1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第602回 もし、宝くじが当ったら…

もし、宝くじが当ったら…

「サマージャンボ宝くじ2016」の当選番号が発表されましたが、皆さんは今夏のジャンボ宝くじをご購入されましたか? 今週の毎週アンケートは「宝くじ」をテーマに、宝くじの購入方法や縁起担ぎ、さらに1等5億円が当たった場合の使い道について聞きました。さて、皆さんはどんな夢を描いているのでしょうか。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:688人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2016年8月3日〜8月9日

6割が「年1回以上」の頻度で購入− 特に一攫千金を狙う男性が多い

「宝くじ」の購入頻度は?

SA(単回答)

日ごろ、皆さんは「宝くじ(ロト、ナンバーズ含む)」をどのくらいの頻度で購入しているのでしょうか。「購入してから当選発表までの間、夢がある」(女性30代、山口県)など、「月1回程度」と回答した人は28.9%。さらに「年に何回かの楽しみとして買っている」(男性50代、千葉県)など、「半年に数回程度」(13.2%)、「年1〜2回」(17.9%)が続き、全体の6割の人びとが少なくとも「年1回以上」の頻度で、宝くじを購入していることが明らかとなりました。自由回答の中には「毎週、『もしかしたら?』という淡い期待を持ちながら、ちょっとドキドキして番号を見るのが楽しみ」(女性40代、茨城県)など、「週1回程度」(11.5%)の高い頻度で宝くじを買い求めている人もいました。


性別で「月1回以上」という声を見てみると、女性回答では22.7%。一方、男性は女性よりも11%以上も高い34.5%を占めました。自由回答の中には「毎週一回300円でBIGを一口買う」(男性60代、大阪府)など、ギャンブルよりも手軽に楽しめるせいか、一攫千金の夢を見る男性が多いようです。その反面、「何年も購入していない」(全体=40.0%、男性=35.4%、女性=45.1%)という声は女性に目立ちました。「当たらないから。宝くじ買うお金で、ケーキやビールを買って美味しくいただく方がよっぽど幸せ」(女性30代、大阪府)など、当選確率を考えれば、お金をもっと有効に使いたいという声が目立ち、夢を追う男性に対して、堅実的な女性が多いことがうかがえます。

一番人気は「ジャンボ宝くじ」−高額当選を期待し、発表までのドキドキ感が楽しい

「年1回以上」の頻度で宝くじを買い求める人は半数以上を数えましたが、では皆さんはどんな種類の宝くじをよく買っているのでしょうか。最も回答が多かったのは「ジャンボ宝くじ(ドリーム、サマー、年末)」(73.0%)でした。「ジャンボ系は 必ず購入する。当たったら、どんな車を買おうとか、 兄弟にいくらずつ分配しようなど、数日間夢を見ていられるので」(男性40代、東京都)など、5〜6月頃(ドリーム)、7〜8月頃(サマー)、11〜12月頃(年末)に開催される「3つのジャンボ」は、日本で最も高額当選が期待出来る「宝くじ」として一番人気でした。1等の当選確率は、他の宝くじに比べて低いとはいえ、当選発表までのドキドキ感も高く、年数回のエンターテイメントの一つとして楽しむ人が目立ちました。

よく購入する「宝くじ」は?

1 ジャンボ宝くじ(ドリーム、サマー、年末) 73.0%
2 ロト7・ロト6・ミニロト 33.2%
3 インスタントくじ・スクラッチ 17.1%
4 ジャンボ以外の宝くじ(全国自治宝くじ、ブロック宝くじなど) 14.4%
5 ナンバーズ3・ナンバーズ4 8.9%

MA(複数回答)/n=404人(年1回以上の購入者)


