1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第184回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

新幹線に乗るときに、必ず買うものは?

さて皆さんは今年のゴールデンウィークに、どこかご旅行やレジャーに出掛けましたか。もしかすると、その際に新幹線をご利用された方もきっと多いのではないでしょうか。そこで今回は皆さんに、新幹線(その他の乗り物)に乗る時に必ず買ってしまうものについてお尋ねしました。

利用目的の女性トップは「旅行・観光」、男性は「出張」

新幹線の利用目的は?

SA(単回答)

皆さんは日ごろ、「新幹線」をどんな目的で利用することが多いのでしょうか。「京都と大阪が好きで観光のときに、新幹線に乗る」(女性50代、東京都)など、最も多かったのは「旅行・観光」という回答で42.3%。また「先日、家族で東京ディズニーランドに行った時に乗りました」(女性30代)など、4位にも「レジャー」という声が9.1%寄せられ、全体の半数以上の皆さんが休日レジャーや旅行へ出掛ける交通手段の1つとして「新幹線」を利用していることが明らかとなりました。続いて2位は「出張」(27.5%)、3位は「帰省」(16.0%)が挙げられました。また性別によっても利用目的に大きい違いがありました。まず、女性回答では「旅行・観光」(男性=33.9%、女性=51.1%)が圧倒的で、続いて「帰省」(男性=12.2%、女性=19.8%)を挙げる声が多数寄せられました。その一方、男性回答のトップは「仕事の内容によって異なるが、打合せの為、出張で週に2回程度利用する」(男性40代、兵庫県)など、「出張」(男性=41.5%、女性=12.9%)が目立ちました。

男女別:新幹線の利用目的は?

SA(単回答)

20代は「帰省」、40、50代は「出張」、さらに60代以上では「旅行」へ移行

次に世代別に利用目的を見てみると、若い20代、30代では「子供の春休み、GW、夏休みやお正月に実家に帰省するために利用している」(女性20代)など、「帰省」(20代=19.4%、30代=19.2%)が目立ちましたが、年齢が増すとともに減少し、代わって40代、50代で急増したのが「出張」(40代=35.2%、50代=30.9%)でした。40、50代では、会社の中で役職や重要なポストについている方も多いせいか、商談や打ち合わせのためという声も寄せられ、新幹線の利用が必然的に増える傾向にあるようです。さらに60代以上になると、今度は定年退職で現役から退く方が増え、「出張」は一気に減少し、その一方、「旅行・観光」(63.2%)が急増しました。仕事、プライベートなど、性別、世代によって利用目的が次第に変化し、それに伴って「新幹線」の活用にも違いが見受けられました。

世代別:新幹線の利用目的

SA(単回答)

スポーツ観戦から長距離恋愛まで、新幹線の利用目的も様々

そのほか、新幹線の利用目的で寄せられた自由回答の中から、ユニークなものをいくつかご紹介します。「サッカー観戦のため、月1回、ハードな時は週2回くらい利用する。ナイターが多いので、最終に間に合うかいつもドキドキ。あと30分遅く発車してくれれば・・・、といつも思う」(女性40代、愛知県)、「好きな歌手のライブで地方に行く為に利用している」(女性30代、東京都)とスポーツ観戦や、好きなアーティストのライブの追っかけに新幹線を利用するという熱狂的な声。「彼が大阪に転勤になり、月に一度のペースで会いに行っている。東京に住んでいる私は、大阪に住もうか悩んでいる。でも彼は近いうちに東京に戻ると言うので、それまで我慢して長距離恋愛をしている」(女性20代、埼玉県)など、長距離を行き来きしながら愛を育んでいるという方や、また「中京競馬場、東京競馬場、中山競馬場へ、一時期よくいっていました」(男性40代、兵庫県)と愛する競馬めぐりまで、様々な理由で新幹線が広く利用されていることがうかがえます。

半数以上が少なくとも「年1回」は利用

新幹線の利用頻度は?

