毎週アンケート

【第119回】アンケート結果:2006年1月18日〜1月24日

スパ、健康ランドは好きですか?
「大型入浴施設」は好き?  
イメージ
写真
写真

※SA(単回答)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,477人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2006年1月18日〜1月24日
スパ、健康ランドは好きですか?

日本人の風呂好きは今さら言うまでもありませんが、とにかくテレビ、雑誌でも「温泉特集」を目にしない日はありませんよね。もちろん、ちょっと足を伸ばして温泉旅行に出掛けられれば申し分はないのですが、時間や懐を考えると、そう度々は難しいもの。そんな風呂好きの要望に応えるのが、いわゆる「健康ランド」や「スパ」と呼ばれる大型入浴施設です。ひと昔前まではお年寄りの憩いの場といった雰囲気があった「健康ランド」も、最近では入浴施設のほかエステやシアターコーナーなど、客層を広げる様々な工夫をしているところも少なくなりません。そこで今回は、皆さんに大型入浴施設の利用についてお尋ねしました。

6割以上が「大型入浴施設」を楽しんでいる一方、衛生面が気になるという声も

さて、「大型入浴施設」が好きな方はどの位いるのでしょうか。「いろんな種類のあるスーパー銭湯は大好き!」(男性30代)など、「大好き」と回答した方が23.3%、「まあまあ好き」という方が40.2%と全体の約6割以上の皆さんがスパや健康ランドといった「大型入浴施設」を楽しんで利用していることが明らかとなりました。また「行ってみたいんですが、遠いんですよ。郊外にあったり、車でしかいけなかったり、もっと街中にあるといいんだけどな」(女性40代)など、「興味はあるが行ったことはない」という方も16.3%おり、実に8割以上の皆さんが「大型入浴施設」へ高い関心を寄せていることがうかがえ、昨今の人気の高さを実感させられます。その一方、「人がごちゃごちゃしている」(女性20代)、「衛生面で不安があるし、見ず知らずの人々と同じ風呂に入りたくない」(女性40代)など、芋を洗うような人の多さや衛生面が気になるという理由から「あまり好きではない」(13.9%)、「嫌い」(6.3%)という方も全体の2割程度いました。

約4割が「月1回」以上と頻繁に利用

「大型入浴施設」の利用頻度は?

SA(単回答)

利用頻度はいかがでしょうか。「大型入浴施設」が「大好き」、「まあまあ好き」と回答した方に伺ってみたところ、「主人と2人で週末にスーパー銭湯に行く・・・」(女性20代)など、「月1回以上」と回答した方は全体の40.6%。そのうち「週1回以上」と頻繁に利用すると回答した方が9.4%、中には「毎日仕事の帰りに寄って、仕事の疲れを取っている。自宅のお風呂では味わえない、爽快感が味わえるので好き」(男性30代)など、「ほぼ毎日」通っているという常連も0.8%いました。また「大型入浴施設」が好きという方の中にも、「幼児がいるためなかなか行けない。一緒だと騒ぎまくって疲れを癒すどころか、反対に疲れるので行かない方がマシ」(女性30代)、「団体客や子供で、なんだか落ち着かない」(女性30代)などの理由から、「ほとんど行かない」という方も9.6%いました。

大型入浴施設=ストレス、疲れを洗い流すリラクゼーションスペース

自宅に浴室があるのが当たり前となった現代において、なぜこんなに多くの皆さんが「大型入浴施設」へ出かけるのでしょうか。次にその利用目的について見ていくことにしましょう。トップは「ゆっくりと広いお風呂に浸かりたいから」(32.4%)という理由でした。「友人と2人で気分転換のため、ゆっくりと広いお湯につかりに出かける。露天風呂があれば最高に気持ちよい」(男性60代)など、手足を伸ばせる大きな風呂は、決して家庭では味わえない大型入浴施設ならではの醍醐味と言えそうです。続いて2位は「ストレス解消・気分転換に」(29%)。「ストレスが溜まって爆発寸前の時は、一人で車をとばして温泉へ。ゆっくり温まり、安くて美味しい料理を食べると数時間でリフレッシュ。帰宅後は家族にも優しくなれる」(女性40代)など、日々の生活の中で溜まった苛立ちや疲れを癒すために利用しているという声が多数寄せられました。同様に4位にも「温泉気分を味わえるので」(17.7%)が挙げられ、「大型入浴施設」が単に体の汚れを洗い流す場としてだけではなく、現代人が抱えるストレスや疲れも一緒に洗い流してくれる、いわばリラクゼーションスペースの1つとなっていることがよく分かります。

■大型入浴施設の利用の目的は?

