1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第572回 あなたは、どんな時にプチ贅沢しますか?

あなたは、どんな時にプチ贅沢しますか?

日ごろ、仕事や家事、育児に忙しく、「なかなか自分の時間が作れない」という人もきっと多いと思います。中にはストレスを抱え込んでいる人もいることでしょう。では皆さんは、どうやって気晴らしや気分転換を図っているのでしょうか。いつもは節約を心がけている人も、ここぞという時にプチ贅沢をして、上手く心のバランスを保っていることが多いのでは? そこで今回は「プチ贅沢」をテーマに、皆さんの消費行動について聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:2,078人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2015年11月25日〜12月1日

8割以上が「プチ贅沢をする」−家計負担が増す一方、プチ贅沢ニーズも高まる!?

「プチ贅沢」をする?

SA(単回答、n=2078人)

日ごろ、どのくらいの皆さんが「プチ贅沢(ちょっとした贅沢)」をしているのでしょうか。「育児で疲れた時に。自分の時間がないので、子どもが寝た後にプチ贅沢をする。心が安らぐ」(女性30代、東京都)など、「よく『プチ贅沢』をする」と回答した人は6.4%。さらに「ときどき『プチ贅沢』をする」という声は77.4%を数え、全体の8割以上の人びとが「プチ贅沢」を行っていることが明らかとなりました。性別で「よく『プチ贅沢』する」「ときどき『プチ贅沢』する」という声を見てみると、男性回答では77.2%。その一方、女性回答では男性よりも13%以上も高い90.6%に達し、大多数の女性たちが日ごろの生活の中に「プチ贅沢」をごく自然に取り入れていることがうかがえます。


過去に実施した同調査によれば、「よく『プチ贅沢』をする」「ときどき『プチ贅沢』をする」(2015年=83.9%、2014年=83.8%、2013年=81.5%、2012年=75.3%、2008年=86.4%、2007年=85.1%)という声は、震災後の2012年以降から年々増加。2014年に消費税8%が導入されてからも数値が微増しており、家計負担が増える一方で、「プチ贅沢」も増えるという傾向が見られました。自由回答の中には「日常、節約しているので、たまに気分転換を兼ねて好きなスイーツを買ってゆっくり楽しむ。また、がんばろうという気分になる」(女性40代、東京都)など、節約や倹約生活が強いられる中で、時々する「プチ贅沢」で心がすっきりするという人もいました。

プチ贅沢の推移(2007年-2015年)

SA(単回答)


その反面、「『贅沢』はしない」という声も12.3%を占めました。主な理由は「プチであっても、一度贅沢をすると歯止めがかからなくなりそうで恐いので」(女性50代、神奈川県)など、贅沢に罪悪感があるという声。さらに「質素倹約が趣味だから」(女性50代、鳥取県)など、節約生活そのものを楽しんでいる人もいました。

7割以上が「月1回以上」の頻度でプチ贅沢−女性、20・30代が中心

「プチ贅沢」の頻度は?

SA(単回答、n=1725人)

次に「プチ贅沢」の頻度を具体的に見ていきましょう。「1週間頑張った週末の一人の時間にワインを頂く」(女性50代、広島県)など、「週1回以上」と回答した人は23.6%。さらに「月2〜3回」が19.4%、「月1回程度」という声が33.4%を数え、全体の7割以上の人びとが少なくとも「月1回以上」の頻度で「プチ贅沢」を行っていることが判りました。また自由回答の中には「(週に数回は)甘いものが大好きなので、いつもより高いスイーツを食べる。至福のひと時」(女性60代、大阪府)など、「週に数回以上」(8.9%)という高い頻度で行っている人も少なくありませんでした。


性別ではいかがでしょうか。「週1回以上」という声を見てみると、男性回答では19.9%。それに対して、女性回答は7%も高い26.9%。さらに「月1回以上」では男性が71.3%に対し、女性は80.8%を数えました。一方、男性回答では「半年に数回程度」(男性=23.6%、女性=15.6%)という声が目立ち、女性よりも頻度がそう多くないことが判ります。また年代別で「週1回以上」という声を見てみると、20代で34.0%、30代で33.0%と高い数値を示しましたが、40代以上では23.4%と一気に急減。さらに60代で16.5%、70代以上で15.4%まで落ち込み、世代と共に頻度が少なくなっていることが明らかりました。プチ贅沢は「女性」「20・30代の若い世代」を中心に、頻繁に行っていることがうかがえます。

性別:「プチ贅沢」の頻度は?

