1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第551回 あなたのストレス解消法を教えて?

あなたのストレス解消法を教えて?

いよいよ本格的に梅雨シーズンが到来。ジメジメ、シトシトで洗濯物や布団の外干しもままならず、部屋の中には臭いがこもり、カビやダニなども繁殖しやすい時期です。そんな鬱陶しい6月は、体力や精神が弱りやすく、ストレスも溜めやすくなりがち。そこで今回は、皆さんのストレス解消術を聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:1,236人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2015年6月3日〜6月9日

7割以上が「ストレスを感じる」と回答−仕事から家庭まで、30、40代は悩み多き世代

今、ストレスを感じている?

SA(単回答)

さて今、ストレスを感じている人はどの位いるのでしょうか。「会社の上司のパワハラ的な態度にストレスを感じる」(女性40代、新潟県)など、「とてもストレスを感じている」と回答した人は22.9%。「まあまあストレスを感じている」という声も53.1%を数え、全体の7割以上の人びとが「現在、何らかのストレスを抱えている」ことが明らかとなりました。性別で「とてもストレスを感じている」「まあまあストレスを感じている」という声を見てみると、男性回答では70.6%。それに対し、女性回答では男性よりも10%以上も高い80.7%を示しました。自由回答の中には「遠距離介護が大変」(女性50代、三重県)、「子どもが帰りの時間を守らず、遊んでいる」(女性30代、栃木県)など、家事から子育て、親の介護に至るまで、家庭内の問題や悩みを一手に引き受けている主婦も多く、男性よりもストレスを強く感じていることがうかがえます。


世代別ではいかがでしょうか。「とてもストレスを感じている」「まあまあストレスを感じている」という声は、20代で73.9%でしたが、30代(84.2%)、40代(84.0%)で一気に8割台に上昇。自由回答の中には「両親の高齢化 や、社屋移転に伴って勤務地が遠くなったこと、夜勤が入ったこと…」(男性40代、北海道)など、30、40代は仕事や家族のことなど、様々な社会的な責任がのしかかる悩み多き年代であることがうかがえます。その一方、60代で52.6%と一気に落ち込み、70代以上では43.2%までストレスが減少。自由回答の中には「毎日、楽しく過ごしている」(女性70代、東京都)、「深い事をあんまり考えないほうが、長生きする秘訣。なるべく前向きに生きたいから」(女性80代、大阪府)など、人生経験が豊富なシニア層では「悩んでも無駄」と人生を達観する声も少なくありませんでした。

年代別:今、ストレスを感じている?

SA(単回答)

「仕事」「政治」「通勤電車」など、男性のストレスは外向きの要因が目立つ

多くの人びとがストレスに悩まされていることが判りましたが、では、その原因は一体何でしょうか。男性回答で最も多かったのは「仕事(労働環境、給与など)」(男性=73.3%、女性=44.5%)でした。「自動車部品会社の管理職として品質向上を推進しているが、結果がなかなか伴わず、役員から日々質問攻めに合い、大きなストレスを感じている」(男性50代、愛知県)など、実績や結果が得られず、プレッシャーを感じているという声。さらに「仕事がきつく、残業も増えているのに休日出勤も。給料は下がり手当もない、たまるのはお金ではなく、疲労のみ…」(男性50代、大阪府)など、仕事の重責や業務量に対し、給与が十分とは言えず、強いストレスを抱えているという声が多数寄せられました。同じく男性回答4位にも「就職・退職・失業(自分、配偶者、子どもなど)」(男性=14.2%、女性=15.0%)が挙げられ、「仕事」関連が男性にとっての大きなストレスとなっていることがうかがえます。

男性:ストレスの原因は?

