毎週アンケート

【第95回】アンケート結果:2005年7月27日〜8月2日

あなたの好きなカレーを教えて?
カレーを食べる頻度は?  
イメージ
写真
写真

※SA(単回答)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)8,502人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年7月27日〜8月2日
あなたの好きなカレーを教えて?

8月を迎え、暑さが一段と厳しさを増してきました。こう暑くなると、なぜか無性に食べたくなるのがカレー。夏バテで食欲不振の時にも、そのスパイシーな香りに思わず食欲を掻き立てられるという方もきっと少なくはないことでしょう。そこで今回は、日本人が大好きなカレーについてお尋ねしました。

4人に1人が「週1」でカレーを食べる、カレー王国ニッポン

皆さんはどのくらいの頻度でカレーを食べているのでしょうか。「月に一度たっぷり作り、小分けにして、冷凍して楽しんでいる」(男性50代)など、一度、カレーを作ると数日間はカレー・デーという家庭も珍しくないようで、「月2〜3回程度」(47.8%)と回答した方が全体のほぼ半数に達しました。さらに「毎週日曜日のランチは、スープカレーの日と決めている・・・」(女性30代)など、全体の4人に1人が「週1回以上」(25.2%)の頻度でカレーを食べていることが明らかとなり、ラーメン同様に日本人の大好きな人気メニューの1つであることを改めて実感させられます。また「週1回以上」の飲食頻度を性別で比較してみると、女性が20.4%に対し、男性が30.6%と、より高い頻度で男性がカレーを食べていていることが判りました。男性は女性に比べ、自宅以外でもカレーを口にする機会が多いのでしょうか。

カレーを食べる頻度は?

SA(単回答)

9割以上が「自宅」で。男性に目立つ「カレーチェーン店」「社員食堂」

皆さんは、一体どこでカレーを口にしているのでしょうか。性別で見てみましょう。まず、男性のトップは「自宅」(91.8%)でした。「市販のルーを混ぜて作るカレー。一般的だが、簡単に作れるのが一番」(男性40代)など、市販のカレー・ルーを使った自宅での調理が広く普及しており、普段料理をしない男性でさえカレーだけは凝って作るといった声が目立ちました。続いて2位は「カレーチェーン店」(19%)、また4位には「社員食堂」(11.5%)もランクインしました。「某チェーン店のカレーが好き。カツなどのトッピングは多めで・・・」(男性40代)など昼食時にオフィスの社員食堂、また営業の合間にチェーン店のカレーショップに足を運ぶビジネスマンが多く、牛丼、ラーメンやファストフード同様にお手軽な昼食メニューとしての人気の高さがうかがえます。その一方、女性1位は男性同様に「自宅」(96.6%)であったものの、2位には「カレー専門店」(13.3%)、また4位には「インド料理店」(8%)が挙げられました。「本場のインドカレーをナンで食べるのが好き」(女性20代)など、エスニックな風味がより強い本格カレーを好む傾向が女性に目立ち、男性と女性ではカレーの嗜好や食事としての捉え方にも少なからず違いがあるようです。

男性:どこでカレーをよく食べますか?

1 自宅 91.8%
2 カレーチェーン店 19.0%
3 カレー専門店 17.3%
4 社員食堂・学食 11.5%
5 インド料理店 4.4%

女性:どこでカレーをよく食べますか?

1 自宅 96.6%
2 カレー専門店 13.3%
3 カレーチェーン店 11.7%
4 インド料理店 8.0%
5 ファミリーレストラン 4.1%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

プロが作る本格的なものよりも、お母さんが作るカレーが好き

好きなカレーの種類についても伺ってみました。堂々の1位は「家庭で作るカレー」(81%)。「昔、母から教わったのだが、隠し味にケチャップを入れると美味しい。母の作ったカレーが一番美味しくて、いつもおかわりしちゃう」(女性30代)など、最もポピュラーな家庭料理として定着しており、プロが作る本格的なカレーよりも、むしろお母さんが作る味が好きという声が多数寄せられました。次に2位に「インドカレー」(30%)、3位に「欧風カレー」(16.7%)と続きました。また、女性からの支持が高かったのが、4位の「東南アジアカレー(タイ、インドネシアカレー等)」(女性=15.1%、男性=8.3%)。「グリーンカレーが好き。家で作るときはナンプラーが欠かせません。それと生のバジル」(女性20代)など、インドや欧風カレーとはまたタイプが異なるココナッツミルクをたっぷり使った独特のカレーが苦手という方も多い反面、病み付きとなっている女性たちが多いのも確かなようです。

■あなたの好きなカレーの種類は?

