1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第562回 あなたの毎日の習慣を教えて?

あなたの毎日の習慣を教えて?

「これをやらなきゃ始まらない!」「ランチ休みには必ずこれ!」「これをしないと一日が終わらない!」など、朝・昼・夜に習慣や日課としていることはありませんか? たとえば、スポーツ選手の中には、起床から就寝までの行動をルーティン化し、体の動きの一つ一つを習慣にすることで良い成績を残すという人もいます。いわば、習慣は、生活のリズムを作る意味でとても重要な役割も担っています。そこで今回は「毎日の習慣」をテーマに、皆さんのご意見を聞いてみました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:673人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2015年9月2日〜9月8日

朝の習慣は「コーヒー」「一杯の水」−一日のスタートを「いつものドリンク」で

まず、皆さんの「朝の習慣(日課)」をランキング形式で見ていきましょう。最も回答が多かったのは「コーヒー(インスタント、ドリップ含む)を飲む」(39.4%)でした。「缶コーヒーかカフェオレを飲まないと朝が始まりません。飲まないと頭が痛くなる」(女性50代、東京都)、「どんなに暑い日でも、(ホット)コーヒーを飲まないと動けない」(男性30代、東京都)など、ひと口のモーニングコーヒーで体を目覚めさせるという声。さらに「夏は水出しコーヒー。秋からはミルで豆をひいてコーヒーを淹れる。豆をゴリゴリとひいて香りと味を楽しむ」(女性40代、東京都)など、アイスやホット、ミルク入り等、季節でコーヒーの飲用スタイルを変えているという人もいました。

「これをしないと毎朝が始まらない!」という朝の習慣(日課)は?

1 コーヒー(インスタント、ドリップ含む)を飲む 39.4%
2 目覚めのコップ一杯の水を飲む 26.0%
3 新聞を読む 19.2%
4 パンを食べる 17.4%
5 ヨーグルトを食べる 15.2%
6 朝のニュース番組、ワイドショーを観る 14.4%
7 ご飯・おにぎりを食べる 12.5%
8 牛乳を飲む 10.5%
9 折り込みチラシで特売品をチェックする 10.0%
10 お茶(緑茶・ウーロン茶など)を飲む 9.7%

MA(複数回答)/N=673人


さらに「朝一はお水。(汗で)抜けている水分の補給から1日が始まる」(女性50代、大阪府)など、2位に「目覚めのコップ一杯の水を飲む」(26.0%)、8位にも「牛乳を飲む」(10.5%)が続きました。睡眠中に失った水分の補給を兼ね、一日のスタートを「いつものドリンク」で始める人がとても多いことがうかがえます。


同じく「飲食」の習慣では、4位に「パンを食べる」(17.4%)。「仕事ができるように、朝食は牛乳とパンをとる」(女性30代、東京都)など、「パンとコーヒー」「パンと牛乳」の組み合わせが朝食の定番メニューという声。昼食や夕食時にお米を食べる人が多いせいか、朝食時は「パン派」がとても多いようです。さらに「はちみつを入れたヨーグルトは欠かせません」(女性30代、鹿児島県)など、5位にも「ヨーグルトを食べる」(15.2%)が挙げられ、栄養価の高い「乳製品」「発酵食品」の摂取を習慣化する声。また、ヨーグルトには「ジャム・はちみつ」や「バナナなどフルーツ類」などのトッピングを加えるという声も寄せられ、慌ただしい朝の時間の中で、素早く効率的に栄養補給ができる工夫をするご家庭も少なくありませんでした。

