1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第224回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

あなたの好きなカクテルは?

「カクテル」と聞くと、夜景の見えるオシャレなバーで、シェーカーでシャカシャカとつくる大人の酒といったイメージを思い浮かべる人もきっと多いのでは。ショートカクテルの品揃えが豊富な居酒屋や、缶カクテルを販売するスーパーやコンビニも増え、ひと昔前に比べて「カクテル」がより身近なお酒となっているのではないでしょうか。そこで今回は皆さんに、カクテルを飲む頻度、飲む機会が多い場所など、ここ最近のカクテルの飲用事情について聞きました。

全体の3分の1が「週1回以上」の頻度で愛飲

カクテルを飲む頻度は?

SA(単回答)

さて皆さんは、どの位の頻度でカクテル(缶カクテルも含む)を飲んでいるのでしょうか。「週1回以上」と回答した人は32.4%。さらに「月1〜3回」という声も33.1%を数え、全体の6割以上の皆さんが少なくとも「月1回以上」はカクテルを飲んでいることが明らかとなりました。中には「カクテルは、一人でほっとしたい時に飲む」(女性20代)など、ほぼ毎日、仕事の後に自宅でカクテルを飲みながら、くつろぎの時間を過ごすという声も2.4%寄せられました。

男性よりも女性、20代・30代以上にカクテルの飲用頻度が目立つ

次に性別で見てみると、「週1回以上」の頻度でカクテルを飲むという人は、男性では24.5%であったものの、女性では37.7%。「月1回以上」の頻度では男性が55.4%に対し、女性は72.2%と圧倒的に女性の飲用頻度が目立ちました。では世代別ではいかがでしょうか。まず20、30代では「週1回以上」(20代=37.6%、30代=36.0%)という声が多数寄せられたものの、40代では28.7%、50代では26.9%と世代とともに減少傾向。但し、60代以上になると「週1回以上」(34.2%)という声は再び急増し、世代間でアルコールの好みや飲用頻度に大きな違いが見受けられました。

性別・世代別:カクテル飲用頻度は?

SA(単回答)

6割以上が「自宅」で飲むと回答。意外に多い20、30代の「居酒屋」

■どこで飲みますか?

1 自宅 65.9%
2 居酒屋 33.0%
3 バー 24.2%
4 レストラン 10.6%
5 その他 2.6%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

では皆さんは、カクテルをどこで飲んでいるのでしょうか。最も多かったのは「自宅」(65.9%)でした。「友達を自宅に呼んで、カクテルパーティーを楽しむ」(男性40代)、「食後に(家族と)ゆっくり話をしながら飲む」(女性30代)など、かつてカクテルといえば、外で飲むアルコールというイメージがありましたが、ここ最近では「缶カクテル」の販売も増えたせいか、自宅で気軽に飲めるアルコール飲料へと変化を遂げていることがうかがえます。続いて「居酒屋」(33.0%)、「バー」(24.2%)が続き、お洒落なバーよりも、意外にも庶民的な居酒屋でカクテルが飲まれているようです。また世代別で見てみると、「自宅」におけるカクテルの飲用は世代間でさほど違いがなかったものの、「居酒屋」「バー」においては大きな差異があるようです。20、30代は「居酒屋」(20代=50.6%、30代=41.0%)での飲用が多数寄せられたものの、40代を境にカクテルの飲用が次第に「居酒屋」から「バー」へ入れ替わり、60代では「居酒屋」(9.4%)を「バー」(21.5%)が大きく上回る傾向が見受けられました。

世代別:カクテルの飲用場所

MA(複数回答)/n(有効回答数)

カクテルは、都会の香りがする憧れのお酒

皆さんが思い浮かべる「カクテル」のイメージとは一体どんなものでしょうか。最も回答が多かったのは「色々な味を楽しめる」(52.8%)でした。「他の飲みものはあまり変化がありませんが、カクテルはその日の気分などで味や色が楽しめる」(女性20代)など、カラフルさ、味のバリエーションの豊富さ、グラスの形・・・等々、飲む時々で様々な変化を楽しめるのが良いという声が多数寄せられました。続いて、目立ったのは「女性向けの感じがする」(50.0%)。「甘くて飲みやすい感じで女性向き」(男性60代)、「小洒落たお店で女性と飲むときに、気取ってオーダーしたい」(男性40代)など、フルーティな口当たりの良さはどこかスイーツにも似て、女性好みのアルコール飲料と言えるかもしれません。

■カクテルのイメージは?

