1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第561回 この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

安保法案や原発再稼働、戦後70年、新国立競技場など、政治・国際問題を中心とする話題が連日メディアでは目立っています。それぞれの責任が問われ、迷走が続き、なんとなくスッキリとしない空気が漂っています。その一方、訪日客は過去最高の伸びを示し、夏の甲子園ではニューヒーローたちが活躍するなど、明るい話題も少なくありません。そこで今回は「この夏の印象深いニュース」をテーマに、皆さんのご意見を聞いてみました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:2,356人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2015年8月26日〜9月1日

今夏のナンバーワンは「全国的に猛暑日が続く」−熱中症で体調を崩した人も

最も話題を集めたニュースは「39℃超えのエリアも−全国的に猛暑日が続く厳しい暑さ」(52.3%)でした。「誰と会っても第一声は『今日も暑いねー』『猛暑だねー』という感じだった」(女性40代、東京都)、「外に行く時はサングラス、帽子、日傘、タオルを水で濡らして、保冷剤を毎日持ち歩いた」(女性20代、大阪府)など、特に7月後半からお盆過ぎまで、うんざりするほどの「猛暑日」が連日続いたことは、多くの皆さんにとってこの夏を決定付ける一番のトピックスであったことがうかがえます。自由回答の中には「熱中症にかかり、1週間ほど体調を崩した」(男性50代、千葉県)、「暑さにバテて体調を崩し、病院に通っている」(女性40代、東京都)など、あまりの暑さで体調を崩し、しんどい夏を過ごしたという人も少なくなかったようです。

この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースは?<総合>

1 39℃超えのエリアも-全国的に猛暑日が続く厳しい暑さ 52.3%
2 大阪・高槻の中1女子と男子が殺害、容疑者が逮捕 35.3%
3 東京五輪、「新国立競技場」の建設費の高騰で一から見直し 33.5%
4 東京五輪エンブレムの「盗作」をめぐり、波紋が広がる 32.9%
5 ピース・又吉直樹さんが「火花」で芥川賞受賞! -200万部突破 19.0%
6 「安保法制」が衆院可決-SEALDsなどデモ活動が広がる 16.6%
7 中国・天津の大爆発事故-死者112人に 16.0%
8 甲子園、早実のスーパー1年生・清宮フィーバー 14.4%
9 東京・調布で小型飛行機が墜落、住宅の女性も死亡 14.2%
10 岩手中2男子がいじめ苦に自殺-担任女性は気が付かず 11.8%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


印象深いニュースの2位は「大阪・高槻の中1女子と男子が殺害、容疑者が逮捕」(35.3%)。「自分にも中学生の子どもがいるので」(女性30代、大阪府)、「子どもへの残虐な殺害は憤りを感じる」(女性50代、愛知県)など、同じ子どもを持つ親からは他人事ではないという声。自由回答の中には「中学生が深夜にうろうろして野宿しているのも驚き」(女性30代、広島県)、「中学生の夜間外出について、どこまで親が監視できるのか、意見交換が熱を帯びました。塾に行っている生徒は夜11時くらいにはなるのが普通なので…」(女性50代、兵庫県)など、異常な犯人の行動と共に、中学生の深夜の徘徊に関しても、ニュース報道を見ながら家族や友人間で様々な意見が交わされたことがうかがえます。


さらに「この年齢のときは親には相談しないから、先生に訴えていたのに受け止めてもらえず、孤独に震えていたと思うと不憫でならない」(女性50代、埼玉県)など、10位にも「岩手中2男子がいじめ苦に自殺-担任女性は気が付かず」(11.8%)が続きました。友人との関係、親との関係など、思春期の中学生が抱える悩みや不安は大きく、2つの事件を通じて、大人が子どもとどう向き合うべきか、真剣に考えた人もきっと多かったことでしょう。