性別で異なる朝の情報収集!? 男性は「新聞」、女性は「ワイドショー・チラシ」

「飲食」以外の習慣ではいかがでしょうか。最も回答が多かったのは「新聞を読む」(19.2%)でした。「コーヒーを飲みながら新聞を出勤するまで読むのが日課。新聞を読まないのは落ち着きません」(男性40代、香川県)など、朝食しながらの新聞チェックで、世の中の動きを把握するという声。さらに「パンとコーヒーと一緒に、ニュースやワイドショーを観るのが日課」(男性60代、愛知県)など、6位に「朝ニュース番組、ワイドショーを観る」(14.4%)、14位にも「SNSやブログ、ニュースサイトのチェック」(5.9%)が続き、出勤前の限られた時間の中で、新聞やテレビ、インターネットから情報のインプットをする人が多いことがうかがえます。特に「新聞を読む」(男性=20.8%、女性=17.3%)は男性回答に多かった一方、「朝ニュース番組、ワイドショーを観る」(男性=9.7%、女性=19.8%)は女性支持が目立ちました。同じく女性の「朝の習慣」で多かったのは、8位「折り込みチラシで特売品をチェックする」(男性=5.0%、女性=15.7%)。「チラシが大好きなので、(特売品などを)チェックして(毎日の)食事メニューを考える。ネット注文ではなく、実際にスーパーに足を運び、商品を見ながら買い物がしたいので、毎朝のチラシチェックが欠かせません」(女性50代、神奈川県)など、男女間で情報収集の対象がやや異なっていました。

「コーヒー」に加え、昼は「お茶」支持が増加−食後デザートを習慣化する女性も

「目覚めの一杯」「情報収集」など、朝ならではの習慣が目立ちました。では、次に昼(昼休み、昼食後)の習慣はいかがでしょうか。最も回答が多かったのは、朝と同じく「コーヒー(インスタント、ドリップ含む)を飲む」(26.2%)でした。「昼食後も、午後からの仕事前に一杯のコーヒーは欠かせません」(男性30代、愛知県)、「コーヒーを飲み、少しぼーとしてから午後の家事に取り掛かる」(女性40代、神奈川県)など、仕事や家事の昼休みにコーヒーを飲みながらしばし休憩するという声。さらに「出先では、必ず缶コーヒー」(男性50代、宮城県)など、7位にも「缶コーヒーを飲む」(5.9%)が挙げられ、ドリップやインスタント、缶に限らず、午後からの活動に備えて「コーヒーで気合いを入れ直す」という人がとても多いことがうかがえます。そのほか、「昼食はおにぎりを食べることが多く、お茶を飲む」(女性50代、東京都)など、4位に「お茶(緑茶・ウーロン茶など)を飲む」(11.6%)がランクインし、お米との相性の良い「お茶」を支持する人もいました。

昼休み、昼食後の「昼の習慣」は?

1 コーヒー(インスタント、ドリップ含む)を飲む 26.2%
2 昼寝する 13.8%
3 SNSやブログ、ニュースサイトのチェック 10.4%
4 お茶(緑茶・ウーロン茶など)を飲む 11.6%
5 デザートやおやつを食べる 8.5%
6 ニュース番組、ワイドショーを観る 8.3%
7 缶コーヒーを飲む 5.9%
8 愛犬の散歩をする 3.4%
9 新聞を読む 5.2%
10 食後の一服(タバコを吸う) 5.1%

MA(複数回答)/N=673人


また、昼時ならではの「飲食」習慣として、5位に「デザートやおやつを食べる」(全体=8.5%、男性=4.7%、女性=12.8%)。「お弁当を食べたあとに、クッキーやせんべい等おやつを必ず食べる」(女性40代、北海道)、「昼食後には必ずコンビニデザート」(女性40代、広島県)など、昼食後の別腹として「甘いもの」を食べて、心身ともに十分なリラックスを得るという声が多く、特に女性回答に目立ちました。自由回答の中には「昼ごはんが終わったら、ここぞとばかりにおやつを食べてしまう。今食べないと食べられない(夜は太るし)、という強迫観念に駆られて…」(女性30代、愛知県)など、甘いお菓子やデザートはあえて昼に食べるようにしているという人もいました。

