1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第599回 夏を感じるときは?

夏を感じるときは?

梅雨は何処へ? 梅雨明け前から夏の暑さをジリジリと感じますね。さて今回の毎週アンケートでは夏本番を控え、「夏を感じるとき」をテーマとして皆さんが夏を意識する風物詩についてアンケートを実施しました。皆さんは何を見たり、何を食べたり、何を感じたときに夏を実感するのでしょうか。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:768人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2016年7月6日〜7月12日

8割以上が「(今夏は)すごく暑くなる」と予測−6月からクーラーなしでは生活出来ない

今年の「夏」は暑くなると思う?

SA(単回答)

ここ数年は「猛暑日」の連続記録更新、熱中症被害の増大など、ひと昔前よりも夏の暑さが猛烈になっているように感じますが、今夏はいかがでしょうか。厳しい暑さが続く夏になるのか、それとも天候不順で涼しい夏を迎えるのでしょうか。皆さんの予測を聞いてみたところ、「すごく暑くなると思う」と回答した人は最も多く80.3%。さらに「例年と変わらないと思う」という声も18.4%を数え、大多数の人びとが「暑い夏」の到来を予想していることがうかがえます。


主な理由は「何十年も前はこんなに暑かった記憶がないので、地球温暖化も間違いではないなぁと感じている」(男性70代、兵庫県)など、地球温暖化が一層進行しているのではないかという声。さらに「6月の半ばからクーラーを付けないと眠れないくらい暑くなった」(女性40代、大阪府)など、梅雨明け前から夏並みの暑さに襲われているという声も寄せられました。自由回答の中には「ニュースで猛暑だと言っているから」(男性50代、福岡県)など、「史上最も暑い夏になる」という気象学者による警告も話題となっており、本格的な夏の到来を戦々恐々な心境で待ち受けている人も少なくありませんでした。その一方、「今のところ天候不順で、涼しいどころか寒い日もある」(女性60代、北海道)など、「むしろ天候不順で涼しくなると思う」という声は僅か1.3%に留まりました。

夏の風物詩ナンバーワンは「蝉の鳴き声」−早朝からミーンミンで起こされた時に

では皆さんが「あ〜夏だな!」としみじみ感じる瞬間やシーンとは何でしょうか。堂々のトップは「蝉の鳴き声を聞くと」(44.3%)でした。「2日前、今年はじめて蝉の声を聞き、その瞬間に『夏が来た!』と思った。梅雨明けはしてないんですけど…」(女性30代、大阪府)など、「ミーンミンミン…」を聞くや否や「夏のスイッチが入る」という声。自由回答の中には「朝からセミの鳴き声が聞こえると(夏が)来てしまったと思う」など、早朝から鳴く蝉に起こされた瞬間に夏を実感する人もいました。いわば、蝉は「夏告虫」といえ、日本の夏を象徴する存在であることがうかがえます。「蝉」と同じく昆虫では、7位にも「虫が(蚊、ゴキブリなど)気になり始めると」(24.7%)がランクイン。「ゴキブリが出始め、駆除対策をし始めたとき」(女性50代、埼玉県)、「蚊取り線香をたく匂い」(男性30代、東京都)など、嫌われ者である蚊やゴキブリの出現を挙げる声が多く、虫たちの活溌な活動から季節の移り変わりを感じている人もいました。

「あ〜夏だな!」と感じる瞬間やシーンは?

1 蝉の鳴き声を聞くと 44.3%
2 クーラー、扇風機を使用し始めると 35.2%
3 梅雨が明けると 32.7%
4 何もしなくても汗がにじみ出てくると 32.4%
5 「真夏日」という言葉を聞く頻度が増えると 29.0%
6 夏祭り、盆踊りや花火大会が始まると 25.1%
7 虫が(蚊、ゴキブリなど)気になり始めると 24.7%
8 スイカなど夏の果物が食べたくなると 21.9%
9 昼食にそうめんや冷や麦が食べたくなると 21.4%
10 入道雲を見ると 17.4%

MA(複数回答)/n=768人


2位は「クーラー、扇風機を使用し始めると」(35.2%)。「ただ座っているだけで汗が出てきて、クーラーを付けずにはいられなくなると」(女性30代、青森県)など、クーラーなしでは生活がままならなくなった時という声。さらに「梅雨明けが宣言されて真夏日となり、汗がにじみ出てくると夏を実感する」(女性30代、神奈川県)など、3位に「梅雨が明けると」(32.7%)、4位にも「何もしなくても汗がにじみ出てくると」(32.4%)が挙げられ、「本格的な暑さ」を自らの肌で感じた時に「夏の始まり」を意識させられる人が多いようです。自由回答の中には「昼の時間帯は頭痛等を引き起こす事があるので、外出先では日陰にいて猛暑から身を守っている!」(男性40代、岡山県)など、昨今では「熱中症対策」も夏の風物詩の一つになりつつあるのかもしれません。

