毎週アンケート

【第129回】アンケート結果:2006年3月29日〜4月4日

コンビニサービスはよく利用する?
コンビニの利用頻度は?  
イメージ
写真
写真

※SA(単回答)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,794人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2006年3月29日〜4月4日
コンビニサービスはよく利用する?

1970年ごろに誕生したと言われるコンビニエンスストア。この30年間に、その数は全国で4万店舗以上にもなると言われています。お弁当、ジュースや雑誌などの購入はもちろんのこと、今日では各種チケットの取扱いや宅配便の取次サービス、銀行ATM設置などコンビニのサービスは多様化し、コンビニの店頭でかなりのニーズが満たせるようになりました。そこで今回は、皆さんに「商品購入以外」でよく利用するコンビニサービスについてお尋ねしました。

6割以上が「週1回以上」の頻度でコンビニを利用

皆さんは日ごろ、どの位の頻度でコンビニを利用しているのでしょうか。「ほぼ毎日」と回答した方は7.1%、「週4〜5回」という方が8.8%、「週2〜3回」が22.1%、「週1回程度」が22.8%と、全体の6割以上の皆さんが「週1回以上」コンビニを何らかの目的で利用していることが明らかとなりました。利用頻度は性別や世代によっても異なり、「週4〜7回(利用する)」という男性が19.6%であったのに対し、女性は12.3%に留まり、男性の利用頻度が高いことが判ります。世代別で見ると、「週1回以上(利用する)」という20代が70.1%であったのに対し、年齢と共に頻度が減少し60代以上では51.1%。さらに「コンビニは若い人向きという気がして、入りにくいのが難点」(女性60代)などの声に代表されるように、「ほとんど利用しない」という回答は20代で5.1%と低調であったものの、30代で10.9%・・・、60代以上で16.1%と世代が高くなると共にコンビニから少しずつ遠ざかる傾向も見受けられました。

世代別:コンビニの利用頻度は?

※SA(単回答)

人気ナンバーワンは家庭普及率低い「コピー機」

急増する商品販売以外のコンビニサービスの中で、皆さんがよく利用するものについて見ていきましょう。堂々の利用頻度ナンバーワンは「コピー機の利用」(43.1%)でした。「コピー機はよく使わせてもらっている。地区の自治会の書記をやっているので、議事録などコピーしている。領収書が発行されるのが良い」(女性30代)、「コピー機を週1で利用する。来年、子供が中学受験で教材を何度も解かせるため、A3サイズのコピーが必要なので・・・」(女性40代)など家電製品が日々便利になるとはいえ、コピー機を自宅に持っているご家庭はまだ少なく、コンビニでの利用が案外重宝されていることが分かります。さらに最近では、デジタルフルカラー複合機を導入するコンビニも増え、カラーコピーのほか、ファックスやデジカメプリント機能、さらには自宅やオフィスのPCで作成した原稿や資料データをネットで送信し、コンビニから出力することもできるなど、コピー機の機能も次々に進化を遂げているようです。

■商品購入以外でよく利用するサービスは?

 
1 コピー機の利用   43.1%
2 郵便ハガキの投函   30.7%
3 通信販売・ネットショッピングの支払い   29.7%
4 宅急便の発送   29.5%
5 コンサート、映画、演劇などの各種チケットの予約・購入   23.0%
6 ATMの利用(現金引き出し、預け入れ、残高照会)   21.5%
7 水道・ガス・電気・電話など公共料金の支払い   19.1%
8 写真の現像・デジタルカメラのプリントなどDPEの利用   7.6%
9 FAXサービスの利用   6.8%
10 飛行機や高速バスなど交通チケットの予約・購入   6.7%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「コンビニ=郵便・宅急便の拠点」として定着