シーズン毎に開催される「ジャンボ宝くじ」に対して、2位には毎週開催されている「ロト7・ロト6・ミニロト」(33.2%)がランクイン。「自分でチョイスした数字が当たれば、夢を見られるから」(男性40代、三重県)など、あらかじめ決まった数字が印刷されている「ジャンボ宝くじ」は完全に「運任せ」である一方、「ロト」は任意の数字を自分で決められるため、当たるも外れるも「自分次第」という声。さらに5位にも好きな数字を申し込める「ナンバーズ3・ナンバーズ4」(8.9%)が挙げられ、自分で数字をコントロールできる「宝くじ」に高い支持が寄せられました。自由回答の中には「もう20年近く、毎週買い続けている。週1,000円なので手軽な娯楽と思えばいい」(男性60代、大阪府)など、ささやかな娯楽として、毎週くじを買い求める人もいました。そのほか、「削ってすぐに当たりが分かるのが良い」(男性30代、東京都)など、3位に「インスタントくじ・スクラッチ」(17.1%)が挙げられ、賞金の大小にかかわらず、自分の性格に合う「宝くじ」を各々選んで楽しんでいることがうかがえます。

3割以上が「今夏のサマージャンボを買った」−評判の良いなど売場にこだわる声も

「サマージャンボ宝くじ」を買った?

SA(単回答)

さて、今夏の「サマージャンボ宝くじを購入した」という人は、どのくらいいるのでしょうか。「実母と私と私の娘の3人で、30枚買いに行った」(女性50代、新潟県)など、「買った」と回答した人は31.5%。自由回答の中には「統計によると、毎回同じ売り場で10年以上買い続けた人が高額当選につながっているらしい。それを実践している」(男性50代、茨城県)、「広島で(当たると)評判のよい八丁堀にある、みずほ銀行の宝くじ売り場で購入」(女性40代、広島県)など、金運アップを目指して購入場所にこだわる人もいました。また性別では女性回答が24.5%であったのに対し、男性は女性よりも13%以上も高い37.8%を数えました。来春の消費税増税、景気の伸び悩みなど、懐事情は決して芳しい状況とは言えませんが、人生の一発逆転を狙う男性の姿がうかがえます。その一方、「買わなかった」という声は68.5%を数えました。自由回答の中には「(サマージャンボを)買い忘れた」(女性30代、兵庫県)など、悔しがる人もいました。

「バラ派」が「連番派」を大きく上回る−バラのほうがドキドキ感が持続できる!?

「サマージャンボ宝くじ」の購入は?

SA(単回答、n=205人)
(購入者のみ)

サマージャンボの購入者に「購入パターン」を聞いてみたところ、断然トップは「10枚バラ購入派」(38.6%)でした。主な理由は「当選金額が下がっても、当たる確率が良さそうなバラのみ購入」(男性70代、神奈川県)など、今回のサマージャンボは1等5億円、前後賞合わせて7億円ですが、前後賞の2億円を捨てても、1位の当選確率を少しでも高めたいという声。さらに「連番で買うと外れたのがすぐにわかるのでつまらないため、必ずバラにしている」(男性30代、東京都)など、連番だと1つ番号が分かると、当たったか外れたかが直ぐに分かってしまうため、抽選発表のドキドキ感が長く楽しめないという人もいました。


「バラ購入派」が目立った一方、「10枚綴り(連番)購入派」という声も26.3%。主な理由は「もしも当たるなら大金の方が良いので連番を買う」(男性60代、群馬県)など、どうせ夢を見るなら、前後賞合わせて7億円を当てたいという声が寄せられました。少しでも当選確率を上げたい「バラ購入派」と、一攫千金狙いの「10枚綴り(連番)購入派」で大きくタイプが分かれる結果となりました。また自由回答の中には「連番、バラともに10枚を高額当選者が出ている窓口で購入した」(男性30代、北海道)など、「両パターン購入派」(30.7%)という声も少なくありませんでした。「バラ」「連番」の組み合わせ購入により、当選番号のチェックを倍楽しむことが出来そうです。そのほか、自由回答の中には「バラで5枚のみ。10枚買って必ず300円は当たると分かっているのもつまらない。5枚買って1枚当たれば、ちょっとラッキーな気もするので」(男性50代、神奈川県)、「少なくてすみませんと言いながら、2、3枚買う」(女性50代、香川県)など、少額で大金を狙う、10枚未満の「少額購入派」もいました。