SA(単回答)

新幹線の利用頻度はいかがでしょうか。「年に一度、お墓参りで利用する」(女性40代、大阪府)など、「年数回」と回答した方が38.2%。さらに「「2〜3ヶ月に1回ぐらい、観光・温泉旅行に出かけるときに乗る」(男性60代、愛知県)など、「半年に2〜3回」という方が8.6%、「月1回以上」という方が7.6%を数え、全体の54.4%が少なくとも「年1回以上」は新幹線を利用していることが明らかとなりました。その反面、残りの半数近くの皆さんは「最近行く旅行は全て日帰りバスツアー。北海道へは飛行機だったので、新幹線を最後に乗ったのは数年前の旅行の時かもしれない。それも記憶が定かではない・・・」(女性40代)など、近場は車や在来線、遠方は飛行機の方が便利といった声も多く、「この数年乗っていない」(42.3%)という方も珍しくありませんでした。1964年の東京オリンピック開催を控え、東京−大阪間を約3時間で結ぶ東海道新幹線が華々しくデビューしてから43年。その間に高速道路の整備、マイカー所有率の向上や、飛行機運賃の格安化が進み、遠方へ出掛ける際の交通手段の選択は、新幹線のほかにも多様化していることがうかがえます。もちろん、中には「毎週月・水・金は、都内のオフィスに勤務している」(男性40代、岐阜県)など、「週2回以上」(0.8%)と頻繁に利用している方もいました。

新幹線に乗車の際に欠かせないもの、男性人気ナンバーワンは「ビール」

■男性:乗車の際、必ず買うものは?

1 ビール 45.6%
2 お弁当・駅弁 41.9%
3 お茶 37.8%
4 週刊誌・雑誌 27.7%
5 コーヒー 26.8%
6 新聞・スポーツ紙 22.3%
7 乾き物・つまみ 18.0%
8 ジュース・炭酸飲料 13.2%
9 ガム 6.8%
10 単行本・書籍 5.3%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

「旅行」「出張」「帰省」を目的に長距離乗車することが多い新幹線ですが、では皆さんが乗車した際、または乗車後の車内販売で、必ず買ってしまうものとは一体なんでしょうか。性別で聞いたところ、男性の人気ナンバーワンは「ビール」(男性=45.6%、女性=18.2%)でした。「出張の帰りには、必ずビールにハム、ソーセージ関係とチーズを買う」(男性50代、宮城県)など、男性陣にとって新幹線のお供といえば、「ビール」が欠かせない存在となっていることがうかがえます。同様な理由から、「ビール」につきものの「乾き物・つまみ」(男性=18.0%、女性=8.3%)も男性7位にランクインしました。とはいえ、男性の利用目的に「出張」が多かったことから「往路は眠気覚ましのコーヒー。復路は疲れを癒すアルコール」(男性50代、東京都)など、新幹線の行きと帰りで購入する飲料を買い分けているといった声も少なくありませんでした。


さらに男性回答で見逃せないのが、4位「週刊誌・雑誌」(男性=27.7%、女性=13.5%)、6位「新聞・スポーツ紙」(男性=22.3%、女性=3.1%)といった駅売店で売られている読み物です。「まずビール。スポーツ紙を読みながらボケーッとしている。それがたのしみ」(男性60代、長崎県)など、スポーツ新聞や週刊誌は退屈しのぎに最適なアイテムとなっているようです。また「週刊誌の全てに目を通し、そして、眠くなったら即寝る。何故かよく寝れる・・・」(男性50代、福岡県)など、文字を追うのに疲れたら、しばし熟睡といった贅沢な時間を車内で過ごしている方もいました。

女性人気は「お茶」&「駅弁」、さらに車内の乾燥に備え
「のど飴」「ガム」という回答も目立つ

■女性:乗車の際、必ず買うものは?

