1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第592回 今年の「父の日」はどうする?

今年の「父の日」はどうする?

GW、母の日が終わり、続いてやってくる家族イベントが「父の日」です。「母の日」といえば、カーネーションやスイーツが定番ですが、父の日ギフトというとなかなかピンと来るものがないというのが、正直なところ。「お父さんは何が好きなのか?」「休日はどんな恰好をしているのか?」「今一番欲しいものは何か?」など、改めてお父さんについて考える良い機会とも言えます。そこで今回は「父の日」をテーマに、今年のギフトの計画を聞きました。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:713人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2016年5月18日〜5月24日

4割近くが「父の日を祝う」と回答−「母の日のお祝い」と比べて15%以上ダウン

今年の父の日ギフトは?

SA(単回答、n=713人)

さて今年の「父の日」、皆さんは何かプレゼントを贈る予定があるのでしょうか、「アシスト自転車が希望だったので、夫婦でプレゼントする」(女性50代、愛知県)など、「既にプレゼントを決めている」(13.5%)、「(まだ決めていないが)何かプレゼントを贈る予定」(22.6%)と回答した人は全体の36.1%。さらに「プレゼントを渡す予定はないが、一緒においしいものを食べたいなと思う」(女性40代、兵庫県)など、「モノでないものを贈る予定」という声も3.1%を数え、ギフトの有無に関わらず、全体の4割近くの人びとが「父の日を祝いたい」という気持ちを持つことが明らかとなりました。


今年4月に実施した「母の日ギフト」調査によれば、「既にプレゼントを決めている」(21.0%)、「何かプレゼントを贈る予定」(32.8%)、「モノでないものを贈る予定」(5.7%)という声は全体の6割近くを占め、「父の日のお祝い」は「母の日」に比べて15%以上も下がる結果となりました。毎年恒例の家族行事として「父の日」があまり重視されていないことがうかがえます。

今年の「父の日」と「母の日」の贈答意向

父の日:SA(単回答)/n=713人
母の日:SA(単回答)/n=2476人

既婚者は「夫婦両方の父親に贈る」−妻から夫にギフトを贈るご家庭も

誰にプレゼントする?

1 自分の父 76.3%
2 義理の父 35.3%
3
(女性回答)
13.6%
4 自分
(男性回答)
3.8%
5 祖父 1.3%

MA(複数回答)/n=317人

全体の36.1%の人びとが「父の日ギフト」の贈答を計画していることが判りましたが、では皆さんがギフトを贈る相手を具体的に見てみましょう。最も回答が多かったのは「自分の父」(76.3%)。「自分の父親に、今使っているウエストポーチがくたびれてきたので、新しいものを」(女性40代、東京都)など、実父へのギフトが主流。続いて「義理の父は誕生月が6月なので、父の日と兼ねて外食をする予定」(女性40代、東京都)など、2位に「義理の父」(35.3%)が挙げられ、既婚者は夫婦両方の父親にギフトを贈るというケースが目立ちました。また見逃せないのは、3位「夫(女性のみ回答)」(13.6%)。「夫は甘いものが好きなので、和菓子でも買ってこようと思う」(女性50代、三重県)など、父に限らず、日ごろの労いを込めて、「自分の夫」にちょっとしたギフトを用意するという声も寄せられました。バレンタインと同じく、「男性の家族」を主役とする年中行事となっていることがうかがえます。

あなたは「自分一人派」、それとも家族で予算を出し合う「家族一緒派」?

誰と贈る?

