毎週アンケート

【第102回】アンケート結果:2005年9月14日〜9月20日

あなたにとって大切な日はいつ?
あなたにとって大切な日はいつ?

SA(単回答)

イメージ 写真 写真
調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)2,153人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2005年9月14日〜9月20日
あなたにとって大切な日はいつ?

1週間=7日=168時間の中で、あなたにとって最も大切な曜日・時間はいつですか?それは、あなたが自分を取り戻せる時間ですか?それとも何かに集中し没頭できる時間?子供と遊び時間?リラックスできる時間?・・・。今回は皆さんが1週間の中で大事にしたいと思う、そんな「大切な時間」についてお尋ねしました。

約7割が「大切な(好きな)日」=「土・日」

皆さんが好きな、または大切にしている曜日は一体いつでしょうか。「土曜日は、まだ明日も休日と思えるとリラックスできるので好き」(女性50代)など、「土曜日」と回答した方が全体の44.9%。続いて「家族と1番リラックスして共に過ごせる時間、毎週日曜日のお昼は家族そろってグルメに出掛ける」(女性30代)など「日曜日」という回答が24.5%と、目覚ましをセットせずに堂々と寝坊できる、また家族と過ごす時間が持てるなどの理由から、「土・日」を大切な日と実感している方が全体の約7割に達しました。また「お弁当を作らなくていい、出掛ける人達を起こさなくていい、明日の朝はゆっくりと眠れる」(女性40代)など、家族を送り出さなければならない主婦からも、平日朝の慌しさから開放される週末が好きという回答が多数寄せられ、「土・日」好きは決してサラリーマンやOLばかりではないようです。とはいえ、中には「日曜、家にいる主人や子供の世話で疲れるので、月曜皆がいなくなった後に休日をとっている」(女性20代)という方もいました。

夜更かしのできる「週末の夜」が好き!

時間帯はどうでしょうか。全体としては「金曜日の夜はゆっくり酒が飲める、はしごで遅くなっても気にならない」(男性50代)、「土曜日の晩は夫婦で楽しく外で食事を楽しんでいる」(男性60代)など、お酒を飲んだり、食事をしたり、比較的にゆったりとした時間を過ごしやすい「夜」(41%)に人気が集中していました。さらに「大切にしている曜日」と「大切にしている時間帯」の関係についてさらに詳しく見てみると、特に「夜」という回答は「金曜日」と「土曜日」に目立っていることが判り、翌日のことをあまり考えなくても良いという理由から、夜更かしができる「休前日の夜」を大切にしている方が大変多いことがうかがえます。

「大切な曜日」X「時間帯」

SA(単回答)

金・土曜日派が夜帯に対し、日曜日派は朝・昼帯が好き

また同じ休みでも「日曜日」が好きと回答した方は、「金・土曜日」を好む方とは異なり、どちらかといえば「朝」「昼」を重視している傾向があるようです。「いつものように早く起きなければならない理由はないが、習慣で5時に起きてゆっくり朝食を食べる。読みたい本などを読んでいると、夫が目覚め、二人でゆっくりお茶を飲んで買い物に。このゆっくりした時間がとても気に入っている」(女性50代)、「普段仕事に忙しく子供と触れ合う事がない主人ですが、日曜日はマイホームパパをしてくれる。私も唯一子供から少し開放されホッとできる時であり、家族がある幸せを感じることができる日」(女性30代)など、「日曜日」派は休日の朝食を時間に追われることなく優雅な時間を楽しんだり、小さなお子さんのいるご家庭では午後から家族揃ってレジャーへ出掛けるといった声も寄せられ、時間を有意義に過ごしている様子が垣間見られます。また日曜日の夜帯が不人気な理由として「日曜になって、子供が『ちびまる子ちゃん』を見出すとブルーになる(笑)」(男性30代)などの声も挙げられ、日曜日の夕方以降になると明日からの出社を思い、つい溜め息が多くなるサラリーマンも少なくないようです。

「1人で過ごす派」と「家族と過ごす派」に大きく2分化

誰と過ごす?

※SA(単回答)

次に、その「大切な時間」を誰と過ごしているのかを伺ってみたところ、最も多かったのは「1人で」(39%)という回答でした。さらに興味深いことに「1人で」と回答した方に特徴的に見受けられたのが、好きな時間帯として「深夜(12:00am以降)」(4.6%)を挙げる声が目立った点です。こうした背景には「平日の夜は、子供も、旦那も寝てしまい、一人静かに自分のためだけに時間を使える」(女性30代)など、誰にも邪魔されず、一人になれる深夜の時間帯に自分の居場所を求め、普段できないやりたいことをコッソリと楽しんでいる方が案外多いということかもしれません。その一方、「家族と」(33.4%)という回答も全体の3分の1に達し、大切な時間は「1人で」、または「家族と」過ごす傾向が高いことが分かりました。

