毎週アンケート

【第99回】アンケート結果:2005年8月24日〜8月30日

この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?
■この夏、酒の席で話題になった印象深いニュースは?
 
1 郵政解散、ホリエモンも参戦の衆議院選挙 47.0%
2 広がるアスベスト被害 24.8%
3 野口聡一さん、スペースシャトル無事帰還 23.0%
4 プール天井も落下 宮城で震度6弱 22.6%
5 2年連続2度目の優勝、駒大苫小牧 14.8%
6 若貴兄弟、”お家騒動” 14.4%
7 杉田かおる、奥菜恵セレブ離婚 13.4%
8 ロンドン同時多発テロ事件 12.5%
9 インターネットで話題となった「電車男」が大ヒット 8.6%
10 愛・地球博、入場者数1500万人突破 8.5%
 
 
イメージ
写真
写真

※MA(複数回答)/n(有効回答数)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,497人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年8月24日〜8月30日
この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

まだまだ残暑が厳しいものの、今年の夏も余すところあと僅か。今夏を振り返ると、世界陸上、世界水泳、シャトル打ち上げ、アスベスト被害や郵政民営化法・・・等々、悲喜交々、さまざまなニュースがテレビや新聞を賑わせました。そこで今回は、この夏、お酒の席やご家庭での晩酌時に大いに盛り上がった印象深いニュースや話題について、皆さんにお尋ねしました。

堂々、この夏のニュース第1位「郵政解散、ホリエモンも参戦の衆議院選挙」

この夏、10大ニューストップは話題沸騰中の「郵政解散、ホリエモンも参戦の衆議院選挙」(47%)でした。「『どこの党に入れる?』という話題で、みんなの意見がそれぞれ違っていて新鮮。今まであまり選挙の話なんてしなかったので、今回、いろんな人と話をすることで、自分の考えていなかった部分についても見えてきた」(女性30代)、「広島6区でのホリエモンの出馬、これはなかなかの見もの・・・」(男性60代)など、今まで政治にあまり興味のなかった若い有権者から将来の日本を憂う年配者まで、今回の選挙への注目度は残暑同様にヒートアップしている模様です。中には「有名なら誰でもいいのか、女性なら誰でもいいのか・・・、 劇場化もいい加減にして欲しい・・・」(男性60代)など、厳しい声も寄せられました。いずれにしても、しばらく選挙から目が話せない日々が続きそうです。

国民の不安が広がる、「アスベスト被害」&「宮城県沖地震」

続いて2位は「広がるアスベスト被害」(24.8%)、4位に「プール天井も落下 宮城で震度6弱」(22.6%)と、私たち国民の不安、心配が募る衝撃的なニュースも上位に挙げられました。「日に日に出てくるアスベスト被害、何だか恐ろしい気がする」(女性60代)、「宮城での地震は実際に東京でも大きいと感じたし、いつ東京にも大きな地震が来るのか・・・」(女性40代)など、テレビ、新聞で報道されているこうした衝撃写真や映像に「明日は我が身」、そんな不安に駆られた方も少なくないようです。また、地震の影響で、「関東の地震の時には、東京駅にいて3時間の足止め。東北の地震では、主人の実家(青森)にいてUターンを1日延期した上、ようやくとれた翌日の新幹線の指定券も運休のため無駄に・・・。もう地震に泣かされてばかり」(女性30代)など、せっかくの夏休みを十分楽しめなかったという方もいました。

第3位は「野口さんの活躍」、と同時に宇宙開発の問題も

3位は「野口聡一さん任務果たし、スペースシャトル無事帰還」(23%)。「野口さんの快挙が一番の話題。いつの日か、宇宙旅行が出来るかもしれない可能性を、私達にも与えてくれているよう・・・」(女性60代)、「やっぱりスペースシャトルで宇宙に行った野口さんはすごいと思う。難しい修理までやり遂げたし、さすがだ」(女性30代)など、日本人飛行士・野口聡一さんの今回の任務に対しては賞賛の声が多数寄せられ、暗いニュースの多いここ最近の中で、久々の明るい話題となりました。と同時に、「原因特定が出来ないままのスペースシャトルを打ち上げた事に対する不満と驚き。無事に帰ってきたから良かったものの、もし無事に帰ってこなかったら、どの様な対応をしたのでしょう?」(女性40代)など、今後の宇宙開発に対する問題を提起する意見も目立ちました。

