毎週アンケート

【第56回】アンケート結果:2004年10月13日〜10月19日

ネットショッピングしてますか?
食品をネット購入した経験がありますか?  
イメージ
写真
写真

SA(単回答)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)13,319人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2004年10月13日〜10月19日
ネットショッピングしてますか?

パソコンの普及に伴い、最近はインターネット利用によるネットショッピングも急激に成長を遂げています。こうした成長の背景には、ブロードバンド(高速・大容量通信)の普及が大きな要因となっているようで、時間を忘れネットサーフィンに夢中になっている方も多いことでしょう。そこで今回は、ネットショッピングの中でも、特に暮らしに密接に結びついている食品の購入について皆さんにお尋ねしました。

まず、今までに「食品・飲料・酒類」をネットで購入した経験を持っている方はどの位いらっしゃるのでしょうか?「毎日の食卓に並ぶものなら、おおむね何でも購入している。地元では買うことの出来ないものが買えるのが一番の利点」(女性30代)など、「よく購入する」と回答した方が13.4%、「何度か購入したことがある」という方が50.2%と、実に全体の6割以上の方が食品類のネット購入経験者であることが分かりました。また「購入した経験がないものの、今後は挑戦してみたい」と前向きな回答も26.9%を数え、全体の9割以上の方がインターネットでの食品購入に興味を示していました。もちろん一方で、「実物を見ないで(手にしないで)、あえてネットショッピングを利用する気はない」(男性50代)など、「購入した経験もなく、今後も購入する気がない」という方も約1割程度おり、口に入れるものだけに、実際の商品を見ずに買うことへ強い抵抗を感じる方も根強くいらっしゃるようです。

■ネットで「食品・飲料・酒類」を購入する場合、どんなものを買いたいですか?
 
1 近所では手に入らない、珍しいもの
67.3%
2 お店で買うよりも安いもの
  49.1%
3 産地直送の鮮度
  48.3%
4 口コミで美味しいと聞いているもの
  27.4%
5 滅多にお目にかかれない、幻の商品
  19.2%
 

MA(複数回答)/ネット購入者(8,466人)

では皆さんは、どのような点に注目して商品を探しているのでしょうか?「近所じゃ買えないので、芋焼酎をネットで買った」(男性30代)など、「近所では手に入らない、珍しいもの」(67.3%)と回答した方が最も多く、自宅に居ながら遠方の商品を入手できる利便性に魅力を感じている方が多いようです。2位は「たくさんのお店の中から値段と商品を比較検討出来るので、結果的にかなり安く購入できる」(男性30代)など「お店で買うよりも安いもの」(49.1%)。続いて3位は「旬の野菜や果物を、現地から直接発送してもらえるので便利」(男性60代)など、「産地直送の鮮度」(48.3%)を重視する声も目立ちました。ほか、「口コミで美味しいと聞いているもの」(27.4%)、「滅多にお目にかかれない幻の商品」(19.2%)と、「希少性」「安価」「鮮度」「口コミ」などのキーワードが購入の決め手となっていることがうかがえます。

■実際に、今までにどんなものを購入しましたか?
 
1 魚介類(カニ、鮭等)・水産加工品(明太子等)
38.6%
2 健康食品
  38.4%
3 菓子・ケーキ類
  37.8%
4 麺類(蕎麦、うどん、パスタ類)
  22.7%
5 肉類(ブランド牛、豚等)・肉加工品(ソーセージ等)
  22.2%
6 フルーツ
  19.9%
7 惣菜(肉まん、餃子等)
  18.8%
8 ワイン
  18.2%
9 日本茶・紅茶・中国茶
  17.7%
10 コーヒー・ココア
  17.3%
 

MA(複数回答)/ネット購入者(8,466人)

それでは次に、実際に皆さんが購入した食品の人気ランキングを見てみましょう。ランキング1位は「魚介類・水産加工品」(38.6%)でした。「北海道の蟹(かに)をよく購入する。特にタラバ蟹(かに)は鮮度もよく、美味しい」(男性40代)、「殻付き牡蠣(かき)が好き。最近は近所のスーパーでもだんだん売るようになったが、やはり新鮮さを考えてネットで購入している」(女性30代)など、「産地直送の鮮度」を重視する声が目立ち、ネットを通じて高級な魚介類を入手している方が意外と多いことが分かりました。

ランキング2位は、1位と僅差で「健康食品」(38.4%)に人気が集まりました。「シジウム茶、TV番組で紹介されて、どこも売り切れだったが、ネットならスグ買える所が見つかった」(男性30代)、「ビタミン・ミネラル豊富なダイエット食品。新聞広告を見てスピーディーに対応できるネットで注文した」(女性40代)など、テレビ、新聞で紹介していた「健康茶」「ダイエット食品」を試しに買ってみたという声が意外に目立ち、インターネット以外の他メディアからの影響を受けてネット購入に至っている方も結構多いようです。