「誰と」X「時間帯」

SA(単回答)

大切な時間は「お酒を飲みながら・・・」過ごす

皆さんは、その「大切な時間」に一体何をしているのでしょうか。堂々の1位は「お酒を飲む」(28.4%)でした。「長編の映画などを好きなお酒を飲みながら、じっくり深夜に観るのが至高の喜び」(男性40代)、「お酒を飲みながらインターネットをしている時が一番楽しい」(女性30代)など、皆さんの回答の多くに「お酒を飲みながら・・・」という表現が多数見受けられた。いわば「お酒」は、大切な時間を過ごす時にその傍らに欠かせないアイテムとなっていることがうかがえます。

■大切な時間に何をしている時が、あなたにとって幸せ?

 
1 お酒を飲む   28.4%
2 食事をする   28.3%
3 テレビを観る   24.7%
4 趣味に没頭する   22.4%
5 ぼーっと1人の世界に浸る   20.7%
6 インターネットやメールをする   20.3%
7 ビデオ・DVDで映画を観る   15.7%
8 お気に入りの場所に出掛ける   10.4%
9 ショッピングする   10.3%
10 ドライブする   9.2%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「食事」=人とのコミュニケーションを楽しみ、元気を取り戻す

2位は「食事をする」(28.3%)でした。「いつも一人で食べているので、やっぱり人と食べると美味しいし楽しい」(女性30代)、「二人で本を見ながら、普段は作らない、多国籍料理を作って楽しんだり、作ったものを食べながら、いろいろと会話を楽しむ時間が幸せなひととき」(男性20代)など、「食」は文字通り「人」を「良くする」と言われるように、単に「食べる」という行為のみに終始せず、カップル、夫婦や家族など、「食」を介して通じ合うコミュニケーションを楽しんでいるという声が多数寄せられました。たとえ豪華な食事ではなくても、家族や夫婦での他愛のない会話が1週間の疲れを癒す元気の源となっている方も少なくはないようです。

「テレビを観る」=すべてから解放された自由な時間

続いて3位は「テレビを観る」(24.7%)。「ご近所、ママ友関係で疲れることが多いのでお酒につまみで、テレビを見ながらぼーっとするのがスキ」(女性30代)、「ゆっくりとくつろぎながらビールを飲んで、テレビを見ていると、いつの間にか転寝している状態が非常に心地よい」(男性60代)など、「テレビを観ている状態」=「すべてから解放された自由な時間」と捉えても、案外、そう遠くないかもしれません。夕食の片付けを終え、お茶を飲みながら好きなドラマを観るお母さんや、好きなゴルフ中継を見ながら1人でビールを飲むお父さんなど、あまり難しいことは考えず、テレビを観ながら何もしない時間も、普段忙しい現代人には必要な時間と言えます。また同様に、「ぼーっと1人の世界に浸る」(20.7%)という回答も5位に挙げられました。

「何かをする」ための事前準備や計画に幸せを実感

他には、「金曜日の深夜」を選んだ50代の男性は「(釣りに)行くまでに色々と準備したり、釣りのイメージを膨らましたりとか、そういう過程の方が楽しくなってきている。一番楽しいのは、釣り場に向かっている時の、車の中かもしれません」(男性50代)、「彼氏に週に一度日曜に会えるので、日頃はできないネイルしたり、次の日着ていく服を選んだり、お肌の手入れをしたりといっぱいすることがあり、土曜の夜はすぐに時間が過ぎてしまう♪会うまでのワクワク、ドキドキする土曜の夜が幸せなひととき」(女性20代)など、どこに行こう、何を食べようなど1人で様々な事柄を想像する、「何かをする」ための事前準備や計画に幸せを感じ、それを自分にとっての「大切な(好きな)日」と捉えている方もいました。

今回は皆さんに「大切な(好きな)時間」について伺いました。アンケートでは「大切な日」=「土・日」といった回答が目立ちましたが、これはもちろん土・日週休2日間制のサラリーマン家庭が多いことによります。「理容業なので、月曜日定休の前夜が最もリラックスタイム」(男性60代)など、自営業者やサービス業の場合は、当然、それが平日に当たるわけです。いわば、「大切な日」は「休前日、および休日」と言った方が正しいでしょう。そう考えると皆さんの「大切な日」とは、つまり仕事から離れたところで、いかに自分自身をリフレッシュすることができるか、ということになるかもしれません。良い仕事の為には私生活の充実はもちろん、1週間に1度は、身体、頭の力を抜いて緊張を解きほぐす時間、このオンとオフの切り替えが案外重要と言えそうです。それは人によって「テニス」だったり、「お酒」だったり、「家族団らん」だったりと様々なようですが、大切なのはストレスから解放された自由な時間をうまく作り出すことのようです。良い休日を過ごし、気持ちの良い朝を迎えたいものですね。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所