毎週アンケート

【第167回】アンケート結果:2007年1月3日〜1月9日

2007年、日本はどうなる! 今年の日本を漢字一文字で表すと?
 
1
乱 (みだれる・ラン)
5.6%
2
変 (かわる・ヘン)
4.5%
3
明 (あかるい・メイ)
3.8%
4
迷 (まよう・メイ)
3.4%
5
動 (うごく・ドウ)
2.9%
6
昇 (のぼる・ショウ)
2.2%
7
激 (はげしい・ゲキ)
2.0%
8
差 (さ・サ)
1.9%
8
進 (すすむ・シン)
1.9%
10
混 (まじる・コン)
1.7%
 
 
イメージ
写真
写真

SA(単回答)

調査概要 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)1,567人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2007年1月3日〜1月9日
2007年、日本はどうなる! 今年の日本を漢字一文字で表すと?

昨年2006年は、凶悪な犯罪、いじめに自殺問題といった暗いニュースが目立った一方、40年ぶりに皇族の男子誕生といった明るい話題も生まれ、京都の清水寺が発表した「2006年を象徴する漢字」では、悲喜両面で命の大切さを痛感した年として「命」が選ばれました。今回はこれと同じ要領で、2007年の日本がどうなるのか、良くなるのか、悪くなるのか、どんな事柄がキーワードになるのか、皆さんの「今年の予測」を漢字一文字で占っていただきました。

2007年は分岐点! 政治、国際情勢で「乱れた年」になる!?

最も回答の多かったのは「乱」(5.6%)という漢字でした。「安倍内閣と与野党対立の乱れ、労使の乱れ、学校教育の混乱」(男性50代)、「対北朝鮮問題の優柔不断な政策など、多方面にわたって人々の見解が乱れると思う」(女性40代)など、昨秋に1980日という歴代3位の長期政権となった小泉首相から、安倍内閣にバトン交代が成されたものの、今まで後回しにされてきた様々な問題がここへ来て一気に表層に露となりました。こうしたことから2007年は政権が安定せず、北朝鮮やアメリカを始めとした世界の情勢も不安定となり、大いに「乱れた年」になるのではないか、と悲観的な見方をする声が多数寄せられました。また2位「変」(4.5%)、4位「迷」(3.4%)、7位「激」(2.0%)という漢字からも同様な傾向が見受けられました。「何となく今の政治は、迷っている様な気がする。船頭さんばかりの船でどこ向いて進むのか、分かっていない様な気がする」(男性40代)、「政界も生臭く『激変』の予感がする」(男性60代)など、「混迷」「変化」「激動」・・・と暗中模索の続く日本の行く末が良い方向か、悪い方向か分らないものの、その分岐点が必ず今年2007年に起こるであろうと予測する方が目立ちました。

増税や定率減税の廃止など、格差社会を心配する声が目立つ

同時に、多くの皆さんが不安視する象徴的な漢字として見逃せないのが8位「差」(1.9%)です。「所得格差や地域格差など、『富裕層』と『そうでない層』の格差が更に鮮明になっていく年の様に思える」(女性30代)、「今の日本はのんびりっていうよりせかせか忙しい感じがするから。ますます格差社会の中で、慌ただしく仕事しなければならない人が増えそう」(女性20代)など、所得税、消費税の引き上げや定率減税の廃止、残業代のカット・・・と、仕事量や努力だけでは到底補えきれない勝ち組、負け組の「差」がますます広がることを懸念する声が寄せられました。同様に「忍」(1.1%)、「耐」(0.8%)、「税」(0.8%)、「貧」(0.5%)という漢字が挙げられました。今夏には参議院選挙も控えており、今後の年金改革や消費税が争点になりそうです。私たち国民1人1人も日本の将来を考える上で、重要な審判が迫られる年になるかもしれません。