人気サービスの2位は「郵便ハガキの投函」(30.7%)。「最近散歩の途中でハガキの投函をするが、とても助かる」(女性50代)とコンビニ店内に赤いポストが設置されたり、ゆうパックの取り扱いができるようになるなど、日本郵政公社とコンビニとの提携は大変高い支持を得ていることがうかがえます。また同様に4位にも「宅急便の発送」(29.5%)が挙げられました。「宅急便を送るのはほんとに便利。時間が無くて・・・ということも無いし、駐車場も完備している(コンビニもある)ので荷物の重さも気にならない」(女性30代)など、「コンビニ=郵便・宅急便の拠点」として定着していることがうかがえます。もちろん宅急便の集荷は電話やインターネットで申し込めば、ご自宅までドライバーが荷物を取りに来てくれるサービスもありますが、忙しい現代人にとっては自宅で指定時間に待機するよりも、むしろ時間を選らばずに投函、持ち込めるコンビニの方が便利なのかもしれません。

ネットショッピングの支払いに「コンビニ」を利用する方が急増

インターネットの発達により、需要が高まったのが3位の「通信販売・ネットショッピングの支払い」(29.7%)です。「インターネットショッピングの支払いに良く利用する。手数料が販売者負担で、待ち時間が他の金融機関よりずっと短いので助かっている」(男性50代)など、インターネット上におけるクレジット決済が心配といった方も珍しくなく、代金収納サービスを実施するコンビニで代金を支払うといった声が多数寄せられました。また「(ネットを通じて)本なども簡単に買えるし。特に24時間コンビにだといつでも受け取れて助かる」(女性40代)など、代金ばかりではなく、ネットショップで購入した商品そのものを自宅ではなく、近くのコンビニで受け取れるサービスを利用する方も増えているようです。

今後利用したいサービスは「コンビニATM」、
その反面、防犯面や設置場所で敬遠する方も

それでは、まだ利用経験はないものの、今後利用してみたいと考えているサービスはどのようなものでしょう。ナンバーワンは、よく利用するサービス6位にも挙げられた「ATMの利用(現金引き出し、預け入れ、残高照会)」(27.7%)でした。こうした利用増加、また今後利用したいという背景には「金融関係窓口は、平日昼間の利用しか出来ない。働くものにとって、24時間サービスは有難い」(女性20代)など、昼間に銀行へ行くことができない、土日・祭日でもお金を引き出したいといった忙しい現代人のニーズの高まりがあるようです。コンビニATMの設置台数は今や銀行の数を凌ぎ、銀行、曜日や時間帯によっては手数料無料で利用できるなど大変便利になる一方、「預金の引き出しはよく利用するが、出入り口近くにあるため人の目が気になる。特に暗証番号の入力など・・・」(女性20代)など、スキミングや防犯面が気になるという声も多数寄せられました。また、女性の中には「大抵のコンビニのATM機は隣が成人向け本の売り場なので、女性としてはちょっと利用し辛い・・・」(女性30代)と設置場所に対して不満を感じる方もいるなど、コンビニATMは便利さと同時に利用を躊躇する声も目立ちました。

■商品購入以外で今後利用してみたいサービスは?

 
1 ATMの利用(現金引き出し、預け入れ、残高照会)   27.7%
2 宅急便の発送   25.4%
3 コンサート、映画、演劇などの各種チケットの予約・購入   24.0%
4 飛行機や高速バスなど交通チケットの予約・購入   20.6%
5 写真の現像・デジタルカメラのプリントなどDPEの利用   20.0%
6 電子マネーのチャージ   17.8%
7 郵便ハガキの投函   17.4%
8 スキー割引・温泉割引など各種割引チケット購入   16.6%
9 TOTO(サッカーくじ)・宝くじの購入   15.5%
10 宅配サービス   15.0%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

