1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート
    6. 【第238回】アンケート結果

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”

ハピ研について

毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査

あなたのお父さんの魅力とは?

今年の「父の日」は6月15日(日)です。「母の日」はカーネーションが定番であるものの、「父の日」となると何を贈って良いものかどうか頭を悩ましている人もきっと多いのでは。そこで今回は、今年の「父の日」ギフトの計画とともに、皆さんのお父さんの魅力ついてお尋ねしました。

2人に1人が「父の日」をお祝いする予定

さて皆さんは、今年の「父の日」に何かプレゼントを贈る予定があるのでしょうか。「夏になるとTシャツとGパン姿の父。毎年、Tシャツを贈っている」(女性30代)、「ヘラブナ釣りが好きなので、釣竿を贈ろうかとも考えている」(男性50代)など、「何かプレゼントを贈る予定」と回答した人は42.6%。また「プレゼントではなく、一緒に食事に出掛ける(ご馳走を作る)予定」という声も11.0%を数え、全体の2人に1人は何かしらのお祝いを検討していることが明らかとなりました。こうした贈答意向を今年4月に実施した当アンケート調査「母の日の贈答意向」と比較してみると、「母の日」では全体の7割が何かしらのお祝いを検討していたことから、ギフト市場においては「父よりも母強し」といった傾向が見受けられました。次に世代別で見てみると、「何かプレゼントを贈る予定」という声は20、30代では50%を超えていたものの、年齢とともに減少し、60代以上では実に14.3%に留まりました。また「プレゼントではなく、一緒に食事に出掛ける(ご馳走を作る)予定」という声は、20代では6.8%と低調であったものの、40代で10.4%、60代以上で18.8%と増加し、贈り主の加齢とともに「物(ギフト)よりも食」を重視した「父の日」へと変化していることがうかがえます。

「父の日」に何かプレゼントを贈る?

SA(単回答)


その一方、「主人の父親はそういう事にお金をかけるな、といって拒む」(女性40代)、「時間がないので計画を立てられないが、また別の機会を考える」(女性30代)など、「特にプレゼント(食事)は考えていない」(39.5%)という声も全体の約4割を占めました。中には「私の父はすでに他界していません。そのため贈り物はできませんが、優しかった父のことを思い出しながら、一日過ごしたいと思う」(男性40代)など、故人を偲ぶ日として過ごすご家庭もありました。

父の日ギフトの人気ナンバーワンは「お酒類」

では、「何かプレゼントを贈る予定」と回答した4割の人は、一体どんなプレゼントを贈る予定なのでしょうか。父の日ギフトの人気ナンバーワンは「お酒類」(35.5%)でした。「ビール500mlを1箱。いつもは発泡酒を飲んでいるので、特別な日に贈っている」(女性20代)、「毎年、ブランデーをあげている」(男性50代)など、上戸のお父さんには考える余地なく、いつも常飲している銘柄よりも、ちょっと奮発した高級・プレミアム酒を贈るという声が多数寄せられました。こうした辛党ギフトが目立った反面、3位には「甘いもの」(12.1%)が挙げられました。「手作りケーキを持って、子供達と家でパーティー」(女性30代)、「甘いものが好きなので和菓子を贈る」(女性40代)など、甘いものに目のないお父さんが少なくないことがうかがえます。

■どんなプレゼントを贈る予定?

1 お酒類(ビール、焼酎、ウイスキーなど) 35.5%
2 衣服類(ジャケット、シャツ、靴下など) 32.6%
3 甘いもの(ケーキ、和菓子など) 12.1%
4 ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど) 11.5%
5 財布・バッグ類 6.8%

MA(複数回答)/n(有効回答数)


着るものに無頓着なお父さんには「衣類」、
さらに「旅行」「似顔絵」などサプライズ・ギフトも・・・

続いて2位は「衣服類」(32.6%)。「以前、父と一緒に買い物をしていた時に、父が見ていたポロシャツを贈ろうと思う」(女性30代)など、シャツ、靴下やパジャマといった着用頻度の高い、シンプルな夏の衣類が目立ちました。同様4位に「ファッション小物類(ネクタイ、ベルト、ハンカチなど)」(11.5%)、5位に「財布・バッグ類」(6.8%)が挙げられ、着るものに無頓着のお父さんも多いせいか、ファッションに関連したアイテムは「父の日」の定番ギフトとなっていることがうかがえます。そのほか、「家族そろって、温泉旅行に行く!父にはまだ内緒」(女性30代)、「子供にパパの絵をかかせる」(女性30代)など、当日、お父さんを驚かせようとサプライズ・ギフトを準備しているという声。「財布がくたびれてきたようなので・・・」(女性40代)、「今年は電動髭剃りを贈ろうかなと。最近お肌と剃刀の相性があまり良くないみたい」(女性20代)など、日ごろのお父さんの行動や様子をよく観察しながら、慎重にギフト選びをする人まで、各家庭ごとに様々な計画が立てられているようです。