希望的観測も含め「明るい年」「美しい国」を願う方も

こうしたネガティブな漢字が多かった一方で、3位には「明」(3.8%)、6位に「昇」(2.2%)、9位に「進」(1.9%)とプラスイメージの漢字も上位にランクインしました。「昨年は暗いニュースが多かったので、今年はそろそろ景気も回復して日本が元気で『明』るい国になって欲しいという願いを込めて」(女性30代)、「日本経済もまた日が『昇』る。株価も上昇する。地価も上昇し資産価値上昇。賃金ベースアップで生活水準上昇・・・」(男性60代)など、昨年のライブドアショックにおける株価の低迷、自殺や児童の殺害事件といった痛ましい出来事も多かったせいか、今年こそは「明るい年」にしたいという希望的観測を含めた願いも目立ちました。また安倍総理大臣が掲げる「美しい日本」というスローガンも影響してか、「美」(1.1%)という漢字も挙げられました

「乱」「迷」の日本を生き抜くには、「健」こそが礎

■今年のあなたの抱負は?

 
1

5.9%

2 3.8%
3 3.5%
4 3.0%
5 2.9%
 

SA(単回答)

ここまで「2007年の日本」がどうなっていくのかを予測してもらいましたが、次に皆さんご自身の「今年の新たな目標や抱負」を見ていきましょう。最も多かったのは「健」(5.9%)でした。「この2年ほど体調が悪く病院通いが続いたので、今年こそは健康を回復して元気に過ごしたい。また社会が明るく健全なものになって欲しいから・・・」(男性60代)、「昨年は怪我をしたり、母の入院があったり、とにかく家族が健康で過ごせることが一番」(女性40代)など、昨年、怪我や病気で苦しんだ人にとっては、「健康」こそが幸せな人生の礎であると実感されている方が大変多いようです。「乱」「変」「迷」が予測される2007年の日本を生き抜くには、やはりそれを持ち堪えるだけの体力も必要とされます。

男性は亥(いのしし)の如く、新しい目標に向けて猛進!

■男性:今年のあなたの抱負は?

1 5.6%
2 4.4%
3 3.0%
4 2.8%
5 2.6%

SA(単回答)

続いて今年の抱負を性別で見てみましょう。まず男性に目立ったのは2位「新」(4.4%)、3位「進」(3.0%)でした。「今の職場もはや4年。次の異動でそろそろ声がかかりそう…。『新』しい職場で『新』たな気持ちで仕事にあたりたい」(男性30代)、「昨年は1年丸々遊んでいたので、今年は働こうと思っている。前に『進』むことが今年の目的!」(男性50代)など、今まで半端な理由をつけて実行できなかったことに挑戦したい、また心機一転、新しい環境で再スタートを切りたいといった元気な回答が男性から多数寄せられました。特に今年は干支が(いのしし)でもあるため、目標に向け、脇目もふらず猛進を続けたいと考えている方もきっと多いことでしょう。

女性は家事、育児をこなしながらも、自己実現をめざしたい

■女性:今年のあなたの抱負は?

1 6.3%
2 4.4%
3 4.0%
4

3.1%

5 3.0%

SA(単回答)

一方、女性回答で目立ったのは2位「動」(4.4%)でした。「一昨年長女を産んで家に引きこもりがちだったので、今年は外へ出るよう心がけ、娘にも私にも新しい友達を作りたい」(女性30代)、「英語をもっと勉強するとか、ネットの勉強をするとか、家の中のインテリアを変えたい、おしゃれもしたい、とやりたいことはたくさんあるが、ついつい『忙しい、もったいない』と先送りしてきた。今年はやりたいと思ったことはまず実行。もっと能『動』的な私になる」(女性40代)など、結婚後、家事や育児に追われ、実現できなかった夢や様々な事柄を「今年こそはなんとか実行したい」と考えている女性たちが意外に多いことがうかがえます。「鉄は熱いうちに打て」「思い立ったら吉日」と言いますが、今年の暮れに「できなかった〜」と後悔しないようにしたいものですね。また同じ「動」でも、中には「去年は運動不足で太ってしまったので、今年は積極的に体を動かしてシェイプアップしたい!」(女性30代)など、ダイエットを意識した声も寄せられました。