1 自分一人で 50.9%
2 夫婦一緒に 29.7%
3 兄弟姉妹一緒に 17.7%
4 親子(母子)で 6.3%
5 その他 0.9%

MA(複数回答)/n=317人

次にギフト選びや一人当たりの予算を見ていきましょう。まず、ギフトは一人で贈るのでしょうか、それとも兄弟、姉妹で一緒に贈るのでしょうか。最も回答が多かったのは「自分一人で」(50.9%)。「父の大好物の練り物セットを、一人で宅配を利用して贈る」(女性30代、山口県)など、ギフト選びは一人で行うという声が多数寄せられました。その一方、「夫婦で相談して宅配で贈る」(女性30代、静岡県)など、2位は「夫婦一緒に」(29.7%)。さらに「兄弟で羽根布団を贈る」(女性50代、埼玉県)など、3位に「兄弟姉妹一緒に」(17.7%)、4位に「親子(母子)で」(6.3%)が続き、予算を出し合ってギフトを贈る「家族一緒派」も全体の半数以上を占めました。父の日ギフト選びは、「一人派」と「家族一緒派」に大きく二極化していることがうかがます。中には実家の父親には「一人で」、義理の父親には「夫婦で」など、実父か義理の父親かで予算の出し合い方を変えているご家庭もあるかもしれません。そのほか、一人派では「兄貴はお酒で、僕はかっこいい服装を贈りたい」(男性30代、大阪府)など、他の家族と個別でギフトを贈る予定ながら、ギフト内容が被らないように事前にすり合わせは行うという人もいました。

ギフトの相場は「5,000円未満」−母の日と予算に差が付かないように配慮も

続いて、一人当たりのギフト予算はどの位でしょうか。「父が甘いものが好きなので、3,000円くらいの予算で、美味しそうなケーキを探してプレゼントしている(女性30代、岡山県)など、最も回答が多かったのは「3,000〜5,000円未満」(28.8%)。次に「1,000〜3,000円未満」(27.8%)が続き、全体の6割以上が「5,000円未満」の予算内でギフトを選んでいることが判ります。自由回答の中には「予算は3,000円まで、母の日も同じ金額で」(女性40代、石川県)など、母の日ギフトと差を付けないように配慮する声も寄せられました。

父の日ギフトの予算は?

SA(単回答)/n=313人


「5,000円未満」が目立った一方、「(実父、義理の父)二人とも1万円以内」(男性50代、兵庫県)など、「7000〜10,000円未満」(14.1%)、「5,000〜7,000円」(13.4%)とやや奮発して「5,000円〜10,000円未満」という声。さらに「下呂温泉に家族で旅行に行く」(女性50代、大阪府)など、「10,000円以上」(9.9%)の高額ギフトを用意する人もいました。

贈りたいギフト堂々の人気No.1は「お酒」−「ご馳走+お酒」は最高のもてなし

では今年、皆さんは「父の日」に具体的にどんなギフトを贈るのでしょうか。堂々の人気ナンバーワンは「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(41.3%)でした。「父はビール好きなので、毎年ビールを一ケース贈っている」(男性40代、愛知県)、「毎年ウイスキーで喜ばれるので今年もそうする」(女性30代、広島県)など、「母の日=カーネーション&スイーツ」が定番ですが、父の日においては「お酒」に人気集中。自由回答の中には「お父さんの趣味は、本を読みながらビールを飲むことなので、ビールと図書カードをプレゼントしている。毎年同じものですが、とても喜んでくれる」(女性30代、静岡県)など、「お酒+他のギフト」をセットにして贈る人も少なくありませんでした

今年の「父の日」に贈りたいものは?

1 お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど) 41.3%
2 衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など) 22.8%
3 甘いもの(ケーキ、和菓子など) 14.7%
4 ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、財布など) 11.2%
5 居酒屋やレストランなどで一緒に外食 10.3%
6 手づくりのご馳走(手料理・ホームパーティー) 6.1%
7 靴・バッグ 4.8%
7 旅行(温泉) 4.8%
9 健康食品(サプリメント、健康茶など) 4.2%
10 健康器具(マッサージ機、血圧計、体脂肪計など) 3.8%