5億円の使い道のトップは「老後の貯蓄」−パッと使わず、将来不安の解消に

では、もし1等5億円が当たったなら、皆さんはそのお金をどのように使うのでしょうか。堂々のトップは「将来のために貯蓄する(老後のため)」(49.1%)でした。「今の日本を見ていると、いろいろと心配なので老後を安心して過ごせる金額はおいておきたい」(男性40代、大阪府)、「ある程度の年齢になったら高級老人ホームに入居したい。」(女性50代、東京都)など、年金だけでは生きられないと言われる老後生活に不安を抱える人も多く、無駄に使わずに貯蓄にまわすという声が目立ちました。本来、「濡れ手に粟」の大金となれば、パッと派手に使いたいところですが、暗雲立ちこめる日本の将来を考えると、そう言ってもいられない状況と言えそうです。また自由回答の中には「子どもが受け取る年金は支給率が今より下がり、支給開始年齢も上がるらしい。(子ども達が)普通に生活できる程度は何とか残してやりたい」(男性60代、兵庫県)など、子どもの将来を案じる親世代もいました。

もし1等5億円が当たったら?

1 将来のために貯蓄する(老後のため) 49.1%
2 家・マンションなど住宅を買う 42.5%
3 車を買う 19.8%
4 世界を旅行する 18.2%
5 家族・親戚で分ける 13.2%
6 借金を一気に返済する 12.8%
7 仕事を辞め、一生働かない 12.5%
8 株式など投資にまわす 11.5%
9 最新家電・AV機器・PCを購入する 11.2%
10 高級レストラン、グルメの食べ歩き 8.6%

MA(複数回答)/n=650人


2位は「家・マンションなど住宅を買う」(42.5%)。「祖先のお墓の近くに家を建てて、老後ゆっくり野菜などを作りながら暮らせるようにしたい」(男性50代、京都府)など、ゆっくりと暮らせるマイホームが欲しいという声。さらに「住宅ローンを一気に返済したい」(女性20代、神奈川県)など、6位にも「借金を一気に返済する」(12.8%)が挙げられました。日ごろの生活を下支えする住居問題(家賃・ローン)を一気に解消することで、暮らしと気持ちを楽にしたいという人が目立ちました。年金・老後生活と同じく、生活基盤の安定を望む人が多いことがうかがえます。


「10年以上乗っている私の車を新しくしたい」(女性30代、栃木県)など、3位に「車を買う」(19.8%)。さらに「5年くらいかけて世界中を巡り、移住先の国を探したい。そこで、地域のためになる事業を起こしたい」(男性50代、神奈川県)など、4位は「世界を旅行する」(18.2%)、9位にも「最新家電・AV機器・PCを購入する」(11.2%)が続き、節約生活で溜まった「鬱憤を晴らしたい」という声。特に「車を買う」(男性=21.0%、女性=18.7%)という声は男性に目立ちました。

男性は仕事を辞めて、悠々自適な「第二の人生」を夢見る

同じく男性回答に多かったのは、7位の「仕事を辞め、一生働かない」(男性=14.1%、女性=10.8%)。「仕事を辞めて、海辺に家を買い、釣りと野菜作りをして暮らしたい」(男性60代、神奈川県)など、ストレスの多い仕事を辞めて、悠々自適に生きたいというサラリーマン男性の声。さらに「会社は辞め、資産運用(株式、不動産など)をしてお金が枯渇しないようにしながら暮らす」(男性30代、愛知県)など、「株式など投資にまわす」(男性=15.3%、女性=7.6%)など、賞金を元手に資金運用でお金を増やすという声も目立ちました。男性は当選をキッカケに「仕事を辞め、第二の人生をスタートしたい」と考えている人が多いようです。

「老後」「マイホーム」「教育費」など、女性は堅実に今後の出費に備える

その一方、女性回答で多かったのは「将来のために貯蓄する(老後のため)」(男性=41.3%、女性=57.3%)。さらに「家・マンションなど住宅を買う」(男性=38.3%、女性=46.8%)、「子どもの教育費に使う」(男性=5.7%、女性=10.1%)が続き、「老後・住宅・教育」など、安定した生活や子どもの教育を維持するため、無駄なく堅実に使いたいという声。何かと我慢を強いられる「節約生活」から抜けだし、少しでも「余裕のある暮らし」にシフトしたいと思うのはごく当然のことと言えるかもしれません。また女性に堅実な声が多かった一方、「世界を旅行する」(男性=15.9%、女性=20.6%)、「高級レストラン、グルメの食べ歩き」(男性=5.4%、女性=12.0%)など、形に残るものよりも、心を満たすものにお金を掛けたいという女性が多いことがうかがえます。