「新国立」「エンブレム」など、5年後に迫る「東京五輪」を不安視する声も

次に3位は「東京五輪、『新国立競技場』の建設費の高騰で一から見直し」(33.5%)。「結局、国の他の公共事業もこんな無駄使いをたくさんしてきたと思うと、消費税を上げられる違和感を拭えない」(男性30代、東京都)、「透明性に欠け、無責任体質が続いている」(女性50代、神奈川県)など、民間では考えられない見積もりの甘さや、責任の擦り付け等々、あまりのお粗末な対応に呆れる声。さらに「エンブレム問題は同情する一方、もやもやな気分にもなりました」(女性30代、埼玉県)など、4位にも「東京五輪エンブレムの『盗作』をめぐり、波紋が広がる」(32.9%)が挙げられ、ゴタゴタ続きでせっかくの五輪誘致が色あせてしまうことを、懸念する人も少なくありませんでした。


そのほか、「中国の大爆発と、飛行機の住宅街への墜落の事故発生は衝撃で、いつ何があってもおかしくないことだと、とても不安を感じた」(女性20代、東京都)など、7位に「中国・天津の大爆発事故-死者112人に」(16.0%)、9位にも「東京・調布で小型飛行機が墜落、住宅の女性も死亡」(14.2%)が続き、国内外で一般人を巻き込む大事故が発生。また、つい最近には、相模原市にある米軍基地内で爆発事故が起こるなど、自然災害ばかりではなく、人為的なミスに伴う事故にいつどこで巻き込まれるかも分からず、私たちの不安や恐怖を煽るニュースとなりました。

芸能・トレンド部門は「又吉直樹さんが芥川賞」が断然トップ!

「うんざりの猛暑」「五輪のゴタゴタ」「中学生の事件」など、今夏の総合ランキングのベストテンを振り返ると、大きな事故や事件など、顔をしかめたくなる暗いニュースが上位ランキングを占めました。しかしその一方では「スポーツ」や「芸能・トレンド」などの分野での明るい話題やニュースがいくつかありました。次に「芸能・トレンド」部門のランキングを見ていきましょう。堂々のトップニュースは、総合ランキングでも5位にランクインした「ピース・又吉直樹さんが『火花』で芥川賞受賞! 200万部突破』(19.0%)でした。「あまりそういった話題に興味ないダンナが『火花、図書館で予約しておいて』と言ったのにビックリ! 予約したら『2,000件以上待ちだった』ということにもビックリ!」(女性50代、愛知県)など、「芸人初の快挙」という話題はもちろん、日ごろ読書に関心のない人びとにも大きな影響を及ぼしていることがうかがえます。「読書の秋」を控え、又吉さんが過去に影響を受けた書籍なども書店に数多く並ぶなど、出版・書店業界にとっても朗報と言えそうです。

この夏、酒の席で話題になった印象深いニュース<芸能・トレンド部門>

1 ピース・又吉直樹さんが「火花」で芥川賞受賞!200万部突破 19.0%
2 堀北真希さんと山本耕史さんが結婚-舞台の共演をきっかけに 9.3%
3 なでしこジャパン・澤穂希選手が電撃結婚へ 6.0%
4 軍艦島など、「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録 4.6%
5 マイクロソフトが最新OS「Windows 10」をリリース 4.5%
6 上戸彩さん、菅野美穂さん、エビちゃんなど、芸能人出産ラッシュ 3.9%
7 日本人宇宙飛行士・油井さんが、国際宇宙ステーションに長期滞在 3.7%
8 「こうのとり」5号機の打ち上げ成功-種子島宇宙センター 3.5%
9 今年の訪日客が1,000万人超え-中国、韓国などアジア中心に急増 3.0%
10 とにかく明るい安村、ピスタチオ、8.6秒、クマムシなど、
若手芸人が活躍
2.9%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


