1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第587回 今年の大型連休(GW)はどう過ごしますか?

今年の大型連休(GW)はどう過ごしますか?

あと3週間もすれば、待ちに待ったゴールデンウィークがやってきます。今年はカレンダーの並びが良く、上手く休めば10連休も夢ではありません。おそらく大型連休を見込み、すでに国内外の旅行などを計画しているご家庭もきっと多いのではないでしょうか。その一方で、仕事が上手く休めず、短い休みをレジャーではなく休養に充てるという人もいるかもしれません。そこで今回は「大型連休(GW)」をテーマに、皆さんの今年の大型連休中の計画について聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:752人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2016年3月30日〜4月5日

今年のGWは「6日間前後」が主流− ほぼカレンダー通り、長くも短くもない連休

さて皆さんは、今年の大型連休を合計で何日くらい休めるのでしょうか。「続けての休みは結局3日くらいしかないので、GWは近場にちょこちょこ遊びに行く予定」(女性30代、神奈川県)など、「(合計で)5日」という声が最も多く15.6%。「7日」(10.5%)、「6日」(10.0%)が続き、今年のGWは「6日間前後の休暇日数」に集中していることが明らかとなりました。「昭和の日(4月29日)」を含む土・日の3日間、「憲法記念日(5月3日)」「みどりの日(5月4日)」「子供の日(5月5日)」の3日間を含め、ほぼカレンダー通りのお休みと言えそうです。さらに「休日日数はやや多く、レジャーと休養を兼ねたものを検討中」(女性30代、東京都)など、「8・9日間」(9.7%)、「10日間以上」(14.1%)と有給休暇などを上手く使い、文字通りの「大型休暇」を実現する声。自由回答の中には「家族で良いことがあったので、去年よりも予算を多くして旅行へ出掛ける」(女性50代、愛知県)など、久々の長期休暇を利用して、家族や友人たちと旅行計画を立てている人もいました。

今年のGWはトータル何日休める?

SA(単回答、n=752人)


ちなみに過去同時期の調査によれば、2012年、2013年ともに「7日間」(2012年=17.2%、2013年=17.3%)、2014年は「4日間」(21.3%)、2015年は「5日間」(24.0%)という声が最も多く、今年のGWは昨年同様に「長くも短くもない休暇日数」と言えそうです。その一方、「休日なし」という声も14.2%を占めました。自由回答の中には「毎年休日はないので仕事のみ」(男性20代、神奈川県)、「まとまった休みは人手不足でとれそうにないので、普段と変わらない生活」(女性50代、長崎県)など、世の中の喧騒を横目に、黙々と仕事に勤しむという声。さらに「毎年同じ、主婦に休みなし!」(女性50代、東京都)など、「家族の休み=家事労働の増加」と感じている主婦層も多く、なかなか手放しでは喜べない状況も垣間見られました。

半数以上が「アウトドア」より「インドア中心」と回答−混雑を避け、自宅で静養

「アウトドア派」?「インドア」派?

SA(単回答、n=628人)

長くも短くもない今年のGWですが、皆さんは連休中を「アウトドア」、それとも「インドア」のどちらを重視して過ごすのでしょうか。「いつもと変わらない連休ですが、久しぶりに出かけてみたいと思う。テーマパークで奮発して楽しみたい」(女性30代、静岡県)など、「『アウトドア』重視型」と回答した人は16.1%。主な回答として「毎年、GWは友人と自宅で持ち寄りBBQをする」(女性50代、滋賀県)、「連休は例年より多めなので、飛行機で北海道へ行く予定」(女性40代、京都府)など、キャンプやBBQ、旅行等の「アウトドアレジャー中心」の連休を過ごすという声目立ちました。


その一方、「『インドア』重視型」という声は50.8%を数え、圧倒的な大差で「インドア派」が「アウトドア派」を上回りました。主な回答として「どこも混んでいるので、家でのんびりする。美味しいものとお酒を用意して、(家で)映画や録画を観る」(女性50代、大阪府)、「のんびり時間を気にすることなく、読書ができればそれだけで幸せ」(女性50代、兵庫県)など、日ごろの疲労を癒し、自宅でのんびりと過ごしたいという声。また自由回答の中には「7月に沖縄へ行くので、GWはなるべくおとなしく過ごそうかなと思う」(女性30代、栃木県)など、渋滞や混雑が予想されるGWを避け、時期を外して旅行に出掛けるという人もいました。


「アウトドア」「インドア」の両方をバランスよく取り入れる「『アウトドア』と『インドア』は半々」という声も33.1%を占めました。主な回答では「レジャーと休養を半々にする予定。島根と鳥取、山口に日帰りドライブ(美味しいものを食べる)に行く」(女性40代、広島県)、「インドアの日はガーデニングや読書、映画鑑賞など。アウトドアの日は、美味しいものを食べに行きたい」(男性40代、熊本県)など、連休の前半後半でアウトドアとインドを上手に使い分け、充実したGWを計画する人もいました。


