1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第543回 そろそろ気になるGW、今年はどう過ごしますか?

そろそろ気になるGW、今年はどう過ごしますか?

いよいよ4月を迎えました。年度末から新年度の変わり目は、季節の変化だけではなく、仕事やプライベートでも大忙しのシーズンです。新年度早々ですが、「早くGWが来ないかな〜」と、すでに頭の中は休日モードに突入している人も案外多いのでは? そこで今回は、あと1カ月間でやってくる「GW(ゴールデンウィーク)」をテーマに、今年の皆さんの大型連休の過ごし方について聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:1,355人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2015年4月1日〜4月7日

最も多かったのは「トータル5日間の休暇」−短くも長くもない日並び

今年のGW、さて皆さんはトータルで何日くらい休めるのでしょうか。「毎年カレンダー通りの休み。今年は5連休なので休みが多い」(女性30代、大阪府)など、「(トータルで)5日」という声が最も多く24.0%。次に「4日」(10.7%)、「6日」(9.2%)が続き、全体の4 割以上の人びとが「昭和の日(4月29日)」「憲法記念日(5月3日)」「みどりの日(5月4日)」「子供の日(5月5日)」を含む、「4〜6日間の休暇日数」というパターンでGWを過ごす人が目立ちました。さらに有給休暇などを上手に組み合わせ、「7〜9日間」(16.8%)、「10日間以上」(12.9%)のロングバケーションを実現する声。自由回答の中には「趣味の工芸製作のため、北欧へ旅行に行く」(女性20代、東京都)など、日本を飛び出し海外でエンジョイする人もいました。ちなみに過去同時期の調査によれば、2012年、2013年ともに「7日間」(2012年=17.2%、2013年=17.3%)、2014年は「4日間」(21.3%)という声が最も多かったことから、今年のGWは「短くも長くもない日並び」であることがうかがえます。

今年のGWはトータル何日休める?

SA(単回答)


その一方、「休日なし」という声も9.7%を占めました。主な理由は「交代制勤務のためGWも休みなし」(男性20代、富山県)など、GW中も仕事に追われるという声。「主婦なので基本休みは無し」(女性40代、兵庫県)、「子どもの保育所が休みのため、いつも以上に体力を使う」(女性30代、兵庫県)など、暦の上では連休とはいえ、主婦にとっては家族の世話が増えて忙しさが増すという声も寄せられました。

半数近くが「『休養』重視型」と回答 −体力と家計を温存してのんびり過ごす

「レジャー」と「休養」のバランスは?

SA(単回答)

「5日間の休暇」という声が目立ちましたが、さて皆さんの今年の連休は「レジャー中心」、それとも「休養中心」、どのようなスタイルで過ごすのでしょうか。次にそのバランスを聞いてみたところ、最も回答が多かったのは「『休養』重視型」(48.5%)でした。主な理由は「人の多い所には行きたくないから、レジャーには出かけません」(男性50代、福岡県)など、人混みを避けたいという声。「休みが少ないから疲れをとりたい」(男性30代、東京都)、「家でゴロゴロして、出費を抑えた連休にする」(男性40代、青森県)など、体力と家計を温存するため、自宅でのんびり過ごすという声も寄せられました。


その反面、「主人とまとまった日数休める日が一年でもこのタイミングしかないので、毎年旅行へ出かける」(女性40代、新潟県)など、「『レジャー』重視型」という声は僅か10.7%。GWとはいえ、「レジャー」よりも「休養」に重きを置く傾向がうかがえます。また、両方のいいとこ取りの「『レジャー』と『休養』は半々」というバランス派も40.8%を占めました。自由回答の中には「老夫婦2人の生活なので、疲れない範囲で楽しむ」(男性60代、神奈川県)など、休養を交えながらレジャーを楽しむという声。さらに「9日間あるので、最初の1日と最後の日は家に閉じこもりゴロゴロ。残り7日は友だちと旅行に行く」(女性20代、鹿児島県)など、「休養」で「レジャー」をサンドイッチし、休み明けに疲れを残さないという人もいました。


