毎週アンケート

【第73回】アンケート結果:2005年2月16日〜2月22日

休日はブランチ派?
休日に食べる最初の食事は?  
イメージ
写真
写真

SA(単回答)

世代別:休日、最初の食事は?

SA(単回答)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)2,206人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年2月16日〜2月22日
休日はブランチ派?

休日はいつもよりも朝寝坊して、のんびりと遅めのブランチ−まさに至福の瞬間といえるかもしれません。中には「休日はご飯を作らない日」「とにかく寝たいだけ寝る日」「ちょっと贅沢なご飯を食べる日」など、日頃、慌しい生活を送っている分、たまの休日は普段と異なる時間を楽しみたいという方もきっと少なくないのでは?そこで今回は、皆さんの休日の朝食、昼食についてお尋ねしました。

8割近くがちょっと朝寝坊して遅めの食事

さて皆さんは、休日一番初めの食事をどのようにとっているのでしょうか?最も多かったのは「休日の朝はゆっくり起きるので、遅めの朝食を食べのんびり過ごしている」(男性40代)など、「平日よりもやや遅めに朝食をずらして食べている」と回答した方が全体の47.5%、「いつもよりも朝寝坊して、ブランチにしている」という方が29.6%と、全体の8割近い方が時間に追われる心配のない休日の朝をゆっくりと過ごしていることが明らかとなりました。中には「休日とはいえ、子供達の習い事(サッカー)があり、普段とあんまり変わらない」(女性30代)など、「平日と変わらない時間に朝食を食べる」という方も全体の20.6%おり、家族構成や世代によっても休日の食生活に違いがあることがうかがえます。

20代に目立つ「ブランチ派」、年齢とともに「遅めの朝食」へ

次に世代による違いを見ていきましょう。「休日だと昼以降に出かける事が多いので、ゆっくり起きて簡単なブランチをとることが多い」(女性20代)など、20代では「ブランチ派(朝食と昼食を一緒にとる)」が49.1%と圧倒的でしたが、30代では35.4%、40代で25.8%と年齢が上がるに連れて、「ブランチ派」から「遅めの朝食」へ移行しています。また最初に食事をとる時間を見ても、20代で「10:00〜11:59」(38%)、「12:00〜13:59」(21.1%)と遅めの食事を支持する方が目立ったのに対し、年齢が上がると共に次第に「〜7:59」「8:00〜9:59」という声が膨らみ、休日といえども食事の時間が早まっていることが明らかとなりました。こうした背景には、「子供達はいつもより早く起きてテレビアニメを観ているので、朝食や昼食も平日よりゆっくり食べられる時間があるだけで、『ブランチ』なんて言っていられない」(女性30代)など、自分の好きな時間に起きて、好きな時間にご飯を食べられる未婚者と、家族がいる既婚者との生活スタイルの違いが大きく影響しているようです。

世代別:休日起きて、最初に食事を摂る時間は?

SA(単回答)

20代は「自分」中心、30、40代は「家族」主体、60代以上は「夫婦」へ

では皆さんは、休日、どなたと一緒に昼食を食べているのでしょうか?20代では「ひとりで」(34.7%)という回答が目立ったのに対し、30代、40代では「家族と」(30代=51.4%、40代=59.4%)が増し、「自分」中心のブランチから「家族」「子供」主体の食事へと結婚とともに移行していることが分かります。さらに60代以上では、「家族と」(32.7%)から「夫婦と」(50.9%)に回答が大きく変化し、子供の巣立ちや自身の定年退職を契機に、休日の食生活を見直すご家庭も少なくないようです。

世代別:誰と一緒に昼食を過ごしていますか?

SA(単回答)

休日ランチは、手間いらずの「麺類」「ホットプレートもの」が人気

「休日の昼食」で皆さんはどんなことにこだわっているのでしょうか?1位は「手間が掛からないもので、簡単に済ませる」(56.2%)でした。「休日の昼食は出来合いのものを買ってきたり、ピザを配達してもらったりすることが多い」(男性60代)、「カップラーメンや冷凍食品で済ませる」(女性40代)など、優雅な休日ランチをゆっくりと楽しむというよりも、むしろ時間と手間の掛からないものですばやく腹を満たしているという声が多数寄せられました。こうした理由には「休日ぐらいは妻もゆっくりとしたいでしょうから、インスタントものが多い・・・」(男性40代)など、主婦の家事労働を労う家族の配慮もあるようです。中には「私が作るチャーハン、『とうチャーハン』が人気」(男性40代)など、「奥さんに代わって、お父さんがご飯を作る」(4.1%)という休日主夫を楽しんでいるご主人もいました。

■休日の昼食のこだわりは?
 