MA(複数回答)/n=312人


さらに「ビールを贈り、その後は外食(外食)に誘う」(男性40代、愛知県)など、5位に「居酒屋やレストランなどで一緒に外食」(10.3%)。「御馳走の手料理と美味しいお酒」(男性50代、埼玉県)など、同じく6位にも「手づくりのご馳走(手料理・ホームパーティー)」(6.1%)が挙げられ、「お酒+ご馳走」は父の日の最高のおもてなしと言えそうです。また、辛党のお父さん向けの「お酒のギフト」が目立った一方、3位には「甘いもの(ケーキ、和菓子など)」(14.7%)がランクイン。「父の好きなチョコレートを使ったケーキを買う」(女性30代、岡山県)など、男性の甘党も多く、お酒が飲めないお父さんには「スイーツギフト」に支持が集まりました。自由回答の中には「ホールケーキを買って(家族)みんなで食べようと思う」(女性20代、岐阜県)、「一緒にお酒を飲めればよい」(男性60代、東京都)など、お酒やスイーツはお父さんのみならず、家族全員で一緒に楽しめるため、家族団らんを促進するには持ってこいのギフトと言えそうです。


酒やグルメギフト以外で回答が多かったのは、2位「衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など)」(22.8%)。「できれば衣服を贈る予定。バカボンパパの服で歩き回らないでほしいから」(女性40代、広島県)など、着る物に無頓着なお父さんに向け、普段着られる洋服をコーディネートして贈りたいという声。さらに「5,000円程度のネクタイをプレゼントする」(男性30代、大阪府)など、4位に「ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、財布など)」(11.2%)、7位にも「靴・バッグ」(4.8%)が続き、仕事やカジュアルに着られる衣類やファッション小物などを選ぶという声が目立ちました。父の日ギフト選びは「食」「衣」が主流となっていることがうかがえます。

父との気持ちが通じ合うギフトは「お酒」−旅行や食事など一緒に過ごす時間を求める

その反面、もらう立場であるお父さんが、今年の「父の日」に欲しいギフトとは何でしょうか。お父さんの本音を聞いてみたところ、堂々のトップは、贈りたいギフトと同じく「お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど)」(31.6%)でした。「残る物より消え物がいい。ビールだったら言うことなし」(男性60代、大阪府)、「いつも飲む焼酎が一番いいなぁと思う」(男性70代、兵庫県)など、毎日の晩酌に欠かせない「お酒のギフト」を希望する声。さらに「普段飲めないビール(いつも発泡酒)をきっとくれるはず」(男性50代、神奈川県)など、いつもよりも少し贅沢なビールを期待する人もいました。まさにビールは贈る側ともらう側の気持ちが通じ合う「両想いギフト」と言えそうです。

今年の「父の日」に欲しいものは?(お父さんのみ回答)

1 お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど) 31.6%
2 衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など) 11.7%
3 居酒屋やレストランなどで一緒に外食 10.2%
4 旅行(温泉) 8.7%
5 ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、財布など) 8.2%
6 手づくりのご馳走(手料理・ホームパーティー) 7.7%
6 手紙・メッセージカード 7.7%
8 子どもの手作り(似顔絵、肩たたき券など) 6.6%
8 甘いもの(ケーキ、和菓子など) 6.6%
10 靴・バッグ 4.6%

MA(複数回答)/n=196人


同じく「飲食」では、「食事にでもさそってくれればうれしい」(男性50代、東京都)など、3位に「居酒屋やレストランなどで一緒に外食」(10.2%)、6位に「手づくりのご馳走(手料理・ホームパーティー)」(7.7%)。さらに「旅行を計画して欲しい」(男性40代、埼玉県)など、4位にも「旅行(温泉)」(8.7%)を待ち望む声も寄せられ、旅行や食事など、ランキング上位には家族と一緒に和気あいあいと過ごせる時間のプレゼントを欲する声が目立ちました。形あるモノよりも思い出が残るコトを求めるお父さんの本音がうかがえます。


そのほか、「子どもたちが書いてくれた手紙や似顔絵が欲しい。二人娘なので、いつまで書いてくれるかわかりませんが、毎年、大切に保管している」(男性40代、福岡県)など、6位に「手紙・メッセージカード」(7.7%)、8位にも「子どもの手作り(似顔絵、肩たたき券など)」(6.6%)、が挙げられました。気持ちのこもったものであれば、家族からの贈り物は何でもうれしいというのが、お父さんの率直な気持ちでしょう。

「尊敬」「優しい」「包容力」「経済力」など、「理想の父親像=理想の結婚相手」!?

