毎週アンケート

【第80回】アンケート結果:2005年4月6日〜4月12日

連休の過ごし方を教えて?
今年のGWはどのくらい休める?  
イメージ
写真
写真

※SA(単回答)

■今年のGWにしたいことは?
 
1 家の片づけ・掃除・洗濯 44.8%
2 とにかく寝る(睡眠)・ゴロゴロする 31.2%
3 ショッピング 30.8%
4 日帰り旅行(温泉、観光地巡り) 26.9%
5 家族団らん・子供と遊ぶ 26.8%
6 TV・ビデオ(DVD)鑑賞 20.6%
7 ドライブ 19.0%
8 街散策・食べ歩き 18.2%
9 国内旅行(宿泊あり) 16.8%
10 家庭菜園・ガーデニング 16.5%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)5,109人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年4月6日〜4月12日
連休の過ごし方を教えて?

春の陽気が心地良いこの季節になると、そろそろ気になり始めるのが今年のゴールデンウィーク(以下「GW」)。今年は5月2日(月)と6日(金)に休みがとれれば、何と最高10連休。旅行にレジャーにと、アクティブな計画を立てている方も多いのでは。中には混雑を避け、美味しいお酒を飲みながら、ゆっくりご自宅で映画三昧なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、今年のGWの計画についてお尋ねしました。

7割近くが5日間以上、うち2割が9日以上の大型連休

今年のGW、皆さんは一体どの位休みが取れるのでしょうか?「5〜6日」が26.4%、「7〜8日」が23.7%と、全体の約半数が約1週間前後。さらに「10連休なので海外旅行を予定している」(女性30代)など、今年はカレンダーに恵まれたこともあって「9日以上」(17.3%)という声も多く、久々の長期休暇を思う存分楽しみたいと、計画に余念のない方も少なくないようです。もちろん、一方で「GWは嫌い。楽しむ人がいれば、それを支える人もいる。あーあ、一度でいいからGWに連休をとってみたい」(男性50代、リゾートホテル勤務)、「自営業のため休める時間が少ない。皆さんが楽しんでいるのをテレビで見て、うらやましく感じる」(女性50代)など「休みなし」(8%)というサービス業、自営業の方からは、世間の動きを羨望する声も寄せられました。

アクティブレジャー派<のんびり休養派−年齢増す毎に「休養派」増加

あなたの連休はレジャー派?休養派?

※SA(単回答)

さて、7割近くの方が5日間以上の休暇を予定していることが明らかとなりましたが、今回の大型連休を「レジャー」中心で過ごすのでしょうか、それとも「休養」に専念する予定なのでしょうか。「観光地への道路は渋滞し、駐車場やイベント会場なども混む。ツアー代金も高くなるので、家でのんびりしていようかなと思う」(女性50代)など、どこへ行っても混んでいて余計に疲れが増すという回答も多く、大型連休とはいえ「ゆっくりのんびりの休養派」が全体の68.6%を占めました。こうした傾向は世代によっても異なり、年齢が増すにつれて「休養派」が多くなる一方、若さあふれる20代では「2泊3日で旅行を予定。旅行先では、観光、と体験プログラムを楽しみたい。それとは別に、日帰りでラフティングにも行く予定」(女性20代)など、「アクティブなレジャー派」(32.9%)がどの世代よりも目立っていました。また「天気が良ければゴルフに行き、家族とも弁当を持って河川敷にでも行きたい」(男性30代)など、「天気」の良し悪しも計画に大きな影響を与えそうです。好天に恵まれれば、陽気に誘われ「アクティブなレジャー派」がもう増えるかもしれませんね。

世代別:レジャー派?休養派?

※SA(単回答)

GWにしたいことの1位は「家の片付け・掃除・洗濯」!?

では、皆さんの具体的な計画を見てみましょう。GWにしたいこと−堂々の1位は「家の片付け・掃除・洗濯」(44.8%)でした。「衣替えの季節なので、衣類、寝具等洗濯と入れ替えや掃除で忙しい」(女性50代)、「2〜3日かけて、普段なかなかできない片付けや、本格的な大掃除&部屋の模様替えで部屋も気分もリフレッシュしたい」(女性30代)など、普段忙しくて手のまわらないことをしたいという声が多数寄せられました。特に、ご主人が在宅している連休中は、衣類、寝具、コタツやストーブなど冬物と夏物との入れ替え、家具の移動など・・・女手だけではなかなか大変な力仕事を手伝ってもらえる絶好のタイミングでもあるようです。

男性は「とにかく寝る・ゴロゴロ」、女性は「ショッピング」

■男性:GWにしたいことは?

