毎週アンケート

【第63回】アンケート結果:2004年11月30日〜12月7日

男に欠かせない身だしなみは?
 
1 口臭
69.6%
2 体臭
55.8%
3 フケ
55.6%
4 鼻毛
42.3%
5 髭(ひげ)
32.7%
6 髪型(寝癖、長さ)
32.2%
7 肌のコンディション(肌荒れ、吹き出物)
11.2%
8 その他
1.5%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

 
イメージ
写真
写真
調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,607人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2004年11月30日〜12月7日
男に欠かせない身だしなみは?

最近、ドラッグストアの男性化粧品の売り場では、スキンケア、オーラルケアにデオドラント等々の品揃えが女性並みに充実しています。清潔感や若々しさを保ち、人に不快感を与えないことは、仕事の場でも、プライベートでもプラスに作用するはずです。とはいえ、日々忙しく仕事に追われるビジネスマンの中には、なかなか「身だしなみ」まで手が回らないという方も多いのでは?そこで今回は、男性に欠かせない「身だしなみ」について皆さんにお尋ねしました。

男性の身だしなみは、見た目よりも「清潔さ」

まず皆さんは、男性の「身だしなみ」のどんな点に不快感を感じているのでしょうか?気になるトップは「口臭」(69.6%)でした。「口臭など、人に迷惑をかけない事が第一だと思う」(女性30代)など、見なりや見た目以上に「ニオイ」に敏感な方が多く、特に仕事柄、人とコミュニケーションをとることが多い営業マンは注意が必要なようです。2位は「体臭」(55.8%)でした。「職場に風呂に入らない人がいるが、体臭がたまらなく臭い。わざわざ近づかなくてもそのニオイが漂ってくるし、近くを通ればむせてしまうほど強烈。身だしなみは、男女を問わず必要最低限のことはするべきだと思う」(男性30代)など、1位同様に現代人の「ニオイ」に対する関心の高さが見受けられます。続いて3位は「フケ」(55.6%)でした。「会社では、パリッとしたワイシャツにネクタイが基本。髪の毛も寝癖やフケがすごいと、ひいてしまう」(女性30代)という声が多数寄せられ、フケの目立つスーツ着用時は肩への配慮も忘れてはならないようです。こうして、上位の回答を見て分かるように「身だしなみ」以前に、身体や衣服の「清潔さ」が求められていることがうかがえます。

男性本人よりも、意外に厳しい女性のチェック!?

では普段、自分の「身だしなみ」を気にしている男性は、一体どのくらいいるのでしょうか?「清潔感と流行を少し取り入れた服装を心がけている」(男性30代)など、「非常に気にしている」と回答した男性は11%、「まあまあ気にしている」という方が63.2%と、全体の74.2%がどこかしら「身だしなみ」に気を配っていることが分かります。一方、女性に男性の「身だしなみ」について伺うと、「非常に気になる」が17.1%、「まあまあ気になる」が76.1%と、実に9割以上の女性が男性の「身だしなみ」に関心を寄せており、男性本人以上に厳しい視線を送っていることが明らかになりました。とはいえ、「男は中身だと思う・・・」(男性20代)など「全く気にしない」という男性も2.1%いました。

身だしなみを気にしていますか?気になりますか?

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

「身だしなみ」の第一歩は、「鼻毛」から

■男性回答:普段行っている身だしなみは?
 
1 鼻毛の手入れ
  72.1%
2   髭をきれいに剃る
  59.3%
3   爪の手入れ
  55.0%
4   毎日のシャンプー
  51.6%
5   髪型を整えている
  50.2%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

実際に、「身だしなみ」に関心のある約8割の男性は、普段どんな対策を講じているのでしょうか?断トツの1位は、意外にも「鼻毛が目立たないように手入れをする」(72.1%)でした。「おかしくない程度に、鼻毛の処理を心がけている」(男性40代)など、格好はどうであれ「鼻毛」の露出だけは避けたいという男性の声が多く、「身だしなみ」の第一歩は「鼻毛」カットから・・・といっても過言ではない結果となりました。続いて2位は、「髭(ひげ)は剃り残しなく、完全に剃る」(59.3%)でした。「髭が濃いので、毎日カミソリで奇麗に剃っている」(男性40代)、「髭(ひげ)を剃ると剃った後、青くなるのが嫌だから髭は剃るより抜く」(男性30代)など、手入れをしていない髭(ひげ)を古くから「不精髭(ぶしょうひげ)」と呼ぶように、なんとなく物ぐさで、不潔な印象を与えることを懸念し、洗顔、歯磨き同様に、毎朝、髭剃りを日課している男性も少なくないようです。

男性が気づかない、「タバコ臭」の不快感

■女性回答:男性にお願いしたい身だしなみは?
 