お父さんの一番の魅力は「勤勉」「真面目」

ここまで今年の「父の日ギフト」を聞いてきましたが、次に皆さんのお父さんの性格や魅力について具体的に見ていきましょう。最も回答が多かったのは「真面目」(31.3%)でした。「真面目で仕事熱心というところが良い点」(男性30代)、「まじめに働き、経済的にも、精神的にも家族に負担をかける事はない」(女性40代)など、“勤勉”で“真面目”な日本の父親像はいまだに健在の様子で、家族のために一生懸命に働くお父さんに魅力を感じている家族が大変多いようです。同様4位にも「仕事をバリバリしている」(18.7%)が挙げられました。続いて、お父さんの魅力2位は「イザという時に頼りになる」(25.6%)。「いつも助けてもらっているので、最後に頼りになるのはやはり父」(女性40代)など、人生につまずいたとき、トラブルに巻き込まれたとき、皆さんが困っているときに心の支えになり、最後に味方になってくれるのがお父さんという声が多数寄せられました。そのほか上位には「家族想いで優しい」(23.9%)、「頭が良い・知識が豊富」(14.2%)、「家族から尊敬される」(12.6%)といった長所が並び、「仕事」と「家庭」を両立した理想的なお父さんの姿が垣間見られました。

■お父さんの魅力、良い点は?

1 真面目 31.3%
2 イザという時に頼りになる 25.6%
3 家族想いで優しい 23.9%
4 仕事をバリバリしている 18.7%
5 頑固 16.6%
6 頭が良い・知識が豊富 14.2%
7 家族から尊敬される 12.6%
8 ユーモアがある 9.5%
9 寡黙である 9.2%
10 よく家事を手伝う 9.1%
10 包容力がある 9.1%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

嫌いな点は、てこでも曲がらない「頑固さ」。中には「オナラ」という声も

その一方、お父さんの嫌なところ、直してほしい点はどこでしょうか。最も回答が多かったのは「頑固で言い出したら譲らない」(31.2%)でした。「頑固で一度言い出したら聞かないので、もっと柔軟になってほしい」(女性30代)、「自分の考えを押し付ける。人の話を聞かない」(女性40代)など、昔でいえば、寺内貫太郎、星一徹のような頑固オヤジが今日でも案外多いようで、てこでも曲がらないお父さんの性格に手を焼いている家族の姿が見受けられました。同様に2位「考えが古すぎる」(18.0%)、5位「真面目すぎる」(9.7%)、6位「何しろ厳しい・恐い(すぐ怒る)」(9.6%)、7位「すぐに説教する」(8.5%)が上位を占めました。またユニークなことに、嫌いな点に挙げられた「頑固」「真面目」といった声は、お父さんの魅力・良い点の上位にもランクインしていることから、魅力と嫌いな点は表裏一体であることがうかがえます。そのほか3位「喫煙」(10.7%)、「飲酒(飲むとだらしない)」(10.3%)、「寡黙・あまり話さない」(7.9%)が挙げられました。中には「どこでもオナラをするところは治してほしい・・・」(男性30代)など、少々子供じみたお父さんの行動に腹を立てている家族もいました。

■お父さんの嫌なところ、直してほしいところは?

1 頑固で言い出したら譲らない 31.2%
2 考えが古い 18.0%
3 喫煙 10.7%
4 飲酒(飲むとだらしない) 10.3%
5 真面目すぎる 9.7%
6 何しろ厳しい・恐い(すぐ怒る) 9.6%
7 すぐに説教する(説教が長い) 8.5%
8 寡黙・あまり話さない 7.9%
9 目の前でオナラをする 7.5%
10 家事を一切手伝わない 7.4%
10 趣味や遊びがない 7.4%

MA(複数回答)/n(有効回答数)

お父さんの平均点は「72.4点」、全体の半数が「80点以上」の高得点を獲得!

お父さんの点数は?

