毎週アンケート

【第142回】アンケート結果:2006年7月5日〜7月11日

あなたの好きなベーカリーのパンは?
ベーカリーパン・袋詰めパンの購入頻度は?

SA(単回答)

イメージ 写真 写真
調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数) 1,808人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2006年7月5日〜7月11日
あなたの好きなベーカリーのパンは??

路面やデパ地下はもちろんのこと、ここ最近ではスーパーマーケットや駅の中にも本格的なベーカリーが次々に誕生しています。世はまさにパンブームと言っても過言ではないかもしれません。皆さんの中には「あそこが美味しい!」「新しいお店が出来たよ」と聞きつければ、車に乗ってでも出掛けたいという方もきっと多いのでは。そこで今回は、「ベーカリーパン」と「袋詰めパン」の購入についてお尋ねしました。

袋詰めパンは「常食」、ベーカリーパンは「休日」「特別な日」に購入

皆さんは専門店である「ベーカリー」のパンと、スーパーやコンビニなど「パンコーナー」の袋詰めパンを一体どの位の頻度で利用しているのでしょうか。まずベーカリーパンから見てみると「休みの日などのんびりとお昼をとるときには、焼きたてを買ってくる」(女性40代)など、最も回答が多かったのは「週1回」(23.2%)。続いて「お給料日後や、ちょっとリッチにいきたい時はベーカリーパンを買う」(女性20代)など、「月1回程度」(21.9%)という声が多く、ベーカリーパンは日々の常食というよりも休日や特別な日に食べる機会が多いようです。それに対して「袋入りのパンは毎日食べるものなので、食パンとかロールパンとか日によって変えて購入している。一袋に入っている量もちょうどいいし、価格も安いので助かる」(男性40代)などパンコーナーの袋詰めパンは「週2〜3回」(23.9%)、「週1回」(28.2%)とベーカリーパンに比べて購入頻度が高く、毎日の食事の一部を担っていることがうかがえます。

ベーカリー=正統派、魅力は「焼きたて」の香ばしさ

■ベーカリーパンのイメージは?

 
1 美味しそう 95.7%
2 焼きたてである 84.1%
3 価格が高い 70.2%
4 見た目、香りが良い 69.2%
5 バリエーションが豊富 62.5%
6 消費期限が短い 43.4%
7 有機、天然材料を使用 33.6%
8 添加物が入っていない 31.8%
9 衛生面が気になる 30.8%
10 カロリーが気になる 25.0%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

ではベーカリーパンと、パンコーナーの袋詰めパンに対して、皆さんはどんなイメージを持っているのでしょうか。まずベーカリーで最も多かったのは「美味しそう」(95.7%)というイメージでした。「パンはパン屋さんで買ったほうが美味しそうだから・・・」(女性20代)など店内でパン生地を捏ね焼き上げているべ−カリーも多く、「ベーカリー=正統派パン」のイメージが定着していました。続いて2位は「焼きたてである」(84.1%)。「焼きたて、出来たての時間に合わせてお気に入りのベーカリーへ出掛ける」(女性30代)など出来立てホヤホヤのフレッシュなパンを求めて、焼きあがり時間のチェックに余念ない方も少なくないようです。同様に4位にも「見た目、香りが良い」(69.2%)が挙げられ、ベーカリーパンの魅力が焼きたてのふっくらとした見た目と、香ばしさとほのかな甘さが漂うパンの香りにあることがうかがえます。

「価格が高い」「消費期限短い」「衛生面が気になる」という声も

こうした声の反面、3位には「価格が高い」(70.2%)という回答も多数寄せられました。「ベーカリーは美味しいけど、値段が高いのでお金に余裕があるときのみ買う」(女性40代)などいくら美味しいとはいえ、懐具合を考えるとなかなか手が出ないというのが正直なところなのかもしれません。その他、7位「有機、天然材料を使用している」(33.6%)、8位「保存料など添加物が入っていない」(31.8%)など健康面を配慮したパン作りをしているというクリーンで安心なイメージが定着している一方、6位「消費期限が短い」(43.4%)、9位「衛生面が気になる」(30.8%)という利点と欠点が表裏一体となったイメージも寄せられました。

袋詰めパンの利点は味や香りよりも、「割安感」「保存性」「携帯性」

■袋詰めパンのイメージは?