SA(単回答、男性:794人 女性:931人)

「楽しい時」「家族の誕生日」「週末」など、男性はポジティブな気分の時にプチ贅沢

では皆さんは、どんな時に「プチ贅沢」をすることが多いのでしょうか。男性回答で最も多かったのは「楽しいこと、嬉しい事があった時に」(37.5%)でした。「嬉しいことや楽しい事があったり、思いのほか、うまく事が進んだ時にスイーツや高いお肉を買ったり、外飲みにいったりする」(男性50代、福岡県)など、気分が良い、心が満たされている時に、その感情をより高めるために「プチ贅沢をする」という声。さらに「家族の誕生日やイベントなどのある日にプチ贅沢をする。プチが付かないくらい贅沢な気分になり、楽しくて嬉しい気持ち」(男性40代、北海道)など、3位に「家族の誕生日に」(27.8%)、7位にも「家族行事やイベント(クリスマス、母の日など)の時に」(19.2%)が続き、家族の誕生日や年中行事など「家族のハレの日」に気持ちが高揚し、財布の紐が緩むという男性が目立ちました。

男性:どんな時に「プチ贅沢」をする?

1 楽しいこと、嬉しい事があった時に 37.5%
2 週末や休前日など、気持ちに余裕のある時に 30.9%
3 家族の誕生日に 27.8%
4 特に理由はないけど、そんな気持ちになった時(衝動的)に 24.4%
5 ストレス、イライラが溜まっている時に 21.6%
6 自分の誕生日に 19.8%
7 家族行事やイベント(クリスマス、母の日など)の時に 19.2%
8 仕事、プライベートで何か目標を達した時に
(大きな区切りや節目)
18.8%
9 疲れが溜まり、何をするにも面倒な時に 18.7%
10 ストレス、イライラが溜まっている時に 17.8%

MA(複数回答)/n=792人


「家族のハレの日」以外で、男性回答に目立ったのは「週末や休前日など、気持ちに余裕のある時に」(30.9%)。「仕事が忙しくて、休日が月に2〜3日しか取れない事がよくある。そのため、休日には良いビールを飲んだり、外食に行ったりする」(男性20代、愛知県)など、仕事の緊張から解放される週末に「プチ贅沢でうっ憤を晴らす」という声も寄せられました。そのほか、8位に「仕事、プライベートで何か目標を達した時に(大きな区切りや節目)」(18.8%)、10位に「給料・ボーナスが入った時に」(17.8%)が続き、男性の場合は、ポジティブな気分を相乗的に高めるために「プチ贅沢」を行っていることがうかがえます。

「イライラ」「疲れている時」など、女性はネガティブな気分の時にプチ贅沢

その一方、女性回答のトップは「ストレス、イライラが溜まっている時に」(37.6%)でした。「イライラや疲れが溜まると…、つい甘いものに手が伸びる。なんだか食べると『ホットする』ような、落ち着くような。一種の精神安定剤かな」(女性40代、茨城県)など、ストレスが溜まり、自分の中で限界を感じた時に、そのはけ口として「プチ贅沢」で体にうっ積したものをはき出すという声。さらに「あー頑張った! 一人で大変なことを乗り切ったとき。家事や育児を手伝ってくれない夫へのストレスが溜まり、それをやりとげた時にプチ贅沢をして発散する!!」(女性30代、東京都)など、同じく6位にも「疲れが溜まり、何をするにも面倒な時に」(32.1%)が挙げられ、男性がポジティブな気分の時にプチ贅沢をするのに対し、女性はネガティブな気分、疲労困憊の時にもプチ贅沢をするケースがとても多いようです。

女性:どんな時に「プチ贅沢」をする?

1 ストレス、イライラが溜まっている時に 37.6%
2 楽しいこと、嬉しい事があった時に 35.5%
3 自分の誕生日に 34.2%
4 特に理由はないけど、そんな気持ちになった時(衝動的)に 33.5%
5 家族の誕生日に 32.3%
6 疲れが溜まり、何をするにも面倒な時に 32.1%
7 週末や休前日など、気持ちに余裕のある時に 30.2%
8 家族行事やイベント(クリスマス、母の日など)の時に 29.2%
9 給料・ボーナスが入った時に 20.3%
10 仕事、プライベートで何か目標を達した時に
(大きな区切りや節目)
18.7%