 
1 家庭で作るカレー(市販ルーを使って作るカレー)   81.0%
2 インドカレー(キーマカレーも含む)    30.0%
3 欧風カレー(ブイヨンをベースにしたカレー)   16.7%
4 東南アジアカレー(タイ・インドネシアのグリーンカレー、ココナッツカレーほか)   11.9%
5 ドライカレー   11.3%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

北海道で大人気の「スープカレー」とは?

カレーの好みを地域別に比較してみると、各地方ともに差ほど大きな違いはなく「家庭で作るカレー」をトップに、「インドカレー」「欧風カレー」「東南アジアカレー」が上位を占めているものの、唯一、北海道だけは「スープカレー」(29%) 人気が高く、「家庭で作るカレー」に次いで2位にランクインしました。最近人気の高まってきた「スープカレー」ですが、発祥地である地元・札幌では100店舗を超えるスープカレー専門店がひしめき合い、すでにラーメンを超える人気グルメにまで躍進しているそうです。ここ最近では、ジンギスカン同様に北海道グルメとして、東京でも出店が相次いでおり、今後、「スープカレー」ブームは全国へ飛び火する勢いがあります。

■北海道:あなたの好きなカレーの種類は?

 
1 家庭で作るカレー(市販ルーを使って作るカレー)   77.5%
2 スープカレー   29.0%
3 インドカレー(キーマカレーも含む)    26.1%
4 欧風カレー(ブイヨンをベースにしたカレー)   11.3%
5 和風カレー(鰹節や昆布など和風だしを使用)   8.6%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

東日本の豚肉文化 VS 西日本の牛肉文化

こうして見ると、カレーは外食以上に「家庭で作るカレー」にこだわりを強く持っている方が多いことが分かります。そこで、自宅でカレーを作る時、皆さんがメインとする具材について地域別に見ていくことにしましょう。面白いことに、「東海」エリアを境に東側の「北海道」「東北」「関東」「信越」に住んでいる人は「豚」をメインにしたポークカレーを、一方、「関西ではカレーといえば牛肉が当たり前・・・」(男性40代 大阪府)など、西側の「北陸」「近畿」「四国」「中国」「九州」に住んでいる人は、「牛」をメインにしたビーフカレーを好んで作る傾向が高いようです。またカレーばかりでなはく、「肉じゃが」に関しても、西日本で肉といえば牛であるのに対し、東日本では豚肉が主流と言われています。こうした背景には、もともと産地の近さや流通による影響が強かったようですが、ではラーメンのスープが西日本へ行くほど、「トンコツ味」主流になるのは何故でしょう。東と西の食文化にはまだまだ謎が多いようですね。

地域別:牛肉派VS豚肉派

SA(単回答)

「中辛派」と「辛口派」で人気二分、数種類のルーをバランス良く混ぜる上級者も。

お好みの辛さのレベルは?

※SA(単回答)

カレーの辛さについてはいかがでしょうか。最も支持が高かったのが「中辛」(44.7%)、続いて僅差で「辛口」(41.3%)と大きく2つの辛さに好みが二分化される結果となりました。また「大人用と子供用を一回に作るので、出来上がってから子供用と大人用の鍋に分け、子供用には牛乳と市販のコーンスープをいれ辛味を抑える。大人用は好みで黒こしょうを足している」(女性30代)など、小さなお子さんのいるご家庭では辛さを抑える様々な工夫を凝らし、大人用と子供用を作り分けているご家庭も少なくありませんでした。さらにカレー作りの上級者になると、「ルーは3種類ほど、激辛3割辛口4割中辛3割を極力味の違ったもので混ぜる」(男性30代)など、辛さの異なるカレールーを絶妙なバランスで加えているという方もおり、好みに合わせた辛さ調整がカレーを美味しく食べる上で欠かせないポイントとなっていることがうかがえます。

カレーの友はニ大漬物「福神漬け」&「らっきょう」でキマリ!

■欠かせない付け合せやトッピングは?