 
1 価格が安い 85.0%
2 手軽に食べられる 56.7%
3 携帯、持ち運びに便利 50.5%
4 消費期限が明確で安心 45.5%
5 衛生的である 37.8%
6 選択肢があまりない 31.8%
7 美味しくなさそう 24.3%
8 バリエーションが豊富 23.2%
9 甘すぎるものが多い 23.2%
10 ボリューム感がある 18.1%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)

一方、パンコーナーの袋詰めパンのイメージはいかがでしょうか。トップは「価格が安い」(85.0%)というイメージでした。「スーパーの袋詰めパンは曜日限定の割引があるときに、ほかの買い物と一緒に購入する」(女性30代)など常食として食べる頻度、量が多くなることから、割安感のあるパンコーナーのパンはとても買いやすいという回答が多数寄せられました。また見逃せないのが2位「手軽に食べられる」(56.7%)、3位「携帯、持ち運びに便利」(50.5%)という声です。「パンコーナーのパンは昼食としてとることがほとんど。時間のないときでも、手軽にお腹を満たすことができる」(女性40代)、「朝飯を摂る時間がない主人の朝ご飯用に、鞄に入れてあげる事が多い」(女性30代)など仕事が忙しくなかなか食事をとることが出来ない現代人にとって、ちょっとした合間に鞄に携帯している菓子パンや袋詰めパンをサッと食べ、腹を満たすといったことも決して珍しくないようです。さらに4位「製造日、消費期限が明確なので安心」(45.5%)、5位「衛生的である」(37.8%)というイメージも上位に挙げられ、パンの味や香り云々というよりも、むしろ「価格面」とビニール包装による「保存性」「携帯性」がベーカリーパンにはない魅力となっていることがうかがえます。

袋詰めパンは「日常」とするなら、ベーカリーパンは「非日常」

そのほか、皆さんから寄せられたベーカリーパンとパンコーナーの袋詰めパンの購入分けについて、いくつか見ていきましょう。「すぐ食べる時はベーカリー、日持ちするものが欲しいときはスーパーのパンコーナー」(女性40代)と当日に食べるか、買い置き分にするかなど、食べるタイミングで購入場所を変えるという方。「料理に合せパンを買いに行く。シチューならフランスパン・・・」(女性20代)などその日のメニューに合わせて考えるという方。また「ちょっと贅沢したい気分のときにベーカリーで買う」(女性40代)とその日の気分や心の余裕によっても異なるなど、袋詰めパンが「日常」とするならば、ベーカリーパンは「非日常」、袋詰めパンが「ファストフード」とするならば、ベーカリーパンは「スローフード」、袋詰めパンが「リーズナブル」とするならば、ベーカリーパンは「リッチ」など、毎日は食べられないけれど時々ベーカリーパンを食べることで、何となく優雅で幸せな気分を感じている方が案外多いようです。

男性の人気ナンバーワンは、ボリュームのある「惣菜・調理パン」

■男性:好きなベーカリーは?

1 惣菜・調理パン 22.2%
2 フランスパン系 15.8%
3 クロワッサン 13.6%
4 デニッシュ系 9.9%
5 サンドイッチ 9.2%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

皆さんが好きなベーカリーのパンは何でしょう。次に性別で人気ベーカリーパンランキングを見てみましょう。堂々の男性人気ナンバーワンは「惣菜・調理パン」(22.2%)。「'惣菜・調理パンに飲み物をつければ、立派な昼食代わりになる。質素に済ませている気にならない」(男性50代)などパンというとなぜか味気なさを感じるといった男性が多い中、コロッケやソーセージなどのおかずの入った「惣菜・調理パン」は立派な1食分になり得るため、ボリュームを求める男性からも高い支持を集めました。さらに同様の理由から、5位にも「サンドイッチ」(9.2%)が挙げられました。

女性トップはパンの味と香りが楽しめる「フランスパン」、
甘い「デニッシュ」もデザート感覚で人気

■女性: 好きなベーカリー は?