1 色々な味を楽しめる 52.8%
2 女性向けの感じがする 50.0%
3 おしゃれな感じがする 43.2%
4 遊び心がある 25.6%
5 楽しい感じがする 19.5%
6 都会的な感じがする 14.6%
7 親しみがある 14.5%
8 高級感がある 11.7%
9 若者向けの感じがする 11.5%
10 大人っぽい 10.8%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

また見逃せないのが3位「おしゃれな感じがする」(43.2%)、6位「都会的な感じがする」(14.6%)、8位「高級感がある」(11.7%)、10位「大人っぽい」(10.8%)が挙げられた点です。「カクテルというと、ちょっと高級でおしゃれな都会的なイメージ・・・」(女性20代)、「学生の頃に初めて飲んで『大人の味だなぁ』と感じたイメージが30歳過ぎた今も残っている」(女性30代)など、お洒落でスタイリッシュなイメージや雰囲気を思い浮かべる人が大変多く、いわば、「憧れのお酒=カクテル」と言っても過言ではなさそうです。

缶カクテルは、親しみやすい、手の届く庶民のお酒

では最近、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでの販売が増えた「缶カクテル」のイメージはいかがでしょうか。トップは「カクテル」イメージ同様に「色々な味が楽しめる」(54.5%)でしたが、2位に「親しみやすい」(44.1%)という声がランクインしました。「缶カクテルがいつでも家で飲めるようになっていい。息子が好きで、帰省した時おしゃべりしながら飲むひと時が楽しみ」(女性50代)、「カクテルは少し高級感がありましたが、缶カクテルのおかげで、最近は(手軽に)楽しめるようになりました」(男性50代)など、高級感、都会的な雰囲気が漂う「カクテル」は非日常的で、庶民には縁遠いお酒といったイメージが強くありましたが、「缶カクテル」の登場はその距離を一気に縮めたようで、手軽で親しみのあるお酒へとイメージが変わりつつあることがうかがえます。同様に5位「思わず手にとってみたくなる」(22.2%)、10位にも「安心感がある」(6.1%)が挙げられました。

■缶カクテルのイメージは?

1 色々な味を楽しめる 54.5%
2 親しみやすい 44.1%
3 女性向けの感じがする 26.6%
4 おいしそう 26.2%
5 思わず手にとってみたくなる 22.2%
6 遊び心がある 19.4%
7 若者向けの感じがする 17.4%
8 おしゃれな感じがする 15.2%
9 楽しい感じがする 12.8%
10 安心感がある 6.1%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

カクテル=1人・フォーマル・洋食・食後酒、
チューハイ=大勢・カジュアル・和食・食中酒

ベースとなる酒にジュースや果汁を混ぜて作るお酒といえば、カクテルのほかに「チューハイ」もあります。そもそも「チューハイ」とは酎ハイという文字からも分かるように、ウイスキーのハイボールらしからぬ、「焼酎ハイボール」を略したもので、焼酎を炭酸水で割ったものをそう呼ぶようになったと言います。最近では、ジュースや果汁を混ぜたチューハイの種類も相当増え、カクテル同様に楽しむ人が増えています。では皆さんは、とても似ている「カクテル」と「チューハイ」を一体どのように飲み分け、それぞれに対してどんなイメージを持っているのでしょうか。「『カクテル』は、オシャレをして一人で飲みたい気分の時。『チューハイ』はカジュアルな格好でみんなとわいわい飲みたい気分の時」(女性20代)など、一人で飲むか、大勢で飲むか、またフォーマルか、カジュアルかで使い分けているという人。「『カクテル』はゆっくり味わいながら飲むイメージ、『チューハイ』はスピーディーに飲むイメージ」(女性30代)など、チビチビ飲むのが「カクテル」で、グビグビ飲むのが「チューハイ」と飲み方の違いを挙げる声。さらに「『チューハイ』は私には食間の酒。『カクテル』は食後のデザート感覚」(女性20代)、「『チューハイ』は焼肉や焼鳥や鍋なんかを食べるときに飲むイメージで、『カクテル』は洋食や軽く何かをつまみながら、ゆったりと飲みたい」(女性30代)など、「カクテル」=洋食、食後酒、「チューハイ」=和食、食中酒・・・等々、食事メニューによって分けているという人も多く、「カクテル」と「チューハイ」は似て非なるお酒と言えるかもしれません。