MA(複数回答)/n=927人

女性のプチ贅沢は「自分への労い・ご褒美」−「自分の誕生日」を重視する傾向

次に女性回答で多かったのは「自分の誕生日プレゼントを買ったとき少し豊かな気分になる」(女性50代、大阪府)など、「自分の誕生日」(男性=19.8%、女性=34.2%)でした。男性回答では「自分の誕生日」よりも「家族の誕生日」(男性=27.8%、女性=32.3%)を優先する声が目立ちましたが、女性の場合は「自分への労い・ご褒美」を第一に考える傾向がうかがえます。自由回答の中には「月1で自分の誕生日と同じ22日に好きな物をご褒美で買う」(女性60代、熊本県)など、月に一度のペースで自分の誕生日祝いをして、元気を取り戻しているという人もいました。


また男性、女性ともに回答が多かったのは「特に理由はないけど、そんな気持ちになった時(衝動的)に」(男性=24.4%、女性=33.5%)でした。「衝動的なのでいつも突然その時はやってくる(笑)。プチ贅沢をすると優雅な気分になる」(女性40代、神奈川県)、「特に理由はなく食べたい飲みたいと思った時に」(男性40代、大阪府)など、日ごろはなるべく消費を抑制し、計画的に節約をしているからこそ、無計画で衝動的な出費が気晴らしや気分転換になっているのかもしれません。

プチ贅沢は「一人でこっそり」、家族に後ろめたさを感じつつも一人の時間を楽しむ

「プチ贅沢」は誰と一緒にする?

1 自分一人 58.7%
2 家族(子どもを含め) 37.6%
3 夫婦 36.8%
4 友だち・サークル仲間 14.4%
5 親子 10.9%

MA(複数回答)/n=1703人

気分がポジティブな時、ネガティブな時に気持ちをコントロールするために「プチ贅沢」をする人が目立ちました。では皆さんは、「プチ贅沢」を誰と一緒にすることが多いのでしょうか。最も回答が多かったのは「自分一人」(58.7%)でした。「子どもが寝た後に一人で甘いものを食べる!」(女性30代、東京都)、「ストレスがたまったら思い切ってほしかったコミックをたくさん買う」(女性40代、奈良県)など、「プチ贅沢=一人でこっそり」という声が意外に多く、家族に後ろめたさを感じつつも「一人で楽しむ時間」を贅沢と感じている人も少なくありませんでした。特に「自分一人」(男性=55.1%、女性=61.8%)という声は女性に目立ち、家族や子どもから離れた「一人の時間」を欲する主婦層が多いことがうかがえます。


次に回答が多かったのは「家族(子どもを含め)」(37.6%)。「買い物は一人で、飲食は家族と一緒に」(女性40代、秋田県)、「家族が集まった時、近所の美味しいお肉屋さんで肉を買ってバーベキューや鉄板焼きをする」(女性40代、福岡県)など、家族団らんの一環として、外食に出かけたり、少しリッチなホームパーティを開くという声。さらに「週末はお金を気にせず買いたいツマミを買い、夫婦で今週もお疲れ様と労い会を開く」(女性30代、東京都)など、3位にも「夫婦」(36.8%)が続き、家族や夫婦のテンションを上げて互いの絆を深めるというケースも少なくないようです。自由回答の中には「家族内がギクシャクした時に、仲直りのアイテムとして、何か美味しい食べ物を買ったりして家族で楽しむ」(女性40代、北海道)など、「プチ贅沢=家族・夫婦の仲を取り持つ接着剤」のような存在として活用している人もいました。

20、30代は「一人」、シニア層は「夫婦」−孫のためにプチ贅沢という声も

年代別ではいかがでしょうか。「自分一人」(20代=70.0%、30代=67.5%)という声は20、30代で圧倒的な支持を得ていましたが、50代で56.7%、60代で43.9%と徐々に減少。さらに70代以上では35.9%まで落ち込み、年代と共に「一人でこっそり型のプチ贅沢」は極端に少なくなっていることが判ります。その一方、「夫婦」という声は60代で48.2%、70代以上で56.4%まで上昇し、シニア層では「自分一人」から「夫婦」にプチ贅沢の対象がシフトしていることがうかがえます。シニア層の中には「孫たちが来て、楽しい時には思い切り全てにおいてプチ贅沢をする!」(女性80代、大阪府)など、可愛い孫のためなら、プチ贅沢なんて気にしないというお爺ちゃん、お婆ちゃんもいました。

年代別:「プチ贅沢」は誰と一緒にする?