夫婦、家庭円満のコツは、女性の優しい笑顔から

さらに女性ならではの回答として3位「楽」(4.0%)、6位「笑」(2.9%)という明るい漢字も目立ちました。「些細なことでも『笑』い、『笑』顔を絶やさずにいることが、私に出来る家庭円満の秘訣」(女性30代)、「苦しい事も笑って前向き過ごせるようにしていきたい。もちろん、『楽』しい事が沢山あるといいな〜」(女性20代)など、経済的に苦しくても、辛いこと、悲しいことがあっても、奥さん、お母さんの優しい笑顔が家庭や家族を救うことが案外少なくないようです。笑うことはストレス発散にも効果が高いと言われますが、まさに女性の「笑顔は家族にとって万価」といっても過言ではありませんね。

今回はお正月の書初め風に「漢字一文字」から2007年の日本、そして皆さんの抱負や目標を見てきました。昨年は幼い子供が犠牲となった事件、いじめ問題や北朝鮮のミサイル発射・・・等々、暗いニュースが多かったことも影響してか、ランキング内に挙げられた漢字には、今後の日本を悲観視するものが多数目立ちました。加えて、今年は団塊世代の大量退職に伴う高齢化社会の加速、消費税の引き上げ、定率減税の廃止、年金、教育改革・・・といった課題も残され、私たち庶民生活はまさに「乱」「変」「迷」が付きまとう一年になるかもしれません。とはいえ、今年の日本を厳しく見る反面、皆さんご自身の抱負に「健」「新」「動」「進」と目標に向けた前向きな漢字が並んだことは闇の中に見える一筋の光と言えます。社会に左右され、精神的にも窮屈になって生活するのはつまらないもの、女性回答に目立った「楽」「笑」のように「笑う門には福来る!」ではありませんが、何はなくとも「健康」だけには気を付けて笑って過ごせる一年にしたいものですね。

最後に皆さんから寄せられた「2007年の抱負」の中で、印象的なものをいくつかご紹介します。

家
  • 「家族で過ごす時間をとても大切にしたい。子供たちもどんどん大きくなって、いずれは親より友達という時期がやってくる。だから一緒にいられる時間を大切にしたい」(女性40代)
耕
  • 「家庭菜園をがんばりたい」(男性60代)
休
  • 「給料も下がり気味のため、がつがつ仕事をするよりも、心身を労わりたい。無事に熟年層へと移行していく為、有休を従来以上にしっかりと取得する年にしたい」(男性40代)
続
  • 「きれいに掃除しようと思っても途中で断念したり、読もうと思った本を途中でやめてしまったり・・・、『持続』したい」(女性40代)
耐
  • 「嫁ですから、どんな意地悪や仕打ちをされても今年も耐える。でも・・・・・しっかり落し前はつけますよ! 」(女性40代)
努
  • 「勉強しているイタリア語の上達向上をめざして努力したいから」(女性30代)
朗
  • 「年末から年始に掛けて里帰りした娘婿一家の孫たち3人の朗らかなこと。いつもは老夫婦二人の静かな日常では、有り得ない賑やかで朗らかな話し声、笑い声。楽しい一週間が嵐のように過ぎ去りましたが、老夫婦でも朗らかさだけは失わないようにしょうと誓いました」(女性60代)
出
  • 「去年、会社の倒産でつらい思いをしました。失業保険も終了したし、社会に復帰しなくちゃ・・・」(女性50代)
安
  • 「出世競争にはどうも負けたようですが、ここらで気負いを捨て、安らかに、今後の自分や伴侶の人生を見つめる時期に来ている」(男性50代)
貯
  • 「お金遣いが荒い方なので、今年は財布の紐を締めて夢のマイホーム目指して貯金したいと思っている」(男性30代)
奮
  • 「1歳児の我が子と奮闘の毎日。昨年も新米ママであっという間に過ぎたけど、今年も奮闘であっという間に過ぎてしまうのだろうな、きっと…」(女性30代)
当
  • 「長年、買い続けているロト6の元をとるため、2等を当てる!」(男性30代)
汗
  • 「地元のソフトボールチームの仲間たちと青春を謳歌し、楽しい『汗』と嬉しい『汗』をかく」(男性40代)
軽
  • 「体重を減らしてから食べ歩きをしたいから・・・」(女性50代)
忍
  • 「子供にも色々口うるさく言うのを一息ついて考えてから言おうと忍耐の一字を取りました」(女性40代)
このページの上部へ
お客様生活文化研究所