1 フランスパン系 20.6%
2 惣菜・調理パン 16.2%
3 デニッシュ系 16.0%
4 クロワッサン

13.0%

5 菓子パン 8.4%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

その一方、女性は男性1位と2位が逆転し「フランスパン系(バゲット)」(20.6%)が人気ナンバーワンに輝きました。「焼きたてのフランスパンは皮がパリッとして中がふんわり、袋詰めパンには味わえない美味しさがある」(女性50代)などパン本来の味と香りを十分に堪能できるシンプルさから、ベーカリーの実力を見極められるパンの1つと言えるかもしれません。また女性に目立った回答が、女性3位の「デニッシュ系」(16.0%)。「デニッシュはサクサクとした食感と、フルーツの甘酸っぱさが大好き」(女性30代)などジャムやフルーツたっぷりのデニッシュは食事というよりも、むしろデザート感覚で好まれ、甘いものに目がない女性から高い人気を得ていました。

フランスパンは「夕食」「お酒と一緒に」でもOK、惣菜パンは「昼食」「おやつ」

では皆さんは、こうした人気の「フランスパン系」「惣菜・調理パン」を一体どんなタイミングで食べているのでしょうか。まずフランスパンは「朝食」(55.2%)が最も多く、さらに他のパンではほとんど見られなかった「夕食」(19.8%)、「お酒と一緒に」(20.1%)という回答も目立ちました。「夕食が、イタリアンやフレンチだと必ずフランスパンを買って帰る」(男性50代)など一般的に朝・昼のイメージの高いパンですが、フランスパンに限っては夜も好まれていることがうかがえます。実際にフランスパンと一緒にどんな飲み物を飲んでいるかを伺ったところ、ダントツの1位は「コーヒー」(66.8%)であったものの、以下4位に「ワイン」(26.5%)、5位に「スープ」(20.4%)など優雅なディナータイムを連想させる飲み物が挙げられました。続いて男性人気の高かった「惣菜・調理パン」は圧倒的に「昼食」(57.5%)が目立ち、一緒に飲む飲料ではフランスパンと同じく「コーヒー」が一番人気でしたが、以下2位に「牛乳」(38.8%)、3位「お茶(緑茶・ウーロン茶など)」(38.8%)が挙げられるなど、パンの種類によって食べる時間帯や飲む飲料にも違いが見られました。そのほか、三食以外の「おやつ」には「菓子パン」(58.4%)、「デニッシュ系」(55.4%)という声が多数寄せられ、小腹が空いた時の「非常食」「デザート」として好まれていることがうかがえます。

■ベーカリー 〜 いつ食べる?

 
フランスパン   惣菜パン   菓子パン   デニッシュ
朝食 55.2%   37.6%   40.9%   50.6%
昼食 37.8%   57.5%   42.3%   45.5%
夕食 19.8%   6.0%   4.0%   0.9%
おやつ 19.8%   33.6%   58.4%   55.4%
お酒と一緒に 20.1%   3.7%   0%   0.9%
 

■ベーカリー 〜 何を飲む?

 
フランスパン   惣菜パン   菓子パン   デニッシュ
コーヒー 66.8%   63.5%   71.8%   78.1%
紅茶 29.0%   25.0%   28.2%   36.9%
お茶 9.8%   29.0%   25.5%   15.0%
牛乳 27.4%   38.8%   42.3%   37.8%
ワイン 26.5%   0.9%   0.7%   1.3%
ビール・発泡酒 10.7%   6.0%   0%   1.3%
スープ 20.4%   7.8%   1.3%   7.3%
 

MA(複数回答)/n(有効回答数)


今回はここ最近、人気が急増する「ベーカリーパン」について、スーパーやコンビニのパンコーナーの「袋詰めパン」と比較しながら皆さんのご意見を伺ってきました。袋詰めパンが日々の常食であるのに対し、ベーカリーパンの購入頻度は経済的な理由から決して多くないものの、その存在感は非常に大きく、私たちに非日常的なリッチで幸せな気分をもたらしていることが今回のアンケートを通して見えてきました。こうしたベーカリーパンの魅力は無添加、天然食材といった健康面ばかりではなく、私たちが忘れかけていた焼きたてパンの本来持つふっくらとした食感と、香ばしさとほのかな甘さが漂うパンの香りを再発見させてくれる点にあるのかもしれません。単に腹を満たすものではなく、食事を楽しむ心の余裕を自然と与えてくれる、そんな幸せを演出する力がベーカリーパンにはきっとあるのでしょう。週末に焼き立てのふっくらとしたベーカリーパンと、淹れたての香り豊かなコーヒーを囲み、ご家族でブランチと洒落込んでみてはいかがでしょうか。

このページの上部へ
お客様生活文化研究所