MA(複数回答)/n=1703人


「同僚と飲み明かす」など、男性のプチ贅沢は「外食」「お酒」

ここまでプチ贅沢のシーンや頻度などを見てきましたが、では皆さんは具体的にどんなプチ贅沢をしているのでしょうか。男性回答で最も多かったのは「外食(高級ランチ、飲み会など)」(46.3%)でした。「家族と回転寿司とか焼肉など外食に行く」(男性60代、神奈川県)、「毎週月曜日、つまり仕事初めの日は仕事が終わった後、必ず一杯飲みに行く。立ち飲み屋やワンコインバーなど、大した金額ではありませんが…」(男性50代、広島県)など、外食で気晴らしをするという声。さらに「一人で晩酌に普段の安ウイスキーではないウイスキーを飲む」(男性40代、神奈川県)など、同様2位にも「お酒(プレミアムビール、ワインなど)」(41.2%)が挙げられ、いつもよりもリッチな外食やお酒などを楽しみ、心の満足を得ている男性がとても多いことがうかがえます。自由回答の中には「仕事で一区切りがついた時、同僚達といつもの居酒屋でなく、雰囲気が良く美味しい日本酒とつまみで飲み明かす」(男性40代、神奈川県)など、同僚との乾杯を楽しみにして、仕事に精を出す男性も少なくなさそうです。そのほか、3位に「お菓子・デザート(ケーキ、チョコレートなど)」(31.9%)、「食品・生鮮食料品(米、野菜、肉、調味料など)」(31.9%)が続き、上位には「食」 に関連する声が独占し、プチ贅沢の大半が飲食・飲酒に費やされていることがうかがえます。

男性:どんな「プチ贅沢」をする?

1 外食(高級ランチ、飲み会など) 46.3%
2 お酒(プレミアムビール、ワインなど) 41.2%
3 お菓子・デザート(ケーキ、チョコレートなど) 31.9%
3 食品・生鮮食料品(米、野菜、肉、調味料など) 31.9%
5 旅行・レジャー関連(ホテル・温泉・遊園地・キャンプなど) 19.1%
6 趣味・カルチャー関連(自転車・釣り道具・映画・DVD・など) 7.9%
7 ファッション関連(洋服・靴・ジュエリーなど) 5.2%
8 家電・AV機器 3.6%
9 書籍・雑誌類 1.7%
10 美容・健康関連(マッサージ、エステ、スパ、スポーツクラブなど) 0.9%

MA(複数回答)/n=890人


「食」以外では、6位「趣味・カルチャー関連(自転車、釣り道具、映画、DVDなど) 」(7.9%)。「趣味のゴルフグッズを買う。一人でゴルフの打ちっぱなしに行くのは時間のプチ贅沢」(男性50代、神奈川県)など、趣味の道具に費やすという声。同じく8位にも「家電・AV機器」(5.2%)が挙げられ、一人の世界に没頭できる趣味性の高い商品や、男心をくすぐる目新しいガジェット類を思い切って買うという人もいました。

「疲れがひどい時はデパ地下ケーキ」など、女性のプチ贅沢は「お菓子・デザート」

続いて、女性回答のトップは「お菓子・デザート(ケーキ、チョコレートなど)」(62.0%)でした。「高級チョコを買ってゆっくり味わう」(女性50代、神奈川県)など、日ごろは買わない高級なスイーツを思い切って買うという声。自由回答の中には「ちょっとした疲れや落ち込みはコンビニスイーツ。かなりひどいときはデパートや個人ケーキ店でかなり高めのケーキを食す(笑)」(女性30代、千葉県)など、疲労の度合いに合わせて、プチ贅沢の価格帯を変えるという人もいました。男性回答では「外食」「お酒」が上位を占めましたが、女性の場合は、同じ「食」でも「お菓子・デザート」の人気が高く、男女間の嗜好性の違いが浮き彫りとなりました。

女性:どんな「プチ贅沢」をする?

1 お菓子・デザート(ケーキ、チョコレートなど) 62.0%
2 外食(高級ランチ、飲み会など) 51.6%
3 食品・生鮮食料品(米、野菜、肉、調味料など) 36.3%
4 お酒(プレミアムビール、ワインなど) 31.9%
5 旅行・レジャー関連(ホテル・温泉・遊園地・キャンプなど) 23.5%
6 ファッション関連(洋服・靴・ジュエリーなど) 15.6%
7 美容・健康関連(マッサージ、エステ、スパ、スポーツクラブなど) 8.9%
8 趣味・カルチャー関連(自転車・釣り道具・映画・DVD・など) 5.7%
9 書籍・雑誌類 3.6%
9 家庭日用品(ティッシュ、石けん、シャンプーなど) 3.6%