 
1   片づけ・掃除・洗濯   37.7%
2   寝る・ゴロゴロする   30.4%
3   日帰り旅行   25.3%
4   ショッピング
  25.0%
5   家族団らん   23.9%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)


次に男性、女性のランキングを見ていくことにしましょう。1位は男女ともに「家の片付け・掃除・洗濯」でしたが、男性2位には「とにかく寝る・ゴロゴロする」(男性=30.4%)がランクインしました。「普段睡眠不足気味なので、思いっ切り眠ってみたい」(男性40代)、「人混みは苦手なので、外出は控えて家でゴロゴロ、のんびり休養」(男性60代)など、日ごろの睡眠不足を解消すべく、とにかく「寝貯め」したいという声が目立ちました。中には「転職して大幅に収入ダウン、家でゴロゴロしているしかなさそう」(男性40代)など、出掛けたくても先立つものがないので、仕方なくゴロゴロするという方もいました。また、主婦からは「旦那・子供は休みでのんびりできるけど、私は朝・昼・晩食事をつくり、家族がゴロゴロしている中をぬって掃除をするのは大変。正直言ってGWなんていらない」(女性40代)など、連休になるとかえって余計な家事労働が増えるという愚痴も寄せられました。

■女性:GWにしたいことは?

 
1   片づけ・掃除・洗濯   51.0%
2   ショッピング   36.0%
3   寝る・ゴロゴロする   30.9%
4   家族団らん   29.0%
5   日帰り旅行   27.6%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)


一方、女性の2位は「とにかく寝る・ゴロゴロする」を上回って、「ショッピング」(女性=36%)が挙げられました。「友人とゆっくりおしゃべりして、買い物をしてストレス解消をする」(女性40代)、「ショッピングをし、美味しい食事を摂り、ゆったりとした休暇になれば良い」(女性50代)など、女性たちにとって「ショッピング」とは、おしゃべり、食事同様にストレス解消を促し、心に充実をもたらす方法のひとつとなっていることがうかがえます。対してご主人からは、日ごろできない家族サービスの一環として、「ショッピング」に仕方なく付き合っているといった声も寄せられました。

GWは、宿泊を伴わない日帰り旅行が人気

こうして上位の回答を見てくると、旅行やレジャーに出掛けるといったアクティブな声よりも、むしろ普段の休日と差ほど変わらない過ごし方をする方が案外多いようです。レジャーに関する回答でも「身近な日帰り温泉場へドライブを兼ねて入浴を楽しみたい」(女性50代)など、全体の4位に「日帰り旅行」(26.9%)、7位に「ドライブ」(19%)と宿泊を伴う旅行を計画している方は意外に低調でした。もちろん、中には「10日間、京都で上げ膳据え膳」(女性40代)、「ラスベガスへ行く。最高級ホテルに泊まり、チケット入手困難なショーを見たり、世界遺産を見たり・・・と、今からとても楽しみ」(女性30代)など、「国内旅行(宿泊あり)」(16.8%)、「海外旅行」(2.4%)で十分羽根を伸ばすという方もいました。なんとも羨ましい限りですね。

連休後は「節約生活」。体調不良を訴える20代・30代も急増?!

■正直、連休明けはどうですか?

 
1   しばらく節約生活が続く   29.3%
2   普段と差ほど変らない   25.8%
3   疲れがでて、仕事が辛い   25.6%
4   会社へ行きたくなくなる   18.0%
5   体調を崩すことが多い   17.7%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)


大型連休は、皆さんに十分なリフレッシュをもたらすのでしょうか?最後に、例年GW明け、皆さんの精神面、健康面や生活がどのような変化しているのかについてお尋ねしました。最も多かったは、連休中に「お金を使いすぎ、しばらくは節約生活が続く」(29.3%)という声でした。遠出を控え、近場で日帰りドライブを楽しむ方が多いとはいえ、家族揃っての外食やレジャーの出費は馬鹿にはならないもの。たまの休みだからと、つい財布の紐が緩み、休み明けのやりくりが厳しくなるご家庭も少なくないようです。また世代によって体調面での違いが顕著で、GWをアクティブに過ごした20代、30代では「一気に疲れがでて、仕事が辛い(だるい)」「夜更かしがたたり、朝起きられない」「会社へ行きたくなくなる」と不調を訴える回答が目立ちました。一方、50代、60代以上の方からは、連休後も「普段と差ほど変わらない」「十分にリフレッシュでき、仕事(生活)がはかどる」といった回答が多数寄せられ、年齢を重ねると共に、連休とはいえども生活のリズムや自己管理を怠らないという方が多くなるようです。

正直、連休明けはどうですか?

※SA(単回答)


今回は、間近に迫ったGWの予定を皆さんに伺ってきました。今年は、ここ数年の中でも、まれに見る大型連休となることから、海外渡航者数の増加や、「愛・地球博」等の国内レジャーの活性化など、景気回復の追い風と大いに期待が寄せられています。こうした期待とは裏腹に、今回の調査ではアクティブにレジャーを楽しみたいという方よりも、むしろのんびりと休養したいと望む声が多数寄せられる結果となりました。GWにしたいことの1位「家の片付け・掃除・洗濯」、2位「とにかく寝る・ゴロゴロする」は、案外、普段忙しすぎる私たちの姿を浮き彫りにしているのかもしれません。掃除にしても、ゴロ寝にしても、旅行にしても、とにかくGWは「「普段できないことをする期間」であることには変わりません。久々の大型連休、皆さんの「普段できないこと」は、どんなことですか?

このページの上部へ
お客様生活文化研究所