昼休みに「昼寝で頭スッキリ!」−睡眠不足を解消し、午後からの仕事が捗る

次に2位は「昼寝する」(13.8%)。「お弁当を食べてから仮眠をとる」(男性50代、北海道)、「15分程度の昼寝をすると、午後の仕事が捗る」(男性50代、新潟県)など、午後からの仕事の効率を上げるため、昼休みに「昼寝で頭をスッキリさせる」という声。日ごろの睡眠不足を昼時に解消している人が案外多いのかもしれません。また、朝の習慣として新聞やテレビからの「情報収集」が目立った一方、昼時に多かったのは3位「SNSやブログ、ニュースサイトのチェック」(104%)でした。「SNSチェックしたり、友達とメールをする」(女性20代、大阪府)、「小さい子どもがいるので、御昼寝の隙に(ネット)ニュースをチェックする」(女性30代、東京都)など、昼時は腰を据えて新聞やニュース番組を観るというよりも、短い時間に素早くネットニュースやSNSをチェックするという人が多いようです。自由回答の中には「ランチを食べながら、スマホで海外ドラマや映画を観る」(男性40代、東京都)など、スマホを片手にランチをする姿も、すでに見慣れた光景となっています。

夜の習慣は「湯船」「晩酌」−一日の疲れや緊張を緩和し、明日に備える

「これをしないと一日が終わらない!」という夜の習慣(日課)はいかがでしょうか。朝と昼とは打って変わり、トップは「湯船に浸かる・風呂に入る」(39.4%)でした。「お風呂で半身浴をしながら、雑誌を読む事で一日の疲れを取っている」(女性50代、長野県)、「ゆっくりとお風呂に入って、湯船でフェイスパックをする」(女性30代、青森県)など、汗や体の汚れを洗い流すという目的よりも、1日の疲れをリセットして明日に備える時間に充てているという声。欧米では外出前の朝のシャワーが定番ですが、風呂好き大国である日本では、1日を締めくくる夜の習慣として定着していることがうかがえます。

「これをしないと一日が終わらない!」という夜の習慣(日課)は?

1 湯船に浸かる・風呂に入る 39.4%
2 晩酌・お酒を飲む 28.5%
3 ニュースやスポーツニュースなどのテレビ番組を観る 20.8%
4 ドラマやバラエティなどのテレビ番組を観る 15.3%
5 SNSやブログ、サイトをチェックする 14.0%
6 体操(ストレッチなど)・筋トレをする 8.0%
7 お茶(番茶、緑茶など)を飲む 6.2%
8 コーヒーを飲む 7.9%
9 読書(小説、実用書、雑誌など)をする 6.5%
10 音楽を聴く 5.8%

MA(複数回答)/N=673人


次に2位は「晩酌・お酒を飲む」(全体=28.5%、男性=36.7%、女性=19.2%)。「入浴で一日の疲れを取り、そして風呂上がりのビール」(男性50代、大阪府)、「晩酌として芋焼酎のお湯割りを飲む」(男性40代、宮城県)など、朝・昼の「コーヒー」に代わり、夜は心身の緊張を緩和する「晩酌」で締めくくるという声が多く、特に男性回答に目立ちました。自由回答の中には「晩酌で夫婦の会話をすることが円満のため大事」(男性70代、東京都)など、夫婦や家族のコミュニケーションにおいても、晩酌タイムを重視するご家庭が少なくありませんでした。

「新聞」「ネット」よりも、夜は受動的に情報が得られる「テレビ」が楽!?

メディアからの情報収集ツ−ルとして、朝は新しいニュースを仕入れる「新聞」、昼は瞬時に情報にアクセスできる「ネットニュースやSNS」が主流でしたが、では夜帯はいかがでしょうか。最も回答が多かったのは「ニュースやスポーツニュースなどのテレビ番組を観る」(20.8%)、4位に「ドラマやバラエティなどのテレビ番組を観る」(15.3%)が続きました。「晩酌しながらテレビを観てストレス解消する」(女性50代、佐賀県)など、能動的に情報にアクセスしなければならない「新聞」や「ネット」に比べ、受動的に情報を得ることができるテレビは、リラックスを求める夜帯に最適なメディアと言えそうです。特に「録画している映画か、海外ドラマを観る」(女性50代、大阪府)など、「ドラマやバラエティなどのテレビ番組を観る」(男性=10.0%、女性=21.4%)という声は女性に目立ちました。