さて、ここまで今年の父の日について聞いてきましたが、ここからは皆さんが思う「理想の父親像」に迫ってみたいと思います。皆さんが思い描く「理想のお父さん」を聞いてみたところ、最も回答が多かったのは「家族から尊敬される」(45.9%)でした。「(父親への)尊敬があれば、厳しいことを言われても話を聞くことが出来る。そんなメリハリのある親子関係が理想」(女性40代、東京都)など、ひと昔前、一家の長であった日本のお父さんは近寄りがたい威厳があり、家族から尊敬されるべく存在でした。昨今ではお父さんと子どもとの距離感が非常に近く、まるで兄弟や友達のように親しい親子が増えている一方で、威厳や尊敬の念は薄れているようにも感じます。メリハリのある親子関係を理想と考える人が案外多いのかもしれません。

理想のお父さん像とは?

1 家族から尊敬される 45.9%
2 家族想いで優しい 38.3%
3 イザという時に頼りになる 36.0%
4 包容力がある 28.3%
5 仕事をバリバリしている 23.4%
6 頭が良い・知識が豊富 20.7%
6 良き相談相手 20.7%
8 真面目 15.8%
9 子ども好きでよく遊ぶ 13.9%
10 ユーモアがある 13.7%

MA(複数回答)/n=569人


2位は「家族想いで優しい」(38.3%)。「誰からも優しいと慕われることが、男性には必要ではないでしょうか」(女性90代、大阪府)など、短気を起こさず、常に穏やかで家族にも他人にも親切であるという声。さらに「普段はあまり口うるさくなくても、イザという時に頼りになる。決断力がある男性が理想」(女性60代、北海道)など、3位に「イザという時に頼りになる」(36.0%)。同じく4位に「包容力がある」(28.3%)、6位にも「良い相談相手」(20.7%)が続きました。日ごろは寡黙で少々頑固な面があっても、家族や親しい人に何かあれば、スーパーマンのように飛んで助けに来てくれる、それが父親の頼もしさと言えるのでしょう。自由回答の中には「どちらかといえば、我が家は母のほうが頼りにも、相談相手にもなってくれた」(女性50代、岡山県)など、理想とは裏腹に頼もしい母親の存在で、バランスを保っているご家庭もありました。


そのほか、「家族が幸せに暮らせるよういつも仕事を頑張ってくれていること」(女性20代、岩手県)など、5位に「仕事をバリバリしている」(23.4%)。「経済力があって頭が良いのが理想」(女性60代、北海道)など、6位に「頭が良い・知識が豊富」(20.7%)が挙げられました。「頭が良くて仕事ができる=家族を支える生活力がある」と捉えることもでき、経済的な面で家族に苦労をかけない父親を理想と考える人もいました。以下、「真面目」(15.8%)、「子ども好きでよく遊ぶ」(13.9%)、「ユーモアがある」(13.7%)が続きました。「尊敬できる」「優しい」「頼りがいがある」「経済力がある」など、理想の父親像は、実は女性が求める「理想の結婚相手」にも近い存在なのかもしれません。