男性ランキング

1   魚介類・水産加工品   41.7%
2   健康食品   32.9%
3   菓子・ケーキ類   23.7%
4   麺類   23.2%
5   肉類・肉加工品   21.3%

MA(複数回答)/男性購入者(3,261人)

女性ランキング

1   菓子・ケーキ類   46.6%
2   健康食品   41.8%
3   魚介類・水産加工品   36.7%
4   肉類・肉加工品   22.7%
5   麺類   22.4%

MA(複数回答)/女性購入者(5,205人)

続いて3位は、2位の「健康」「ダイエット」とやや相反する「菓子・ケーキ類」(37.8%)がランクインしました。「近所の店のケーキはもう食べ尽くしたので、ネットで新しいおいしい味にめぐりあえるとうれしい。クレジット決済をするとついつい買ってしまうのだけど、これくらいしか贅沢してないので・・・」(女性30代)、「乳児がいるため、東京方面に行けなくなりネットで手に入れられる美味しいお菓子類を探しては購入する。遠くて行けないお店でも、ネット販売をしていると嬉しい」(男性20代)など、地方の有名店、また限定スイーツなど、以前は現地へ行かなくては決して手に入らなかった逸品を味わえると、その利便性を歓迎する回答が特に女性から多数寄せられました。事実、女性ランキングでは「菓子・ケーキ類」が46.6%を数え、ダントツの1番人気でした。

■商品をネット購入したキッカケは?
 
1 店が発行するメルマガを読んで、ネットへアクセスしてみた
34.3%
2 ネットサーフィンを楽しんでいたら、たまたま辿り着いた
33.0%
3 TV番組、雑誌・新聞の記事で紹介されたのを見て、ネットで調べてみた
29.0%
4 以前食べた経験があり、大変おいしかったのでネットで調べてみた
27.3%
5 広告を見て良さそうだったので、ネットを調べてみた
16.7%
 

MA(複数回答)/ネット購入者(8,466人)

購入ランキングを見ると、多くの皆さんがバラエティ豊かな様々な食品類を購入されている事が分かりましたが、そもそもこうしたネットショッピングを後押しするキッカケとは、いったいどんな事なのでしょうか?次に、お目当ての商品にたどり着くまでの経緯について見てきましょう。実に興味深いことに、最も多かった回答は「店が発行するメルマガを読んで、ネットへアクセスする」(34.3%)でした。「梅干しは、メルマガでお値打ちなキャンペーンなどやっているとよく購入する」(男性50代)、「メルマガに登録し、その店のこだわりとか姿勢を理解した上で購入を決める」(女性20代)など、ホームページでは伝えきれない商品説明や特別セールの情報を、お店が発行しているメールマガジンを通して敏感にキャッチしている方が予想以上に多くいました。2位は「買う当てが無く宝探し気分でいろいろ見てみるのも面白い。偶然に、良いものを発見できたりするので・・・」(女性30代)など、「ネットサーフィンを楽しんでいたら、たまたまたどり着いた」(33%)。そして3位には、先ほども回答にあった「TV番組、雑誌・新聞の記事で紹介されたのを見て、ネットで調べてみた」(29%)でした。このように購入動機の主な理由は、消費者自身の自主的なリサーチというよりも、むしろメルマガ、テレビなどによる「メディアの影響」や「偶然の発見」による衝動買いといったものが大きく影響していることがうかがえます。

今回は「食品・飲料・酒類」のネット購入について伺ってきました。購入経験者からのコメントの多くが、ネット購入の利便性により、時間の節約、良いものを安く買えるという喜びの声が多く、忙しい現代の生活スタイルにマッチした「新しいチャネル」として浸透していることが明らかとなりました。とは言え、一方で「店頭より安く、お得だという利点があるが、送料をプラスすると店頭と同じ位、もしくはそれより高くなってしまうこともしばしば。『1万円以上で送料無料』と書いてあると、そんなに欲しくなくても、無理やり1万円を超えるように買い物したりしてしまうのが問題」(女性20代)、「個人情報管理や購入時のセキュリティが不安。会員登録すると、勝手にメルマガを送りつける会社は迷惑(メルマガは選択できるのが良い)」(女性30代)など、「送料負担」「個人情報保護のセキュリティ」と、消費者のネットへの不満や不安が完全に払拭し切れていないのも事実です。皆さんの声を参考にしながら、賢いネットショッピングをお楽しみください。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所