ちなみに過去実施した同調査との比較では、「『レジャー』重視型」(2012年=8.9%、2013年=7.5%、2014年=12.9%、2015年=10.7%)が昨年よりも減少し、2012〜2013年よりも高い数値を示しました。一方、「『休養』重視型」(2012年=56.1%、2013年=55.7%、2014年=47.4%、2015年=48.5%)、「『レジャー』と『休養』は半々」(2012年=35.0%、2013=36.8%、2014年=39.7%、2015年=40.8%)が昨年よりも増加し、特に例年に比べて「『レジャー』と『休養』は半々」という声が目立ちました。昨年は日並びが悪く「短い連休をレジャーに集中する」人がやや目立ちましたが、今年は「短くも長くもない休暇日数」のため、「レジャー」と「休養」の両方のバランスを求める傾向がうかがえます。

過去4年間−「レジャー」と「休養」のバランスは?

SA(単回答)

「(予算は)例年と変わらない」「出費抑える」−今春の食品値上げもやや影響

GWにかける予算は?

SA(単回答)

では、今年の連休にかける予算はいかがでしょう。例年に比べて出費を増やしますか、それとも抑えますか? 「レジャー中心で遊びまくろうと思っている。出費は惜しみたくないけど、浪費もしないようにしたい」(女性30代、岐阜県)など、「例年とあまり変わらない予算」と回答した人は最も多く65.5%。さらに「子ども達の進学があったりしたので、出費は抑えたい」(女性30代、熊本県)など、「例年よりも出費を抑える予定」(27.8%)という声も目立ち、たまの大型連休とはいえ、その予算は例年と同じか、もしくは抑える傾向にあることがうかがえます。特に自由回答の中には「4月から色々値上げばっかりなので、極力出費は控える連休を過ごす」(男性40代、大阪府)など、昨年春の消費税8%導入に加え、今春から食品類等が値上げし、財布の紐を引き締める意識が高まっていることがうかがえます。


その一方、「例年よりリッチにお金を使う予定」という声は僅か6.7%。主な回答では「自営業で家族が頑張っているので、まとめて休めるGWの時くらいはパッと使いたい」(女性40代、岐阜県)など、日ごろのうっ憤を晴らしに、ちょっと奮発して楽しみたいという声。さらに「母の日や誕生日パーティーを兼ねて帰省し、豪華にパッと過ごす」(女性40代、愛知県)、「結婚してはじめてのゴールデンウィークなので、二人でゆっくり休養しつつ少しリッチに旅行へ行く」(女性30代、北海道)など、休み中に記念日祝いやパーティー等を行うという人もいました。

「休みだから贅沢」VS「休みだから浪費注意」−レジャー派の意見は両極端に

次に「レジャー派」「休養派」と「予算」の関係をクロス集計で見ていきましょう。「『レジャー』重視型」の人は、「例年よりリッチにお金を使う予定」(46.8%)と「例年よりも出費を抑える予定」(45.6%)という両極端な回答が均衡。久々の休みだからこそ「贅沢に過ごしたい」という声が多かった一方、「浪費し過ぎないように気を付けたい」という自制心を働かせる人も少なくありませんでした。反面、「『休養』重視型」「『レジャー』と『休養』は半々」の人は、「例年とあまり変わらない予算」(レジャー派=7.6%、休養派=47.7%、半々派=59.4%)という声が目立ち、GWの予算は休み中の過ごし方により、意識が大きく変化していることがうかがえます。

クロス集計−「レジャー派」「休養派」×予算

SA(単回答)

GWは夏に向けた準備にあてる −「快適空間づくり」&「衣替え」

では、今年のGWの計画を具体的に見ていきましょう。トップは「家の片づけ・掃除・洗濯する」(43.9%)でした。「少し家具を動かして掃除がしたい」(女性50代、広島県)、「大掃除をして家の中をすっきりさせ、気持ちよく過ごせるようにしたい」(女性40代、東京都)など、昨年末以来の大掃除を行うという声。さらに「衣替えを一斉にして、洗濯をせっせとして片付ける」(女性40代、大阪府)など、夏に向けて快適な空間づくりと衣替えを一気に行うという声が目立ち、「休養」よりも「家事」に精を出すという人が多いようです。例年、GWの時期は天候に恵まれることが多く、掃除や洗濯をするには最高のタイミングと言えるかもしれません。

今年の連休に何をする予定?