6割以上が「70点以上」の高得点−世のお父さんは、子どもの理想像に近い存在

理想の父親像を見てきましたが、では皆さんのお父さんは、その理想像にどのくらい近い存在なのでしょうか。皆さんに自分のお父さんを100点で採点してもらったところ、各点数の合計を回答人数で割った平均点は「68.7点」。「私が考える理想のお父さん像は私の父。母が夜勤もする看護師だったので、休みの日はいつも父と過ごしていました。いろんなところに連れて行ってくれた思い出がたくさんあって、楽しい思い出がいっぱい」(女性30代、広島県)など、文句なしの「満点(100点)」という声が最も多く18.6%を数え、自らのお父さんを高く評価する人がとても多いことがうかがえます。さらに「小さいことにはこだわらず、ドーンとかまえている。ユーモアがあっていざというときには、ガツンと怒ってくれたり、相談に乗ってくれたりする優しさがある」(80点、女性50代、山形県)など、「80〜89点」(16.8%)、「70〜79点」(15.9%)が続き、全体の6割以上の人びとが「70点以上」の高得点を付ける結果となりました。世のお父さんたちが、比較的に理想に近い存在であることがうかがえます。

お父さんの点数は?

SA(単回答)/n=345人


その一方で、「口が悪くがさつなので、上品な父親が理想」(40点、女性30代、愛媛県)、「キレやすい老人になってしまったので…」(20点、女性40代、東京都)、「家族のことを全く考えていなかった」(0点、男性50代、島根県)など、「50点未満」の厳しい採点も14.5%を占めました。


今回は「父の日」を控え、今年の父の日ギフトの計画から理想の父親像に至るまで、皆さんのご意見を聞いてきました。皆さんのお父さんを採点してもらったところ、平均点は68.7点。最も回答が多かったのは「満点(100点)」(18.6%)で、とても多くの子どもたちがお父さんにパーフェクトの満点を付けていることが明らかとなりました。今回のアンケート結果から「理想の父親像=自分のお父さん」を重ね合わせる声も多く、親子ならではの甘い評価もありながらも、冷静にお父さんを分析する人が目立ちました。思った以上にお父さん好きが多い一方で、「今年の父の日をお祝いする」という声は39.1%に留まり、母の日に比べて約15%以上も下回る結果となりました。家族行事として「父の日」がそう重視されておらず、きっと寂しい思いをしている世のお父さんたちもきっと少なくないことでしょう。できれば、今年の父の日は、お父さんには内緒でお祝いの計画を立ててみてはいかがでしょうか。いつもは頑固なお父さんも、きっと頬を緩ませて喜んでくれることでしょう。


最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、過去の父の日を思い出やエピソードをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。


父の日の思い出・エピソードとは?

父の日で学ぶ
  • 「小さかった頃、お小遣いを貯めて雑貨屋さんに行って、お父さんのハンカチを買ってプレゼントしました。安かったのに喜んでくれて、私も父の日に早くあげたくてソワソワしていたのを覚えている。その頃に人に喜んでもらえる素敵さを学びました」(女性30代、静岡県)
似顔絵
  • 「ベタかもしれませんが、子どもが小さい時に書いてくれた似顔絵。絵の中の自分はずいぶんと髪が少なかった(笑)」(男性40代、大阪府)
元に返ってきたカバン
  • 「もう何年も何年も前ですが、革のカバンをプレゼントしたことがある。亡くなるまで大事に使ってくれました。今は私が大事に使っていて、購入者の元へ返ってきました(笑)」(男性60代、大阪府)
ええもんやで
  • 「社会人の時に勤務地に父を呼んで、二人で食事に出かけていました。後に母に聞いたところ、娘に食事を奢ってもらうのは『ええもんやで』と自慢していたそう」(女性50代、三重県)
選び疲れたプレゼント
  • 「以前ネクタイをプレゼントしたことがあるのですが、どういう柄がいいのかすごく迷いまいた。今までで一番時間のかかった買い物だと思う。とても喜んでもらえましたが、選ぶだけで疲れました」(女性40代、大阪府)
お棺に入れてもらう
  • 「子どもが小学生の時、パジャマをもらいました。あちこちすり切れていますが繕い、今以上傷まないよう、大事に仕舞ってある。私が死んだとき、棺桶に入れてもらう」(男性60代、兵庫県)
妻セレクト
  • 「毎年洋服等を贈っている。妻のセレクトで、定年を迎えている父に、あえて若めの物を選んでいる。妻のセレクトという事で、父も喜んで着ている」(男性40代、愛知県)


「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html