毎週アンケート

【第39回】アンケート結果:2004年6月16日〜6月22日

ビアガーデン選びのポイントとは?
今年、ビアガーデンに行きますか?  
イメージ
写真
写真
 
1 なにしろ生ビールがうまい
16.3%
2 夕焼け、夜景の綺麗なスポット
13.5%
3 食べ飲み放題がある
11.0%
4 つまみ以外においしい本格料理がある
9.8%
5 お店に清潔感のあるところ
9.1%
6 店員の接客・サービスがよい
6.6%
7 お酒・ソフトドリンクの種類・バリエーションの豊富さ
6.4%
8 会社や自宅から近い
6.0%
9 家族・子連れでも行ける
5.2%
10 大人数、グループで予約ができる
4.8%
 
 
調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)6,676人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2004年6月16日〜6月22日
ビアガーデン選びのポイントとは?
うっとうしい梅雨の合間でも、真夏日並みの天候の日は「あ〜、ビアガーデンに行きたい」・・・仕事をしながら、ついついそんな思いが脳裏に浮かびませんか。そもそもビアガーデンの始まりは1903年、隅田川・吾妻橋のたもと(現アサヒビール本社)に開設されました。以来100年、すっかり夏の風物詩として定着しました、さて今回のアンケートは、本格的な夏の訪れを前に「ビアガーデン選びのポイント」についてお尋ねしました。

「今年、ビアガーデンに行きますか?」という質問に「ぜひ行きたい」と回答した方は40.5%、「機会があれば行きたい」という方が48.2%と、全体の約9割近くの方が「ビアガーデン」へ行きたいという意向を持っています。中には「ビアガーデンは大好きで、毎年欠かさずに行っています。今年もすでに1回行きました。ちなみに仙台のビアガーデンは全て行った」(男性30代)など、ビアガーデンへ行かないと夏が始まらないという熱狂的なファンも少なくないようです。

「野外で飲むといつもよりも早く酔いが回る!」といった声をよく耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?酒量の変化について聞くと「なぜかすぐに酔ってしまうため、いつもよりも飲めない」と回答した方は全体の2.6%に留まりました。その一方で、「お店に活気があり、華やかで賑わっていると、こちらも楽しい雰囲気に浸れ、ついつい飲みすぎてしまう」(女性30代)といった声のように、「いつもに比べ、ついつい飲みすぎてしまう」と回答した方は全体の60.1%と過半数を大きく超えました。「早く酔う」というよりも、むしろ野外の開放感から「つい飲みすぎ」てしまう方の方が多いようです。羽目を外しすぎないように、くれぐれもご注意を・・・。

さて本題です。皆さんは、どのような基準で「ビアガーデン」を選んでいるのでしょうか?圧倒的だったのが「なにしろ生ビールがうまい(店)」(16.3%)でした。「工場直営でビアガーデンをやっている所はやはり気分的にもうまいビールが飲める」(女性30代)、「冷えた生ビールを出してくれればそれで大満足♪ ビールが冷えてないとちょっとがっかりだけど・・・」(女性20代)など、ビアガーデンの決め手は当然といえば当然ですが、やはり「生ビール」でした。

続いて2位は「夕焼け、夜景が綺麗なスポット」(13.5%)でした。「ビルの屋上で、暮れていく夕空を眺めつつ飲めれば最高」(男性40代)、「ビアガーデンに欠かせないのは夜景!風を受け、ビール飲みながら夜景を見る・・・こんな贅沢なことをお手頃価格で気取らずに楽しめるビアガーデンは貴重な存在。今年も夜景スポットを探しにアチコチへ行く」(女性20代)など、野外での飲食体験に非日常感覚を強く感じている回答が多く寄せられました。そのひと時は、都会の喧騒を忘れさせてくれる、格別な時間になっているようです。

とは言え、一方で「エアコンの室外機の排気がまともに来る場所は、避けたい」(男性40代)、「屋上のビアガーデンで、バイキングでもいいが、虫とか入って汚いイメージ!改善して欲しい」(女性20代)など、「野外」であるが故の一層の清潔感を指摘する声が目立ちました。こうした意見は、ランキング5位の「お店に清潔感のあるところ」(9.1%)からも見受けられ、「アルコールを飲むとどうしてもトイレが近くなる。そんな時、トイレがとっても綺麗だと気持ちよーく酔える」(女性40代)などの声に代表されるように、特に「清潔なトイレ」は女性客の必須条件のようです。

同様に、こうした女性ならではの意見で多かったのが9位の「家族・子連れでも行ける」(5.2%)でした。「わが家には3歳と2歳の子供がいるので、やはり子供連れでも行くことができて接客態度が良く、時間制限が無い所でないと行けない。『2時間まで』と時間を決められてしまうと落ち着いて飲めない」(女性30代)、「やはり子供がいるので、ソフトドリンクにジュースがあって、子供も食べられるメニューが多いとうれしい」(女性30代)など、ファミレス代わりに家族で週末に楽しみたいという、ヤングママからの「お願い」もランキングに反映された結果となりました。

さて、ビアガーデン選びの3位に「飲み食べ放題」(11%)、4位に「つまみ以外においしい本格料理がある」(9.8%)が選ばれていることからも見受けられるように、「食べ物」重視の方も決して少なくないようです。そこで、最後に皆さんから寄せられた「ビアガーデンで食べたいメニュー」をいくつかご紹介しましょう。「ゴーヤーチャンプルー、ソーメンチャンプルー、豚の角煮など、沖縄風おつまみがいいね〜」(女性30代)、「絶対温かい料理がいいと思う!意外とビアガーデンは後半冷えてくる事が多いので、湯豆腐とかお茶漬けとかチゲ鍋とかの冬モノ系があったらいいかも!」(男性20代)、「タイ料理や韓国料理など、夏は酸味・辛味のある料理がビールにあう」(女性30代)、「お酒があまり飲めない人でも楽しめるように、スイーツ類が充実してるところがあれば嬉しい」(女性20代)等々、食べたいメニューは尽きないようです。今夏のビアガーデン、是非期待しましょう。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所