男性No.1カクテルは「ソルティードッグ」、またジンベースのカクテルも目立つ

最後に皆さんの好きなカクテルの人気ランキングを性別で見てみましょう。まず男性の人気ナンバーワンは「ソルティードッグ」(30.5%)でした。グラスの縁に付いた塩のしょっぱさがウォッカとグレープフルーツの絶妙なハーモニーを取り持つソルティードッグは、さっぱりとした後味の良さから男性人気の高いカクテルとなっているようです。続いて2位は「ジントニック」(29.0%)、3位に「ジンライム」(26.3%)という声も多数寄せられ、独特な香りを持つジンべースのカクテルにも高い支持が集まりました。同様にドライジンにベルモットを混ぜた 7位「マティーニ」(17.2%)、ドライジンにレモンジュース&炭酸水を加えた8位「ジンフィズ」(15.4%)も挙げられました。

■男性:人気カクテル

1 ソルティードッグ 30.5%
2 ジントニック 29.0%
3 ジンライム 26.3%
4 スクリュードライバー 23.8%
5 モスコーミュール 20.7%
6 カシスオレンジ 18.0%
7 マティーニ 17.2%
8 ジンフィズ 15.4%
9 ブルーハワイ 14.0%
10 マルガリータ 8.6%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

女性No.1カクテルは「カシスオレンジ」、
またデザート感覚の甘いリキュール系カクテルも人気に

一方、女性に人気のナンバーワンは、カシスとオレンジジュースを混ぜた「カシスオレンジ」(37.9%)、さらに6位にもグレープフルーツジュースを混ぜた「カシスグレープフルーツ」(20.3%)が挙げられました。甘い果実系リキュールである深紅色をしたカシスは、フルーツジュースとの相性も良く、デザート感覚で飲めるカクテルとして女性からの支持の高さがうかがえます。またカシス同様に女性回答に目立ったのは、コーヒー・リキュールを牛乳で割った5位「カルーアミルク」(21.0%)、ピーチリキュールにオレンジジュースを混ぜた7位「ファジーネーブル」(18.4%)、カンパリに炭酸水を加えた10位「カンパリソーダ」(13.5%)など、甘いリキュール系カクテルが挙げられ、男性とはカクテルの好みに大きな違いが垣間見られました。

■女性:人気カクテル

1 カシスオレンジ 37.9%
2 モスコーミュール 27.6%
3 ソルティードッグ 24.9%
4 スクリュードライバー 22.7%
5 カルーアミルク 21.0%
6 カシスグレープフルーツ 20.3%
7 ファジーネーブル 18.4%
8 ジントニック 17.8%
9 ジンライム 15.7%
10 カンパリソーダ 13.5%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

今回は最近のカクテルの飲用事情について、皆さんのご意見を聞きました。全体の3分の1が「週1回以上」、さらに6割以上が「月1回以上」の頻度で飲用し、大変多くの皆さんが日常的にカクテルを楽しんでいる様子が明らかとなりました。こうした背景には、カクテルの飲用場所として「自宅」が挙げられたことからもうかがえるように、「缶カクテル」の普及に伴い、それまでバーやレストランでしか飲めなかった本格的なカクテルが手軽にご家庭で飲めるようになったこともあると考えられます。と同時に「カクテル」に対するイメージも「おしゃれ」「都会的」「高級」といったものから、「缶カクテル」においては「親しみやすい」「思わず手にとってみたくなる」「安心感がある」など、より身近なアルコール飲料へと印象を大きく一新しました。特に家庭内においては食後のデザート代わり、またテレビ、DVD鑑賞やインターネットをしているときなど、「リラックスした寛ぎの時間に飲むお酒=缶カクテル」といったイメージが次第に定着しつつあるのではないでしょうか。


最後にご家庭で「缶カクテル」を美味しく飲む方法を1つご紹介します。それは缶のままではなく、必ずグラスに注ぐこと。缶のままでは分からない美しいカクテルの色や、グラスの下から上へシュワシュワと立ち昇る炭酸の泡を眺めながら飲むだけで、あなたの寛ぎの時間をさらに優雅な気分へと誘ってくれるはず・・・。ぜひお試しください。