2位は「堀北真希さんと山本耕史さんが結婚-舞台の共演をきっかけに」(9.3%)。「堀北真希さんの結婚はスピード婚と年齢差に驚き。みんなで盛り上がりました!」(女性20代、長野県)、「山本さん、一歩間違えばストーカーだねと」(女性40代、神奈川県)など、「返信がないにも関わらず、40通以上も手紙を送り続けた」等、山本さんの猛烈アタックが話題になっていますが、2015年を彩るビッグカップルの誕生を祝福する声。同じく3位に「なでしこジャパン・澤穂希選手が電撃結婚へ」(6.0%)、6 位にも「上戸彩さん、菅野美穂さん、エビちゃんなど、芸能人出産ラッシュ」(3.9%)が続きました。とかく事件やスキャンダルがワイドショーを賑やかす中で、有名人の結婚や出産の話題は「幸せのお裾分け」をもらった気分で、観ている私たち視聴者側も笑顔になれるハッピーニュースとなりました。


そのほか、「(軍艦島や旧グラバー住宅など)長崎の世界遺産登録は、長崎県民として喜ばしいことでした」(女性50代、長崎県)など、4位に「軍艦島など、『明治日本の産業革命遺産』が世界文化遺産に登録」(4.6%)。さらに「日本人として頑張ってくれている事が嬉しく、誇らしい」(女性40代、香川県)など、7位に「日本人宇宙飛行士・油井さんが、国際宇宙ステーションに長期滞在」(3.7%)、8位に「『こうのとり』5号機の打ち上げ成功-種子島宇宙センター」(3.5%)が挙げられました。「こうのとり」を油井さんが宇宙でキャッチし、改めて日本の宇宙技術のレベルの高さを実感したという声も多く、同じ日本人として誇らしく感じた人もきっと少なくなかったことでしょう。

スポーツ部門は「甲子園」が上位独占! スーパー高校生・清宮選手らの活躍

「芸能・トレンド」部門に続き、「スポーツ」部門を見ていきましょう。堂々のトップは「甲子園、早実のスーパー1年生・清宮フィーバー」(14.4%)でした。「やっぱり清宮くんは将来を期待してしまう選手! 若い方が活躍していると嬉しい気持ちになる」(男性30代、長崎県)など、久々に出てきたスケールの大きなホームランバッターに心躍ったという声。さらに「東海大相模の2人のエースが夏の大会を投げ抜き、優勝へ導いた事がとても印象的だった」(女性30代、東京都)など、2位に「甲子園、東海大相模が仙台育英を破り45年ぶり2度目の優勝」(7.2%)、3位にも「甲子園、走攻守で沸かせる関東第一・オコエ瑠偉選手の身体能力の高さ」(5.3%)が挙げられ、「スポーツ」部門のランキング上位には「甲子園」に関する話題が独占。100年目の節目を迎えた甲子園大会は、清宮選手やオコエ選手など若いニューヒーローが登場し、大きな盛り上がりを見せました。自由回答の中には「1年生で堂々とした活躍とマスコミの受け答えに驚きました。家族の子育て方法なども気になった」(女性30代、静岡県)など、親目線で球児を応援する人もいました。

この夏、酒の席で話題になった印象深いニュース<スポーツ部門>

1 甲子園、早実のスーパー1年生・清宮フィーバー 14.4%
2 甲子園、東海大相模が仙台育英を破り45年ぶり2度目の優勝 7.2%
3 甲子園、走攻守で沸かせる関東第一・オコエ瑠偉選手の
身体能力の高さ
5.3%
4 阪神、ヤクルト、巨人の首位争いが熾烈化するセ・リーグ 5.1%
5 テニス男子・錦織選手、シティオープン優勝で全米オープンへ弾み 4.2%
5 サッカーW杯カナダ大会、なでしこジャパンが準優勝に輝く 4.2%
7 日本陸上界の新星・サニブラウン選手、世界陸上に高まる期待! 3.9%
8 世界陸上、男子100メートルで「人類最速の男」ボルトが連覇へ 3.3%
9 日本人選手2人目の快挙!
マリナーズ・岩隈投手がノーヒットノーラン
2.7%
9 イチロー選手、日米通算のヒット数で
大リーグ歴代2位のタイ・カッブを抜く
2.7%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


