実施している同調査によれば、「贈りたいギフト」「もらってうれしいギフト」のナンバーワンは11年連続で「ビール」が選ばれ、「贈る側」にも「もらう側」にとってもハッピーな「相思相愛ギフト」であることがうかがえます。

贈られてうれしいギフトは?

1 ビール(発泡酒・新ジャンル含む) 59.7%
2 ハム・ソーセージ 33.2%
3 お菓子・デザート 28.1%
4 各種商品券 24.4%
5 産地直送の魚介類(かに、鮭、イクラ等) 23.4%
6 コーヒー・お茶 22.6%
7 カタログギフト 21.2%
8 ワイン 16.6%
9 産地直送の野菜・果物 16.0%
10 地酒(日本酒、焼酎) 15.2%

MA(複数回答)/n=730人


同じくアルコールギフトでは、8位に「ワイン」(16.6%)。「お酒が好きなのでビールやワインがもらえるといい」(男性40代、茨城県)など、贈りたいギフトでは10位であった「ワイン」(贈りたい=10.2%、もらいたい=16.6%)ですが、思った以上に待ち望んでいるご家庭が多いようです。喜ばれるギフトの新定番として「ワイン」を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。さらに10位に「地酒(日本酒、焼酎)」(15.2%)、16位に「高級洋酒(ウイスキー、ブランデー等)」(8.5%)が挙げられ、アルコールギフトを欲する人が大変多いことがうかがえます。特に今秋はNHK連続テレビ小説「マッサン」の影響から「国産ウイスキー」人気が高まっており、お歳暮ギフトでも高い注目を浴びそうです。

贈る側と贈られる側のニーズが一致しない!?− 商品券ギフトの難しさ

飲料以外では、贈りたいギフトと同じく「ハム・ソーセージ」(33.2%)、「お菓子・デザート」(28.1%)、「産地直送の魚介類(かに、鮭、イクラ等)」(23.4%)などに高い支持が寄せられました。また、贈られる立場ならではの回答として、3位に「各種商品券」(贈りたい=4.6%、もらいたい=24.4%)、「カタログギフト」(贈りたい=6.0%、もらいたい=21.2%)がランクイン。「受け取る立場では、いつでも好きな時に使える商品券がいい」(女性30代、神奈川県)など、場所を取らず、自分の好みのものが選べる「商品券・カタログギフト」は、贈られる立場のニーズに合った最適なギフトと言えます。とはいえ、贈る立場からすると「金額があからさまで、気持ちのこもっていないギフトのような印象を与えてしまう」というのが本音ではないでしょうか。家族や気心の知れた友人など、ごく親しい間柄の場合は、余計な気遣いはなしで「商品券・カタログギフト」を贈るのも一つの選択肢と言えます。


今回は師走を控え、「お歳暮ギフト」をテーマにご意見を聞いてきました。「(お歳暮ギフトを)贈る予定がある」(50.8%)、「贈るかどうか検討している」(12.4%)という声は全体の6割以上を数えました。春の増税などの影響が懸念されましたが、贈答意向、一家庭当たりの平均贈答件数ともに例年と同様の数値を示し、この冬のギフト市場に大きな変動がないことがうかがえます。昨今ではビジネスにおける虚礼廃止が進んでいますが、その反面、家族や友人など、近しい間柄の人間関係をより重視する傾向が高まっています。ギフトのやり取りを通じ、忙しい年末をお互いに労い、一年間の御礼とともに「新しい年を無事に迎えられますように」というメッセージも一緒に届けたいものです。ギフトが届いたら、必ず電話などで直接御礼や近況を伝え合うことをお忘れなく。きっとメールなどでは届かない気持ちが伝わるはずですよ。



「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html