1 家の片づけ・掃除・洗濯する 43.9%
2 ショッピングに行く 30.7%
3 とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする 30.3%
4 家族団らん・子どもと遊ぶ 20.5%
5 外食する(家族、恋人など) 19.5%
6 国内旅行(泊りがけ)に出かける 17.7%
7 日帰り旅行(観光バス旅、温泉、観光地めぐり) 17.0%
8 TV・ビデオ(DVD、ブルーレイなど)を鑑賞する 16.7%
9 街散策・食べ歩き 13.6%
10 ドライブする 12.8%

MA(複数回答)/n=1296人


トップ同様に自宅派の回答として、3位に「とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする」(30.3%)。「普段疲れているので、とにかく体を休ませる」(女性40代、兵庫県)、「目覚まし時計を掛けずに寝る」(男性40代、千葉県)など、朝寝坊をして、日ごろの睡眠不足を解消したいという声。さらに「ビール飲みながら撮りためていた録画を観て休養したいと思う」(女性50代、神奈川県)など、8位にも「TV・ビデオ(DVD、ブルーレイなど)を鑑賞する」(16.7%)が続き、どこに出かけるわけでもなく、家でのんびりと過ごすという人が多いようです。常に時間に追われる現代人にとっては、時間を気にせずにTVを見ながらゴロゴロすることこそが贅沢な時間とも言えるようです。

「買い物」「外食」「子どもと遊ぶ」など、近場でも家族と過ごす時間を重視!

自宅以外での過ごし方では、「お花の綺麗な時期なので、ガーデニングをするために園芸センター巡りをする」(女性50代、北海道)など、2位に「ショッピングに行く」(30.7%)。さらに「外食に行って家族で美味しい物を食べ、大いに飲んで笑ってストレスを発散したい」(女性40代、愛知県)など、5位にも「外食する(家族、恋人など)」(19.5%)が挙げられ、近場に買い物や外食に出かけるというご家庭が目立ちました。GWとはいえ、特別なレジャーを楽しむわけではなく、家族と一緒に普段の週末とそう変わりない休日を過ごす人が多いようです。また、自由回答の中には「子どもと森林公園で汗だくになるまで遊ぶ」(女性30代、大阪府)など、「家族団らん・子どもと遊ぶ」(20.5%)という声も多く、「GW=家族・子どもとのコミュニケーションの時間」として重視する人もいました。日ごろは忙しく、ゆっくりと家族と過ごす時間が持てないご家庭にとっては、普段のコミュニケーション不足をGWの間に解消する機会となっていることがうかがえます。


そのほか、「今年は妹夫婦と実家両親と、熱海のバーベキュー&サイクリングセンターに1泊2日の旅行に行く。子どもたちも普段見慣れない風景と体験が出来て、きっと喜んでくれると思う」(女性30代、静岡県)など、6位に「国内旅行(泊りがけ)に出かける」(17.7%)。さらに「ドライブしながら、ゆうひパーク(島根にある道の駅)へ海鮮丼を食べに行く」(女性40代、広島県)など、7位に「日帰り旅行(観光バス旅、温泉、観光地めぐり)」(17.0%)、9位に「街散策・食べ歩き」(13.6%)。10位にも「ドライブする」(12.8%)が続き、小旅行や日帰りレジャーを計画する人も少なくありませんでした。


今回は「GWの過ごし方」をテーマに、皆さんの大型連休中の計画について聞きました。今年のトータルの休日数は「5日」(24.0%)に集中。日並びの悪かった昨年の「4日」(21.3%)よりも休日数は長いものの、一昨年前の「7日間」(17.3%)に比べると短く、今年のGWは「短くも長くもない休日」となる見込み。海外旅行に出かけるほどの休暇は望めませんが、1、2泊の国内レジャーを楽しむには十分な休暇と言えるのではないでしょうか。とはいえ、一方で、「昨年春の消費税8%導入」、さらに原材料の高騰や円安などを背景に、今春は「食品の値上げ」が一斉に行われるなど、家計費に占めるレジャー費の割合を減らさざるを得ない状況も続いています。久々に家族がそろうお休みですから、本来ならパッと贅沢をして楽しみたいものですが、現実はなかなかそうもいかないようですね。


さてGWまで、あと3週間余り。レジャーをご予定の方は、早めのご予約を! 特に今年は北陸方面の混雑が予想されますよ。




「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html