1 仕事(労働環境、給与など) 73.3%
2 将来(自分、家族など) 29.9%
3 病気・体調不良(自分、家族など) 25.7%
4 就職・退職・失業(自分、配偶者、子どもなど) 14.2%
5 政治・社会的な不安(年金、医療制度など) 13.2%
6 親子・家族間トラブル 8.1%
7 対人・隣人トラブル 7.8%
8 通勤電車 7.1%
9 自然災害(地震、竜巻、豪雨など) 5.9%
10 子供の教育・しつけ 5.4%

MA(複数回答)/n=408人


続いて、男性ならではの回答で目立ったのは男性回答5位「政治・社会的な不安(年金、医療制度など)」(男性=13.2%、女性=8.2%)。「60歳で定年になるが、年金の支給が62歳からで、それも満額支給ではない。年金だけでは生活できない」(男性50代、熊本県)など、高齢化や少子化社会に向けた国の政策や、制度に不満を募らせる声。さらに8位「通勤電車」(男性=7.1%、女性=3.0%)が続き、男性のストレスは「仕事」や「政治・社会」「通勤電車」など、家庭外の要因が大きく作用していることがうかがえます

「将来」「病気」「家事」「育児」など、女性は家庭問題が一番の理由!?

女性回答のトップも男性と同じく「仕事」(男性=73.3%、女性=44.5%)でしたが、特に女性回答で目立ったのは、2位「将来(自分、家族など)」(男性=29.9%、女性=35.7%)でした。「消費税や物価は上がり、将来が不安」(女性50代、宮城県)、「離婚しているので」(女性40代、愛知県)など、増税や物価上昇で、将来的に厳しい生活を強いられるのではないかと不安が募るという声。さらに「主人がかなり年上なので、老後のことがとても気になる」(女性40代、東京都)、「親の介護が5年10年後に来る…」(女性30代、東京都)など、将来に明るい希望が見出せずにいる女性がとても多いようです。

女性:ストレスの原因は?

1 仕事(労働環境、給与など) 44.5%
2 将来(自分、家族など) 35.7%
3 病気・体調不良(自分、家族など) 30.2%
4 家事 25.7%
5 育児 17.3%
6 就職・退職・失業(自分、配偶者、子どもなど) 15.0%
7 子供の教育・しつけ 14.6%
8 対人・隣人トラブル 14.3%
9 親子・家族間トラブル 13.7%
10 政治・社会的な不安(年金、医療制度など) 8.2%

MA(複数回答)/n=526人


続いて、多かったのは女性回答3位「病気・体調不良(自分、家族など)」(男性=25.7%、女性=30.2%)。「よく寝られず、肌荒れや体調不良がストレスになっている」(女性40代、兵庫県)、「息子の慢性疾患が将来どうなるか、不安」(女性40代、愛知県)など、自分の健康や家族の持病を心配し、ストレスを溜める声。さらに「家事、特に料理が苦手。娘家族が家に遊びに来るのはうれしいが、何を食べさせたら良いのか考えるだけで憂鬱になる」(女性60代、北海道)など、4位に「家事」(男性=4.7%、女性=25.7%)、「親子・家族間トラブル」(男性=8.1%、女性=13.7%)が続き、男性が「仕事」など家庭外の要因でストレスを溜める一方、女性のストレスは家庭内の問題が主流であることが判ります。


中でも見逃せないのが、女性5位の「育児」(男性=3.7%、女性=17.3%)。「今、子どもがちょうどイヤイヤ期の真っ只中! 毎日のイヤイヤにイライラする」(女性20代、静岡県)など、1日中、子どもと向き合わなければならず、イライラを募らせるママたちの声。さらに女性9位にも「子どもの教育・躾(しつけ)」(男性=5.4%、女性=14.6%)が挙げられ、育児や子どもの躾は夫婦二人の問題ながら、子どもと接する機会の多い女性に大きな負担が掛かっていることがうかがえます。自由回答の中には「子どもの躾や教育など、主人は協力的じゃないので、一人で考えないといけないのがストレスを感じる」(女性40代、大阪府)など、朝から夜中まで家に居ないご主人たちの理解不足も、女性のストレスを助長する原因の一つと言えるかもしれません。そのほか、「深夜に隣人が風呂に入るので、ボイラーの音がうるさい」(女性40代、愛知県)など、「対人・隣人トラブル」(男性=7.8%、女性=14.3%)に悩まされる人も少なくありませんでした。

「晩酌」「映画」「スポーツ」など、男性は嗜好や趣味性の高い対策でスッキリ!