同じく若きスポーツ選手の躍進で見逃せないのが、7位「日本陸上界の新星・サニブラウン選手、世界陸上に高まる期待!」(3.9%)。「サニブラウン選手については身体能力の高さ」(男性50代、大阪府)、「今後の200m走に日本人選手の可能性を感じた」(女性40代、岡山県)など、突如現れた16歳スーパー高校生の大活躍に興奮する声が多く、2020年の東京五輪に向けた楽しみが膨らみます。


また、スポーツ界のニュースでは国内に限らず、海外での日本選手の活躍も目立ちました。 5位は「テニス男子・錦織選手、シティオープン優勝で全米オープンへ弾み」(4.2%)。「錦織圭選手の活躍が日本を元気にしてくれる」(女性60代、京都府)など、期待された全米オープンは初戦敗退と残念な結果となりましたが、世界トップレベルで活躍する錦織選手に松岡修造さん同様に応援に熱がこもるという人も多いでしょう。さらに「なでしこジャパンの頑張り準優勝でしたが素敵でした」(女性60代、千葉県)など、6位に「サッカーW杯カナダ大会、なでしこジャパンが準優勝に輝く」(4.2%)、9位に「日本人選手2人目の快挙! マリナーズ・岩隈投手がノーヒットノーラン」(2.7%)、「イチロー選手、日米通算のヒット数で大リーグ歴代2位のタイ・カッブを抜く」(2.7%)が続き、ベテラン勢の快挙や記録達成など、海を越えて奮闘する日本人スポーツ選手の健闘に元気をもらった人も少なくありませんでした。

キャッチコピーは「暑すぎる危険な夏」「地獄の夏」−節電と言ってもいられない

「2015年の夏ニュース」をランキング形式で見てきましたが、では「○○…な夏」と今夏にぴったりなキャッチコピーを付けるとしたら、どんなフレーズが似合うでしょうか。皆さんから寄せられた自由回答の中で、特に回答が目立ったキャッチコピーは「くたくたな夏」「暑すぎる危険な夏」「一日中エアコンつけっぱなしの夏」「地獄の夏」など、連日続いた猛暑を強く印象づけるフレーズが目立ちました。「半世紀以上生きてきましたが、これほど高温の日が続いたのは初めて」(女性50代、秋田県)、「何しろ暑い、夜も暑くてエアコンつけなくては眠れませんでした」(女性50代、京都府)など、「節電」とも言っていられず、エアコンなしでは過ごせないほどの厳しい暑さに精も根も尽きたという声。自由回答の中には「『ビールが欠かせない夏』。今年の夏は、とにかく暑くて、仕事が終わると頻繁にちょい呑みしてから帰った。そのビールの味がめっちゃ美味しかった」(女性50代、埼玉県)など、「恨めしい暑さ」の一方、「ビールの味は格別だった」という声も寄せられました。


また、「暑い=熱い」と捉え、「『最高にHOTな夏』。野球やバレー、サッカー、テニスといったスポーツで世間を湧かせた」(女性40代、東京都)など、スポーツの感動を「熱い夏」と表現する声。さらに「安全保障法制の議論で熱い夏だったから」(男性50代、佐賀県)など、安保法制や新国立競技問題等、政治に関する話題などを身近な人びと熱く議論し合ったという人もいました。そのほか、「『高校生アスリートが元気な夏』。野球の清宮選手やオコエ選手、陸上のサニブラウン選手など、近年稀に見る逸材が活躍したので」(男性40代、神奈川県)、「『タイガースが強くて素敵な夏』。今年は優勝しそうだから」(男性50代、兵庫県)というキャッチコピーも寄せられました。