また性別で「アウトドア」「インドア」を見てみると、女性は「『アウトドア』重視型」(男性=13.4%、女性=18.5%)という声が目立ちました。その反面、男性は「『インドア』重視型」(男性=58.1%、女性=44.2%)という声が多く、性別間でGWの過ごし方に違いがうかがえます。「連休くらいは家を飛び出したい」と思う女性陣の一方で、「たまの休みくらいは家でのんびり過ごしたい」と思う男性陣の本音も浮き彫りとなりました。

7割近くは「例年と予算は変わらず」−中には「リッチに出費」して鬱憤を晴らす人も

GWにかける予算は?

SA(単回答、n=623人)

「インドア中心のGW」という声が目立ちましたが、では今年の連休にかける予算はいかがでしょうか。「アウトドアとインドアと半分ぐらいですが、あまり贅沢はしません」(男性60代、大阪府)など、「例年とあまり変わらない予算」と回答した人は最も多く69.0%。さらに「連休は例年より多いが、今年退職なので出費を抑える」(男性50代、東京都)など、「例年よりも出費を抑える予定」という声も23.4%を数え、その予算は例年と同じか、または財布の紐を引き締めるご家庭がとても多いようです。自由回答の中には「予算を抑えるため、子どもと釣りに出かけるくらい」(男性50代、京都府)、「なるべく出費を抑えて、近場の朝市やショッピング等に出かける」(女性50代、滋賀県)など、本格的なレジャーシーズンの到来とはいえ、出費を抑えて「近場」で過ごすという人が目立ちました。


その一方、「例年よりリッチにお金を使う予定」という声も7.6%を占めました。主な回答では「久しぶりに出かけたい。テーマパークで奮発して楽しみたいと思っている」(女性30代、静岡県)、「普段はあまりお金を使わないようにしているが、お休みでの思い出作りにはお金を使う主義」(女性50代、愛知県)など、日ごろの節約生活の鬱憤を晴らすべく、出費を惜しまずに思いっきりと楽しみたいという声が寄せられました。中には「連休の時はパッと使いたい。でも、使いすぎたらその後に節約生活(笑)」(女性40代、広島県)など、GW後の節約生活を覚悟の上で、贅沢なひとときを過ごす人もいました。

アウトドア派は「リッチに出費」、インドア派は「出費を抑える」傾向

続いて「『アウトドア』重視型」「『インドア』重視型」と「予算」の関係をクロス集計で見ていきましょう。「『アウトドア』重視型」の人は、「例年よりリッチにお金を使う予定」(25.3%)と「例年よりも出費を抑える予定」(18.2%)と相反する回答が目立ちました。「出費を惜しまずGWを思いっきり楽しみたい」という豪華主義が強い一方で、自制心から「浪費を抑えたい」という気持ちを持つ人も多く、同じアウトドア派でも心境の違いが見られました。その反面、「「例年よりリッチにお金を使う予定」という声は、『アウトドア』と『インドア』は半々」という人で7.4%、「『インドア』重視型」の人で僅か2.2%まで落ち込み、インドアの比率が高まるほど、「出費を抑える」傾向が顕著でした。

クロス集計−「アウトドア/インドア」×予算

SA(単回答)

GWは「大掃除・衣替え」の絶好のタイミング−上半期の汚れを一掃

今年の大型連休、皆さんは何をして過ごすのでしょうか。今年の計画を性別で見ていきましょう。女性回答のトップは「家の片づけ・掃除・洗濯する」(49.2%)でした。「普段できない家の掃除。念入りに水まわりの掃除とクローゼットの中の掃除」(女性40代、広島県)、 「冷蔵庫と冷凍庫のお掃除をするつもり。本格的な暑さの前にスッキリさせたいので」(女性40代、愛知県)など、上半期に溜まった汚れや埃を一掃したいという声。さらに自由回答の中には「季節ものの衣類整理と入れ替えをする予定。断捨離もまとめてしたい」(女性50代、大阪府)など、連休中に一気に「衣替えを実行したい」という声も寄せられました。「GW=レジャー」というイメージが一般的に強いですが、むしろ「大掃除・衣替え」の絶好のタイミングとして活用する人が多いことがうかがえます。

女性:今年のGWは何をする?