「5億円の使い道」に夢を語る声が目立ちましたが、自由回答の中には「残りの人生を考えれば1億円で十分。4億円は慈善団体に寄付する。大金は人の人生を狂わすので、主人を含めて(当選したことは)誰にも言わない」(女性50代、滋賀県)、「東日本大震災復興支援や熊本地震復興支援などに寄付して少しでも役立ててもらう」(男性40代、三重県)など、持ち慣れていない大金を自分で使うより、寄付や社会貢献に役立てたいという人もいました。


今回はサマージャンボのシーズンに合わせ、「宝くじ」をテーマに皆さんのご意見を聞いてきました。「今夏のサマージャンボを買った」と回答した人は3割以上。購入パターンは前後賞合わせて7億円が狙える「連番」(26.3%)よりも、5億円狙いの「バラ」(38.6%)で買い求める人が圧倒的に目立ちました。本来は夢を買うのが宝くじですが、前後賞の2億円を捨てても、多少なりとも「当選確率を上げたい」と願う多くの人びとの切実な気持ちがうかがえます。こうした背景には、5億円の使い道のトップとして「将来に向けての貯蓄(老後のため)」が挙げられたことからも明らかなように、「濡れ手に粟」のお金とはいえ、派手に浪費するほどの心の余裕を持ち合わせていない人がきっと多いのでしょう。高額当選が老後を支える生活費というのは、ちょっと寂しい気もしますが、持ち慣れていない大金で人生を狂わせるよりは、堅実で良い選択と言えるかもしれませんね。さて、今夏のサマージャンボの当選発表日は8月7日(日)でしたが、まだチェックしていない方は今すぐチェックを! 皆さんの幸運をお祈り申し上げます。


最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、宝くじの高額当選を狙い、運気を高める方法をいくつかピックアップしました。次回の宝くじ購入の際に試してみてはいかがでしょうか。


宝くじの運気アップ方法とは?

福袋で保存
  • 「宝くじは佐賀県の宝当神社(良く当たる縁起のよい神社)で買った福袋に、抽選日まで保存して楽しみに待っている」(男性60代、山口県)
招き猫と一緒に
  • 「西の壁側のラックに招き猫と一緒に置いている。あと、その周りには黄色いグッズを置くようにしている」(女性40代、神奈川県)
福が付く県
    「『福』を呼び込みたいので、福がつく県で購入している。保管は神棚などの高いところに置いて念じている」(男性40代、三重県)
冷蔵庫で保管
  • 「買った後は、冷蔵庫で保管する。でも当たったためしはありません」(男性40代、香川県)
愛想の良い売場
  • 「愛想の良い女性のいる店で購入している」(女性50代、兵庫県)
曇りの日に確認
  • 「売場は何となく大きな駅で買うようにしている。当選番号の確認は曇りの日と決めている。全て何となく」(男性50代、神奈川県)
バスとすれ違ったら
  • 「今回は近所を走るバスで、私の好きな登録ナンバーのバスがあるのですが、そのバスとすれ違ったら買うと決めていて、すれ違った日に購入しました」(女性40代、東京都)


「毎週アンケート」終了のお知らせ

「毎週アンケート」終了のお知らせ

2003年9月10日に第1回アンケートを開始してから15年間にわたって実施してきました「毎週アンケ−ト」は、今回をもって終了させていただきます。 毎週、皆さまからのご協力を得てアンケートを積み重ね、今までに計682回ものレポートを発表して参りました。皆さまの暮らしに少しでもお役立ていただけ、楽しんでいただけていたなら幸いでございます。
長い間、ご協力ご愛読いただきました皆様に厚く感謝申し上げます。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で30名様
アサヒスーパードライ
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は2018年7月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html