毎週アンケート

【第44回】アンケート結果:2004年7月21日〜7月27日

暑くなると食べたくなるものは?
暑いときに体が欲するものは?  
イメージ
写真
写真
 
1 そうめん・冷や麦
18.1%
2 冷やし中華・冷麺
13.4%
3 かき氷・アイスクリームなど
13.1%
4 スイカ
8.8%
5 冷や奴(豆腐)
6.4%
6 焼肉・バーベキュー
5.7%
7 蕎麦・うどん
5.4%
8 カレー
4.7%
9 うなぎ
4.0%
10 酢の物
3.2%
 
調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)2,240人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2004年7月21日〜7月27日
暑くなると食べたくなるものは?

連日、観測記録を上回る激暑が続く今夏−そんな暑い日に、あなたが一番食べたくなるものは何ですか?ツルツルッと、冷た〜い、のど越しの良いもの?それともスタミナ補給に栄養満点のモノ?あるいは汗をいっぱいかきながら、熱くて辛いモノを食べてスッキリ・・・などという方もいらっしゃるのでしょうか。そこで今回は、この季節になると「妙に食べたくなるモノ」についてお尋ねしました。

暑い日に不思議とカラダが欲するモノとは何でしょうか?当然かもしれませんが、最も回答が多かったのは「冷たいモノ」(33.7%)でした。「食欲がなくなるので、さっぱりしていて、冷たくて、口当たりが良いモノが欲しくなる」(女性30代)といったように、「冷たい」のほか「さっぱり」感をあげた方が27.8%、「口当たりの良さ」をあげた方が9.1%と、全体の7割以上の方が「味覚」よりも「食べやすさ」「のど越しの良さ」を欲していることがうかがえます。また「味覚」では、男性が「辛いモノ」(男性=14.2%、女性=12.7%)、女性が「酸っぱいモノ」(男性=7.2%、女性=9.1%)と、刺激のある味覚を求める回答が目立ち、性別によって欲する「味覚」に若干の違いがあるようです。

食べ物別に見ると、堂々の1位は、予想通り「そうめん・冷や麦」(18.1%)。「そうめん、冷や麦など冷たいのど越しの良いものは、夏の食べ物として欠かせない」(男性70代)、「そうめんなど麺類は、連日食べても飽きない」(女性30代)など、食べることさえ億劫になりがちなこの時期、「そうめん」なら食べられるという方が大変多いようです。

男女別:暑いときに体が欲するものは?

続いて2位は、1位同様に麺類の「冷やし中華・冷麺」(13.4%)があげられました。「何と言っても冷やし中華!野菜やハムを好きなだけのせて、口当たりもいいし栄養もある」(女性30代)、「超酢が利いた冷やし中華が最高!」(女性30代)など、栄養面を気にして野菜を多めに摂取できる「冷やし中華」を推す声が多く寄せられ、同じ麺類の1位「そうめん・冷や麦」とは理由が大きく異なっていることがうかがえます。また、「冷やし中華」(男性=12.9%、女性=14%)を支持する声はやや女性に多く、暑くなると「酸っぱい」味覚を欲する女性が増えるという傾向も見受けられます。

同様に女性に人気が高かったのは、総合ランキング3位の「かき氷・アイスクリーム」(男性=11.3%、女性=15.1%)で、女性ランキングでは「冷やし中華」を抜いて2位に浮上しています。「近所にとても美味しい『かき氷』のお店があり、そこの白玉入りミルク宇治金時は最高」(女性60代)、「お風呂に入って、一日の終わりにテレビをみながらアイスクリームを食べるのがすごく幸せ」(女性20代)など、スイーツ好きの女性たちの夏の定番は、やはり暑さしのぎも兼ねて「かき氷&アイスクリーム」で決まりのようです。

一方、ランキングベスト10の中で、唯一辛いメニューとしてランクインした8位の「カレー」(男性=5.3%、女性=4%)は、男性からの支持を集めました。「暑い日はカレーのようなスパイスの利いたモノを食べて、ガーッと汗をかく。その後の爽快感が良い」(男性30代)、「普段は中辛なのに、夏は激辛が無性に食べたくなる」(男性40代)など、「辛さ」が食欲を増進させる効果があるようで、夏バテ防止のスタミナ源として男性から好まれていることがうかがえます。

また9位の「うなぎ」(男性=4.8%、女性=3.2%)も「カレー」同様、スタミナ食として男性に人気の高いメニューとなっています。「夏バテ気味になると『うなぎ』を食べて夏を乗り切っている」(男性30代)、「夏といえば、うなぎ。何か体力がつきそう」(男性50代)など、夏を乗り切るスタミナ系の代表格として「うなぎ」が高い人気を集めています。実は、こうした「うなぎ=夏バテ解消」という習慣を作ったのは、エレキテルの発明で有名な平賀源内だということをご存じですか。「夏の暑さでうなぎが売れない!」という友人のうなぎ屋のために、源内が「『土用の丑の日』にうなぎを食べれば、夏負け知らず!」という宣伝文句を考え、店を繁盛させました。これが世間に広がり、現在のようなスタミナ食としてのイメージが定着したのです。今日では「うなぎ」の高い栄養価が、夏バテ防止に効果があることが医学的に裏付けられているわけですから、さすが源内さんと言わざるを得ませんね。

今回のアンケートは、連日、うだるような暑さが続く中でお尋ねしたこともあり、まさに今、欲しているモノがダイレクトに反映された結果となりました。中には「暑い日が続いているので、噛まなくていいものを食べるようになっている。水分ばかりでお腹や胃の調子がよくない」(女性40代)など、すでに体調を壊されている方もいらっしゃるようです。冷たいものばかりですと夏バテの原因にもなりますので、くれぐれもお気をつけ下さい。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所