時間帯別メディア利用の推移

MA(複数回答)/N=673人


また、就寝前の習慣として、6位に「体操(ストレッチなど)・筋トレをする」(8.0%)。「ベッドの上でストレッチ。医者から『毎日やるように』と言われ、トータルで10分くらい」(男性50代、東京都)など、健康や体力づくりのために運動を習慣化しているという声。さらに自由回答の中には「睡眠中に脱水症状が進むので、就寝直前に200mlの水を飲む」(男性40代、富山県)、「ネイルをしているので、1日に数回ハンドクリームやキューティクルオイルを塗る」(女性30代、鹿児島県)など、健康や美容のために「夜のケア」を欠かさないという声が寄せられました。そのほか、「布団に入って読書をする。すぐに眠たくなるので10分ぐらい」(女性40代、兵庫県)など、9位に「読書(小説、実用書、雑誌など)をする」(6.5%)、10位にも「音楽を聴く」(5.8%)が続き、布団の上、また布団の中で、就寝前のお決まりの行動をする人もいました。

全体の半数が「1日3食派」−ライフスタイルに合わせて食事回数も多様化

1日3食、食べている?

MA(複数回答)/N=673人

最後に皆さんの1日の食事や間食のタイミングについて見ていきましょう。最も回答が多かったのは「夕食」(66.6%)。次に「昼食」(65.1%)、「朝食」(61.5%)が続き、1日の食事の基本といわれる「朝・昼・夕」の摂取は各6割を超え。「(1日)3食派」と回答した人は55.9%、「2食派」が10.1%、「1食派」が5.3%を数えました。自由回答の中には「食事は朝夕の2食のみ。その分、昼間の活動時間が長くなり、活動の自由度が増した。夕食がとてもおいしく感じられる」(男性60代、宮城県)、「早めに会社に行って、(会社で)朝食を食べ、昼食は上司とランチ。夕食は基本的には食べない」(女性50代、長野県)など、「1日2食派」という声も寄せられました。また、中には「(食事時間は)特に決まっていない(お腹がすいたら)」(14.6%)と特別に決まった食事時間を設けないという声も多く、ライフスタイルが多様化する中で、「1日3食」が必ずしも定番の習慣ではないことがうかがえます。

1日の食事・間食のタイミングは?

MA(複数回答)/N=673人


3食以外の間食はいかがでしょうか。最も回答が多かったのは、昼食と夕食までの間の「午後の間食」(28.8%)でした。「おやつを食べながらパソコンをチェックする」(女性50代、兵庫県)など、夕食までの繋ぎとして、3時過ぎから夕方にかけておやつ食べるという声が多数寄せられました。さらに少数派ながら、夕食から就寝までの間の「夜食」(8.5%)、朝食から昼食までの「午前の間食」(8.2%)が続きました。また中には「(間食は)特に決まっていない(お腹がすいたら)」(20.1%)という声も目立ち、特別に時間を設けずに「小腹が空いたとき」に間食している人が多いようです。

女性の間食は「朝・昼=お菓子・デザート」、男性の間食は「夜=お酒+つまみ」

性別で間食タイムを見てみると、「子どもたちが学校へ行った後、おやつを一人で食べながら新聞を読んでいる」(女性30代、栃木県)など、「午前の間食」(男性4.2%=、女性=12.8%)、「午後の間食」(男性=18.6%、女性=40.6%)は女性回答が圧倒的でした。一方、「夜食」(男性=10.0%、女性=6.7%)はやや男性回答が上回りました。男性回答の中には「寝る前にお酒を飲むので、何か食べる。だから痩せません」(男性50代、大阪府)など、寝る前にお酒を飲みながら、軽くつまむという声も目立ちました。いわば、女性の「朝・昼の間食=お菓子・デザート」、男性の「夜食=お酒+つまみ」と間食の実態がうかがえます。

性別:間食のタイミングは?

