毎週アンケート

【第30回】アンケート結果:2004年4月7日〜4月13日

ゴールデンウィークに旅行する?しない?
 
イメージ
写真
写真
■「旅行する派」の理由
 
1 日常生活から脱出しのんびりしたい
20.7%
2 家族サービスのため
19.0%
3 日頃溜まったストレスを発散する
16.5%
4 GW以外に大型連休がとれない
12.1%
5 友人・家族と休日が重なるのがGWしかない
11.2%
 

■「旅行しない派」の理由
 
1 どこへ行っても混雑しているので
32.5%
2 GWは値段が割高なので
20.0%
3 なにしろお金がない
16.1%
4 GW中に仕事で休みがとれない
10.4%
5 友人・家族とスケジュールが合わない
5.9%
 
調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数) 2,832人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2004年4月7日〜4月13日
   
ゴールデンウィークに旅行する?しない?
あと2週間で、いよいよ待ちに待ったゴールデンウィーク(以下GW)が到来。今年は、久々に大型連休も見込めるため、遠出される方もきっと少なくはないのではないでしょうか。そこで今回は、皆さんにGW中の旅行の予定についてお尋ねしました。

「GWに旅行する予定がある」と答えた方は25.8%、「予定がない」方は74.2%と、今年は大型連休が見込めることに加え、回復基調の景気などが起因してか、4人に1人がGW中に旅行を予定していることが明らかとなりました。皆さんは、一体、何故この時期に旅行するのでしょうか?最も多かった理由は、「日常生活から脱出したい」(20.7%)でした。「温泉でのんびりしたいし、家事から開放されたい」(女性30代)、「南の島でのんびりと過ごす」(男性30代)など、日々の仕事で溜まった疲れやストレスを、都会の喧騒から逃れたのんびりとした場所で、ゆっくり癒したいと考える方が予想以上に多いようです。

続いて2位は、「家族サービス」(19.0%)でした。「本当はゆっくりしたいのだけど、やっぱり子供や妻が黙ってはいない」(男性40代)、「ディズニーリゾートで家族サービス」(男性40代)など、休日返上で家族とのコミュニケーションに努めようとする男性からの回答が7割以上を占め、家族思いのお父さんたちの姿が浮き彫りとなりました。

一方、全体の4分の3を占める、GW中に「旅行の予定のない」方の理由を見てみましょう。最も多かったのは、「どこへ行っても混雑しているので」(32.5%)でした。「家でのんびり、たまっている本を読みまくる。せっかくのお休みにわざわざ疲れに出かけたいとは思わない」(女性30代)、「GWはどこへ行っても混雑しており、ゆっくり見物もできない。今年のGWは市民農園で野菜作りに汗を流したい」(男性70代)など、日頃忙しくてできないことに、自宅で思う存分取り組む時間に充てたいという回答が多数寄せられました。中には「GWを外して旅行しようかなと思っている」(男性30代)という声も含まれ、休み方や楽しみ方が一様ではないことがうかがえます。

続いて2位には、「割高で、サービスも悪いから・・・」(男性60代)の声に象徴されるように、「GWは値段が割高なので」(20.0%)があげられました。その他、「近所の公園にバーベキューセットとビールを持って、友人家族とバーベキューパーティをする」(女性30代)、「近場をハイキングする予定。遠くに行かなくても、自然を楽しんだり、おいしいものを食べて、リフレッシュできる」(男性40代)など、なるべく出費を抑えて近場でエンジョイしたいという、「安・近・楽」志向の回答が特に目立ちました。

今回は、GW中に旅行する予定の「ある」方、「ない」方の理由を比較してみました。一見すると行動が異なる、予定の「ある派」「ない派」ですが、その目的には共通項が浮かびます。まず、ひとつは「自分の時間づくり」、そしてもうひとつは「家族との時間づくり」。例えば「自分の時間づくり」のため、安らぎを求め非日常である「海外」を目指す方がいる一方で、「自宅」で読書三昧の生活を楽しみする方がいたり、また「家族サービス」のため、あえて遠出を計画するお父さんがいる一方で、子供と近所の公園でバーベキューを計画する親子がいます。GWの過ごし方は決して「旅行」だけではなく、自分や家族に合った方法で、有意義に過ごしていらっしゃる方が結構多いことがうかがえる結果でした。普段忙しい日本人にとって、こうした大型連休は自分や家族を見つめ直す、案外必要な時間なのかもしれませんね。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所