 
1 ゆっくりと広いお風呂に浸かりたいから   32.4%
2 ストレス解消・気分転換に   29.0%
3 多種類のお風呂を楽しめるので   28.6%
4 温泉気分を味わえるので   17.7%
5 家族全員で楽しめるので   9.5%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

子供も楽しめる「家族レジャー」の1つ

世代別:「大型入浴施設」の利用目的は?

MA(複数回答)/n(有効回答数)

また見逃せないのが3位「多種類のお風呂を楽しめるので」(28.6%)、5位の「家族全員で楽しめるので」(9.5%)という利用目的です。「ジャグジー、ミストサウナ、塩サウナが好き。のぼせそうになったら露天風呂で半身浴・・・」(女性60代)、「子供もゆったり楽しめ、お天気悪い日にはもってこい」(女性30代)など、1日居ても飽きないバラエティーに富んだ施設の豊富さが大きな魅力となっているようで、休日の家族レジャーの1つとして楽しんでいるご家庭も少なくないようです。こうした回答は、特に小さなお子さんがいる30代、40代に目立ち(30代=10.6%、40代=11.4%)、家族との裸の付き合いでコミュニケーションを深める良い機会となっていました。その一方、未婚者の多い20代では家族よりも、むしろ「友人とのコミュニケーションの場として」(20代=9.5%の利用が多いようです。

併設施設の人気ナンバーワンは「サウナ」、血行、新陳代謝を促進

■お風呂以外の楽しみは?

 
1 サウナ 30.3%
2 風呂上りの一杯 27.4%
3 美味しい食事 18.1%
4 マッサージ 13.5%
5 昼寝 11.8%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

最近ではお風呂以外にも目玉の多い「大型入浴施設」ですが、皆さんが併設施設で楽しみにしている事とは一体何でしょうか。人気ナンバーワンは「サウナ」(30.3%)でした。「ほとんど毎日、サウナに入いる。新陳代謝が良くなり、その上水風呂に入る事により、肌も引き締まり、風邪もひかなくなりました」(女性30代)など、大量の発汗、新陳代謝を促す「サウナ」へ高い人気が集まりました。「サウナ」は「水風呂」との交互入浴で血行や新陳代謝をより活性化し、老廃物を体外へ排出する働きが増すそうです。とはいえ、「サウナ」から出てすぐに「水風呂」へザブーンは心臓への負担も大きいですのでご注意を。まずは汗をシャワーでしっかりと流し、かけ水をした後にゆっくりと入ることを心がけてください。

すべては美味いビールを飲むために

続いて楽しみの2位は「風呂上りの一杯(ビール等)」(27.4%)でした。「ゆっくりお湯に浸かり、風呂上りには冷たいビール、これしかない」(男性40代)など、サウナやお風呂でたっぷり汗を流した火照った体に、冷えたビールが最高という声が多数寄せられました。中には「レストルームで湯上りのビールを飲んで一休みする、時間があれば昼寝する」(男性60代)など、朝寝、朝酒、朝湯 が大好きなおはら庄助さんも少なくありませんでした。また3位にも「美味しい食事」(18.1%)が挙げられるなど、体がリラックスするとどうもお腹が鳴る方が多いようですね。色気よりも、まずは食い気といったところでしょうか。

今回は「大型入浴施設」についてお話を伺ってきました。つい先日も、東京・渋谷にも天然温泉が楽しめる女性専用スパが開業するなど、ここのところお洒落なスパや健康ランドが本当に増えています。アンケートの結果からも、全体の6割以上の皆さんが「大型入浴施設」を利用していることが明らかとなり、風呂のレジャー化が進んでいることを実感させられました。最近では流行の岩盤浴を取り入れているところや、ヒーリングサウナ、またフィットネスやジムを完備した施設も増えるなど、遊園地やエンタテイメント施設にでも出掛けるような感覚として、近くて、安い「大型入浴施設」を利用するご家族も大変多いようですね。今後、ますます「お風呂レジャー」の人気が高まりそうな、そんな予感のする今回の結果となりました。プチ温泉気分を味わいに、週末にご家族で出掛けてみてはいかがでしょうか。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所