MA(複数回答)/N=673人


今回は「毎日の習慣」をテーマに、朝・昼・夜の時間別で皆さんのお決まりの行動や日課などを見てきました。朝食、昼休み時の習慣で最も多かったのは「コーヒーを飲む」という声でした。主な理由は、カフェイン効果で眠気を覚まし、仕事や家事へのやる気を奮い立たせること。いわば、コーヒーに「エナジードリンク」のような役割を求めていることがうかがえます。また「コーヒー」と同じく、昼休み時の「昼寝」も午後からの仕事効率のアップを目指すもので、とかく働き過ぎと言われる、真面目な日本人の気質の一端が垣間見られる習慣と言えます。その反面、夜は「湯船に浸かる」「晩酌をする」など、緊張を緩和して、一日の疲れを解消するための習慣が目立ち、朝・昼・夜の3つの時間別に「習慣」を上手に使い分けている人が多いようです。ある意味、習慣とは「仕事とプライベート」「1日の始まりと1日の終わり」など、自分の気持ちを切り替える「オンオフ」のスイッチのような役割と言えるかもしれません。その一方、「朝食を取りながら新聞を読むのが何十年もの習慣だが、休刊日は寂しい」(女性50代、広島県)、「仕事前にコーヒーを一杯飲むのは欠かせません。欠けるとなんとなくやる気が出ない状態になる」(男性30代、愛知県)など、逆にいつもの習慣を崩すと、気分が悪かったり、上手く事が運べないという人もいました。


日ごろから自分の生活リズムを形成する習慣が一体何であるのか、をしっかりと把握しておくことも大事と言えそうです。何か調子が出ないときは、そこに一旦立ち戻ってみることで、意外にスムーズに事を運ぶことが出来るかもしれませんよ。


最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、いくつか毎日の習慣をご紹介します。


皆さんから寄せられた習慣

【朝】息子からのメール
  • 「息子から毎日おはようメールが来るので必ず返信している」(女性60代、徳島県)
【朝】神棚に挨拶
  • 「朝起きたら、まずは神棚付近の照明をつけ、神様に『おはようございます』とご挨拶をする。簡単な挨拶ではあるが、その日一日また見守ってもらえるような気分になる」(女性30代、愛知県)
【朝】愛犬の散歩
  • 「10年以上続けている愛犬の散歩。愛犬の体内時計は的確なので、欠かすことができなくなってしまった」(男性40代、千葉県)
【朝】寝起きのチョコ
  • 「寝ている間に脳が糖分を使うので、甘い一口チョコで糖分を補う」(男性60代、群馬県)
【昼】冷えたメロンパン
  • 「冷えたメロンパンを食べる。そうすると午後からまた元気にがんばれる」(男性20代、岐阜県)
【昼】料理ブログ
  • 「携帯で料理のブログを見ながら夕飯をどうしようかと悩む」(女性30代、熊本県)
【昼】番組予約
  • 「休みの日に一気に番組を観るため、テレビの番組表より観たい番組を予約しておく」(女性50代、埼玉県)
【昼】スマホゲーム
  • 「スマホのゲームにはまっている。(ゲーム中に出てくる)モンスターに家族の名前を付け、成長させている」(女性40代、兵庫県)
【夜】ガムを食べる
  • 「夕食後にお菓子など食べると、すぐにガムを食べる。ガムを食べると、それ以降は何も固形物は口にしないと決めている」(女性60代、北海道)
【夜】韓流ドラマ
  • 「食事の片づけをしたら、毎日録画している韓流ドラマを観る。至福の時」(女性40代、東京都)
【夜】感謝を言う
  • 「頑張って働いてくれている主人に『今日も一日ありがとうございました、おやすみなさい!』と感謝して言う」(女性40代、大阪府)
【夜】日記をつける
  • 「もう5年以上日記をつけている。体調の管理や通院記録などが主ですが、定期検診の予約などに役立っている。続けるコツは1行日記にすること」(女性50代、東京都)


「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html