男性は「スポーツ」の話題が尽きない。ジャイアンツの不甲斐なさにガッカリも

次に性別による、この夏の10大ニュースを見てみましょう。男性ランキングでも、総合ランキング上位同様に「衆議院選挙」「アスベスト被害」「スペースシャトル帰還」「宮城県沖地震」といった話題が上位を占めたものの、5位に「2年連続2度目の優勝、駒大苫小牧」(15.4%)、7位「プロ野球セ・パの首位争い激烈」(11.1%)、8位に「W杯最終予選1位突破、3度目のW杯ドイツ大会へ」(10.8%)と、ベスト10圏内にスポーツの話題が多数挙げられました。「駒大苫小牧のV2は同じ道産子として非常にうれしかった」(男性50代)など、昨年の大快挙をまた今年も成し遂げ、北海道在住者のみならず全国から温かい声援が寄せられました。とはいえ優勝後に暴力問題で「ケチ」が付いたことは、非常に残念なことですね。またここ最近、「サッカー」人気に圧され気味の「プロ野球」に対しては、「中継を見ながらビールを飲むのが楽しみですが、今年のジャイアンツの不甲斐なさは見ていてがっかり」(男性40代)など、優勝争いから既に外れているジャイアンツに手厳しい声も目立ち、良いにつけ、悪いにつけ、男同士の酒の席では「スポーツ」の話題が尽きないようです。

■男性回答:この夏、酒の席で話題になった印象深いニュースは?

 
1 郵政解散、ホリエモンも参戦の衆議院選挙   50.6%
2 広がるアスベスト被害   26.0%
3 プール天井も落下 宮城で震度6弱   19.1%
4 野口聡一さん任務果たし、スペースシャトル無事帰還   18.1%
5 2年連続2度目の優勝、駒大苫小牧   15.4%
6 ロンドン同時多発テロ事件   12.8%
7 プロ野球セ・パの首位争い激烈   11.1%
8 W杯最終予選1位突破、3度目のW杯ドイツ大会へ   10.8%
9 若貴兄弟、”お家騒動”   9.9%
10 杉田かおる、奥菜恵セレブ離婚   8.7%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

女性はワイドショー、TVドラマ「電車男」も話題に

一方、女性の回答で多かったのが5位「若貴兄弟、”お家騒動”」(19.7%)、6位「杉田かおる、奥菜恵セレブ離婚」(18.8%)と、ワイドショー番組を連日賑やかした話題でした。「若貴兄弟は二人とも好きだったので、はやく仲直り出来たら良いなあと思っている」(女性40代)、「『杉田かおるさんは、何が本当で何が嘘か分からないよね』とか、よく話した・・・」(女性20代)など、あまり良い趣味ではありませんが、他人の揉め事をつい覗き見してみたくなるのが正直なところですね。また「芸能界」同様に、女性たちに目立ったのが「TVドラマ」で人気急増中の9位「電車男」(10.5%)でした。「電車男はすごく面白い。ドラマがあった次の日は必ず話題になる」(女性30代)など、昨年大ヒットした「世界の中心で、愛をさけぶ」同様に、書籍、映画、TVドラマ化とメディアを巧みに使ったプロモーションもさることながら、従来のドラマにはありえなかった、いわゆる「オタク」を主人公にしたストーリー展開も、知らない世界を垣間見る感覚として女性の興味をくすぐる要因になっているようです。

■女性回答:この夏、酒の席で話題になった印象深いニュースは?