不安半分、サービス拡大に期待がかかる「コンビニの金融サービス」

以下2位「宅急便の発送」(25.4%)。3位「コンサート、映画、演劇などの各種チケットの予約・購入」(24%)、4位「飛行機や高速バスなど交通チケットの予約・購入」(20.6%)とチケット購入窓口としての役割を重視する方が大変多いことがうかがえます。また見逃せないのが6位「電子マネーのチャージ」(17.8%)、9位「TOTO(サッカーくじ)・宝くじの購入」(15.5%)、11位「国民年金・住民税・国民健康保険料など公金の支払い」(14.7%)です。「保険料の支払い。金融機関は仕事中なので振込に行けないが、コンビニだといつでも出きるから・・・」(男性40代)、「宝くじやTOTOの購入や払い戻しが出来るのは便利・・・」(女性20代)など、「コンビニの金融サービス」は既述のようにセキュリティ面に不安が残るものの、電子マネー、宝くじ、公共料金の支払いや外貨の両替等、サービスの拡大に大きな期待を寄せる声も決して少なくありませんでした。

今回は商品購入以外の「コンビニサービス」の現状と今後の利用について、皆さんのご意見を伺ってきました。全体の6割以上の皆さんが、商品購入を含め、何らかの目的で「週1回以上」はコンビニを利用していることが明らかとなり、生活に欠かせない身近なお店になっていることがうかがえます。同時に、単なる小売店から、財布代わり、銀行、郵便局や役所の代わりと私たちの生活をより便利にする代行、窓口としての役割も加わり、生活の拠点として決して無視のできない存在となっています。アメリカで生まれたコンビニが日本で独自の成長を遂げ、今後どのように変化していくのか目が離せませんね。最後に今後コンビニに欲しい新サービスについて、皆さんから多数ご意見お寄せいただきましたので、その中からいくつかご紹介します。

今後望まれる新サービス

生活相談
  • 「転勤した土地に慣れるまでの情報提供をして欲しい。本当に孤独、大型ゴミの処分の相談など、住む都市によってまったく違い、途方にくれる事が多いので・・・」(女性40代)
図書館の
本取り寄せ
  • 「子どもが小さく図書館が遠いので、図書館の本を取り寄せて返却できると便利」(女性30代)
家電貸し出し
  • 「子供の運動会など、行事ごとにデジカメやデジタルビデオを購入するのは不経済なので、コンビニで各種家電製品を有料で貸し出すサービスをお願いしたい」(男性20代)
手荷物預かり
・ロッカー
  • 「コインロッカーを探したり、空いているロッカーがない時など困ることがあるので『手荷物預かりサービス』があったら便利」(女性20代)
防犯対策
  • 「コンビ二は強盗等へのマニュアルがきちんとありそうだから、今叫ばれている子供の防犯等に積極的に参加してみてはどうでしょう」(女性40代)
宅配一時預かり
  • 「不在時の宅配を預かってもらうサービスは便利だと思う。やっぱり何回も自宅に宅配してもらうのもどこか申し訳ないので、自分の都合のいい時間に自分で取りに行ったほうが気持ち的に楽」(女性20代)
ファイナンシャル
相談
  • 「個人家庭のファイナンシャルプランニングをしてほしい」(男性40代)
おむつ替え
スペースの設置
  • 「トイレにおむつ替えのスペースがあったら良い」(男性30代)
外貨の両替
  • 「外貨の両替ができるといいな。海外旅行に行く前には必ずコンビニによると思う」(女性30代)
宝くじ販売
  • 「ジャンボ宝くじやロト6を購入できる宝くじ売り場を、ぜひ全コンビニに作ってほしい」(男性30代)
災害情報の提供
  • 「地震などの災害時に食料や水、情報提供を期待する」(男性50代)
レンタルビデオ
  • 「DVD・ビデオのレンタルがあれば利用したい」(男性40代)
クリーニング
  • 「クリーニングサービスの窓口をして欲しい」(女性50代)
インターネットの設置
  • 「時間制限があってもいいので、簡易にインターネットに接続出来る有料コーナーがあると便利」(男性40代)
このページの上部へ
お客様生活文化研究所