毎週アンケート
【第12回】アンケート結果:2003年11月26日〜12月2日
今年の忘年会のご予定は?
 
1 まだ決めていない
28.4%
2 2回
22.3%
3 1回
17.9%
4 3回
13.7%
5 行かない
10.2%
6 4回 3.9%
7 5回以上 3.7%
 

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)5,443人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2003年11月26日〜12月2日
 
イメージ
写真
写真
忘年会の参加予定は?:円グラフイメージ
今年の忘年会のご予定は?
「師走」12月は、「忘年会」などでお酒を飲む機会が増える季節です。もともと「忘年会」とは、その年に自分の回りに起こった様々な災難、苦労をきれいさっぱり忘れて、新年を新しい気持ちで迎えるといった意味があったようです。そこで今回は、年末の恒例行事でもある忘年会と、今年1年を振り返ったご自身の採点について伺いました。

「忘年会の予定が既にある」と回答した方は62%、「まだ決めていない(が行くかもしれない)」の方が28%と、全体の90%の方に、なんらかの形で「忘年会」の予定が入りそうです。「大学時代の友達と会うのが恒例」(男性40代)、「会社の恒例行事」(男性60代)など、職場や友人などと「恒例」になっているという回答が多く寄せられました。

ただし、忘年会への参加回数は、性別でその違いが顕著に現れます。男性は、1位の「まだ決めていない」に次いで、2回以上を予定している方が約5割に達し、「仕事絡みは仕方なく」(男性20代)など、職場や仕事関連での参加が目立ちます。中には「5回以上」と「連チャン」で予定している方も6%おり、「年明けはいつも体調が悪い」(男性40代)など、年末はハードスケジュールで飲み歩く方も少なくないようです。一方、女性は「1回」と回答した方が22%と最も多く、きっぱりと「行かない」という方も15%と、男性の2倍以上いました。「主婦なので忘年会はありません」(女性30代)、「子供が小さく預けるところもないので・・・」(女性30代)など、そのうち約6割以上は主婦から寄せられたものでした。

参加一回あたりの費用は?:円グラフイメージ

1回あたりの忘年会の参加費は、約半数の方が「4,000円以上6,000円未満」と回答しています。「主人の飲む機会が多くなり、出費がかさみ家計に響く」(女性30代)など、参加費に対する見方はシビアなようです。また、忘年会への参加回数が多い人ほど、1回あたりの参加費が高額になっているという、面白い傾向も伺えました。忘年会好きな方はこの時期、財布の紐が緩みやすくなるのでしょうか。

一方で、「 グチや説教を聞かされるのはたまらない 」(女性30代)、「カラオケを無理強いされるのは嫌」(男性60代)など、職場や仕事関係の忘年会では、気が休まらず、かえってストレスが溜まるといった回答も寄せられました。なにはともあれ、1年の労をねぎらって、楽しい飲み会にしたいですね。今年の「忘年会」のピークは12月19日(金)だそうです。お店の予約はお早めに。

今年1年間の自分は何点でしたか?

次に、皆さんに「2003年の自己採点」についてお尋ねしました。平均は「59点」。50点以上をあげた方は全体の約8割で、「まあまあの年だった」と感じている方が多い結果となりました。最も回答多かったのは「50〜59点」で全体の21%。「不景気なので主人のボーナスが下がったから」(女性30代)、「無事新年を迎えられるだけ、いいかなという感じ」(女性30代)など、満足しているというよりも、むしろマイナス面があっても、この厳しい景気の中で、何とか「生活できること」への評価といった一面が強いようです。

下に、自己採点別の主だった自由回答をご紹介します。ぜひとも来年は、少しでも点数アップのできる明るい年になってほしいですね。

2003年の自己採点は?:棒グラフイメージ

100点

・「素敵な人に出会えたから」(男性40代)
・「子供の進学が大成功だったから100点」(女性40代)
・「息子が生まれた!!」(男性30代)

80〜99点

・「来年、家を建てることになった」(男性40代)
・「3月に長女、7月に長男が挙式し、夫婦2人の生活をスタートした」(男性50代)
・「阪神タイガースが優勝したから・・・」(男性40代)

60〜79点

・「可もなく不可もなく、普通の1年でした」(男性40代)
・「彼氏とケンカをして辛かったけど、分かり合えた気がする」(女性20代)
・「通信教育をやり遂げたが、試験勉強はいまいち」(男性30代)

50〜59点

・「健康診断に引っかかって、あまり飲めないから」(男性30代)
・「息子が野球のレギュラー落ちした(涙)」(女性30代)
・「年俸制導入、退職金制度改革など、辛いことが多い1年だった」(男性50代)

10〜49点

・「家計が火の車、頭が痛い」(女性40代)
・「風呂は壊れるし、コンピュータはウィルスに・・・」(男性50代)
・「定年後、ぶらぶらして体重が10kg肥えた」(男性60代)

0〜9点

・「株で負けた。痛い」(男性50代)
・「主人がリストラの上、叔母が入院した」(女性40代)
・「体調が悪すぎた」(男性50代)

このページの上部へ
お客様生活文化研究所