男性、女性のストレスの違いが明らかとなりましたが、次に皆さんのストレス解消法を具体的に見ていきましょう。男性回答のトップは「晩酌、お酒を飲む」(42.3%)でした。「自宅でDVDを見ながら晩酌をする事が一番のストレス解消」(男性50代、愛知県)など、男性のストレスの一番の原因である「仕事」を終えた後、自宅でのんびりと晩酌するのが至福のひとときという声。さらに「安い居酒屋で飲み仲間とワイワイやる」(男性50代、熊本県)など、家での晩酌のみならず、同僚や友人との「外飲み」でストレスを発散するサラリーマンも少なくありませんでした。

男性:ストレス解消法は?

1 晩酌、お酒を飲む 42.3%
2 好きなテレビ番組を観る 16.8%
3 好きなものを買い、家で食べる 16.2%
4 旅行や温泉へ出掛ける 13.3%
5 外食に出かける 12.3%
6 映画を観る(DVD、映画館) 12.1%
7 ゆっくりとお風呂に入る 11.9%
8 音楽を聴く 11.7%
9 スポーツで汗を流す 11.6%
10 お茶・コーヒーを飲む 10.9%

MA(複数回答)/n=579人


続いて、男性ならではの回答で目立ったのは男性回答6位「映画を観る(DVD、映画館)」(男性=12.1%、女性=9.1%)。「大画面の劇場で良質の映画を観る」(男性60代、大阪府)、「家で何も気にせず、お酒を飲みながら映画を観る」(男性30代、奈良県)など、映画の世界に没頭するという声。さらに「天気のいい休日に公園に行き、音楽を聴いてリラックスする」(男性50代、東京都)など、8位「音楽を聴く」(男性=11.7%、女性=10.4%)が続き、男性は嗜好や趣味性の高い方法で、ストレスを上手に解消していることがうかがえます。そのほか、「疲れて動けなくなるくらいまでランニングを行う。汗をかいて心地よくなる」(男性50代、茨城県)など、9位に「スポーツ(スポーツクラブ、ジョギング、ゴルフなど)で汗を流す」(男性=11.6%、女性=5.6%)が挙げられ、汗を流して「悩みやストレスがスッキリする」という声が多く、運動が心の健康に大きな影響を与えていることが判ります。

「食べる」「おしゃべり」「寝る」など、女性は「日常生活の充実」でストレス解消へ

その反面、女性回答で最も多かったのは「デザート・菓子など甘いものを食べる」(男性=9.3%、女性=38.1%)でした。「子どもと大好きな甘いものを食べるのが癒される」(女性20代、静岡県)、「カロリーを気にせず、スイーツを食べる」(女性50代、福岡県)など、男性の「お酒」に対し、女性は「デザート・菓子」でリラックスするという声。さらに「食べ物を食べながら、好きな番組をゆっくり観てリラックス」(女性40代、兵庫県)など、2位に「好きなものを買い、家で食べる」(男性=16.2%、女性30.3%)4位に「外食に出かける」(男性=12.3%、女性=22.2%)、7位にも「お茶・コーヒー(緑茶、コーヒー、紅茶・ハーブティー)を飲む」(男性=10.9%、女性=16.7%)が挙げられ、女性は「食べて ・飲んで」で心の満足を得ていることが判ります。

女性:ストレス解消法は?

1 デザート・菓子など甘いものを食べる 38.1%
2 好きなものを買い、家で食べる 30.3%
3 晩酌、お酒を飲む 28.9%
4 外食に出かける 22.2%
5 友人に会って、おしゃべりをする 21.0%
6 好きなテレビ番組を観る 19.8%
7 お茶・コーヒーを飲む 16.7%
8 旅行や温泉へ出掛ける 15.1%
9 とにかくたくさん寝る(睡眠) 14.5%
10 ゆっくりとお風呂に入る 12.6%