 
1   福神漬け 53.4%
2   らっきょ 38.7%
3   ソース(中濃、ウスターなど) 18.4%
4   揚げ物(コロッケ、メンチカツ) 15.7%
5   スライス・とろけるチーズ 13.4%
6   ゆで卵(半熟含む) 13.2%
7   何かを掛けたりトッピングもしない 12.9%
8   生卵 11.7%
9   醤油 11.2%
10   目玉焼き 7.4%
 

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

皆さんのご家庭では、カレーの仕上げにどのような付け合せやトッピングを加えているのでしょうか。堂々の1位は「福神漬け」(53.4%)、続いて2位に「らっきょう」(38.7%)と定番のニ大漬物が上位を占めました。「カレーが見えなくなるくらい福神漬けをのせて食べる。トロッとしたカレーと福神漬けのカリカリ感のある歯ごたえが好き」(女性30代)、「らっきょうのみじん切りをソースに入れる」(男性30代)など、付け合せとしてばかりではなく、カレーを煮込む時に「福神漬け」や「らっきょう」の汁を隠し味として加えるという方もおり、カレーの辛さにアクセントを与える甘酸っぱさと歯ごたえの良さが人気の理由となっていました。また6位に「ゆで卵(半熟ほか)」(13.2%)、9位「生卵」(11.7%)、10位「目玉焼き」(7.4%)とベスト10圏内に「卵」を挙げる声が多数寄せられました。「少し辛めに作り、子供には温泉卵を入れている。私もそれが病み付き」(女性30代)など、卵が辛さを和らげ食べ易するばかりではなく、カレーと卵の相性の良い味に高い支持が集まりました。

ビーフカレーに赤ワイン、辛いカレーに炭酸系アルコール飲料も悪くない

「欧風カレーには赤ワイン。エスニックでスパイシーなカレーにはカルーアミルク」(女性20代)。カレーと聞くと、お酒との相性があまり良いようには感じない方もいるかもしれませんが、ビーフカレーには渋みのあるフルボディの赤ワイン、辛いカレーにはビール、ドライな缶チューハイやスパークリングワインなど、炭酸系アルコール飲料との取り合わせも、案外、悪くはないようです。ぜひ、次回はお酒と共にお召し上がり下さい。新しい発見があるかもしれません。

今回は皆さんに、夏でもなぜか食欲を掻き立てられる「カレー」について伺っていました。実に全体の96.6%が「月1回以上」の頻度でカレーを食し、日本の食卓に欠かすことのできない家庭の味であることが浮き彫りとなりました。とはいえ、カレーの味や好みは決して一様ではなく、性別や住んでいる地域、家族構成などによっても好みや具材に違いが見られ、その種類や味のバリエーションも各家庭によっても多種多様化していることがうかがえるアンケート結果となりました。特に、東日本の「ポーク派」と西日本の「ビーフ派」は大変興味深い結果で、今後のテーマとしてぜひ取り上げていきたいところです。最後に、市販のカレー・ルーを使った家庭カレーを、さらに美味しくする「隠し味」を皆さんからこっそりと教えて頂きましたのでご紹介します。

インスタントコーヒー 「ナスやカボチャの揚げ物を添えたカレーが好き!家で作る時に、インスタントコーヒーを加えるとコクが出て美味しい」(男性40代)
バナナ 「自宅で、丸1日かけて大量に作るカレーが大好き。手間と時間はかかりますが、牛筋を半日以上かけて煮立てた『だしスープ』を素に作るカレーは、お店で食べるよりおいしい!!すりおろしりんごの他に、ミキサーでペースト状にしたバナナを入れるのもお勧め」(女性30代)
蜂蜜 「以前テレビ番組でカレーが冷えて固まるのを防ぐには、蜂蜜を加えておくと良いと言っていた。確かに固まらないが、入れ過ぎると甘くなってしまう。かといって少ないと、やはり固まってしまう。調節が微妙」(男性50代)
焼肉のタレ 「水の代わりにトマトジュースと牛乳。ベストはトマトジュース7に牛乳3、あとそこに焼肉のタレを入れる」(女性20代)
ジャム 「出来上がったカレーにアップルパイに使用するりんごジャムを入れるとまろやかになる」(女性50代)
お酢とケチャップ 「お酢とケチャップは、TVでお店の味になるといっていたので実践!味に深みが出て、お酢とケチャップの酸味がコクを出してくれますよ」(女性30代)
「お餅を小さく切って煮溶かすと、寝かさなくてもとろみがでますよ」(女性40代)
マスタード 「市販のルーを使う時、コクが足りないなと思うときなどマスタード(粒マスタードでも可)を少し入れる」(女性40代)
調理用ビール酵母と
昆布茶
「調理用ビール酵母と昆布茶を必ず加えている。味が濃くて実にまろやかになる。これはお奨め」(男性60代)
愛情? 「隠し味は愛情の掛け声(なんちゃって)。我が家の隠し味はニンニク」(男性40代)
このページの上部へ
お客様生活文化研究所