1 鼻毛の手入れ
  71.3%
2   タバコ臭・体臭対策
  66.6%
3   爪の手入れ
  60.3%
4   ワイシャツのほころび
  56.3%
5   髪型を整える
  49.9%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

一方、女性が、男性にこれだけはお願いしたいという「身だしなみ」とは、どんな事でしょうか?1位はやはり男性同様に「鼻毛処理」(71.3%)でした。どんなに着飾ろうと、どんなにカッコイイ男性であっても「鼻毛」が覗いているだけで、興ざめといった女性が案外多いようです。続いて2位は、男性ランキングでは低調であった「タバコ臭、体臭対策」(女性-66.6%、男性=19.8%)が上位にランクインしました。「たばこ臭いと人間性も疑う」(女性30代)、「ちゃんとニオイが消えるスプレーなど使うべき!男性化粧品が出来て良い傾向だと思う」(女性20代)など、喫煙する男性が案外気づいていないのが、自分の「タバコ臭」です。特に電車内などでは体臭ばかりでなく、衣服に付着したタバコのニオイだけで不快を感じている方も結構多いようです。また、こうした女性ならではの視点で寄せられた4位の「ワイシャツのえりや袖口にほころびがなく、清潔なものを着用する」(女性=56.3%、男性=36.1%)も同様かもしれません。「首まわりや袖口が汚れていたり、シミがついた物を着ていたりすると、どんなにステキな人でも幻滅してしまう」(女性20代)など、女性の重視するポイントは、男性が心がけている「身だしなみ」とは、必ずしも一致をしていないことが分かります。

20代は「洗顔石鹸」「リップクリーム」、年齢とともに「スキンケア商品」に

■普段使用している身だしなみグッズは?
 
1 整髪剤
  45.1%
2   洗顔クリーム・石鹸
  31.3%
3   リップクリーム
  27.2%
4   スキンケア・クリーム
  26.1%
5   口臭剤
  19.1%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

普段、男性が使用している化粧品や、身だしなみグッズの定番1位は「整髪剤(ジェル、ムースやスプレーなど)」(45.1%)でした。「男性化粧品は、整髪料やスキンクリームなどの保護系は問題ないが、色をつける演出系は全く不要」(男性40代)など、整髪料や肌荒れを防ぐスキンクリームやローションは化粧品とはいえ、差ほど抵抗感なく使用している男性が多いようです。続いて2位は、「洗顔専用クリーム・石鹸」(31.3%)。実は、洗顔用にクリームや石鹸を用意するのは、特に20代、30代男性(20代=40.6%、30代=40.9%)の声に目立っており、年齢とともに減少し60代以上では半数の20.7%でした。さらに、世代間で顕著な違いが見られる化粧品が3位の「リップクリーム」でした。20代では、51.6%と半数以上を超えているものの、やはり60代以上では13.5%と低い利用率でした。一方で、年齢とともに利用率がアップしているのが、総合4位の「スキンケアローション、クリーム」(26.1%)です。男性に限ったことではありませんが、年齢とともにホルモン分泌などの影響で皮脂の分泌量が減少し、手荒れ、肌荒れなどドライスキンの症状が増えることから、必然的にスキンケア商品の利用が多くなるものと考えられます。

 世代別:普段使用している身だしなみグッズはなんですか?

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

43.7%が、「男性化粧品」に抵抗を感じる

男性回答:男性化粧品に対する抵抗感は?

※SA(単回答)

様々な「男性化粧品」が市場に出回っていますが、男性の皆さんはこうした「化粧品」の利用に何らかの抵抗を感じているのでしょうか?「他の人が使っていても気にならないが、自分が使うには抵抗を感じる」(男性30代)など、「非常に抵抗を感じる」と回答した方が11.9%、「やや感じる」という方が31.8%と、全体の43.7%が積極的に利用するまでには至っていないようです。一方で、「男性用香水など男性化粧品も最近は良い物が出ているし、最近はつけている男性も多くなってきている。男性が身だしなみとして、化粧品を使うのは良いことだと思う」(男性50代)など、「(抵抗を)全く感じない」という方も13.9%おり、男性間でも賛否両論であることがうかがえます。

また、こうした結果に対して女性たちは「息子が毎朝シャン、毎晩お風呂、しかも洗面台は息子の化粧品で溢れている。男なのにと腹が立つ!男は黙って石鹸だ」(女性40代)、「化粧品は無香性のものが好ましい。コロンやその他化粧品の匂いが不快な人が増えた気がする」(女性30代)など、「清潔さ」や「ニオイ」に関するチェックが厳しかった一方で、男性化粧品の香料、ヘアスタイルやファッションにこだわり過ぎる男性に違和感を得ている方も決して少なくないようです。中には、「男性もエステに行く人がいるような時代。女性よりきれいにならないで下さい」(女性30代)など、美しくなりすぎている男性に危機を感じている女性もいました。

今回は、男性の「身だしなみ」について皆さんに伺ってきました。こうして見てくると、「身だしなみ」と「男性化粧品」は必ずしも一致するものではないことが分かります。既に述べてきたとおり、男の「身だしなみ」は見た目や身なりよりも、むしろ「清潔さ」が求められています。「男性化粧品」を使用する云々以前の段階で、お風呂に入る、洗髪する、歯を磨く、鼻毛の手入れをする、衣服を洗濯する・・・等々、当たり前のことかもしれませんが、他人に不快感を与えない公衆マナーを保つことが、必要最低限の男の「身だしなみ」とも言えそうです。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所