MA(複数回答)/n=657人


女性ならではの回答では、5位に「友人に会って、おしゃべりをする(話を聞いてもらう)」(男性=4.8%、女性=21.0%)。「娘と二人で美味しい食事を食べに行き、おしゃべりして楽しい時間を過ごせて心が癒される」(女性50代、新潟県)など、家族や友だち同士のおしゃべりで気分がスッキリするという声が多く、ストレスを口から発散する女性が多いようです。そのほか、「入浴剤を入れて湯船に浸かり、なるべく多く睡眠時間をとる」(女性50代、東京都)など、9位に「とにかくたくさん寝る(睡眠)」(男性=9.0%、女性=14.5%)、10位にも「ゆっくりとお風呂に入る」(男性=11.9%、女性=12.6%)が続き、「食べる」「おしゃべり」「睡眠」「入浴」など、女性のストレス対策の秘訣は「日常生活の充実」がとても重要であることがうかがえます。

6割以上が「梅雨にストレス」と回答−家事が捗らず、主婦にとって厄介なシーズン

雨にストレスを感じる?

SA(単回答)

ここまで皆さんのストレスの要因と、その対策についてみてきましたが、これから全国的に「梅雨入り」を迎えます。一般的に憂鬱なイメージの強い「梅雨」ですが、実際のところ、皆さんは「雨」にどんな印象を持っているのでしょうか。「ヘアスタイルが決まらないし、服装もオシャレできないから」(女性50代、千葉県)など、「とてもストレスを感じる」と回答した人は17.9%。さらに「まあまあストレスを感じる」という声も45.6%を数え、全体の6割以上の人びとが「雨にストレスを感じている」ことが明らかとなりました。性別で「とてもストレスを感じる」「まあまあストレスを感じる」という声を見てみると、男性回答では57.7%。それに対し、女性回答では男性よりも10%以上高い68.6%に達し、梅雨突入で通常期よりもストレスが増加する女性が多いことが判明しました。自由回答の中には「洗濯物が乾かない。家に湿気が溜まる」(女性40代、静岡県)、「カビが生えやすい」(女性40代、埼玉県)など、家事が捗らず、カビや食中毒にも神経を尖らせる必要があり、主婦にとっては厄介なシーズンと言えそうです。


その一方、「あまりストレスを感じない」(31.2%)、「むしろ好き」(5.3%)という声も約4割を占めました。主な理由は「公園に行き雨の中、傘を差してゆっくりと周りの新緑を眺めながら歩いていると、気持ちが落ち着く」(男性60代、群馬県)、「雨の日は外の雑音が抑えられ、仕事や趣味に集中できる」(男性50代、愛知県)など、雨はあくせくした気持ちを抑え、心を落ち着かせるという声。さらに「晴れていると強制的に布団干しなど、体を動かさなければならない思いにかられるので」(女性40代、岐阜県)など、「晴れ=アクティブ」という強迫観念に駆られるという声も寄せられ、雨を心待ちにする人もいました。


今回は「ストレス」をテーマに、皆さんのご意見を聞いてきました。「(現在)とてもストレスを感じている」(22.9%)、「まあまあストレスを感じている」(53.1%)という声は全体の7割以上を占めました。とかく現代は「ストレス社会」であると言われますが、今回のアンケートからも見えないストレスを抱え、心身共に疲弊する現代人が大変多いことが明らかとなりました。また今回のアンケート結果で興味深かったのは、男女間でストレスの原因や、ストレス解消の方法が大きく異なる点です。男性が「仕事」「政治・社会」「通勤電車」など対外的な問題にストレスを強く感じている一方、女性は「将来」「家事」「育児」「隣人」など、家庭内の身近な事柄に苦しんでいました。特にストレスの度合いは女性に高く、その一因は仕事の忙しさを理由とし、家庭問題に無関心な男性陣にも責任がありそうです。世の男性は、思い当たる節がきっとあるのではないでしょうか。男性のストレス解消は「晩酌」、女性は「デザート」。もちろん飲み過ぎ食べ過ぎは要注意ですが、ある程度はお互いのストレス解消法について許容してあげることが夫婦円満の秘訣と言えそうですよ。


梅雨の休日は、日々のストレスを解消する時間として、夫婦や家族でのんびりとお過ごしください。




「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html