今回は「この夏、お酒の席で話題になった印象深いニュース」をテーマに、ランキング形式で注目のニュースやトレンドなどを振り返ってみました、堂々のトップニュースは「39℃超えのエリアも−全国的に猛暑日が続く厳しい暑さ」でした。凶悪な少年犯罪や安保法制、川内原発が再稼働等々、大きなニュースが多々目立つシーズンでしたが、それ以上に「猛暑」の厳しさが大きく上回り、私たちの今夏の印象として強く残す結果となりました。ハッピーニュースでは、早実・清宮選手や関東第一・オコエ選手、さらに陸上競技・サニブラウン選手など、若い高校生の「ニューヒーロー」に注目が集まったほか、文化系でも「芸人・又吉直樹さんの芥川賞受賞」の快挙を果たすなど、若手の台頭が著しい夏でもあったことがうかがえます。2020年の東京五輪の開催に向けて、さらなるニューヒーローが続々と誕生してくれることを願うばかりです。


最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、この夏の皆さんのご家庭の注目ニュースや、思い出深いエピソードをいくつかご紹介します。


この夏の皆さんのご家庭のニュースや思い出は?

車を買い替えた
  • 「13年振りに車を買い替えると、ボタンだらけ。一度くらい聞いても解らず、未だにライトをつけた事がない。歳ですね!」(女性60代、岩手県)
英検に初挑戦
  • 「47歳にして始めて英語検定なるものを受験してみて、一発合格したこと(4級だけれども)」(男性40代、岡山県)
散々の夏休み
  • 「4歳の息子がブロックで足を切ってしまい、大量出血して数針縫いました。お盆休み初日の事故のため、プールにも海にも行けず、おまけに水疱瘡にまでかかり、外出も出来なかったという散々の夏だった」(女性30代、愛媛県)
大規模改修工事でストレス
  • 「6月からマンションが15年目で初の大規模改修工事に入り、10月まで続く。ベランダ工事のために網戸を外されて、窓も開けられず、洗濯物や布団も干せなくてずっとストレス。工事現場のような音がずっと続き、主婦の私はずっと家にいるので頭が痛くなるほど…。あと一か月で終わるが、今年は雨が多くて工事中止になることもあって遅れているみたい(泣)」(女性40代、広島県)
暑さで夫婦喧嘩が増加
  • 「あまりの暑さに夫婦喧嘩が増えました。いつもは温厚な主人も毎日イライラと疲労で。秋になり夜風が気持ちよくなった最近はめっきり喧嘩も減りました」(女性30代、滋賀県)
スイカが爆発!?
  • 「スイカを2玉買って、1玉はその晩に食べた。もう1玉を廊下に置いておいたら、今夏の暑さのせいか、爆発してしまった。廊下は水浸し(臭いの何のって)大変な事になりました」(女性50代、長野県)
初めて熱中症に
  • 「自分自身が、初めて熱中症になってしまった。そんなに暑くないとか。水分は十分摂っているなど、自分は大丈夫という過信が招いた結果だと思う。これからも続く暑さに十分に気を付けなければと猛省している」(男性40代、大阪府)
母になるための覚悟
  • 「一足先に旦那の姉が出産しました。一人でも生きていけるくらい強くて頼りがいのある方ですが、そんな人でも『もういや、死ぬ! 痛いどころの話やない。絶対二人目は生まない!』って出産の大変さを教えてくれました。まじか!! これから私も経験していく道、母になるってすごい」(女性30代、愛知県)
折角の避暑地のはずが…
  • 「夏休み猛暑を避けるべく、避暑地(八ヶ岳方面)に旅行に行った。ところが昼間はとても暑くて、折角、避暑に来たのにと思っていたが、日が暮れたらグッと冷え込んで風邪をひいてしまった」(女性40代、東京都)
娘の彼氏が挨拶に
  • 「娘に『彼氏』が出来て、その彼氏が家に挨拶にやってきた。夫婦そろってパニックになった!」(女性40代、千葉県)
息子離れの予行練習
  • 「息子が(夏休みに)泊まり込みで、旅館のアルバイトに2週間ほど行きました。いつも居るのが普通だったのが 一人欠けるだけでなんだか物足りないというか、寂しいというか…。来年の春には、就職で他県に一人暮らしをするようになるので、わたし自身もその予行練習になったかなと思っている」(女性40代、奈良県)


「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html