「すいか」「そうめん」「冷やし中華」など、味覚から夏を感じるという声も

また見逃せないのは、8位の「スイカなど夏の果物が食べたくなると」(21.9%)という「夏の味」です。「真っ昼間からベランダでビールやスイカにかじりつくところ」(男性60代、滋賀県)など、冷たく水分をたっぷり含んだ夏の果物が喉の渇きを癒やすという声。さらに「休日の昼食に、そうめん、冷麺などのリクエストが家族から出てくると、夏が来たと思う」(女性50代、三重県)など、9位に「昼食にそうめんや冷や麦が食べたくなると」(21.4%)、12位にも「『冷やし中華を始めました』の貼り紙を見ると」(13.0%)が続き、食欲が落ちやすい夏場は、ツルっと食べやすい冷たい麺類に人気が寄せられました。「旬の味」から夏を感じるという声が案外多く、視覚・聴覚・味覚など、私たちは五感から夏の到来を感じ取っていることがうかがえます。そのほか、「夜でも窓を開ける機会が増え、遠くの花火大会の音が聞こえると夏だなぁと思う」(女性50代、北海道)など、6位に「夏祭り、盆踊りや花火大会が始まると」(25.1%)、10位に「入道雲を見ると」(17.4%)が続きました。

7割近くの人びとが「ビアガーデンに行きたい」−梅雨明けの号令と共に真っ先に行く

ビアガーデンに行く?

SA(単回答)

「夏の風物詩」を見てきましたが、「夏の味」としてスイカやそうめんなどと共に「冷えたビールが美味しい」などという声も目立ちました。では今夏、ビアガーデンに行く計画を立てている人はどの位いるのでしょうか。「7月の中旬に月1の飲み会で、仲間10人位で行く」(男性40代、東京都)など、「ぜひ行きたい(すでに行ってきた)」と回答した人は23.7%。さらに「機会があれば行きたい」という声も44.5%を数え、全体の7割近くの人びとが「ビアガーデンに行くのを楽しみにしている」ことが明らかとなりました。自由回答の中には「梅雨が明けの天気のよい日に女性6人で、福屋か三越のビアガーデンに行く予定」(女性40代、広島県)など、梅雨明けの号令と共に真っ先に行くという人もいました。


一方、「たぶん行かないと思う」(15.2%)、「行かない」(16.6%)という声も約3割以上を占めました。世代別で「たぶん行かないと思う」「行かない」という声を見てみると、30代や60代以上のシニア層では20%台と比較的に低調でしたが、20代で32.1%、50代で32.3%とやや増加傾向。さらに40代では最も数値の高い38.7%を示し、働き盛りの40、50代、さらに若い20代でビアガーデンへの訪問意向の低さが明らかとなりました。次に「行かない理由」を具体的に見ていきましょう。「都会のビアガーデンは屋上で、コンクリートで暑くなっているので、行く気がしない」(女性40代、神奈川県)、「気温が高過ぎて外は嫌。中で涼しく飲みたいのでビアガーデンへは行きたくない」(女性50代、大阪府)など、夜とは言っても、外の熱気がすごくてお酒を楽しむどころではないという声。「蚊に刺されるのはもちろん、ハエもいるので…」(女性40代、愛知県)など、衛生面が気になるという人もいました。

年代別:ビアガーデンに行く?

SA(単回答)

「開放感」「景色」「レジャー」など、お手軽にBBQやキャンプ感覚が味わえる

全体の7割近くの人びとが「ビアガーデンを楽しみにしている」ことが明らかとなりましたが、その魅力とはどんな点にあるのでしょうか。最も回答が多かったのは「外ならではの開放感」(61.4%)でした。「夜風にあたりながら開放感がある中で、みんなでワイワイ飲むのは楽しい」(女性50代、東京都)、「広い場所での解放感が好き」(男性60代、北海道)など、遮る壁や天井ない野外は自由と開放感に溢れ、気分の心地良さを支持する声。「景色を眺めながら飲む冷たいビールは最高」(女性50代、広島県)など、同じ3位に「夕景・夜景を楽しめる」(25.9%)、7位にも「ちょっとしたアウトドアレジャー感覚が楽しめる」(10.8%)が挙げられ、昨今ではBBQやキャンプが流行っていますが、それよりもお手軽に「野外飲み」が楽しめる点に人気が寄せられました。

ビアガーデンの魅力は?