1   手間が掛からないもので、簡単に済ませる。
  56.2%
2   パジャマ着たまま、家でのんびりと食べる。
  27.5%
3   あまりヘビーではないものを軽く食べる。
  19.2%
4   ファーストフード、牛丼屋、ラーメン屋などですばやく食べる。
  16.6%
5   いつもの昼食と変わらない。
  14.5%
6   近所のお洒落なレストランやカフェなどに赴き、休日気分を楽しむ。   11.7%
7   美味しいものを求め、ちょっと遠出する。   10.7%
8   ランチとともにワインやビールなどアルコールを飲む。   8.5%
9   時間があるので、いつもよりも手間の掛かる料理を作る。   8.0%
9   いつもはご飯ものが多いが、休日は洋食が多い。   8.0%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)


こうしたことが背景にあるのか「休日の昼は麺類がほとんどでうどん、そば、パスタ、焼きそば、ラーメンを交互に食べている」(女性30代)、「家族が揃っている日は、ホットプレートで焼きそばやお好み焼きを作りながら食べる」(女性50代)など、手早く作れ、さっさと食べられる麺類や、家族に料理を任せられるホットプレートを使ったメニューが定番となっているご家庭も多く見受けられました。もちちん、中には「休日は家族5人分、朝、昼、夜と支度をするので、洗い物を含め、旅館のまかないさんのような忙しさ」(女性40代)など、家族の揃う休日ほど家事に追われているという主婦もいました。

パジャマ姿で、TV、新聞を見ながらのんびり食事が幸せ

続いて2位は「パジャマ着たまま、家でのんびりと食べる」(27.5%)でした。「パジャマを着たまま、朝刊を見ながらのんびりと・・・」(男性60代以上)、「化粧もせず、髪もボサボサのままで、思いっきりくつろいでゆっくり時間をかけてテレビを見ながら昼食をとる」(女性20代)など、人目を気にすることないラフな出で立ちで、TVや新聞を見ながらのんびりと食事をしているという声が目立ちました。また「布団を敷きっぱなしで また ゴロゴロするときもある」(女性50代)など、食後にゴロゴロ昼寝と洒落込む至福の時を楽しんでいる方もいました。

噂のお店を求め、街歩きを楽しむアクティブな夫婦も

以下、上位には「あまりヘビーではないものを軽く食べる」(19.2%)、「ファーストフード、牛丼屋、ラーメン屋などで素早く食べる」(16.6%)・・・等々。休日の昼食はあまりお金を掛けず質素に済ますという方が多数を占めましたが、もちろん、その反面、6位の「近所のお洒落なレストランやカフェなどに赴き、休日気分を楽しむ」(11.7%)、7位の「美味しいものを求め、ちょっと遠出する」(10.7%)など、いつもよりもちょっとリッチな外食をエンジョイしている方もいます。「月1回は、主人と雑誌で紹介されたお店にランチを食べに出掛ける。高級なお店でも、夜よりも手軽な値段で楽しむ事ができるので、毎月、楽しみ」(女性30代)、「食事作りは毎日休みがないので休日はお休みをもらったつもりで、外食をすることが多い。最近は近所で美味しいという噂のお店を一軒ずつ制覇している」(女性30代)など、美味しいお店を求め、週末ごとに街探索を楽しんでいるという夫婦も決して少なくありませんでした。

アルコールとともに、ちょっとお洒落な休日ランチを満喫しているご家庭も

また外食ばかりでなく、「カフェめし風にワンプレートで、パスタか肉、魚料理とサラダをセットにして盛り付ける。食後は香りの良いコーヒーをゆっくりと飲む」(男性30代)など、自宅で時間を掛けて豪勢なランチ作りに挑戦している方もいました。また「ワインやビールを用意してサンドイッチ、野菜サラダ、パスタなどを作り、ゆっくりとテレビを観ながら味わう。昼間、のんびりと過ごす時間って、ささやかな贅沢」(女性40代)など、「ランチとともにワインやビールなどアルコールを飲む」(8.5%)という回答も比較的に多く寄せられました。仕事のストレスから開放され、家族や夫婦と一緒にほろ酔い気分で心地良い昼食を満喫できるのも、休日ならではと言えるかもしれません。

今回は休日の朝食、昼食について皆さんにお尋ねしました。結果を振り返ると、独身者、既婚者、家族構成や世代によっても、休日の過ごし方は大きく異なっていることが分かります。また多くの皆さんが休日だからといって特別な朝食や昼食を作ったり、食べたりしているわけではなく、むしろ素早く、質素に済ませているという声が多数寄せられました。「軽くパンやうどん程度。仕事をしないから、お腹もあまり空かない」(女性30代)、「こだわりがなくパンなどで軽く済ませる」(女性60代以上)など、休日ののんびり感覚と比例して、必ずしも昼食へのこだわりが増すものではないことがわかります。中には「平日は主人の帰りが遅く、夕飯を一緒に食べられる事がほとんど無く、休日くらいは一緒に食べたいので夕食をメインに考える。お昼は夕食に差し支えない程度に」(女性30代)という声も寄せられました。食事に対する考え方を通じて、皆さんの休日の過ごし方・考え方を垣間見た今回の調査でした。週末の食生活、皆さんのご意見を参考にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所