SA(単回答)

では、魅力と嫌いな点を踏まえてお父さんを採点するなら、皆さんは何点を付けるのでしょうか。点数の合計を回答人数で割った平均点は「72.4点」。「50点以上」(91.5%)と採点した方は9割以上、さらに「80点以上」(50.7%)と高得点を挙げる声も全体の半数を数え、大変多くのお父さんが家族、子どもたちから合格点を得ていることがうかがえます。中には「私たち家族の事を一番に考えてくれ、家族の意見もちゃんと尊重してくれる理想の父親。父の様な人間になりたい」(男性20)など、満点の「100点」を付けたのが全体の10.1%。その一方、「口をきけば嫌味ばかりでうんざり・・・」(男性40代)など、「0点」という声も1.7%に上りました。

 

今回は6月15日を前に、今年の「父の日」の計画についてご意見を聞いてきました。「母の日」と比べると2割減であったものの、全体の半数以上が「父の日」に何らかのお祝いを計画していることが明らかとなり、年中行事の少ない6月の家族イベントの1つとして定着しつつあることがうかがえます。また、母の日ギフトは「カーネーション」「その他の花、観葉植物」が約半数があったのに対し、父の日ギフトでは「お酒類」「甘いもの」といった“食関連ギフト”と、「衣類」「ファッション小物類」といった“ファッション関連ギフト”に人気が大きく二分化する傾向が見受けられました。もし、あなたがギフト選びに頭を悩ましているなら、まずはお父さんが「甘党」それとも「辛党」か、また着るものに「無頓着」それとも「お洒落」か、こんな選択肢から考えてみてはいかがでしょうか。「甘党」ならケーキや和菓子、「辛党」ならビールや焼酎、「無頓着」ならポロシャツやネクタイ、「お洒落」ならカフスボタンやネクタイピン・・・とカテゴリーを絞っていくと、案外お目当てのものを見つけやすいのでは。


下記に皆さんから寄せられた「お父さんの採点」をいくつかご紹介します。

100点
  • 「私の父はとても優しく、家族想い。たくさん話しますが、悩みなども聞いてくれて元気づけてくれる。娘の 私が言うのもおかしいですが、父ほど素敵な方はいない。家族全員大好きですが、父の娘で幸せだなと心から思う」(女性20代、100点)
  • 「昔は叱られることもあったけど、不思議と嫌いにはなりませんでした。仕事もできるし、料理もできるし・・・自慢のパパ。これが普通だと思っているので、私の旦那さんは大変」(女性30代、100点)
  • 「亡くなって尚、皆に語り継がれることが誇りに思う。今までの日々の教えが本当に役に立ち、大切なことを教えていてくれのだと思う。悪い点など考える余地はない」(女性40代、100点)
80〜99点
  • 「母を10年前に亡くしてから、男手一つで育ててくれたので・・・」(男性30代、95点)
  • 「何でも知っていて何でも出来て、周りからも尊敬され、ユーモアもあり、包容力もあるのですが、一つだけどうにもならないところがある。容姿…。私は見慣れているし、味があって良いと思うのですが、何を着せてもどんなにお洒落をさせても 似合わない!」(女性40代、90点)
  • 「私が小さい時は毎日午前様で顔を合わせたことがなかったので-20点。最近色々話ができるようになったので父親の家族に対する愛情がわかってきました」(女性30代、80点)
60〜79点
  • 「母に尻にしかれているので、もう少しどっしりとしていて欲しい」(女性50代、70点)
  • 「仕事の面では頑張っているようだが、育児に積極的ではなかったと母から聞いた。また浮気性のようで、母を困らせていたのをよく見かけたから」(女性20代、70点)
  • 「ユーモアがあって面白く笑わせてくれるのはいいのですが、洋服や全体の見た目がだらしないのを何度言っても直してくれない」(女性40代、60点)
40〜59点
  • 「気分屋で機嫌が悪いと何やってもイライラ、いい年して貯金もせずに車は買い換えるわ、何匹も犬を買ってくるわ・・・、不満ばっかりしか思い浮かばない。良いか悪いかでいえば50点より上で、合格点にはいかない59点。これでも甘々」(男性30代、59点)
  • 「昭和1ケタ生まれでとにかく厳しい、未だに怖い」(男性40代、50点)
  • 「仕事柄、単身赴任が多く、子供の頃学校の行事に全く来てくれなかったので・・・」(女性30代、40点)
20〜39点
  • 「優しいけれど活気がない。部屋が汚い」(女性30代、30点)
  • 「仕事はまじめに頑張ってくれているけれど、自分が一番正しいと思っているところが嫌」(女性30代、30点)
19点以下
  • 「自分の思い通りにならないとすぐ癇癪を起こし、物を投げたりする」(女性40代、10点)
  • 「年とともに丸くなるという方が多い中、頑固は変わらず手がつけられない」(女性30代、8点)