1 お茶 60.9%
2 お弁当・駅弁 44.7%
3 コーヒー 27.4%
4 ジュース・炭酸飲料 20.1%
5 ビール 18.2%
6 のど飴・キャンディー 18.0%
7 煎餅・スナック菓子類 17.8%
8 ガム 15.3%
9 週刊誌・雑誌 13.5%
10 チョコレート 12.0%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

その一方、男性の「ビール」に対し、女性の人気ナンバーワンは「お茶」(男性=37.8%、女性=60.9%)でした。「車内は乾燥しやすいので、お茶は必ず購入する」(女性30代、愛知県)など、喉の渇きに関係なく、車内の空気の乾燥に備えて、必ずお茶を購入するといった声が多数寄せられました。同様の理由から「のど飴・キャンディー」(男性=5.0%、女性=18.0%)、「ガム」(男性=6.8%、女性=15.3%)など、口中、喉を潤すアイテムを乗車前に買い込む方が案外多いようです。中には「飲み物を窓際に置いておかないと不安・・・」(女性30代、北海道)など、長時間、車内でじっとしていなければならないといった強迫観念や、ストレスがあるのか、精神的な安心感を得るため、必要がなくても準備するという方も少なくありませんでした。


続いて「お茶」に欠かせないものといえば、「お弁当・駅弁」(男性=41.9%、女性= 44.7%)も人気でした。「お弁当は、手軽で1000円くらいのバランスの良いものを重視する。土地の名産品があれば、そちらを優先的に選ぶ」(女性30代、神奈川県)など、女性陣は「駅弁+お茶」がなくては長旅が始まらないといった声が多数寄せられました。また「駅弁」に限らず、「煎餅・スナック菓子類」(男性=5.0%、女性=17.8%)、「チョコレート」(男性=3.1%、女性=12.0%)を挙げる声も目立ち、男性の「スポーツ誌」に対し、女性は「甘いお菓子」で退屈しのぎをしていることがうかがえます。

「クロスワード」「ゆで卵」「ウェットティッシュ」等々、必須アイテムは十人十色!

そのほか、「暇つぶしに、普段は決して読まないような大人の常識クイズ本を買う。自分の知識の無さに毎回反省・・・」(女性30代、福岡県)、「クロスワードは時間を忘れるくらい没頭できる。ただあんまり没頭しすぎて、新幹線から見える観光名所を見逃したことがある」(女性30代、和歌山県)など、本の中でも「常識クイズ」「クロスワード」「数読」といったパズルゲームを必ず1冊買うという方。「味付けゆで卵!ちょっとおなかが空いたときに食べると最高においしい。ゆで卵なんていつもは食べないのに・・・不思議」(女性20代、茨城県)、「必ず買うものは、冷凍みかん。新幹線って感じがして、いい」(女性30代、東京都)など、普段は買わないのに、なぜか新幹線に乗るときにだけ買ってしまうものがあるという声。さらには「ウェットティッシュを買う。時間ぎりぎりで乗るから汗をかくため・・・」(男性30代、福井県)など、いつも全力疾走で走り込むので汗拭き用のアイテムという方まで十人十色、様々な声が寄せられました。


今回は旅行やレジャーに出掛ける方が多いこの時期に、日ごろの新幹線の利用状況と、乗車時に必ず買うものについて皆さんのご意見を聞いてきました。利用目的は「旅行」「出張」「帰省」がほとんどで、普段、通勤や通学で使用する在来線とは明らかに異なり、新幹線を「非日常の乗り物」と感じている方が大変多いことがうかがえます。中には「新幹線を見ると旅行するぞーと、いい歳をしてワクワクと、はしゃいでしまう」(女性30代、千葉県)など、新幹線を見るだけで心躍るという声も少なくありませんでした。つまり、こうした非日常の乗り物だからこそ、尚さら、乗車時に特別に買ってしまうものが人それぞれあるのかもしれませんね。「ビール」や「駅弁」を買い込んで、のんびり旅に出てみたくなる今回のアンケート結果となりました。