 
1 郵政解散、ホリエモンも参戦の衆議院選挙   42.8%
2 野口聡一さん任務果たし、スペースシャトル無事帰還   28.8%
3 プール天井も落下 宮城で震度6弱   26.6%
4 広がるアスベスト被害   23.6%
5 若貴兄弟、”お家騒動”   19.7%
6 杉田かおる、奥菜恵セレブ離婚   18.8%
7 2年連続2度目の優勝、駒大苫小牧   14.0%
8 ロンドン同時多発テロ事件   12.1%
9 インターネットで話題となった「電車男」が大ヒット   10.5%
10 愛・地球博、入場者数1500万人突破   8.5%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

今回は「この夏、お酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュース」をテーマに、皆さんのご意見をお寄せいただきました。トップの政治からロマン、社会問題、自然災害にスポーツ、またランキングベスト10圏外のニュースでも、例えば13位に「プロレスラー・橋本真也さんの早すぎる死」」(5.9%)、15位に「レッサーパンダ風太くん、大フィーバー」(5.1%)、18位に「さらばハマの大魔神・佐々木主浩投手」(3.3%)など、悲しい訃報、ブームや一時代の終焉等々、改めて明るいニュース、暗いニュースが共に交錯する2005年の夏であったと強く実感します。最後に、皆さんから寄せられた「この夏、身の回りに起こった印象深いニュース」を下記にいくつかご紹介します。

■この夏、身の回りに起こった印象深いニュース

驚き ・「イタリア語を習っているので、イタリアに旅行へ行く事にしたが、ホテルの予約もレストランの予約もすべて、自分でイタリア語で予約をした事に、自分で驚いた」(男性30代)
幸せ ・「この3ヶ月ほどで、一番美味しかった食べ物は何?と旦那さんに質問したら、『ツナおにぎり』(私が作った)と、実にシンプルな食べ物を速攻で回答された。でも・・・私の作ったおにぎりが1番だなんて、、、ふふふふ〜結婚4年目久しぶりにとっても幸せな気分になった。しばらくは忘れられない私だけのニュース」(女性30代)
怒り ・「ネットで見つけ予約したホテルが、なんと通された部屋に、お風呂どころかトイレも無く、洗顔等も廊下に出て全て共同、民宿以下のレベルに怒り、そのうえ宿泊客なのに、1泊の自家用車駐車料金3000円も徴収され怒りよりも、呆れた。けどやっぱり憤慨した、もう2度と行かない!」(女性50代)
痛み ・「尿路結石になり、そのあまりの痛さに大暴れし、担当のお医者様のあごに不可抗力とはいえ、パンチをいれてしまったこと」(女性50代)
哀しさ ・「奥さんの浮気。非常にショックだった。その反面お互いの気持ちを再確認し、毎日必ずコミュニケーションをとる様に心がけている」(男性30代)
疲れ ・「会社の引越し。従業員が約120名の営業所だが、新しい営業所に引越した。住所も電話番号もFAX番号も全て変わり、これは大変な作業だった。しかもお盆に引越したので、ほとんどの人は夏休みもお盆休みもなし」(女性40代)
怖さ ・「江戸川区震度5弱。両国で電車が止まって最寄の駅まで歩いて帰った。みんな歩いていた。映画『宇宙戦争』を見た後だったので、自分が体験しているみたいでちょっと怖かった」(男性20代)
励み ・「マンション購入。人生最大のお買い物。これから節約生活に励む」(女性20代)
寂しさ ・「長男はサッカーの合宿で、次男は幼稚園のお泊り会でそれぞれ外泊し、だんだんと親の手から離れていくと思うと、やっぱり寂しいな」(女性40代)
喜び ・「妻の妊娠!! 結婚15年以上経っての初懐妊には、何をおいてもビックリかつ印象深い出来事」(男性40代)
仲直り ・「旦那と久しぶりに大ゲンカして離婚まで発展!今では仲良くやっているが、その時は本当に離婚するかもって思うほど、大喧嘩しちゃいました」(女性20代)

このページの上部へ
お客様生活文化研究所