1 家の片づけ・掃除・洗濯する 49.2%
2 ショッピングに行く 36.8%
3 とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする 23.1%
4 外食する(家族、恋人など) 22.5%
5 国内旅行(泊りがけ)に出かける 21.0%
6 家族団らん・子どもと遊ぶ 19.8%
7 日帰り旅行(観光バス旅、温泉、観光地めぐり) 16.4%
8 街散策・食べ歩き 15.8%
9 TV・ビデオ(DVD、ブルーレイなど)を鑑賞する 15.5%
10 ドライブする 11.9%

MA(複数回答)/n=329人

女性は「買い物」「グルメ」「旅行」など、財布の紐を緩めてプチ贅沢を味わう

2位は「ショッピングに行く」(36.8%)。「近場の朝市にショッピングに出かけてみようと思う」(女性50代、佐賀県)、「子どもとショッピングモールか近所の公園に行く」(女性30代、新潟県)など、ゆっくりと買い物を楽しみたいという声。さらに「旅行には行かない分、贅沢な外食をしたい」(女性40代、兵庫県)など、4位に「外食する(家族、恋人など)」(22.5%)、8位にも「街散策・食べ歩き」(15.8%)が続き、買い物やグルメなど、いつもよりも財布の紐を緩めて「プチ贅沢を味わう」という人が目立ちました。


そのほか、「4月の24日から6日間、京都・大阪・伊勢志摩・三島に観光地旅行へ。USJや志摩スペイン村、三島スカイウオークなど巡る」(女性70代、千葉県)など、5位に「国内旅行(泊りがけ)に出かける」(21.0%)。さらに「草津へ温泉日帰り旅行に行く」(女性50代、埼玉県)など、7位にも「日帰り旅行(観光バス旅、温泉、観光地巡り)」(16.4%)が挙げられました。混雑も覚悟の上で、泊まりがけや日帰り旅行に出掛けるという女性たちが少なくありませんでした。

男性は「休養」「ビデオ鑑賞」「読書」など、「自宅中心の巣ごもり」が主流

その反面、男性回答ではいかがでしょうか。トップは女性と同じく「家の片づけ・掃除・洗濯する」(37.9%)でしたが、2位には「とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする」(33.2%)がランクイン。「少しゆっくりしたい。いつも仕事に追われているので、のんびりと過ごしたい」(男性40代、香川県)など、疲労困ぱいした体を癒やし、連休後の仕事に備えたいという声。さらに「(録り溜めた)録画番組を観てDVDへダビング。また余った時間はゴロゴロしたい」(男性50代、新潟県)など、4位に「TV・ビデオ(DVD、ブルーレイなど)を鑑賞する」(20.1%)、5位にも「読書する」(14.8%)が続きました。女性回答は「ショッピング」「グルメ」「旅行」など「外出中心のアクティブ派」が目立った一方、男性回答は「休養」「ビデオ鑑賞」「読書」など「自宅中心の巣ごもり派」が主流でした。

男性:今年のGWは何をする?

1 家の片づけ・掃除・洗濯する 37.9%
2 とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする 33.2%
3 ショッピングに行く 22.1%
4 TV・ビデオ(DVD、ブルーレイなど)を鑑賞する 20.1%
5 読書する 14.8%
6 街散策・食べ歩き 14.4%
6 日帰り旅行(観光バス旅、温泉、観光地めぐり) 14.4%
8 家族団らん・子どもと遊ぶ 12.8%
9 外食する(家族、恋人など) 11.4%
10 ドライブする 10.4%

MA(複数回答)/n=298人


今回は大型連休を3週間後に控え、今年の皆さんの連休中の計画を聞きました。連休中の過ごし方を聞いてみたところ、「『アウトドア』重視型」は僅か16.1%。一方で「『インドア』重視型」は50.8%を数え、気候の良いレジャー向きのシーズンとはいえ、実際のところは自宅で「掃除」や「テレビ鑑賞・読書」をしながら過ごすという人が案外多いようです。また、その傾向は性別でも異なり、女性は「ショッピング・グルメ」「旅行」などのアウトドア派が比較的に多かった一方、男性は「家でゴロゴロ・休養」「テレビ・ビデオ鑑賞」「読書」などインドア派が目立ちました。こうした背景には、日ごろの生活スタイルが大きく影響しているのかもしれません。家事を中心に自宅で過ごす機会が多い主婦層では、たまの休みくらいは家事労働から解放され、外で羽を伸ばしたいと思う人がきっと多いはず。片や男性はといえば、日ごろから仕事柄、外で過ごすことも多く、休日くらいは家でダラダラ過ごしたいと感じている人が多いことでしょう。そう考えると、GW計画を立てる段階で、夫婦間で意見が割れるなんてことも意外に多いのかもしれません。そこで意見対立からの喧嘩を避けるため、大型連休の前半は女性の希望をかなえる「アウトドア中心」で、後半は男性の希望をかなえる「インドア中心」とバランス良く半々で過ごしてみてはいかがでしょうか。


GWまで約3週間余り。家族それぞれの希望をうまくかなえながら、充実した休日をお過ごしください。




「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html