MA(複数回答)/n=965人


トップに続き、2位「外食(高級ランチ、飲み会など)」(51.6%)、3位「食品・生鮮食料品(米、野菜、肉、調味料など)」(36.3%)が挙げられ、男性と同じく「食」に高い支持が寄せられました。「食」以外で、女性回答で目立ったのは6位「ファッション関連(洋服、靴、ジュエリーなど)」(15.6%)。「気持ちが沈んでいるし時は、洋服やバックなどを買ってイメージチェンジをしている」(女性70代、山梨県)など、好きなブランドや前々から狙っていた洋服、ファッション雑貨等を入手しテンションアップを図るという声。さらに「疲れた時、エステに行ってスペシャルなケアをしたり、マッサージに行って疲れを解す」(女性40代、大阪府)など、7位にも「美容・健康関連(マッサージ、エステ、スパ、スポーツクラブなど)」(8.9%)が挙げられました。男性回答では「趣味」「家電・AV機器」が多かった一方、女性の場合は「ファッション」「美容」など自分磨きに出費し、心の充実を得ている人が目立ちました。

8割以上が「プチ贅沢が必要」と回答−「安らぎ」「やる気」など精神面に働きかける

「プチ贅沢」は生活に必要?

SA(単回答、n=2078人)

最後に皆さんの日常生活の中で「プチ贅沢」が必要か否かを聞いてみました。「溜まりすぎたストレスを解消するのに必要不可欠。スイーツを禁止されたら、どうにかなりそう」(女性40代、茨城県)など、「絶対必要」と回答した人は36.4%。さらに「まあまあ必要」という声も49.1%を数え、実に8割以上の人びとが「プチ贅沢の必要性」を実感していることが明らかとなりました。性別で「絶対必要」という声を見てみると、男性回答では26.7%。その反面、女性回答では男性よりも約20%も高い46.2%を占めました。自由回答の中には「『プチ贅沢』は誰でもできるようなささやかな贅沢で『明日からまた頑張ろうかな!』という前向きな気持ちになれるもの。絶対欠かすことのできない存在」(女性50代、熊本県)など、女性たちの活力を下支えする重要な役割を担っていることがうかがえます。

年代別:「プチ贅沢」は生活に必要?

SA(単回答、n=2078人)


年代別ではいかがでしょうか。「絶対必要」という声を見てみると、20代で42.4%、30代で49.5%と非常に高い数値を示したものの、40代で34.6%と急落。さらに60代で29.5%、70代以上で20.0%まで落ち込みました。「プチ贅沢が出来るから、仕事にも身が入る。」(男性20代、愛知県)など、「プチ贅沢」を支持する若者層が目立ち、消費行動における「物欲」以上に「安らぎ」や「やる気」など精神面に働きかける効果に期待する人も少なくないようです。


その反面、「あまり必要がない」「必要を感じない」という声も1割以上を占めました。主な理由は「人生は絶対ゼロサム! プチ贅沢したらその時はいいですが、必ずその後に後悔する(経験談)。お金がたくさんあればいいですが、子持ちで住宅ローンを抱えたサラリーマンにはプチ贅沢も贅沢なことになっている」(男性40代、千葉県)など、生活に余裕がなく、プチ贅沢さえも許されないという声。さらに「贅沢は好きではないので」男性40代、茨城県)、「贅沢は敵だ」(男性30代、京都府)など、倹約生活が身に付き、贅沢そのものを毛嫌いする声も寄せられました。一方で「ご褒美をあげるなら、きちんと『プチ』ではないものを自分にあげる。だからプチ贅沢はいらない」(男性30代、東京都)など、ケチ臭いことを言わず、使うなら思い切り贅沢をするべきという人もいました。


今回は「プチ贅沢」をテーマに、皆さんのご意見を聞いてきました。「よく『プチ贅沢』をする」「ときどき『プチ贅沢』をする」という声は83.9%を占め、震災後の2012年以降から年々増加。昨年、消費税8%が導入されて節約意識が高まる一方、「プチ贅沢」のニーズはむしろ微増する傾向が見られます。いわば、節約や我慢が強いられる状況であればあるときほど、時々する「プチ贅沢」に快感や爽快感を得ている人が多いのでしょう。また同時に「(プチ贅沢に対する)罪悪感」を抱いている人も多く、「こっそりと一人で楽しむ」という声も目立ちました。いわばプチ贅沢は、「快楽」と「後ろめたさ」を兼ね備えた魅力があるのかもしれません。今回のアンケート結果でも「月1回程度」(33.4%)という声が一番多く、度々は困りものですが、月に一度くらいならお財布にも気分転換にもちょうど良いのではないでしょうか。


今年も残すところ1カ月間。年末年始はイベントやお祝い事が多く、何かと出費が嵩む時期ですね。「プチ」で済めば良いですが、気分を良くしてついつい大盤振る舞いなんてことにならないようにご注意を!

「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html