1 外ならではの開放感 61.4%
2 よく冷えた生ビールの美味しさ 38.5%
3 夕景・夜景を楽しめる 25.9%
4 お祭り気分(テンションが上がる) 25.1%
5 納涼・暑気払い 16.6%
6 非日常的な感覚が味わえる 13.3%
7 ちょっとしたアウトドアレジャー感覚が楽しめる 10.8%
8 夏の訪れを体感できる(恒例行事) 10.1%
9 多少騒がしくしても大丈夫だから 7.6%
10 食事とともにライブやショーが楽しめる 3.7%

MA(複数回答)/n=694人


次に2位は「よく冷えた生ビールの美味しさ」(38.5%)。「ビールがさらにおいしく感じるのがビアガーデンのいいところ」(女性20代、奈良県)、「暑い夏の夜にキンキンに冷えたビールを飲むのはストレス発散になる」(男性50代、奈良県)など、汗がしたたる暑さの中で、野外の開放感とよく冷えたビールの組み合わせが「ビールの味を倍増させる」という声。さらに「涼しいビアガーデンに週末あたり行きたい」(男性50代、山口県)など、5位に「納涼・暑気払い」(16.6%)、6位にも「非日常的な感覚が味わえる」(13.3%)が続き、「暑気払い×非日常×ビール」というシチュエーションを満たすのが「ビアガーデン」。家飲みでの晩酌が「日常」とするならば、同僚や友人に一緒に出かけるビアガーデンは「非日常」と言えるでしょう。その一方で、「冷たい飲み物が一気にぬるくなりそう」(女性40代、東京都)、「無風だとちょっと厳しい」(女性40代、神奈川県)など、屋外で美味しくビールを楽しむ為の必要条件を挙げる声も多く聞かれました。

「花火大会」「盆踊り」に並び、「ビアガーデン」は夏の三大飲みレジャーとして定着へ

そのほか、「みんなでワイワイ飲むのは、お祭り気分で楽しい」(女性50代、東京都)など、4位に「お祭り気分(テンションが上がる)」(25.1%)。9位に「多少騒がしくしても大丈夫だから」(7.6%)、10位にも「食事とともにライブやショーが楽しめる」(3.7%)が続き、夏ならではのエンターテイメントの一つとして捉える声。自由回答の中には「会社の同僚と毎年言っている。8月に入ったら、ホテルのビアガーデンへ」(男性40代、香川県)など、8位に「夏の訪れを体感できる(恒例行事)」(10.1%)が挙げられ、「花火大会」や「盆踊り」と同じく、夏の三大飲みレジャーとして「ビアガーデン」が定着していることがうかがえます。

厳しい暑さで、6割以上が「ビール消費量が増える」−特に若者・シニアと女性に影響大

暑いとビールの消費量は?

SA(単回答)

最後にビールと気温との関係について見ていきましょう。皆さんのアンケート結果からも「厳しい暑さ」が予想される今夏ですが、さて暑くなるとビールを飲む消費量は果たして増えるのでしょうか。「いつも350を1本しか飲みませんが、暑い日は2本目にいく」(女性20代、埼玉県)など、「ついついビールの消費量が増える」と回答した人は全体の60.3%を占めました。自由回答の中には「いつもはワインを小さいグラス1杯を夜食前に飲むが、最近それがビール系に代わった。気温の上昇ともにビールの量が増えていくと思う」(女性60代、北海道)など、暑さと共に他のアルコールからビールにシフトするという声も多く、喉の渇きを癒やす「炭酸系」に高い人気が寄せられました。


性別で「ついついビールの消費量が増える」という声を見てみると、男性回答は59.2%。一方で女性は男性よりも2%以上高い61.4%を数え、僅かながら女性の消費量に影響を与えていることがうかがえます。次に世代別ではいかがでしょうか。「ついついビールの消費量が増える」という声は20代で最も多く79.5%。さらに、70代以上で75.0%と高い数値を示し、日ごろビール消費量のそう多くない女性や年代ほど、気温の影響を受けやすいことが うかがえます。その反面、「ビールは年中たくさん飲んでいるから、量は変わらない」(男性50代、大阪府)など、「消費量はいつもと変わらない」という声は全体の37.8%。中でも40〜60代では40%台と高い数値を示し、年間を通じて一定の消費量をキープしているビ−ル好きが多いことがうかがえます。自由回答の中には「家でエアコンの効いた部屋ですから 量は変わりません」(女性60代、愛知県)など、冷暖房が完備されている現代の住環境においては、あまり気温差に左右されることはないという人もいました。

年代別:暑いとビールの消費量は?

SA(単回答)


今回は「夏の風物詩」をテーマに、皆さんのご意見を聞いてきました。今夏は「すごく暑くなると思う」と予測した人は約8割以上。ラニーニャ現象に伴い、史上最高に猛暑がやって来るのではないかと警告されており、早くも顔をしかめている人が目立ちました。また一方で、気温の上昇と共に「ビールの消費量が増える」という声も約6割以上を占め、「涼」を得るため、例年以上にビールの「量」が増える夏となりそうです。さらに今年はオリンピックイヤー、8月に開幕するリオデジャネイロオリンピックを控え、日本人選手の活躍にも大いに期待が寄せられます。きっと多くの人びとがテレビ観戦を通じ、地球の裏側に向かって熱を帯びた声援を送ることでしょう。猛暑が予想される今夏は、オリンピック観戦が出来るビアガーデンへ暑気払いに繰り出すか、またはエアコンの効いた自宅で、ビール片手にテレビ観戦で快適に過ごすのがオススメです。




「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html